陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!

スポンサーリンク


<旅好き&陸マイラー注目記事!>

SPGアメックスとANAマイルで格安で豪華なハワイ旅行を実現!

エクストリームカード:ANAマイル還元率からキャンペーン情報、メリット・デメリットまで徹底解説!

f:id:pipinobu:20160711220941p:plain

 

エクストリームカード(Extreme Card):ANAマイル還元率からキャンペーン情報、メリット・デメリットまで徹底解説!

ANAマイルを効率的に貯められるクレジットカードは何でしょうか?陸マイラー界で有名なのは、エクストリームカードや、ANA VISAワイドゴールドカードです。それでは、自分に最適なのは、エクストリームカードでしょうか?ANA VISAワイドゴールドカードでしょうか?もしくはそれ以外でしょうか・・?

私自身がこれまで、ANAマイルを貯める手段としてクレジットカードに注目していなかったことがあり、どのクレジットカードがANAマイルを効率的に貯める上で自分に最適なのか、理解があいまいな部分がありました。そこで、今回から数回にわたり、陸マイラー界で評判の良いクレジットカードを自分なりに改めて整理することで、自分に最適な一枚を研究してみたいと思います。初回である今回は、「エクストリームカード」を徹底解説します。

 

<目次>

 

 

ANAマイルを大量獲得するにはポイントサイトが必須

大量ANAマイル獲得にはポイントサイトが必須です。この方針に変更はありませんのでご注意ください。

ピピノブは、ひと月あたり、20,000円相当のポイント(=18,000ANAマイル)の獲得を目標にしています。20,000円相当のポイントをクレジットカードで獲得するには、仮にポイント還元率2%のクレジットカードが存在するとしても、100万円の決済が必要になります。ひと月あたり100万円の決済ですよ。月収よりも高い数字なので、とても不可能です。(^_^;)

しかし、ポイントサイトを利用すれば不可能ではありません。余裕で達成できる数字です。月20,000円相当のポイントであれば、がんばれば外食の覆面モニターだけでも可能ですし、クレジットカード案件やFX案件を絡めれば、倍の数字も達成可能です。

ピピノブの過去の実績はこちらをご参照ください。


ANAマイル獲得の方法論についてはこちらにまとめております。

 

ANAマイルをクレジットカードで貯めるのは効率が悪い

それでは、何のためにクレジットカードでANAマイルを貯めるのでしょうか?それは、ひと月あたりの目標の一部をサポートするためです。「一部」というところがポイントです。「全部」ではありません。

毎月、ポイントサイトの利用だけで目標の数字を達成できる方は、はっきりいってクレジットカードでANAマイルを貯める必要はありません。なぜなら、クレジットカードで獲得できるポイントのポイント還元率は、とても低いからです。

優秀と言われるクレジットカードでも1%から1.5%で、2%になることはほとんどありません。ここから、ANAマイルに交換するので、ANAマイル還元率は、さらに目減りします。とても効率が悪いのです。

 

ANAマイルをクレジットカードで貯める理由は?

ピピノブの場合、ひと月あたり、20,000円相当のポイント(=18,000ANAマイル)の獲得を目標にしていると、さきほど申し上げました。ピピノブ家には、実はもう一つ目標があります。それは、「夫婦で」、ひと月あたり、40,000円相当のポイント(=36,000ANAマイル)を獲得するというものです。

ピピノブ家は今年の1月から陸マイラー生活を始めて、これまでは順調にこの目標を達成してきました。しかし、6月の中旬に「ポイントタウンショック」が起こり、この目標の達成の継続に暗雲が立ち込めてきたのです。(^_^;)


詳細は上の記事をご参照いただくとして、「ポイントタウンショック」により、ひと月あたり、10,000円相当のポイント=9,000ANAマイルの獲得の穴埋めが必要になりました。この穴埋めに少しでも助かるのであればという考えで、クレジットカードの利用を検討しています。ただし、10,000円相当のポイント全部をクレジットカードの利用で穴埋めしようなんて、無謀なことは考えていません。あくまで、少しでも足しになるのであれば、という考え方です。

 

ということで、前置きが長くなりました。(^_^;) ここから本題の、エクストリームカードの紹介に移ります。

 

 

エクストリームカードの特徴は?

