陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!


< 旅好き&陸マイラー注目記事! >

SPGアメックスとANAマイルで格安で豪華なハワイ旅行を実現!

アメックスゴールドが年会費無料&30,000ボーナスポイント!

ポイントサイトの入会はここからがお得!入会特典ランキング!

スポンサーリンク

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション 宿泊記:SPGアメックスでアップグレードに成功!お部屋レポート

f:id:pipinobu:20171124125242j:plain

 

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション 宿泊記:SPGアメックスでアップグレードに成功!お部屋レポート

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションの宿泊記をお送りします。コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションはその名前のとおり、マリオットグループのホテルで、東京駅から徒歩圏内の立地抜群のホテルです。今回私は、マリオットのプラチナチャレンジの一環として宿泊してきました。プラチナチャレンジの場合、ポイント利用はできませんので、なるべくコストを抑えるべく、ベストレート(最低価格保証)を利用して割引価格を引き出すよう工夫しました。また、SPGアメックスを保有することで得た、マリオット・リワードのゴールド会員特典により、お部屋の当日アップグレードにも成功しました。当記事では、予約の経緯から、当日アップグレードの結果、お部屋の様子(ベッド、眺望、バスルーム、アメニティなどなど)まで、詳しくレポートしていきたいと思います。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションとは

「コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション」は、東京都中央区京橋にあるホテルです。その名前のとおり、「コートヤード」という、マリオットの中では中価格帯に位置する、マリオットグループのホテルです。

 

2014年4月にオープンしたばかりの比較的新しいホテルで、「京橋トラストタワー」という複合ビルの1階から4階に入居しています。京橋駅から徒歩1分、東京駅から徒歩4分に位置しており、ビジネスにも観光に、絶好のロケーションになっています。

 

150室の客室の他に、レストラン、カフェ、貸会議室(トラストシティカンファレンス・京橋)やフィットネスなど、様々な施設も有しています。

 

<コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションの基本情報>

  • ホテル名:コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション
  • 住所: :東京都中央区京橋2-1-3 (京橋トラストタワー1~4階)
  • TEL:03-3516-9600(代表)
  • チェックイン:15:00
  • チェックアウト:12:00

 

「コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション」の公式HPはこちらになります。詳細はこちらもご確認ください。

コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション

 

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションへのアクセス

「コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション」は、地理的には京橋に位置してます。アクセスにはJRもしくは地下鉄が便利です。

 

<コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションの最寄駅>

  • JR東京駅 八重洲南口より徒歩4分
  • 東京メトロ銀座線 京橋駅 7番出口より徒歩1分
  • 東京メトロ銀座線・東西線/都営浅草線 日本橋駅 B3出口より徒歩5分
  • 都営浅草線 宝町駅 A5出口より徒歩4分
  • 東京メトロ 有楽町線 銀座一丁目駅 7番出口より徒歩5分

 

「コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション」の周辺地図はこちらになります。地図を見ても、東京駅からすぐ近くであることがわかりますね。

 

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションはマリオットのグループホテル

「コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション」は、前述のとおり、マリオットグループのホテルとなっています。

 

そのため、マリオットの会員制度である「マリオット・リワード」のエリート会員資格の特典を受けることが可能です。

 

もちろん、マリオットの公式HPから予約や、マリオット・リワードのポイントを使っての宿泊も可能ですし、宿泊によりポイントを貯めることができます。

 

また、マリオットのプラチナチャレンジ(プラチナ・ステータス・チャレンジ)の宿泊実績としてもちゃんとカウントされます。私も今回、プラチナチャレンジの一環として宿泊しました。

 

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションで予約したお部屋と料金

私が、こちらの「コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション」で当初予約したお部屋は、2名宿泊としてはスタンダードなお部屋である「クリエーターズ ダブル」というお部屋でした。

 

予約時の価格は、26,460円でしたが、ベストレート(最低価格保証)を利用することで、14,700円まで割引してもらうことに成功しました(いずれの価格も、税金、サービス料は含んでいません)。

 

