陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!

スポンサーリンク

ANA国内線当日アップグレードの方法!プレミアムクラスへの料金とメリット、デメリットは?

f:id:pipinobu:20170610220813j:plain

 

ANA国内線当日アップグレードの方法!プレミアムクラスへの料金とメリット、デメリットは?

ANA国内線の場合、普通席からANAプレミアムクラスへの当日アップグレードには、9,000円が必要になります。ANAプレミアムクラスにアップグレードされれば、ANAプレミアムクラスの、広々シートや豪華な機内食、充実したドリンクサービスを満喫することができます。一方、アップグレードされるタイミングによってANAラウンジが利用できなかったり、プレミアムポイントが一部目減りするなど、注意点が存在します。私は、ANA国内線の当日アップグレードに初めて挑戦し、そして成功することができました。そこで今回は、ANA国内線の当日アップグレード方法と、その料金、私の体験を通して感じたメリット、デメリットについてまとめたいと思います。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

ANA国内線:アップグレードの選択肢

ANA国内線の場合、座席クラスは、普通席とANAプレミアムクラスの2種類のみです。

 

ですので、ANA国内線においてアップグレードを考える場合、普通席からANAプレミアムクラスへのアップグレードが唯一の選択肢になります。

 

<ANA国内線におけるアップグレードの選択肢>

  • 普通席 => ANAプレミアムクラス

 

ちなみに、JAL国内線の場合、座席クラスは、普通席、クラスJ、ファーストクラスと3種類ありますので、JALの方がアップグレードの選択肢が豊かだったりします。

 

<JAL国内線におけるアップグレードの選択肢>

  • 普通席 => クラスJ
  • 普通席 => ファーストクラス

 

JAL国内線における当日アップグレード方法はこちらご参照ください。

www.pipinobu.com

 

ANA国内線:普通席とプレミアムクラスにおけるサービスの違い

普通席については、皆さん、利用経験がおありだと思いますので、だいたいの想像がつくと思います。

 

最近の普通席のシートは改良が加えられており、昔よりも快適になってきてはいますが、隣の方との距離も近く、前後の距離もつめつめです。

 

また、ドリンクサービスも一回切りで、機内食の提供もありません・・。

 

飛行機を移動手段と割り切った場合には良いかもしれませんが、空の旅を楽しむといった表現からは、ちょっとほど遠いイメージですよね。

 

一方、ANAプレミアムクラスの場合は若干事情が異なります

 

ANAプレミアムクラスの場合、飛行機に搭乗する前からサービスが開始されます。

 

優先チェックインから、専用保安検査場の利用、ANAラウンジの利用、優先搭乗という形で、飛行機に搭乗する前から、普通席とは区別されたサービスを受けることができます。

 

また、飛行機に搭乗した後は、広々としたシートで、ANAプレミアムGOZENというこだわりの機内食をいただきながら、アルコールを含むドリンクサービスを、心ゆくまで(こちらがお断りするまで)、楽しむことができます。

 

CAさんの対応もとても丁寧で、手厚いサービスも受けることができます。

 

降機する際も、優先されますし、預け荷物がある場合も、優先して受け取ることができます。

 

ANAプレミアムクラスを利用すると、飛行機に乗る前から降りた後まで、至れり尽くせりのサービスを受けることができ、移動手段として乗るだけだった飛行機が、空の旅を楽しむものに変わります。

 

<ANAプレミアムクラスのメリット>

  • 優先チェックイン
  • 専用保安検査場の利用
  • ANAラウンジの利用
  • 優先搭乗
  • 広々シートの利用
  • 充実した機内サービスの提供(ANAプレミアムGOZENとアルコールを含んだドリンクサービス)
  • 優先降機
  • 優先預け荷物扱い(プライオリティタグ)

 

ANAプレミアムクラスの体験レポートはこちらに詳しくまとめておりますので、合わせてご参照ください。

www.pipinobu.com

 

ANA国内線:普通席とプレミアムクラスの価格の違い

ANA国内線の場合、いくつかの種類の割引価格が存在するので、一概に、普通席とANAプレミアムクラスの価格の違いをいうことができません。

 