エクストリームカードは、JACCS社が発行するクレジットカードです。公式HPはこちらになります。

 

公式HPによると、特徴は以下3つになります。

  1. ポイント還元率が、最大1.5%
  2. Gポイント経由で、各種ポイントに交換可能
  3. 全国450箇所の宇佐美サービスステーションでガソリン2L/円引き

 

特徴(3)については、陸マイラーにはあまり関係ありませんので、特徴(1)と(2)について解説します。

 

エクストリームカードの特徴1:ポイント還元率が、最大1.5%

ここでのポイント還元率というのは、クレジットカード決済金額に対して、円の価値で1.5%のポイントが獲得できるということを意味しています。ANAマイルへの還元率ではありません。

具体的には、クレジットカードの決済1,000円(税込)ごとに、エクストリームカードのポイントが、10ポイント貯まります。エクストリームカードのポイントは2,000ポイント単位で、Gポイントに交換できます。エクストリームカードのポイントは2,000ポイントは、3,000ポイントのGポイントに交換できます。1Gポイントは1円の価値なので、1.5%のポイント還元になるというロジックです。わかりますかね?

f:id:pipinobu:20160711222721p:plain

 

逆にいうと、エクストリームカードの2,000ポイントを獲得するには、1,000円 x 200回 = 200,000円 = 20万円分のクレジットカード決済が必要になります。20万円分のクレジットカード決済で、Gポイントが3,000ポイント = 3,000円分の価値を獲得できるので、ポイント還元率1.5%という計算になります。

 

ちなみに、Gポイントの公式HPはこちらになります。Gポイントについてはまた別途詳しくご紹介したいと思います。

www.gpoint.co.jp

 

エクストリームカードの特徴2:Gポイント経由で、各種ポイントに交換可能

ANA陸マイラーとしては、ANAマイルを獲得することが目標ですので、エクストリームカードのポイントを、ANAマイルに交換する必要があります。

ANAマイルに交換するには、「Gポイント」というポイント交換サイトを経由し、ソラチカカードを経て、ANAマイルに交換します。おなじみのソラチカルートです。ソラチカルートって?という方は、こちらも合わせてご参照ください。


 

ハピタスやポイントタウン等、ポイントサイトを利用した時のソラチカルートとの違いは、Gポイントを経由するところです。

 

 ・エクストリームカードのソラチカルート

  • エクストリームカードのポイント ==> Gポイントのポイント ==> ソラチカカードのポイント ==> ANAマイル

 

・ポイントサイト(例:ハピタス、ポイントタウン等)のソラチカルート

  • ポイントサイトのポイント ==> PeXのポイント ==> ソラチカカードのポイント ==> ANAマイル

 

ソラチカルートを経由するので、ソラチカカードのメトロポイントからANAマイルへの交換レートが90%になります。ですので、「エクストリームカードのソラチカルート」におけるポイント遷移は以下のようになります。

 

・エクストリームカードのソラチカルートにおけるポイント遷移

  • エクストリームカードの2000ポイント ==> Gポイントの3000ポイント ==> ソラチカカードの3000ポイント ==> 2700ANAマイル

 

20万円分のクレジットカード決済で、2700ANAマイルを獲得できるので、ANAマイル還元率1.35%( = 1.5% x 0.9、もしくは、2,700ANAマイル / 200,000円)という計算になります。(注)

(注)正確には、Gポイントのポイントからソラチカカードのポイントへの交換には交換手数料が5%必要になります。ただし、半年に1回、Gポイント上でショッピングサービスを利用することで、この手数料は免除されます。従いまして、今回の試算では交換手数料は考慮しないことにします。

【広告アクション対象期間】
交換申請の前月1日~交換申請月の4ヶ月後末日まで
*2月に交換申請した場合は「1/1~6/30」の期間に広告アクションでのポイント加算が完了していれば手数料が戻ります。
【手数料ポイントバック時期】
*交換完了時に広告対象アクションの加算が確認できた場合⇒交換完了後1日以内にポイントバック
*交換完了後に広告対象アクションの加算が確認できた場合⇒広告対象アクションのポイント加算後2~3日以内にポイントバック

ポイント交換手数料 ポイントバック対象のサービス一覧 | Gポイント

 

f:id:pipinobu:20160712212141p:plain

 

 

エクストリームカードの維持コストは?

エクストリームカードの年会費は以下のようになっています。初年度無料、次年度以降は条件を達成すれば無料という位置付けです。

  • 本人会員 : 初年度無料 / 次年度以降3000円(ただし、条件付で無料
  • 家族会員 : 本人会員が入会初年度の場合に限り無料 / 次年度以降400円+消費税(ただし、条件付無料)

 

この年会費が無料になる条件というは以下になります。カードショッピングの利用金額が年間30万円以上で、次年度の年会費が無料になります。

  • 前年度のカードショッピングご利用合計金額が30万円以上の場合、本人・家族会員ともに次年度は無料となります。
  • 30万円未満の場合は、次年度年会費として本人会員3,000円+消費税・家族会員1名あたり400円+消費税をご請求させていただきます。

 

年間30万円であれば、月平均2.5万円なので、携帯電話利用料や、電気・ガス・水道などの光熱費をクレジットカード払いにすれば、余裕で達成できる数字だと思います。ですので、多くの方が次年度以降も年会費無料で維持できると思います。

 

エクストリームカードで獲得できるANAマイルは?

