ANAのマイルで旅ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAのマイルで旅ブログ!

陸マイラーのピピノブが、飛行機に乗らずに貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、お得情報をどんどん発信していきます!

スポンサーリンク

コンラッド東京宿泊記:ベイビュースイートのお部屋を徹底レポート!

f:id:pipinobu:20170123110405j:plain

 

コンラッド東京宿泊記:ベイビュースイートのお部屋を徹底レポート!

コンラッド東京宿泊記の第2回目となる今回は、我々が宿泊したベイビュースイートのツインのお部屋の様子を徹底レポートします。ヒルトンの最上級ブランドの一つである憧れのコンラッドで、しかも、スイートの部屋に泊まれるなんて夢のようです。実際、スイートのお部屋は、想像以上に広く、眺望は良好、サービスも素晴らしく、最高のお部屋でした。たった一泊の滞在でしたが、夢のような宿泊体験をすることができました。アップグレードをしてくださった、コンラッド東京のスタッフさんに感謝感謝です。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

コンラッドとは

コンラッド・ホテル(Conrad Hotels)はヒルトン・ホテル社(Hilton Hotels Corporation)が世界的に展開している、同グループ内におけるホテルのブランドです。「コンラッド」という名称はヒルトン・ホテル創業者コンラッド・ヒルトンのファースト・ネームより名付けられています。

 

コンラッド・ホテルは、ヒルトン・グループの中では、「ウォルドルフ=アストリア・コレクション」に次ぐ最上級ブランドと位置づけられています。

コンラッド・ホテル - Wikipedia

 

コンラッド東京の基本情報

コンラッド東京は、東京都港区東新橋に位置しています。近年再開発された汐留エリアに、2005年に開業しました。東京汐留ビルディングの28階から37階に入居しています。

 

<ロケーション>

コンラッド東京の最寄駅は、ゆりかもめ線の汐留駅からは徒歩1分と駅から直結しています。JRや都営地下鉄、地下鉄の新橋駅からは、徒歩7分ということで、若干の距離があります。

  • 都営大江戸線・ゆりかもめ線 汐留駅 徒歩1分
  • JR・都営浅草線・東京メトロ銀座線 新橋駅 徒歩7分

 

地図はこちらになります。地図を見てわかるように、浜離宮恩賜庭園に面しているので、ホテルおよびホテルの客室からは、浜離宮恩賜庭園の豊かな緑が楽しめます。また、その先には、レインボーブリッジやお台場、東京湾などの湾岸ビューの絶景を楽しむことができます。

 

<客室の構成>

30階から37階に客室が用意されていますが、一番狭いスタンダードの「シティ/ベイビュールーム」で48m2、天井高3mと、非常に広い、ゆったりとした作りになっています。また、36階と37階はエグゼクティブフロアとなっています。エグゼクティブフロアの宿泊者には、エグゼクティブラウンジへのアクセス権がついています。

  • シティ/ベイビュールーム(48m2
  • エグゼクティブシティ/ベイビュールーム(48m2
  • シティ/ベイビュースイート(72m2
  • コーナーシティ/ベイビュースイート(72m2
  • エグゼクティブシティ/ベイビュースイート(72m2
  • エグゼクティブコーナーシティ/ベイビュースイート(72m2
  • デラックスベイビュースイート(130m2
  • ロイヤルスイート(226m2

 

<設備概要>

名称 コンラッド東京
所在地 〒105-7337 東京都港区東新橋1-9-1
TEL: 03-6388-8000 FAX:03-6388-8001
施設内容 室内有線・無線インターネット利用可能
喫煙ルームあり
4レストラン/1 バー
スパ/フィットネス/ビジネスセンター
290 客室
8 会議室
チェックイン
チェックアウト
チェックイン:15:00
チェックアウト:12:00
駐車場

ホテル施設内駐車場有り
・ホテルご宿泊の場合 3,000円/24時間
・通常 300円/30分

 

コンラッド東京の公式HPはこちらになります。詳細はこちらからご確認ください。

CONRAD TOKYO | コンラッド東京|汐留・銀座のホテル予約

 

スポンサードリンク

 

 

ベイビュースイートの設備詳細

宿泊記に進む前に、今回我々が宿泊した「ベイビュースイート」の設備を確認したいと思います。

 

部屋の広さは、驚きの72平方メール、東京都内であれば、3LDKのマンションぐらいの広さがあります。ツインの場合のベッドサイズもダブルベッドサイズなので、余裕があります。

 

<部屋の広さとベッドサイズ>

広さ 72m² ベッドサイズ

ツイン 140x203cm
キング 193x203cm

 