ここでは、当記事執筆時点(2017年6月10日)から約2ヶ月後の、2017年8月9日の「羽田=沖縄間」の実際の料金で比較してみたいと思います。

 

こちらが、普通席の料金です。早朝の時間帯をピックアップしています。

f:id:pipinobu:20170610090347p:plain

 

こちらが、ANAプレミアムクラスの料金です。普通席と同じ時間帯をピックアップしています。

f:id:pipinobu:20170610090411p:plain

 

ANA993便における、それぞれの正規運賃と割引運賃(一番低価格のもの)を比較してみたいと思います。

 

<ANA993便における価格比較(2017年8月9日):正規運賃の場合

  • ①普通席(片道運賃):48,390円
  • ②ANAプレミアムクラス(プレミアム運賃):57,390円
  • ③価格差(② - ①):+9,000円

 

<ANA993便における価格比較(2017年8月9日):割引運賃の場合>

  • ①普通席(旅割):25,990円
  • ②ANAプレミアムクラス(プレミアム旅割28):24,990円
  • ③価格差(② - ①):-1,000円

 

上記の結果から、正規運賃の場合の普通席とANAプレミアムクラスの価格差は、9,000円程度ということが言えます。

 

逆に、割引制度を利用した場合は、ANAプレミアムクラスの方が安い場合があるということも言えますね。

 

ANA国内線:プレミアムクラスへの当日アップグレード料金

上記の比較結果から、同一便における普通席とANAプレミアムクラスの価格差(正規運賃の場合)は、9,000円程度ということがわかりました。

 

そして実は、ANA国内線における、普通席からANAプレミアムクラスへアップグレードするために必要となる料金も、9,000円です。

 

ANA公式HPには、以下のように説明されています。

プレミアムクラスへの変更に関するご案内

搭乗当日、出発空港にてプレミアムクラスに空席がある場合に限り、下記料金を上限として変更を承ります。

料金(一区間ごと)・・・プラス 9,000円

プレミアムクラスへの変更に関するご案内|ご予約/旅の計画|国内線航空券予約・空席照会|ANA

 

ここで注意しなければいけないのは、路線による違いがあるわけでなく、一区画ごとに一律でプラス9,000円であるというところです。

 

何をいっているかといいますと、距離の近い「羽田=大阪」であっても、距離の遠い「羽田=沖縄」間であっても、ANAプレミアムクラスへのアップグレードに必要となる料金は、一区画一律の9,000円ということです。距離の違いによる料金の調整はありません。

 

一般的に、飛行機の運賃は飛行距離が長くなるほど高くなりますので、せっかくANAプレミアムクラスにアップグレードするのなら、距離の長い路線を選択した方がお得ということになります。

 

スポンサードリンク

 

 

ANA国内線:プレミアムクラスにできるだけ安く乗る方法

2017年8月9日における、ANA993便のANAプレミアムクラスの価格をを再掲します。

f:id:pipinobu:20170610090411p:plain

 

これを見るとわかりますが、ANAプレミアムクラスにできるだけ安く乗るには「プレミアム旅割28」を利用すれば良いということになります。

 

しかしながら、「プレミアム旅割28」はとてもお得な反面、予約がとても困難であることが知られています。

 

「プレミアム旅割28」は、2ヶ月前の午前9時30分から販売開始になりますが、人気のある路線の場合、発売開始直後に売り切れということも珍しくありません。

 

また、インターネット上では、プレミアム旅割28を2ヶ月+14日前に予約する裏技も広く知られています。しかしながら、これを駆使しても、プレミアム旅割28の予約はとても困難です。

www.pipinobu.com

 

そのため、ANAプレミアム旅割28で予約が取れなかった場合の次善の策として、「普通席を割引運賃で予約しておいて、ANAプレミアムクラスへの当日アップグレードに挑戦する」、ということが考えれます。

 

普通席からANAプレミアムクラスへの当日アップグレード料金は9,000円ですし、普通席とANAプレミアムクラスの価格差(正規運賃)も9,000円程度でしたので、アップグレード料金として妥当と言えると思います。