ベストレート(最低価格保証)の効果>

  • 予約時の価格:26,460円
  • ベストレート(最低価格保証)適用後の価格:14,700円
  • 差額:11,760円
  • 割引率:約44%

 

割引率としては約44%です。これはなかなか大きいですよね。これに税金とサービス料とを加えると、17,346円になります。ちなみに、予約したのは、11月のある祝日、1泊2名となります。

 

マリオットの最低価格保証(ベストレート)の詳細については、こちらの記事もご参照ください。

 

スポンサードリンク

 

 

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション 宿泊記:チェックインの様子とアップグレードの結果

それではここからは、「コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション」の宿泊記をお送りしてきます。まずは、チェックインの様子とアップグレードの結果です。

 

私は、SPGアメックスというクレジットカードを保有しており、その特典として、マリオット・リワードのゴールド会員資格を獲得しております。

 

マリオット・リワードのゴールド会員の場合、その特典として、当日の空室状況に応じて客室のアップグレードを受けられるため、チェックイン時は、いつもドキドキです。

 

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションの外観

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションの外観はこんな感じです。この時は、夕方5時をすぎていたのですが、ライトアップがなかなか綺麗です。

f:id:pipinobu:20171124125223j:plain

f:id:pipinobu:20171124125231j:plain

 

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションのレセプションは4階にあります。ですので、1階から4階へは、こちらのホテル専用エレベーターで移動します。

f:id:pipinobu:20171124125238j:plain

 

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションのロビー

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションのロビーはこんな感じです。モダンで温かみのある内装になっています。

f:id:pipinobu:20171124125713j:plain

 

ロビーの一角には、「ライブラリーバー」というものが用意されていて、宿泊客が自由に利用できるようになっています。

f:id:pipinobu:20171124130027j:plain

 

こちらについては、次の記事で詳しくご紹介したいと思いますが、マリオットリワードのシルバー会員以上は、無料で好きなドリンクをいただくことができます。フルーツジュースや炭酸ジュース、瓶ビールなどが用意されています。

f:id:pipinobu:20171124130034j:plain

 

ただし、お水だけは、宿泊者全員が無料でいただけるようです。でも、こちらの「ライブラリーバー」自体がロビーの端っこにあるので、気づいている方は少ないかもしれません・・。

f:id:pipinobu:20171124130038j:plain

 

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションのレセプション

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションのレセプションはこんな感じです。常時、2-3人のホテルスタッフの方がいらっしゃって、対応してくださいます。

f:id:pipinobu:20171124125827j:plain

 

いちおう、マリオット・リワード用のメンバーシップゾーンの掲示もありましたが、専用のカウンターが用意されているわけではありませんでした。基本は、早く並んだもの順という感じです。私も普通に並びました。

f:id:pipinobu:20171124125717j:plain

 

さて、ドキドキのアップグレードの結果ですが、この日も無事にアップグレードしていただくことに成功しました!

 

もともと予約していたお部屋は「クリエーターズ ダブル」というお部屋でしたが、これを「クリエーターズ クイーン」というお部屋にアップグレードしていただきました。

 

こちらの画像は、客室に置いてあった部屋の料金表ですが、1段階のアップグレードということになります。ただ、ホテルのスタッフの方もおっしゃっていたのですが、部屋の広さは同じなので、ベッドの大きさ(幅)がちょっと広くなったという程度の違いだそうです。

f:id:pipinobu:20171124114259j:plain

 

定価レベルでは2,000円程度の差額になりますが、ベストレートで実現した割引価格での宿泊なのに、アップグレードまでしていただき、感謝感謝です。

 

ちなみに、チェックイン時に確認したところ、16:00までのレイトチェックアウトもOKということでした。

 

ということで、チェックインの時点で、マリオット・リワードのゴールド会員特典として、アップグレードとレイトチェックアウトを受けられたということになります。

 

いつもながら、ありがたいことです。SPGアメックス様様です。

 

スポンサードリンク

 

 

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション 宿泊記:クリエーターズ クイーンのお部屋レポート

お部屋の雰囲気

さて、無事にアップグレードも成功しましたので、お部屋の方に移動します。今回アサインいただいたお部屋は、4階のお部屋でした。「コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション」は4階が最上階ですので、一応は最上階という感じです。

