陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!

スポンサーリンク

ANAプレミアムクラス搭乗記(成田=>沖縄)と初めての「ゆいレール」をレポート!<ANA SFC修行記3-1>

f:id:pipinobu:20170209224904j:plain

 

ANAプレミアムクラス搭乗記(成田=>沖縄)と初めての「ゆいレール」をレポート!<ANA SFC修行記3-1>

今回から数回にわたり、ANA SFC修行3回目の修行記をお送りします。ANA SFC修行3回目のフライトに選んだ路線は、「成田=>沖縄=>福岡=>成田」の三角飛びになります。往路も復路も、プレミアムポイント(PP)単価の良い、成田路線を選択しているところがポイントです。ただし、沖縄での宿泊を挟んでいるので、2日間かけての三角飛びということで、超軟弱コースです(笑)。記事の前半では、この「成田=>沖縄」部分のANAプレミアムクラス搭乗記をお送りします。後半では、初めての「ゆいレール」体験をレポートしたいと思います。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

ANA SFC修行3回目:フライトスケジュールとPP単価

SFC修行(3回目):フライトスケジュール

SFC修行の3回目のフライトスケジュールは以下になります。今回は、初の三角飛びにチャレンジしています。ただし、1泊を挟んだ2日間かけての超軟弱な三角飛びです。往路、復路ともに、PP単価の良い成田路線を選択しているのがポイントです。しかも、全区間、ANAプレミアムクラスです!

  • 成田ー那覇:ANA2159便
  • 那覇ー福岡:ANA1202便
  • 福岡ー成田:ANA2144便

f:id:pipinobu:20161215105807p:plain

 

SFC修行(3回目):運賃とPP、PP単価

この回の、各区間および合計における、それぞれの運賃とPP、PP単価は以下になります。福岡ー成田の6.13という驚くほど低いPP単価が光っていますね。全体でも6.62ということで、かなり良いPP単価になっています。

  • 成田ー那覇:運賃=19,440円、PP=2,860、PP単価=6.80
  • 那覇ー福岡:運賃=11,900円、PP=1,742、PP単価=6.83
  • 福岡ー成田:運賃=11,140円、PP=1,817、PP単価=6.13
  • 合計:運賃=42,480円、PP=6,419、PP単価=6.62

 

ただし、前述のとおり那覇で1泊する必要があるので、別途宿泊料金が必要になります。宿泊するホテルはいろいろ検討した結果、こちらのホテルにしました。

HOTEL StoRK 那覇新都心

 

料金は格安の一泊4,480円。SFC修行にやさしいお値段です。この4,480円の宿泊費用を加味した場合、PP単価は7.32となります

  • 合計(宿泊費込み):運賃+宿泊費=46,960円、PP=6,419、PP単価=7.32

 

2017年2月のANA SFC修行計画の詳細はこちらになります。


 

成田空港への移動はUberとTHEアクセス成田

成田空港への移動は、最近お気に入りの組み合わせてである「Uber」と「THEアクセス成田」を利用しました。この組み合わせであれば、家からノーストレスで成田空港まで移動できます。

 

こちらは、THEアクセス成田の東京駅乗り場の様子。

f:id:pipinobu:20170209224625j:plain

 

この日は、ほぼ満席の盛況ぶりでした。ただ、私はいつも予約していませんが、乗れなかったということはありません。フットワークの軽さが、「THEアクセス成田」の特徴です。

f:id:pipinobu:20170209224630j:plain

 

Uberについてはこちらご参照ください。お得なクーポン情報もご紹介しています。


THEアクセス成田については、こちらで詳しく解説しています。

 

成田空港の国内線ロビーに移動

そんなこんなで、成田空港の第2ターミナルに到着しました。

f:id:pipinobu:20170209224637j:plain

 

この日の成田空港はなかなかの混雑ぶり。人でいっぱいです。

f:id:pipinobu:20170209224642j:plain

 