 

<ANAプレミアムクラスにできるだけ安く乗る方法>

  • プレミアム旅割28で予約する
  • 普通席からANAプレミアムクラスへ当日アップグレードする

 

ただし、ANAプレミアムクラスへの当日アップグレードに成功するかどうかは運次第なので、これが成功するかどうかは、完全に賭けになります。

 

また、記事の後半でご紹介しますが、ANAプレミアムクラスへの当日アップグレードにはいくつかデメリットもあるので注意が必要です。

 

ANA国内線:プレミアムクラスへの当日アップグレードの条件

さきほど、プレミアムクラスへの当日アップグレードは「運次第」と書きました。

 

その理由は、当日アップグレードが成功するためには、以下の条件のうち、1つから2つが満たされていなければならないからです。

 

<当日アップグレードが成功する条件>

  • 条件1:当日、ANAプレミアムクラスに空席がなければならない
  • 条件2:当日、ANAプレミアムクラスに空席がない場合、後からキャンセルがでなければならない
  • 条件3:キャンセルが出た場合、空席待ちの優先度が自分より高い方が、権利を放棄しなければならない

 

どの条件も、自分でコントロールできないことばかりですよね。つまりは、運次第、成功するかどうかは賭けになります。

 

自分にできることは、できるだけ朝早く空港に行くことぐらいです(笑)。

 

ANA国内線:プレミアムクラスへの当日アップグレードの方法

ANAプレミアムクラスにアップグレードするには、当日、出発する空港でアップグレードの申請をする必要があります。

 

当日アップグレードの申請を行うのは、空港のANAの有人カウンターです。こちらで「ANAプレミアムクラスにアップグレードしたいんですけど・・」と言えばOKです。

 

ANAの有人カウンターであれば、非制限エリアでも、制限エリアでもどちらでもOKです。また、裏技としては、ANAプレミアムチェックインカウンターでも受付可能だそうです(私自身は、普通席のチケットでANAプレミアムチェックインカウンターに乗り込む度胸はありませんが・・)

 

ANAプレミアムクラスに空席がある場合

この時点で、運良く該当便のANAプレミアムクラスに空席があれば、ANAプレミアムクラスへのアップグレードは成功します。

 

ですので、当日にANAプレミアムクラスに空きがある場合は、空港に早く行くというのが意外と有効です。

 

アップグレードするためには9,000円の支払いが必要です。この際、現金の他、クレジットカードでも支払い可能です。ただし、マイルやANA SKYコイン(スカイコイン)での支払いはできないので注意が必要です。

 

もちろん、ANA上級会員の方でアッグレードポイントを持っている場合は、アッグレードポイントでの支払いも可能です。その場合に消費されるのは「4アップグレードポイント」です。

f:id:pipinobu:20170610112435p:plain

 

ただし、アップグレードポイントでの支払いの場合、マイルやプレミアムポイント(PP)は、元の搭乗クラスのままになりますので、SFC修行をしている場合でPP狙いの場合は気をつけましょう。PPは増えませんので、あまり意味がありまん。現金かクレジットカードで支払いましょう。

 

アップグレードポイントによる座席アップグレード

アップグレードの際のフライトマイルは、ご購入いただいた航空券の運賃を対象として積算いたします。

サービス詳細|空の旅をゆったりと|プレミアムメンバーサービス|ANAマイレージクラブ

 

ANAプレミアムクラスに空席がない場合

このタイミングでANAプレミアムクラスに空きがない場合、ANAプレミアムクラスの「空席待ち」をすることになります。

 

このANAプレミアムクラスへの空席待ちを申請すると、自分の番号が書かれたチケット(空席待ち整理券)がもらえます。

 

あとは、搭乗時刻の15分前から、搭乗ゲート前のカウンターでアップグレード対象者の呼び出しが開始されますので、そこで自分の番号が呼ばれれば、ANAプレミアムクラスへのアップグレードが成功します。

 