 

お部屋に続く廊下はこんな感じです。なぜか、廊下がレインボーです。

f:id:pipinobu:20171124130854j:plain

 

お部屋の全体像はこんな感じです。意外と、モダンで若干ポップな雰囲気です。お部屋の広さは20平米ということでしたが、そんなに狭い感じはしませんでしたね。

f:id:pipinobu:20171124130904j:plain

 

客室に置かれたベッドはクイーンサイズです。なかなかの広さです。ベッドの上には、最初から寝巻き(2着)が置かれていました。寝巻きはワンピースタイプのものです。

f:id:pipinobu:20171124131046j:plain

 

ベッドサイドには、レトロな感じの目覚まし時計と、コンセントやお部屋のスイッチなどなど。機能的にまとまっています。

 

お部屋からの眺望

お部屋からの眺望はこんな感じです。最上階といえども4階なので、良い眺望は望めません。こちらのコートヤード・バイ・マリオット東京ステーションのすぐ隣には「明治屋」があるのですが、我々のお部屋は明治屋ビューでした(笑)。

f:id:pipinobu:20171124131408j:plain

 

お部屋の設備

それでは、お部屋の設備を順に見ていきましょう。まず、ベッドの正面には液晶テレビがあります。大きさはそれほどでもなく、多分30型ぐらいと思われます。

f:id:pipinobu:20171124131543j:plain

 

テレビ台の下の扉の中には、ティーセットやポット、グラス、マグカップなどが用意されていました。

f:id:pipinobu:20171124131557j:plain

 

用意されていたティーセットはこんな感じです。インスタントのコーヒーと、紅茶、ハーブティーなどなどです。コーヒーでデカフェのものが用意されいるのは、なかなかポイントが高いです。

f:id:pipinobu:20171201223834j:plain

f:id:pipinobu:20171124131607j:plain

 

部屋の窓から一番遠い反対側の角には、ビジネスデスクもあります。ビジネスユースを意識しているのか、ちゃんとしたビジネスデスクです。広さもそこそこありますね。

f:id:pipinobu:20171124131834j:plain

 

ビジネスデスクの隣の台の下には、セーフティーボックスと冷蔵庫が隠れています。セーフティーボックスの利用はもちろん無料。

f:id:pipinobu:20171124131838j:plain

 

冷蔵庫の中を確認すると、ペットボトルのお水が2本用意されていました。こちらも無料でいただくことができます。それ以外は、冷蔵庫の中には何もありません。結局、ミニバーがあっても高くて利用しないので、空の方が何かを入れることができて、ありがたいです。

f:id:pipinobu:20171124131853j:plain

 

客室の入り口(扉)のすぐ隣には、クローゼットがあります。ちょっと小さめのクローゼットですが、ハンガーはふんだんに用意されています。

f:id:pipinobu:20171124131852j:plain

 

加えて、足元には、アイロンと使い捨てのスリッパの用意がありました。スリッパは、ちゃんと2人分ですね。

f:id:pipinobu:20171124131846j:plain

 

スポンサードリンク

 

 

バスルームの様子

続いては、気になるバスルームの様子です。バスルームはユニットバスになっていました。浴槽は、幅はそれほどありませんが、深さにゆとりがあるタイプ。しっかりお湯に浸かることができます。トイレは、もちろん、ウォシュレット付きです。

f:id:pipinobu:20171124133038j:plain

f:id:pipinobu:20171124133158j:plain

 

シャワーは、使いやすいハンドシャワーになっています。写真には写っていませんが、タオル類も豊富に用意されていました。洗面台は写真のとおりのシングルボール。洗面台には、アメニティの用意があります。

 

アメニティの様子

アメニティーは、こんな感じで、洗面台の端っこにわっさりと置かれています。シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ボディローション、石鹸などに加え、歯ブラシやカミソリなど、必要なものは一通り用意されているイメージです。ドライヤーもパナソニック製のもの。

f:id:pipinobu:20171124133244j:plain

 

