ANAのマイルで旅ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、飛行機に乗らずに貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、お得情報をどんどん発信していきます!

スポンサーリンク

ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリームを驚きの2000円割引で購入する方法!<ちょびリッチ>

f:id:pipinobu:20160322142428p:plain

 

「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」を2000円割引で購入する方法が存在します。それは、購入モニターを利用することです。利用するポイントサイトは、ちょびリッチです。

 

<目次>

 

 

ちょびリッチ・テンタメとは?

ちょびリッチでは、「モニターで貯める」のカテゴリーの中に、「ちょびリッチ・テンタメ」というサービスがあります。

これは、店頭購入モニターを実施して、ポイントがゲットできるというサービスです。店頭購入モニターなので、近くのお店で購入して、レシートとレビューを提出して、ポイントを申請するという流れになります。

f:id:pipinobu:20160322141121p:plain

 

案件概要<ちょびリッチ>

この、「ちょびリッチ・テンタメ」というサービスの中で、今回「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」の購入モニター案件が募集されていました。

f:id:pipinobu:20160322140954p:plain

 

プレミアム・モルツの公式HPはこちらご参照ください。

www.suntory.co.jp

 

内容としては、3527円相当の12瓶ケースをAmazonから購入して、レシートとレビューを提出すると、2000円相当のポイントをゲットできるという内容です。約60%弱程度のポイント還元という形になりますね。

ポイント還元率的にはそんなに高くないですが、「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」は結構高めの高級ビールなので、普段飲みするには抵抗があります。。これが割引価格でお試しできるという点では、ビール好きにはたまらない案件ですよね。

 

 

ANAマイルの獲得数は?

獲得できるポイント数が、2000円相当なので、ソラチカルートに乗せると交換レート90%前提で、2000円 x 0.9 = 1800 ANAマイル、という計算になります。

 

残念なお知らせ・・。

ピピノブも見つけた瞬間、速攻で申し込みを行いました!

ただ、一点残念なお知らせがあります。こちらの案件は、3月22日レビュー提出締切なので、事実上すでに募集が終了しているという点です。

もっと早く発見して、皆さんにもご紹介できればよかったのですが、見つけたのが3月21日の夜だったので、ご紹介が遅れてしまいました(^_^;)。

ごめんなさい。

 

ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム:現物確認

さて、こちらの案件はAmazonでの購入が指定だったので、3月21日の夜9時頃にAmazonで注文しました。すると、翌日の3月22日の午後2時ぐらいに自宅に到着しました。恐るべきスピードです。どういう配達の仕組みになっているんですかね。(^_^;)

到着した段ボールを開けてみると、さらに段ボールが (^_^;)

f:id:pipinobu:20160323165721j:plain

 

中を開けてみると、たくさんのマスターズドリーム君たちがいらっしゃいましたよ。缶ではなくて、瓶だというのが高級感があっていいですよね。

f:id:pipinobu:20160323165938j:plain

 

 

ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリームの味の確認とレビュー提出

実際に頂いてみましたが、プレミアムモルツよりもさらになめらかでコクがあり、とっても美味しかったです!この後、レシート(Amazonの注文履歴ページ)とレビューを提出して、いったんお仕事終了です。レビューも5分ぐらでできる簡単なものでした

 

まとめ

今回の件で、「ちょびリッチ・テンタメ」にはお得な案件が登場するということがわかったので、これからは定期巡回して、お得な案件を発見でき次第こちらのブログでもご紹介していきたいと思います

 

ちょびリッチへの入会がまだの方は、こちらのバナーから入会手続きにお進みください。こちらのバナーからの入会で、500ポイント(=250円相当)を獲得できる(入会までの月末までに1ポイント以上の獲得が必要)ので、とってもお得です。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ 

 

ちょびリッチの特徴と登録方法は以下の記事で詳しくご紹介していますので、あわせてご参照ください。

 

それでは、また!

 

 

関連記事