ANA国内線:アップグレード空席待ちする場合の優先順位

アップグレード空席待ちをする際には、ANAの会員レベルによる優先順位の区分けが行われます。

 

具体的には以下のとおりです。種別「S」、「A」、「B」という3つのカテゴーに分類されます。もちろん、優先順位が高いのは「S」で、「A」「B」と続く形です。同じカテゴリーの中では、早いもの順です。

f:id:pipinobu:20170610103741p:plain

空港での空席待ちについて|空港・機内で[国内線]|ANA

 

<空席待ちの優先順位>

  • S:ダイヤモンドサービスメンバー
  • A:プラチナサービスメンバー、ブロンズサービスメンバー、SFC会員、スターアライアンスゴールドメンバー、スターアライアンスシルバーメンバー
  • B:一般(つまりはステータスなし)

 

印象としては、ダイヤモンドメンバーが特別枠の「S」、その他上級会員はまとめて「A」、それ以外は「B」という感じですね。

 

さすがダイヤモンドメンバー様、扱いが違います(笑)。

 

これを見てわかることは、アップグレード空席待ちは、早いもの勝ちではないということですね。

 

どんなに早く一般の方(つまり、優先順位「B」の方)が空港に到着してアップグレード空席待ちを申請しても、後から空港にやってきた優先順位「A」や「S」の方には、絶対に勝てないということになります。

 

ですので、優先順位「B」の場合は、空席待ちが成功する可能性はかなり低くなると言わざるを得ません。

 

一方、同じ優先順位の中であれば、早いもの順になりますので、優先順位「A」のカテゴリーに含まれている場合は、早く申請した方が、確率が高まるということになります(あとは、ダイヤモンドメンバー様が、どれくらい入ってくるかどうかですね・・)。

 

スポンサードリンク

 

 

ANA国内線:プレミアムクラスへの当日アップグレードをレポート

ここでは、私が実施に体験した、ANAプレミアムクラスへの当日アップグレードの流れをレポートしていきたいと思います。

 

当日アップグレードに挑戦したのは、羽田発沖縄便

私がANAプレミアムクラスへの当日アップグレードに挑戦したのは、以下の羽田発、沖縄着便になります。

 

<往路>

  • ANA995:東京(羽田)09:10 => 沖縄(那覇)11:55

 

朝9時10分発ということで、ちょっと早めの朝7時20分ごろに羽田空港に到着しました。ターミナルはANA側の第2ターミナルです。

f:id:pipinobu:20170610110309j:plain

 

ANA有人カウンターで、プレミアムクラスへのアップグレードを申請

その足で、まっすぐANAの有人カウンターに進み、「可能であればプレミアムクラスにアップグレードしたいんですけど・・」と、モジモジしながら、お願いしてみました。

 

すると、「この日のANAプレミアムクラスは満席で、空席待ちなら可能ですが、いかがいたしましょう?」ということでした。

 

せっかくなので(ブログの記事のネタにもなるし・・)お願いしてみようと、ANAプレミアムクラスの空席待ちにチャレンジしてみることにしました。

 

ANAプレミアムクラスの空席待ちを申請

その時いただいた「空席待ち整理券」はこちらになります。種別は「A」で番号は「6」となっています。

f:id:pipinobu:20170610111929j:plain

 

私はこの時、ANAのブロンズサービスメンバーでしたので、優先順位のカテゴリーとしては「A」で、「A」の中での順番(つまり先着順)が6番目ということですね。

 

「A」の中でも6番ということで、決して良い順番ではないですね。「なんかダメそうですねえ」などと、カウンターのお姉さんと会話したりしていました(笑)。

 

出発時刻の15分前に搭乗ゲートに到着

この時、私は、ANAブロンズサービスメンバーの状態だったので、普通席のチケットではANAラウンジは利用できません・・。

f:id:pipinobu:20170610110314j:plain

 

そのため、新しくできたカードラウンジである「POWER LOUNGE(パワーラウンジ)」で時間を潰してから、出発時刻の20分前ほどに、搭乗ゲートに到着しました。

www.pipinobu.com

 