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ボディローション、石鹸には、「NIRVAE」と書かれています。以前宿泊した「コードヤード・マリオット銀座東武ホテル」も同じものでした。どうやら、コートヤードのオリジナルのブランドのようです。

f:id:pipinobu:20171124133248j:plain

 

  

また、客室に置いてあったサービスガイドを見てみると、女性用には追加でアメニティーが用意されていることでしたので、いただけるようにリクエストしてみました。すると、すぐにお部屋の方に持ってきていただけました。

 

追加でいただけたのはこちらになります。ポーラの「アイエス」というブランドのアメニティーセットです。なぜか2セットいただけました。夜用と朝用かな?

f:id:pipinobu:20171124134445j:plain

 

中には、リキッドクレンジング、ウォッシュモイスチャー、モイスチャーローション、モイスチャーミルクが入っていました。とってもお得な内容なので、女性であれば、いただいてみるべきですね。

f:id:pipinobu:20171124134448j:plain

 

ウェルカムギフトの様子

ここまで確認して、お部屋にウェルカムギフトの用意がないことに気づきました。ホテルにもよりますが、ゴールド会員の場合は、ウェルカムギフトが用意されていることが多いので、さきほどのレセプションで確認してみました。

 

すると、単純に渡すのを忘れていたそうです(笑)。そんなこんなで、いただけたウェルカムギフトはこちらになります。コートヤードのロゴ入りのクッキー(おせんべい?)と、謎の小袋。

f:id:pipinobu:20171124134426j:plain

 

こちらの小袋の中には、かりんとうと和菓子が入っていました。全体的に和の雰囲気で統一されていて、外国人の方には喜ばれそうです。

f:id:pipinobu:20171124134429j:plain

 

ウェルカムドリンクの様子

また、こちらはウェルカムドリンクです。ウェルカムドリンクはアルコールとノンアルコールから選択できます。私はもちろん、アルコールを選択しました(笑)。いただけたのは、こちらになります。缶ビールとサワーの3本セットです。缶ビールといっても、厳密には発泡酒です。節約しているんですかね・・。

f:id:pipinobu:20171201223914j:plain

 

こちらのウェルカムドリンクも、ウェルカムギフトと同じで、こちらから問い合わせることで提供されました。

 

ゴールド会員(もしくはプラチナ会員)としてこちらのホテルに宿泊される場合は、ウェルカムギフトとウェルカムドリンクの有無を確認して、提供されていないようでしたら、レセプションに確認されることをオススメします。

 

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション 宿泊記:フィットネスの様子

さて、お部屋の確認が一通り終わった後に、フィットネスにも寄ってみました。フィットネスは、コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションの3階にあります。

f:id:pipinobu:20171124133835j:plain

 

フィットネスの入り口はこんな感じです。ルームキーで入室することができます。こちらは、会員レベルに関係なく、宿泊者であれば無料で利用することができます。 

f:id:pipinobu:20171124133820j:plain

 

部屋の中には、こんな感じで、トレーニング用のマシンがずらずらっと並んでいます。バランスボールやダンベルなんかもあり、思ったよりも、器具のラインナップが充実している感があります。

f:id:pipinobu:20171124133824j:plain

 

 

こんな感じで、無料でいただけるお水と、タオルも用意されています。至れり尽くせりです。

f:id:pipinobu:20171124133828j:plain

 

いつも思うんですが、ホテル内のフィットネスっていつも空いていて、かなりの穴場です。私も使ったことはないんですが、使わないともったいないですよね。今度はジムウェア持参しようかな・・。

 

マリオットのゴールド会員資格の獲得にはSPGアメックスを利用

私はSPGアメックスをメインカードとして利用しています。SPGアメックスを保有すると、SPGのゴールド会員資格を獲得することができます。SPGのゴールド会員資格は、通常1年に10滞在もしくは25泊しなければ得られない資格であり、これだけでもかなりの価値があります。

 

加えて、2016年9月から、SPGとマリオット(およびリッツ・カールトン)間で会員資格のステータスリンクが開始されました。これにより、SPGアメックスカードを保有していれば、SPGのゴールド会員資格だけでなく、マリオット(およびリッツ・カールトン)のゴールド会員資格まで合わせて獲得可能となっています。

 