部屋の鳥瞰図はこちらのようになっています。部屋が2部屋あるのが特徴で、リビングルームとベッドルームが分けられています。この図ではキングベッドになっていますが、ツインの場合は、ベッドが2つ並ぶ形になります。

f:id:pipinobu:20170123104614p:plain

 

<アメニティと客室設備>

アメニティ
  • タオル・バスタオル
  • バスローブ
  • ハミガキセット
  • シャンプー・リンス
  • ボディソープ・石鹸
  • 髭剃り
  • ボディタオル(スポンジ)
  • シャワーキャップ
  • 綿棒
  • コットン
  • くし・ブラシ
  • ドライヤー
  • ナイトウェア
  • スリッパ
  • 湯沸しポット
  • 体重計
  • 金庫
  • 朝刊無料
  • 冷蔵庫
  • お茶セット(無料)
客室設備
  • 46インチプラズマテレビ(衛星放送)
  • DVDプレーヤー
  • ビデオ オン デマンド(有料)
  • 高速インターネット接続(有線/無線)
  • 固定電話3機・ワイヤレス電話1機
    (全館にてご利用いただけます)
  • アイロン・アイロン台
  • 電子制御セーフティボックス
  • ミニバー
  • ティー&コーヒーメーカー

 

ベイビュースイートの設備詳細はこちらの公式HPもご参照ください。

ベイビュースイート|CONRAD TOKYO | コンラッド東京|汐留・銀座のホテル予約

 

スポンサードリンク

 

 

コンラッド東京宿泊記:これまでの経緯

前回の記事はこちらにになります。ホテルへのアクセスからチェックインの様子、アップグレードの結果まで、詳しくご紹介しております。


 

コンラッド東京宿泊記:ベイビュースイートのお部屋

ホテルの雰囲気

さて、前置きが長くなりましたが、ここからは、コンラッド東京の「ベイビュースイート」のお部屋の様子をレポートしていきます。

 

今回宿泊したお部屋は33階にあります。ロビーフロアからのエレベーターを降りると、エレベーターホールに出ます。細部に至るまで、高級感が漂っています。

f:id:pipinobu:20170123114500j:plain

 

ちなみに、コンラッド東京の館内では、至るところにアロマセットが設置されているので、館内全体が、とてもいい香りに包まれています。

 

客室の雰囲気

案内された、「ベイビュースイート」の部屋の扉を開けます。すると、奥行きのある空間が広がっています。窓の向こうには、ベイビューが垣間見えます。

f:id:pipinobu:20170123105710j:plain

 

部屋の中には、こんな感じの飾りも用意されていて、高級感を醸し出しています。

f:id:pipinobu:20170123105913j:plain

 

窓際のビジネスデスクはこんな感じです。ゆったりとした革のチェアーがかっこいいです。窓からは、汐留のビル群と、ベイビューの両方が楽しめます。こんなところで仕事がしたいです。

f:id:pipinobu:20170123105714j:plain

f:id:pipinobu:20170123130329j:plain

 

眺望の様子

こちらが、コンラッド東京の「ベイビュースイート」からの眺望です。眼下には、浜離宮恩賜庭園が広がっています。浜離宮恩賜公庭園を独り占めです。遠目には、レインボーブリッジやお台場などの、湾岸ビューを望むことができます。

f:id:pipinobu:20170123105719j:plain

 

チェックインした時はちょっと曇り空で、あまり遠くまでは見通せませんでしたが、翌日はとてもいい天気で、さらなる絶景を望むことができました。

 

こちらは、当日の夜の様子。ベイブリッジやお台場の夜景が綺麗です。

f:id:pipinobu:20170123214543j:plain

 

こちらは、翌日の早朝、朝焼けの様子。なんとなく目が覚めてしまい、撮影しました。こんな綺麗な景色を見られてラッキーです。

f:id:pipinobu:20170123185505j:plain

 

こちらは、朝日がちょうど登ってきたタイミングです。

f:id:pipinobu:20170123185517j:plain

 

そして、最後が日中の様子です。かなり遠くまで見通せるのがわかります。絶景です。

f:id:pipinobu:20170123185541j:plain

 

こんな感じで、時間によって変化する、東京湾の様子を観察できるのも、ベイビューの醍醐味ですね。

 

リビングルームの様子

「ベイビュースイート」のお部屋は、冒頭でご説明したとおり、2部屋で構成されています。まずは、リビングルームの様子をご紹介していきます。

 

リビングルームには、こちらの写真のように、ソファーセットが用意されています。

f:id:pipinobu:20170123105723j:plain

 