THEアクセス成田は、成田空港の4階に到着しますが、私が利用する国内線の出発ロビーは1階なので、エレベーターで1階に移動します。

f:id:pipinobu:20170209224645j:plain

 

1階に移動すると、おなじみのANAのチェックインカンターがずらずらっと並んでいます。

f:id:pipinobu:20170209224649j:plain

 

プレミアムチェックインのカウンターはガラガラでしたので、こちらで紙のチケットを発行していただきました。あとで、ニッポン500マイルキャンペーンに申請するためです。

f:id:pipinobu:20170209224653j:plain

 

ニッポン500マイルキャンペーンについては、こちらご参照ください。

 

成田空港国内線ANAラウンジ(ANA ARRIVAL LOUNGE)を利用

チェックインの後は、成田空港の国内線ANAラウンジである「ANA ARRIVAL LOUNGE」を利用しました。場所は、チェックインカウンターのすぐ隣のこちらのエスカレーターの右側です。

f:id:pipinobu:20170209224658j:plain

 

成田空港の国内線の場合、制限エリアにはANAラウンジはありません。ここが最後のANAラウンジの利用ポイントになりますので注意しましょう。

f:id:pipinobu:20170209224702j:plain

 

この日の「ANA ARRIVAL LOUNGE」は結構空いていました。時間は17時ちょっと過ぎぐらいだったと思います。前回の福岡行きで利用した時は、16時半ごろの利用でかなり混雑していました。30分の違いでだいぶ違うんですね。

f:id:pipinobu:20170209224709j:plain

 

若干小腹が空いていたので、サンドイッチとビールを少々。こちらのサンドイッチは初めていただきましたが、ラウンジにありがちなカピカピなところがなく、新鮮でなかなか美味しかったです。

f:id:pipinobu:20170209224714j:plain

 

成田空港国内線ANAラウンジ(ANA ARRIVAL LOUNGE)の詳細はこちらでご紹介しています。

 

保安検査は「GOLD TRACK」を利用

ラウンジでビールをいただいた後は、保安検査に進みます。こちらが保安検査上の入り口で、左側が一般レーン、右側がANAの上級会員やプレミアムクラス利用者が利用できる「GOLD TRACK」です。こちらの保安検査も、前回はかなり混雑していましたが、今回はガラガラ。優先レーンがあってもなくても変わらないレベルでした(笑)。

f:id:pipinobu:20170209224718j:plain

 

優先搭乗からの沖止めを体験

保安検査後は、優先搭乗で飛行機に搭乗します。

f:id:pipinobu:20170209224737j:plain

 

といっても、この日(というか、成田空港からの国内線はたぶんみんな沖止め)は沖止めだったので、搭乗ゲート通過後は、バスに乗って移動します。

f:id:pipinobu:20170209224741j:plain

 

バスの中は、なぜか外国の方ばかり。沖縄行きの飛行機って、外国の方が多いんですかね?多分、たまたまだと思いますが、この日はバスの中の7割方は外国のでした。

f:id:pipinobu:20170209224745j:plain

 

バスに揺られながら、沖止めされている飛行機まで移動。飛行機の外観を間近で眺められるのが沖止めの醍醐味ですね。

f:id:pipinobu:20170209224749j:plain

f:id:pipinobu:20170209224753j:plain

 

ANAプレミアムクラスに搭乗(成田=>沖縄)

この日はANAプレミアムクラスの利用です。座席の様子はこんな感じです。国内線のビジネスクラスの位置付けなので、ゆったりとしたシート配置になっています。

f:id:pipinobu:20170209224757j:plain

 

この日は、B767-300という機材だったのですが、シート配列が、「2-1-2」となっていました。真ん中の「1」の座席は左右から独立していて、なかなか面白いです。次回は、この真ん中の席にチャレンジしてみたいです。

f:id:pipinobu:20170209224802j:plain

f:id:pipinobu:20170209224806j:plain

 