ANAプレミアムクラスへの当日アップグレードに成功

出発時刻の15分前になっても、なかなか空席待ちのアナウンスが開始されません。

 

「この日は結局キャンセルが発生しなかったのかなあ・・」なんて考えているうちに、優先搭乗が開始されました。

 

ダイヤモンドメンバーを始めとする上級会員が続々と搭乗していきます。

 

その後、一般搭乗が開始されたタイミングで、ついに、空席待ちのアナウンスが開始されました。

 

この日は、結局、キャンセルが2席発生(たぶんノーショー)したようで、2番ずつアナウンスされていきます。

 

「種別S、番号1番、2番をお持ちのお客様」といった感じです。

 

その後、種別Sは6番まで行きましたが、だれもカウンターには現れません。

 

その後、Aの1番、2番、・・・、3番、4番、と続いて行き、ついに私が持っている

 

Aの6番

 

がアナウンスされました。

 

意気揚々とカウンターに「空席待ち整理券」を提示し、無事に、ANAプレミアムクラスへのアップグレードに成功しました。

 

「ヒャッホー!」

 

空席待ちの順番があまりよくないとしても、自分よりも上位の方が本当にアップグレードするかどうかはわかりませんので、最後まで望みを捨てないことが重要なようです。

 

ちなみに、ゲットしたANAプレミアムクラスのチケットはこちらです。キャンセルした人が、1列目を予約していたようで、座席は「1G」ということになりました。3人がけの通路側ということで、悪くない席をゲットできました。

f:id:pipinobu:20170610110304j:plain

 

ANA国内線:プレミアムクラスへの当日アップグレードのデメリット

アップグレードのタイミングによって受けられないサービスがある

ここまで読んでいただいた方はお気づきだと思いますが、ANAプレミアムクラスの当日アップグレードにはデメリットが存在します。

 

私のように、ANAプレミアムクラスの空席待ちで、搭乗開始時刻を過ぎてからアップグレードに成功した場合は、本来受けられるはずであった以下のサービスが受けられなくなります。

 

<搭乗開始時刻を過ぎてあkらのアップグレードで受けられなくなるサービス>

  • 優先チェックイン
  • 専用保安検査場の利用
  • ANAラウンジの利用
  • 優先搭乗

 

特に、ANAラウンジが利用できないのは、ちょっと痛いですね。

 

ANAラウンジは国内線、国際線ともに、「ANA MY CHOICE」でお金を出せば利用できるようになりました。

 

こちらの「ANA MY CHOICE」で国内線のANAラウンジの価格を確認してみると、3,100円であることがわかります。

ANA MY CHOICEはいつもの旅に「ちょっとプラス+」できるサービスです[国内線]│航空券│ANA国内線

 

ですので、ある意味、3,100円分のサービスが利用できなかったことになります。特に、お酒好きな方にとっては、アルコール飲み放題のANAラウンジが利用できなかったというのは、ダメージが大きいでしょう(笑)。

 

プレミアムポイント(PP)が搭乗ポイント分、目減りする

ANAプレミアムクラスへ当日アップグレードする場合、プレミアム旅割28で予約する場合に比べて、プレミアムポイント(PP)は若干目減りします。

 

というのも、ANAプレミアムクラスへ当日アップグレードする場合、搭乗ポイントは、もとの予約クラスのものが引き継がれるからです。

 

料金をお支払いいただいてプレミアムクラスへアップグレードされた場合の搭乗ポイントは、もとのご購入運賃に準じます。もとのご購入運賃が搭乗ポイントの対象にならない場合、搭乗ポイントは積算されません。

プレミアムポイントとは|プレミアムメンバーサービス|ANAマイレージクラブ

 

私の場合、もともと予約していたのは「旅割55」というもので、搭乗ポイントつかない(=ゼロ)ものでした。

 

ですので、ANAプレミアムクラスのアップグレードをしたからといっても、搭乗ポイント分が目減りすることになります。具体的には、400ポイント分が目減りします。

 

以下、具体的に見て行きましょう。

 