ソファーセットの正面には、46インチの液晶テレビがあります。このテレビでは、ホテルサービスの紹介のほか、地上波や衛生放送を見ることができました。

f:id:pipinobu:20170123105727j:plain

 

テレビ台の隣には、無料のお水が2本と、日本茶セットが置かれています。

f:id:pipinobu:20170123105934j:plain

 

液晶テレビの下には、DVDプレイヤーもあらかじめセットされていました。

f:id:pipinobu:20170123105947j:plain

 

スポンサードリンク

 

 

ベッドルームの様子

それでは続いて、ベッドルームの様子をご紹介します。

 

今回はツインベッドのお部屋になりましたので、ベッドは2つあります。それぞれのベッドのサイズはダブルベッドです。大人が寝ても、余裕の大きさです。当然ながら、マットレスはダブルマットレスで、心地よいふかふか加減です。ベッドメイキングもビシっとしていて、完璧ですね。

f:id:pipinobu:20170123105731j:plain

 

ベッドボードの上には、こんな感じの鳥さんのオブジェもあります。細かいところまで、計算しつくされた感じがありますね。

f:id:pipinobu:20170123130447j:plain

 

ベッドルーム側にも、リビングルームと同じように、大きな窓があり、ベイビューの景色を楽しむことができます。ちなみに、カーテンやブラインドは電動になっており、ボタン一つで開閉の操作ができました。

f:id:pipinobu:20170123105739j:plain

 

窓際には、ロングチェアが置かれていて、くつろぎながら、ベイビューを楽しむことができます。こんな絶景を眺めながら、読書をしたり、パソコンをしたり、贅沢な時間を過ごせるのですね。

f:id:pipinobu:20170123110405j:plain

 

そして、驚きなのが、こちらのベッドルームにも、リビングルームに置かれていたのと同じ、46インチの液晶テレビが置かれています。一部屋に、46インチの大型液晶テレビが2台です。なんて贅沢なんでしょう。

 

ベッドで横になりながら、テレビを楽しむことができるようになっています。

f:id:pipinobu:20170123105743j:plain

 

ちなみに、用意されていたパジャマはこんな感じです。ワンピースタイプのものですね。後から電話で、セパレートタイプのパジャマがあるか聞いてみたのですが、パジャマの用意は、こちらのワンピースタイプのものだけだそうです。

f:id:pipinobu:20170123130133j:plain

 

バスルームとコンラッドダックの様子

それでは、続いては、気になるバスルームの様子をご紹介したいと思います。

 

まずは、パウダールームです。パウダールームは、浴槽およびシャワーブースに隣接しており、余裕のダブルボールです。

このあたりの大理石敷きゾーンには床暖房が設置されていました。至れり尽くせり。

f:id:pipinobu:20170123105747j:plain

 

アメニティは、アロマセラピー・アソシエイツです。ヒルトンでは、ピータートーマスロスが定番ですが、さすがコンラッド、差をつけてきています。

f:id:pipinobu:20170123105750j:plain

 

アロマセラピー・アソシエイツとは

イギリスのアロマブランド『アロマセラピー・アソシエイツ』は、ウェルビーイングをあらゆる面から追求した、英国を代表するラグジュアリーなスパトリートメントのコレクション。それぞれのプロダクツにふんだんに使用されているエッセンシャルオイルは、最も香り高い原品種の芳香植物のみから抽出されました。素材へのこだわりと丁寧な製作工程によって作られた製品は、心と体に喜びを呼び起こし、内側から自然な輝きと生命力を引き出します。癒し効果の高いローズマリーやネロリなどのエッセンスの香りが、ラグジュアリーなホテルステイをさらに心地よいものにするでしょう。

ご宿泊のお客様へ 4つより選べるコンラッドバスアメニティ | ニュース&トピックス | CONRAD TOKYO | コンラッド東京|汐留・銀座のホテル予約

 

ちなみに、アメニティは、上記のアロマセラピー・アソシエイツを含め、4種類から選択することができます。

 

最初、客室には、アロマセラピー・アソシエイツしかなかったので、案内してくださったスタッフさんに、他のものも何か試してみたいと伝えたところ、後でなんと全種類を用意してくださいました。太っ腹です。綺麗にセッティングまでしてくださって、また感動です。

f:id:pipinobu:20170123105805j:plain

 

一番右が「タラ・スミス」、隣が「シャンハイ・タン」、一番左が男性用の「リファイナリー フォー メン バイ アロマセラピーアソシエイツ」です。どれも、高級ブランドばかりということで、わくわくしますね。