ANAプレミアムクラスの食事(ANA Premium GOZEN)の様子

この日は、18時15分発なので、ANAプレミアムクラスの食事は、ANA Premium GOZENの夕食の提供になります。

f:id:pipinobu:20170209224816j:plain

 

この日は、和食の提供でした。前回の福岡行きでは、洋食の提供であまり美味しく感じなかったのですが、この日の和食はなかなかでしたね。やっぱり、ANA Premium GOZENは和食の方がおいしいような気がします。

f:id:pipinobu:20170209224821j:plain

f:id:pipinobu:20170209224825j:plain

 

食事のお供は、変わらずこちらのスパークリングワインです。プレミアムモルツにしようかいつも激しく迷うのですが、結局は、自宅では飲めないこちらを選択してしまいます。安定した美味しさです。

f:id:pipinobu:20170209224828j:plain

 

前回利用した、成田=>福岡便のANAプレミアムクラスの搭乗記はこちらになります。

 

スポンサードリンク

 

 

那覇空港に到着も閑散とした様子

この日、那覇空港への到着は21時30分。到着後の那覇空港は閑散とした様子でした。他のゲートはみんなしまっていて、人はほとんどいません。国内線のロビーなので、あまり遅い時間の便はないんでしょうね。

f:id:pipinobu:20170209224835j:plain

 

前々回のANA SFC修行で、那覇空港には来ていたのですが、空港の外には出ていなかったので、沖縄で空港の外に出るのは今回が初めてです。宿泊先に向かうため、那覇空港に直結していると噂の「ゆいレール」に向かいます。

てゆうか・・・暑いですね。かなり。

 

前々回のANA SFC修行で、那覇空港でANAラウンジを利用しました。その時の様子はこちらになります。


ゆいレールは那覇空港直結でとっても便利

それでは、ゆいレールに向かいましょう。ゆいレールは、空港内部の案内板には「モノレール」と記載されています。基本は、この案内に従っていけば大丈夫です。

 

那覇空港の場合、到着ロビーは空港の1階に位置しています。一方、ゆいレールは、那覇空港の2階に位置しています。ですので、まずはエスカレーターで2階に移動します。

f:id:pipinobu:20170209224839j:plain

 

那覇空港の2階からは、こちらの出口から、ゆいレールに直結しています。

f:id:pipinobu:20170209224844j:plain

 

先ほどの出口から外に出ると、こんな感じのゆいレールの駅が見えますので、後はそちらに向かえばOKです。

f:id:pipinobu:20170209224847j:plain

 

ゆいレールの乗り方にはちょっとしたコツが必要

ゆいレールの那覇空港駅から、各駅までの乗車料金は以下になっています。私は今回、おもろまち駅まで向かいますので、乗車料金は300円になります。繁華街として有名な国際通りのある県庁前までの乗車料金は260円ですね。

f:id:pipinobu:20170209224851j:plain

 

ちなみに、SuicaやPASMOなどは使えないそうなので、ちゃんと切符を買う必要があります。切符はこんな感じです。面白いのは、バーコードが付いているところです。

f:id:pipinobu:20170209224922j:plain

 

こちらが、ゆいレールの自動改札機ですが、さきほどの切符のバーコードをバーコードリーダーにかざすようにして、通過する形になっています。切符を入れるところがないので、初めての際はご注意ください。

f:id:pipinobu:20170209224856j:plain

 

ゆいレールの様子はこんな感じです。モノレールです。イメージとしては、東京でいうところの、ゆりかもめに近い感じです。幅の広いゆりかもめ見たいな感じです。70%互換ぐらいです。

f:id:pipinobu:20170209224904j:plain

 

車内はこんな感じです。車内はどちらかというと、地下鉄に近い雰囲気ですね。座席の背もたれが小さくて、ゆったりできないところが特徴(特徴?)です。

f:id:pipinobu:20170209224914j:plain

 

そんなこんなで、初めてのゆいレールに乗ること約20分、おもろまち駅に到着しました。

f:id:pipinobu:20170209224919j:plain

 