マリオットのゴールド会員は、通常、年間50泊しなければ得られません。それが、SPGアメックスを保有するだけで、マリオットでも同時にゴールド会員になれてしまうという、とてもお得な状況になっています。

 

マリオットのゴールド会員特典は以下になります。この中で、赤字のものが、特に価値の高い特典です。

 

<マリオットのゴールド会員特典>

  • 対象となるご宿泊に対する追加ボーナスポイント:25%
  • 特典除外日なし
  • ルームタイプの保証
  • 無料の客室アップグレード
  • 無料の客室内高速インターネットアクセス
  • マリオットへのダイレクト予約で、無料の客室内インターネットアクセス  
  • 午後4時までのレイトチェックアウト保証 (リゾートおよびコンベンションホテルでは、空室状況により、ご利用いただけない場合もあります
  • ラウンジのご利用および2名様分の朝食を保証

マリオット リワード会員特典一覧

 

SPGのゴールド会員よりも、マリオットのゴールド会員の方が、相対的に取得のためのハードルが高く価値も高いため、SPGアメックスというクレジットカードの価値をより高める結果となっています。

 

日本だけでなく、世界中のマリオットのホテルで、上級会員として様々な特典と、丁寧なサービスを受けられるのは、素晴らしい経験です。

 

SPGとマリオット(およびリッツ・カールトン)間のステータスリンクの詳細については、こちらの記事をご参照ください。

 

SPGアメックスではお得な入会キャンペーンを実施中

SPGアメックスでは、現在、お得な入会キャンペーンを実施中です。SPGアメックス保持者からの紹介でのご入会で17,000ポイントを獲得できます。SPGアメックスの公式HPからご入会するより、7,000ポイント分もお得となっております。私からご紹介させていただくことも可能ですので、ご興味の方はこちらの記事をご参照ください。

 

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション 宿泊記:SPGアメックスでアップグレードに成功!お部屋レポートのまとめ

今回は、「コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション」の宿泊記をお送りしました。コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションは、オープンしてから比較的新しいということで、共用部分も客室もモダンな雰囲気で、機能的かつ清潔に維持されていました。また、場所は、JR東京駅から徒歩圏内というのが最大の特徴で、観光にもビジネスにも絶好のロケーションとなっています。

 

個人的には、こちらのホテルは、シティホテルとしてのホスピタリティよりも、ビジネスや観光への機能性を重視しているように感じました。泊まってみた感想も、まさにそんな感じで、シティーホテルというよりも、ビジネスホテルなのだな、と強く感じました。

 

ですので、ビジネスや観光目的でロケーションやアクセス重視の場合は満足度は高いと思いますが、ホスピタリティを期待すると、ちょっとがっかりすると思います。ホテル宿泊自体を楽しみたい、という目的の場合は、同じマリオットグループのホテルでも、「ザ・プリンス さくらタワー」や「東京マリオット」の方がオススメになります。

東京マリオット:SPGアメックスのポイントでエグゼクティブルームに無料宿泊!

ザ・プリンス さくらタワー東京 宿泊記:SPGアメックスのポイントで無料宿泊&アップグレード成功!

 

最近、いろいろなホテルに宿泊するようになって、目的に応じたホテル選びって大切だと感じています。下調べは大事ですね。

 

次回は、マリオット・リワードのゴールド会員の特典として、無料で利用することができた「ライブラリーバー」と「カクテルタイム」の様子をレポートしたいと思います。

 

==>次の記事

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション:ラウンジは無くてもカクテルタイムは内容充実!

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション:朝食ビュッフェの様子を徹底レポート!<SPG/Marriott>

 

<ホテル宿泊記の目次、記事一覧>

ホテル宿泊記:全体の目次、記事一覧はこちらです!

 

旅行好きの方はこちらの記事も注目です。陸マイラーとしてSPGアメックスとANAマイルを利用することで、低コストで豪華なハワイ旅行を実践しています。夫婦2人でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円(税金・サーチャージ等)だけの現金持ち出しだけで実現しています。しかも、部屋の超絶アップグレードも受けられたというおまけ付きです。ぜひ合わせてご参照ください。

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事