 

タラ・スミスとは

『タラ・スミス』は、優れた効果を持つ天然有効成分を配合したオーガニックライン。パラベンやラウリル硫酸ナトリウム、グリコール、フタル硫酸エステル、ポリエチレングリコール、合成着成料、合成香料を一切使っていない、「人に優しい」をうたうビーガン製品です。スキンケアとヘアケアの製品は天然の植物性原料を使用しており、髪と肌を優しくいたわります。ブランド創始者のセレブリティヘアスタイリストであるタラ・スミスならではの、「動物ではなく、映画スターなどのセレブリティでテスト済み」というこだわりも特徴です。

 

シャンハイ・タンとは

洗練されたファッションとフレグランスを象徴する『シャンハイ・タン』は、マンダリンティーの香り漂うラグジュアリーなスキンケアとヘアケアのコレクションです。トレンドを先取りするシックな製品を取り揃え、五感を刺激しながら、上質の髪と肌を育みます。コンテンポラリーなチャイニーズブランドを代表するシックでラグジュアリーなライン。新商品である、エキゾチックで爽やかなマンダリンティーの香りをご用意しました。髪、お肌に潤いを与え、フレッシュな感覚が続きます。

 

リファイナリー フォー メン バイ アロマセラピーアソシエイツとは

『リファイナリー フォー メン バイ アロマセラピーアソシエイツ』は、イギリスのアロマブランド、アロマセラピー・アソシエイツのメンズラインナップで、男性のグルーミングに特化しているのが特徴です。シェイビング後の肌に優しいエッセンシャルオイルなどの素材を使用し、幅広い年齢層の男性の肌に合うよう作られています。

 

私は男性なので、メンズ用の「リファイナリー」を試してみましたが、めちゃめちゃ良い香りがしました。意外とサイズが大きいので、余った分を持って帰って、家でも楽しんでいます。

 

そしてこちらが、浴槽とシャワーブースです。パウダールームとは、ガラスで仕切られています。

そしてこちらにもまたテレビがあります。わおー。

f:id:pipinobu:20170123105754j:plain

 

浴槽は、こんな感じのフルバスで、足を伸ばしても余裕がある、ゆったりサイズです。

f:id:pipinobu:20170123105757j:plain

 

浴槽の上には、コンラッドダックさんが鎮座しています。こちらはお土産として、いただいて帰ることができます。とっても可愛いです。

f:id:pipinobu:20170123105815j:plain

 

シャワーに関しては、可動式のハンドシャワーと、固定式のレインシャワーの両方が用意されています。後で利用してみましたが、水量(湯量)も申し分ありませんでした。

f:id:pipinobu:20170123105801j:plain

 

パウダールームには、体重計も用意されています。この辺りは、ヒルトンにもあるので、あまり驚きはありませんね。外資系のホテルでは、だいたいあるように思います(外国の人ってそんなに体重気にするのかな?)。

f:id:pipinobu:20170123105823j:plain

 

バスローブは、パウダールームに用意されています。2名での宿泊なので、ちゃんと2人分の用意がありました。

f:id:pipinobu:20170123105819j:plain

 

浴槽およびシャワーブースの隣には、トイレが用意されています。日本人には嬉しいウォシュレット付きです。

f:id:pipinobu:20170123105900j:plain

f:id:pipinobu:20170123105904j:plain

 

ちなみに、トイレは入り口の横にもうひとつあります。こちらは落ち着いた雰囲気。一部屋に2つもトイレがあるなんて、初めての経験です。ぶるぶる。

f:id:pipinobu:20170123105908j:plain

 

クローゼットの様子

ベイビュースイートのお部屋には、ウォークスルークローゼットがありました。バスルームとリビングルームの間の位置しており、こんな感じのクローゼットが、部屋の左右に並んでいます。

f:id:pipinobu:20170123105848j:plain

 

クローゼットの戸棚の中には、金庫の用意がされています。当たり前ですが、利用は無料です。部屋の中に無料で使える金庫があると安心します。

f:id:pipinobu:20170123105851j:plain

 

反対側の戸棚には、スリッパも用意されていました。

f:id:pipinobu:20170123105856j:plain

 

こんな感じの、厚手でふわふわのスリッパです。

f:id:pipinobu:20170123105917j:plain

 

ミニバーの様子

ミニバーは、リビングルームのテレビ台の下に用意されいています。まずは、冷蔵庫をみてみましょう。

f:id:pipinobu:20170123105939j:plain

 

冷蔵庫の中には、たくさんのドリンクが用意されています。このあたりは、みんな有料ですので気を付けましょう。

f:id:pipinobu:20170123105943j:plain

 