ここでは、獲得できるANAマイルのシミュレーションをしてみたいと思います。獲得できるANAマイルは、どれだけクレジットカードを利用するのか=決済額はいくらか、に依存するため、幾つかのケースで試算したいと思います。ご自身のケースで当てはめてみてください。

  • 5万円/月の場合:50,000円 x 1.35% = 675ANAマイル/月、年間8,100ANAマイル
  • 10万円/月の場合:100,000円 x 1.35% = 1,350ANAマイル/月、年間16,200ANAマイル
  • 20万円/月の場合:200,000円 x 1.35% = 2,700ANAマイル/月、年間32,400ANAマイル
  • 30万円/月の場合:300,000円 x 1.35% = 4,050ANAマイル/月、年間48,600ANAマイル
  • 40万円/月の場合:400,000円 x 1.35% = 5,400ANAマイル/月、年間64,800ANAマイル
  • 50万円/月の場合:500,000円 x 1.35% = 6,750ANAマイル/月、年間81,000ANAマイル

 

ピピノブの場合、一年あたりのクレジットカードの決済額は240万円前後と想定しています。なので、エクストリームカードを利用した場合、ひと月あたり2,700ANAマイル、年間32,400ANAマイルぐらいを獲得できそうです。

ひと月あたりのマイル数としては大したことない(=覆面モニター1回分に満たないぐらい。マイルをなんでも覆面モニターで換算する悪い癖がついています・・。)ですが、年間のマイル数にすると、悪くない、というか、バカにできない数字になりますね。(^_^)

 

f:id:pipinobu:20160712212211p:plain

 

 

エクストリームカードのメリットとデメリットは?

最後に、エクストリームカードのメリットとデメリットをまとめたいと思います。それぞれ列挙すると、以下のようになります。デメリットも公平に挙げていますが、メリットに比べるとデメリット小さいと思います。

 

<メリット>

  • 高いANAマイル還元率:1.5%のポイント還元率から、1.35%のANAマイル還元率を叩き出します。1%以上のANAマイル還元率は非常に優秀です。
  • ほぼ無料の維持コスト:初年度無料 / 次年度以降3,000円と、次年度以降は年会費が基本は必要ですが、年間30万円以上の利用で次年度の年会費が無料になります。固定費の支払いに指定すれば、多くの方が年会費無料で維持できると考えます。

 

<デメリット>

  • 威張り度が低い:信販系のクレジットカードなので、ステータスが高いとは言えません。気にしない人にはデメリットにはなりませんが、クレジットカードにステータスを求める人には向いていません。
  • ソラチカルートを利用するので、ソラチカカードのANAマイル交換上限(メトロポイントからANAマイルへの交換は月20,000ポイント=18,000ANAマイルまで)に引っかかります。ポイントサイトのポイントだけで、ソラチカルートが詰まってる方は、有効に利用できません。

 

まとめ

今回は、ANAマイルを効率的に貯めるクレジットカード研究の第1回目として、エクストリームカードを取り上げました。エクストリームカードが、維持コストがほぼ無料でANAマイル還元率1.35%を実現する、非常に優秀なクレジットカードであることが改めて確認できました。

また、クレジットカードでのマイル獲得が、ポイントサイトでの獲得に比べて効率が良くないとはいえ、年間で考えると意外にバカにできない数字であることも確認できました。ですので、今後の研究を続けたいと思います。

 

最後に:エクストリームカードにお得に入会する方法

エクストリームカードはとってもお得なクレジットカードなので、ポイントサイトでのポイント還元はほとんどおこなっておりません。ですが、2016年7月16日現在、ポイント交換サイトの「Gポイント」で1000円相当のポイント還元を実施しております。

f:id:pipinobu:20160716205915p:plain

 

「Gポイント」は特徴1および2でご説明したとおり、エクストリームカードと組み合わせることで威力を発揮するポイントサイトです。これを機に「Gポイント」と「エクストリームカード」をセットで入会するのはどうでしょうか?

 

「Gポイント」へのご入会がまだの方は、こちらからぜひどうぞ。

Gポイント

 

それでは、また!

 

 

おすすめ記事