ANAのマイルで旅ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAのマイルで旅ブログ!

陸マイラーのピピノブが、飛行機に乗らずに貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、お得情報をどんどん発信していきます!

スポンサーリンク

ANA SFC修行計画-2017年2月:オススメ成田発着ルートの活用と石垣路線にチャレンジ!

f:id:pipinobu:20161215134038j:plain

 

ANA SFC修行計画-2017年2月:オススメ成田発着ルートの活用と石垣路線にチャレンジ!

ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)修行における2017年2月分の予約状況が出揃いましたのでご報告したいと思います。プレミアムポイント(PP)を効率よく獲得できるという観点で、ANA国内線のプレミアム旅割28の予約を優先して進めていますが、土日・祝日のプレミアム旅割28の予約の競争率の高さは、ほんと半端ないです。熾烈を極めていますね・・。思い通りに予約を確保できなかったところもありますが、初の3角飛びや石垣路線など、いくつかはなんとか確保できました。

追記(12月28日):SFC修行方針に合わなくなってしまったため、フライト4はキャンセルしました。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

ANA SFC関連記事

これまでにまとめたANA SFC関連記事はこちらになります。

SFCって何?どんな特典、メリットがあるの?という方はこちら。

 

SFC取得に必要な費用(コスト)は?SFC取得に必要になるプレミアムポイントって何?PP単価って何?という方はこちら。

 

ANA SKYコインって何?SFC取得にマイルって使えないの?という方はこちら。ANAマイルからANA SKYコインへの交換手順についてもまとめております。

 

また、土日・祝日にプレミアム旅割28を予約する上で必須とも思われる「プレミアム旅割28を2ヶ月+14日前に予約する裏技」についてもこちらで解説しています。

 

スポンサードリンク

 

 

2017年1月分のSFC修行計画(復習)

2017年1月分のSFC修行計画についてはこちらの記事で公開しています。この1月から修行スタートということで、SFC修行の代表的な路線である、羽田=沖縄(那覇)便と、PP単価的にとても有利であった、成田=福岡便を確保しました。

 

2017年1月分の合計PPと進捗率は以下になっています。進捗率は、SFC取得に必要となる50,000PPに対する達成率としています。進捗率といっても、もちろんまだ予約しかしていないので、あくまで予定です(笑)。

  • 合計PP:4,336+3,634=7,970
  • 進捗率:7,970 / 50,000 = 15.9%

 

詳細はこちらご参照ください。


 

スポンサードリンク

 

 

2017年2月分のSFC修行計画

まずは結果からご報告ということで、2017年2月分の予約状況を公開したいと思います。私は平日勤務のサラリーマンなので、週末にSFC修行ができるように土日のフライトを狙って予約を実施しました。狙っているのは、プレミアムポイント(PP)を効率的に獲得できる「プレミアム旅割28」です。

 

また、2月の週末も、既にいくつか予定が入っていたため、実質SFC修行ができるのは、2回の週末に限られました。ということで、週末を2回利用したプランとなっております。

 

SFC修行プラン:3回目(成田=>沖縄=>福岡=>成田)

フライトスケジュール

2017年1月に計画した、SFC修行の1回目と2回目は、同じ路線の往復となっていたため、SFC修行の3回目となるこの回は、プチ三角飛びにチャレンジしてみました。「プチ」とつけたのは、1泊の宿泊を挟む、超軟弱な三角飛びだからです(笑)。フライトスケジュールの詳細は以下になります。

f:id:pipinobu:20161215105807p:plain

 

土曜日に、東京(成田)から沖縄(那覇)に飛びますが、成田便は時間が遅いので、 沖縄(那覇)で一泊せざるを得ません。そこで、沖縄(那覇)で一泊しつつ、東京へ向かう復路については、福岡を経由するプランにしてみました。ということで、全体では成田ー沖縄(那覇)ー福岡ー成田というコースの三角飛びになります。

 

この回は、裏技の効果もあって予約も比較的スムーズに行き、全区画プレミアム旅割28を確保できました。2017年1月のSFC修行では、沖縄(那覇)には行きますが、往路は普通席の旅割になってしまったので、那覇のANAラウンジは利用できません。一方、今回は、沖縄(那覇)発の区画がプレミアム旅割28なので、那覇のANAラウンジも満喫できそうです。また、那覇で一泊できるのも楽しみです。

 

運賃とPP、PP単価

この回の、各区間および合計における、それぞれの運賃とPP、PP単価は以下になります。

  • 成田ー那覇:運賃=19,440円、PP=2,860、PP単価=6.80
  • 那覇ー福岡:運賃=11,900円、PP=1,742、PP単価=6.83
  • 福岡ー成田:運賃=11,140円、PP=1,817、PP単価=6.13
  • 合計:運賃=42,480円、PP=6,419、PP単価=6.62

 

<区画1のマイルおよびPPシミュレーション結果>

f:id:pipinobu:20161215110747p:plain

 

<区画2のマイルおよびPPシミュレーション結果>

f:id:pipinobu:20161215110758p:plain

 

<区画3のマイルおよびPPシミュレーション結果>

f:id:pipinobu:20161215110824p:plain

 

成田便は、やっぱりPP単価が良いですね。成田ー沖縄(那覇)、福岡ー成田、いづれもPP単価は6円台です。そして、思いの外PP単価が良いのが、沖縄(那覇)ー福岡です。こちらも、PP単価は6円台です。ということで、3区画平均で、驚異のPP単価6.62を実現できています。優秀と言われるPP単価10円のラインを大きく下回ることができました。