その隣には、ミニバーやスナックなども用意されています。当然、この辺りも有料です。

f:id:pipinobu:20170123105956j:plain

f:id:pipinobu:20170123110001j:plain

 

ミニバーの料金表はこちらになります。缶ビール一本で900円!フリスクが1個560円になります。迂闊には手を出せない料金ですね・・。手出し無用です。

f:id:pipinobu:20170123110348j:plain

 

反対側の扉には、コーヒー、紅茶などの用意があります。この辺りは無料で利用できます。

f:id:pipinobu:20170123110353j:plain

 

コーヒーに関しては、残念ながらネスプレッソはなく、用意されていたのはインスタントコーヒーのみでした。ちょっと残念。

f:id:pipinobu:20170123110357j:plain

 

湯沸かしポットなどは、あらかじめ用意されていますね。

f:id:pipinobu:20170123110401j:plain

 

ウェルカムギフトの様子

我々は、急遽部屋のアップグレードをしていただいたので、ウェルカムギフトは後から届きました。ウェルカムギフトとしては、こんな感じのお手紙と、小箱が届けられました。

f:id:pipinobu:20170123105921j:plain

 

中身はこんな感じです。宿泊のお礼のお手紙と、お茶菓子としてフィナンシェが入っていました。ちょっとしたものですが、やっぱり頂けると嬉しいですね。

f:id:pipinobu:20170123105929j:plain

 

ターンダウンとコンラッドベアの様子

コンラッド東京では、ターンダウンというサービスが実施されています。これは、就寝前の部屋の準備を行うもので、ベッドメイキングを整えたり、使ったタオルや、アメニティなどの交換をしていただけます。時間は17:00から20:00までの間で、順番に部屋を巡回しています。

 

宿泊の初日には、このターンダウンのタイミングで、コンラッドベアのプレゼントがあります。通常は、宿泊客一人にひとつらしいのですが、どれが良いか迷っていたら、その時スタッフさんが持っていた、3体全部頂けてしまいました。バスルームでご紹介したコンラッドダックさんと合わせて、良いお土産になりました。

f:id:pipinobu:20170123212245j:plain

 

アロマサービスの様子

コンラッド東京では、アロマサービスを提供しています。電話でお願いをすると、スタッフさんが部屋にセットをしにきてくださいます。3種類のアロマから選択可能で、我々は就寝前にラベンダーをお願いしました。部屋中がとってもいい香りにつつまれて、ぐっすりと眠ることができました。

f:id:pipinobu:20170123130636j:plain

 

まとめ

今回は、我々が宿泊したベイビュースイートのツインのお部屋の様子を詳しくご紹介しました。スイートのお部屋は、まさかの2部屋構成。想像以上に広く、眺めも良く、サービスも素晴らしく、最高のお部屋でした。たった一泊の滞在でしたが、憧れのコンラッド東京で、夢のような宿泊体験をすることができました。

 

<==前の記事

コンラッド東京:スイートへのアップグレードに成功!アクセスからチェックインまで徹底レポート!

 

==>次の記事

コンラッド東京:アフタヌーンティーをエグゼクティブラウンジで満喫!

 

ヒルトンおよびコンラッドの宿泊をお得に予約する方法は以下にまとめております。今回のコンラッド宿泊でもこちらの方法を利用しました。ぜひ一度ご参照ください。

 

また、私がこんなに快適なホテルライフを送ることができているのは、すべてこちらの「SPGアメックス」のおかげです。そんな「SPGアメックス」の魅力の全ては、こちらの記事でまとめておりますので、「SPGアメックス」って何?という方は、ぜひご参照ください。

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

東京近郊のヒルトンホテルを巡る旅シリーズ

勝手にシリーズ化している、東京近郊のヒルトンホテルを巡る旅の過去記事はこちらになります。お時間のある時にでも、ぜひご参照ください。

 

序章:SPGアメックスからのステータスマッチで、ヒルトンのダイヤモンドステータスを手に入れた経緯はこちら。


第1章:ヒルトン東京(新宿)の宿泊記はこちら。ヒルトン東京(新宿)はカクテルタイムの充実ぶりが素晴らしいです。


第2章:ヒルトン東京お台場の宿泊記はこちら。ヒルトン東京お台場は客室からの景色と、露天風呂風のスパが素晴らしいです。


第3章:ヒルトン東京ベイ(舞浜)の宿泊記はこちら。ヒルトン東京ベイ(舞浜)は東京ディズニーランドに近接しているのが特徴です。

 

おすすめ記事