こちらが、プレミアム旅割28で予約した場合のプレミアムポイント数です。合計で、「2,860ポイント」ですね。

f:id:pipinobu:20170610130945p:plain

 

こちらが、もとともの「旅割55」を利用した場合のプレミアムポイント数です。搭乗ポイント数はゼロですね。

f:id:pipinobu:20170610130941p:plain

 

こちらが、今回のフライトで実際にもらえたプラミアムポイント数です。一番右がプラミアムポイント数で、「2,460ポイント」となっていますね。搭乗ポイントがもらえないので、400ポイント分目減りしていることがわかります。

f:id:pipinobu:20170610130949p:plain

 

ANA国内線:プレミアムクラスへ当日アップグレードした場合のPP単価

今回の私のケースで言えば、もともとの予約クラスである「旅割55」からANAプレミアムクラスに当日アップグレードしたことで、プレミアムポイント(PP)は、984ポイント増加しました。

 

この当日アッグレードに必要となったコストは9,000円でしたので、この当日アップグレード分のPP単価は約9.15円ということになります。

 

<当日アップグレード分のPP単価の関係>

  • ①もともとの予約クラス「旅割55」の場合のPP:1,476
  • ②ANAプレミアムクラスに当日アップグレード後のPP:2,460
  • ③増加分のPP(② - ①):984
  • ④アッグレードのコスト:9,000円
  • ⑤増加分のPP単価(④ / ③):約9.15円

 

一般的に、ANA SFC修行におけるPP単価は、10円以下であれば優秀と言われていますので、約9.15円というのは、なかなか優秀な部類入ります。

 

よって、ANA SFC修行中においても、羽田=沖縄路線において、当日アップグレードするのは、PP単価的には合理的であるということが言えそうですね。

 

ちなみに、ANAプレミアムクラスに当日アップグレードする前のPP単価は、12.32円とあまり良いものではありませんでした。

 

これが、ANAプレミアムクラスに当日アップグレードすることで、アップグレード後のPP単価は、11.05円と若干の改善を見せました。

 

<当日アップグレード分前後のPP単価>

  • 当日アップグレード前:運賃=18,190円、PP=1,476、PP単価=12.32
  • 当日アップグレード後:運賃=27,190円(=18,190円+9,000円、PP=2,460、PP単価=11.05

 

まとめ

今回は、ANA国内線の当日アップグレード方法と、その料金、私の体験を通して感じたメリット、デメリットについてまとめました。アップグレードのタイミングによって、ANAラウンジが利用できないのは残念ですが、ANAプレミアムクラスの広々シートや豪華な機内食、充実したドリンクサービスを満喫することができましたので、個人的には大満足でした。また、この時私はANA SFC修行中でしたので、ANAプレミアムクラスへの当日アップグレードは、PP単価もよく、PP加算という意味でも、プラスの効果がありました。単純にANAプレミアムクラスを利用したい方にも、ANA SFC修行中の方にも、ANAプレミアムクラスへの当日アッグレードはオススメですが、成功するかどうかは運次第というところが、ちょっと辛いですね・・。

 

次の記事==>

SFC修行記7:プラチナ解脱フライト!基本のOKAタッチでSFC入会基準を達成!

 

<==前の記事

羽田空港「POWER LOUNGE(パワーラウンジ)」:新しくオープンしたカードラウンジをレポート!

 

 <SFC修行全体の目次、記事一覧>

SFC修行2017:全体の目次、記事一覧はこちら!

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

ANA SFC関連記事

これまでにまとめたANA SFC関連記事はこちらになります。

 

SFCって何?どんな特典、メリットがあるの?という方はこちら。

 

SFC取得に必要な費用(コスト)は?SFC取得に必要になるプレミアムポイントって何?PP単価って何?という方はこちら。

 

ANA SKYコインって何?SFC取得にマイルって使えないの?という方はこちら。ANAマイルからANA SKYコインへの交換手順についてもまとめております。

 

私の、2017年ANA SFC修行方針はこちら。

 

2017年SFC修行の修行計画はこちら。