おもろまち駅の外に出るとこんな感じです。駅前にはででーんと、「T-GALLERIA」が鎮座しています。大型の免税店ですね。ハワイでおなじみです。

f:id:pipinobu:20170209224927j:plain

 

おもろまちの様子とホテルへの移動

おもろまちの街の様子はこんな感じです。おもろまちは、新規開発している商業エリアのようで、駅前の「T-GALLERIA」を始め、街中には「NAHA MAIN PLACE」という、ショッピングビルもありました。街の雰囲気は、海浜幕張といった感じです。沖縄感はまったくありません。ここまでの道中、気分的には、羽田空港からゆりかもめに乗って、海浜幕張に来たという感じです(笑)。

f:id:pipinobu:20170211135912j:plain

 

今回宿泊する、「HOTEL StoRK(ホテルストーク)」は、「NAHA MAIN PLACE」のすぐ近くにあります。おもろまちの駅からは、徒歩10分ぐらいという感じです。歩いて向かうのに、遠すぎず、決して近くもない、という微妙な(絶妙な?)位置関係でした。

 

ということで、今回お世話になる「HOTEL StoRK(ホテルストーク)」に無事到着です。

f:id:pipinobu:20170211135929j:plain

 

おもろまちの駅から、迷わず到着できるか、若干心配でしたが、Google Mapを見ながら向かうことで、迷わず到着することができました。一安心です。

 

「HOTEL StoRK(ホテルストーク)」の地図はこちらになります。

HOTEL StoRK 那覇新都心

 

沖縄修行では気温差に注意

この日は、日本的に暖い日だったらしく、東京でも普段よりは暖い日でした。ですが、2月上旬ということで、若干肌寒かったので、ダウンジャケットを着て行きました。東京では、それで暑くもなく、寒くもなく、といった感じでした。

 

ですが、沖縄では事態は一変。めちゃくちゃ暑いです(笑)。ダウンジャケットなんか着ている人は、まったくいません。近くを見渡しても、たぶん、私だけでした。この日の沖縄は、昼間は20度を超えていたようですので、夜でも15度前後はあったのではないかと思います。ダウンジャケットなんて着ていたら、暑いに決まってますよね・・。

 

ですので、これから沖縄修行に向かう方は、出かける前に天気予報を確認して、沖縄の予想気温に合わせた服装を選択されることをオススメします。きっとこれからは、ぐいぐい気温があがっていくはずですからね。

 

まとめ

今回は、ANA SFC修行3回目の修行記その1として、成田空港へに移動から、ANAプレミアムクラスの搭乗記、那覇到着後のゆいレールの体験レポートまで、まるまるっとご紹介させていただきました。今回の修行での第1の山場は、初めての沖縄(正確には2回目ですが、前回は空港の外に出ていないので・・)で、ホテルまでちゃんと到着できるかどうかでしたが、無事にクリアすることができました。次回は、ホテルの様子をご紹介したいと思います。

 

==>次の記事

HOTEL StoRK(ホテルストーク)那覇新都心の宿泊レポート<ANA SFC修行記3-2>

 

<==前の記事

ANAプレミアムクラス搭乗記(福岡=>成田):Premium GOZENの昼食は味もボリュームも大満足!<ANA SFC修行記2-6>

 

<SFC修行全体の目次、記事一覧>

SFC修行2017:全体の目次、記事一覧はこちら!

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事

SFCって何?どんな特典、メリットがあるの?という方はこちら。

 

SFC取得に必要な費用(コスト)は?SFC取得に必要になるプレミアムポイントって何?PP単価って何?という方はこちら。

 

ANA SKYコインって何?SFC取得にマイルって使えないの?という方はこちら。ANAマイルからANA SKYコインへの交換手順についてもまとめております。

 

SFC修行するけど、プレミアム旅割28が予約できない、という方はこちら。

 

私の、2017年ANA SFC修行方針はこちら。

 

2017年1月から3月までの修行計画はこちら。


大量ANAマイルを獲得するメソッドはこちら(超重要)。