 

ただし、前述のとおり那覇で1泊する必要があるので、別途宿泊料金が必要になります。宿泊するホテルはいろいろ検討した結果、こちらのホテルにしました。

HOTEL StoRK 那覇新都心

 

個室になっており、プライベートはちゃんと確保できますが、料金は格安の一泊4,480円。SFC修行にやさしいお値段です。

 

この4,480円の宿泊費用を加味した場合、PP単価は7.32となります

  • 合計(宿泊費込み):運賃+宿泊費=46,960円、PP=6,419、PP単価=7.32

 

それでも、PP単価は7.32というのは、かなり優秀ですよね。成田便で宿泊を絡めるのも、PP単価の観点で十分ありですね。なにより、一泊できるので、夜にその地方の名物などを味わう余裕も生まれます。そういう楽しみがあった方が、SFC修行も楽しくなるのではないかなあ、と思ったりしています。

 

SFC修行プラン:4回目(羽田=石垣)

追記:こちらの修行プランはキャンセルしました。

こちらの記事を作成した後に、2017年のSFC修行方針を立てました。

 

こちらの羽田=石垣単純往復のフライトは、少しでも観光を楽しむという点を、PP単価を8円以下に抑えるという2つの点で、修行方針と合っていません。そのため、キャンセル料金が発生しないタイミングで、後日キャンセルしました。

 

フライトスケジュール

4回目でSFC修行の黄金ルートとも言われている、東京(羽田)=石垣を予約してみました。本当は、PP単価が良いと言われている、東京(羽田)=宮古を予約したかったんですが、東京(羽田)=宮古は本当に瞬殺です。2ヶ月+14日前の9:30ぴったりに空席状況を確認しても、空席はありません・・。本当に売りに出ているのは、疑うレベルです(笑)。前後の土日を含めて何回もチャンレンジしましたが、結果は同じでした。本当に、この区間の予約の競争率の高さは半っ端ないです。

 

ということで、自分の中で第二希望であった、東京(羽田)=石垣を予約しました。

 

今回も、往路・復路ともに、プレミアム旅割28を確保できました。フライトスケジュールの詳細は以下になります。

f:id:pipinobu:20161215105824p:plain

 

ただし、往路である東京(羽田)ー石垣が、遅い時間出発の便しか予約することができず、石垣の滞在時間が50分になってしまいました。これは確実に、往路・復路とも同じ機材、同じクルーですよね・・。CAさんにどんな羞恥プレーをしていただけるのか、今から楽しみです(笑)。

 

運賃とPP、PP単価

往路、復路、往復合計における、それぞれの運賃とPP、PP単価は以下になります。

  • 羽田ー石垣:運賃=33,990円、PP=3,460、PP単価=9.82
  • 石垣ー羽田:運賃=38,790円、PP=3,460、PP単価=11.21
  • 合計:運賃=72,780円、PP=6,920、PP単価=10.52

 

<往路・復路のPPシミュレーション結果>

f:id:pipinobu:20161215130057p:plain

 

往路はPP単価9.82ということでPP単価10円を割っていますが、復路はPP単価11.21と比較的高いPP単価になってしまっています。ということで、合計でのPP単価は、復路の高PP単価が足を引っ張って、PP単価10.52とPP単価10円を上回ってしまいました

 

なんとなく、SFC修行全体で、PP単価10円を割ることを目標にしようと思っていたので、この予約をどうしようかとちょっと悩みましたが、獲得できるPPが往復で6,920と、国内線では最高レベルのPPだということと、ANA SFC修行の黄金ルートだと思うので、一度経験しておこうと、予約に踏み切りました。

 

スポンサードリンク

 

 

2017年2月分までの合計PPと進捗率(予定)

2017年1月分と2月分を合計した、合計PPと進捗率は以下になります。進捗率は、SFC取得に必要となる50,000PPに対する達成率としています。進捗率といっても、もちろんまだ予約しかしていないので、予定です(笑)。

  • 合計PP:7,970(1月分)+13,339 = 21,309
  • 進捗率:21,390 / 50,000 = 42.6%(前月比+26.7%)

 

フライト4をキャンセルしたので、以下修正します。

  • 合計PP:7,970(1月分)+6,419(2月分) = 14,389
  • 進捗率:14,389 / 50,000 = 28.8%(前月比+12.9%)

 

 

まとめ

今回は、2017年2月分におけるSFC修行計画をご報告させていただきました。プレミアムポイント(PP)を効率よく獲得できるという観点で、ANA国内線のプレミアム旅割28の予約を優先して進めていますが、土日・祝日のプレミアム旅割28の予約の競争率の高さは、ほんと半端ないですね。特に、羽田=宮古は瞬殺。本当に売りに出ているのかを疑うレベルです。羽田=宮古でSFC修行する場合は、平日も視野に入れないと難しいかもしれないですね・・。来年のことなので、なかなか予定を決めづらいということもありますが、ちょっと考えてみたいと思います。

 

2017年3月のANA SFC修行計画はこちらになります。

 

また、ANA SFC修行2017の全体の目次、記事一覧はこちらになります。ANA SFC修行関連記事のまとめ読みにぜひご利用ください。

 

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

おすすめ記事