ANAのマイルで旅ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAのマイルで旅ブログ!

陸マイラーのピピノブが、飛行機に乗らずに貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、お得情報をどんどん発信していきます!

スポンサーリンク

福岡半日観光!太宰府天満宮と博多ラーメンShinShinなどオススメコースをご紹介!

f:id:pipinobu:20170421210612j:plain

 

福岡半日観光!太宰府天満宮とラーメンShinShinなどオススメコースをご紹介!

福岡から羽田に向かう復路のフライトは15:00発、時間がそこそこありました。そこで、福岡半日観光に出かけることにしました。向かったのは、福岡観光で一番のメジャースポットとも言える太宰府天満宮です。私が太宰府天満宮を訪れるのは、今回が人生初ということで、とても楽しみです。また、ガイドブックには必ずといってもいいほど掲載されている有名店、博多ラーメンShinShinにも行ってみました。ということで、今回は、ベタなスポットを巡る、福岡半日観光オススメコースをご紹介します。また、記事の最後には、復路便のJAL318便の搭乗記もお送りします。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

太宰府天満宮

ヒルトン福岡シーホークから天神へはタクシーを利用

今回の福岡旅行では、我々は「ヒルトン福岡シーホーク」に宿泊しました。ヒルトン福岡シーホークで滞在したのは、パノラミックスイートという、ビューバスからの景色がとっても素晴らしい部屋でした。


 

その、ヒルトン福岡シーホークで朝食ビュッフェを堪能した後、太宰府天満宮に向かいました。

 

ヒルトン福岡シーホークをチェックアウトしたのは、8時ちょっと過ぎぐらい。ヒルトン福岡シーホークは、最寄り駅からちょっと離れた場所にありますので、まずは天神までタクシーで向かいます。タクシー代は、約1,500円ほどでした。

 

天神から太宰府への移動は電車が便利

天神の西鉄天神駅から、太宰府天満宮の最寄駅である太宰府駅までは、電車で約25分です。意外と近くてアクセスが良いです。

 

<天神から太宰府天満宮へのルート>

  • 西鉄天神 == 西鉄天神大牟田線(急行) ==> 西鉄二日市、約18分
  • 西鉄二日市 == 西鉄太宰府線(普通) ==> 太宰府、約5分

 

太宰府観光列車「旅人」

西鉄二日市駅から太宰府までは、太宰府観光列車の「旅人」が運行しています。我々は、太宰府からの復路で利用しました。

f:id:pipinobu:20170422070227j:plain

 

こちらの旅人は、普通列車なので、特別な料金は必要ありませんが、太宰府をテーマにしたペイントがされていて、旅情を盛り立ててくれます。

f:id:pipinobu:20170422070237j:plain

f:id:pipinobu:20170422070233j:plain

 

電車の中には、パンフレットなどもいくつか置かれていました。

f:id:pipinobu:20170422070222j:plain

 

車内はとても綺麗です。乗る列車の号車によって、テーマが設定されており、内装なども工夫されていました。

f:id:pipinobu:20170422070605j:plain

 

旅人の詳細はこちらご参照ください。

運行案内|太宰府観光列車「旅人 -たびと-」

 

太宰府天満宮とは

太宰府天満宮は福岡県太宰府市にある、天神さま(菅原道真公)をお祀りする神社です。 「学問の神様」として、有名すぎるぐらい有名ですよね。

太宰府天満宮

 

太宰府天満宮の周辺地図はこちらになります。

 

太宰府天満宮の参道を散策

我々が駅に太宰府天満宮の最寄駅である、太宰府駅に到着したのは、朝9時半ぐらいでした。太宰府駅はこんな感じです。駅の看板が結構かわいいです。

f:id:pipinobu:20170421210417j:plain

f:id:pipinobu:20170421210413j:plain

 

太宰府駅から太宰府天満宮へは参道が続いており、お土産屋さんが軒を連ねてます。

 

太宰府名物といえば、なんといっても「梅ヶ枝餅」です。いたるところで、できたて熱々の「梅ヶ枝餅」が売られています。ただ、あまりにもたくさんのお店で売られているので、どこで買ったらよいのか正直迷います・・。

 

我々は直感で、なんとなく雰囲気の良さそうなお店で買って、その場で熱々をいただきました。やはりできたては格別の美味しさ。どこで買っても、そんなに外れはなさそうです。

f:id:pipinobu:20170421210452j:plain

 

こちらは、老舗のお菓子屋さんである「梅園」さん。

f:id:pipinobu:20170421210441j:plain

 

一口餅である「うその餅」が名物です。ほのかな梅の味がさわやかでした。

f:id:pipinobu:20170421210447j:plain

 

また、九州限定の「あまおう味のいろはす」なるものも売っていました。珍しかったので買ってみましたが、これが意外とおいしかったです。オススメ。

f:id:pipinobu:20170421210456j:plain

 

こちらは、太宰府の名所になりつつある、スターバックス太宰府店です。国立競技場の設計で有名になった、今話題の隈研吾氏のデザインということで、とってもおしゃれ。写真撮影スポットになっています。

f:id:pipinobu:20170421210504j:plain

 

太宰府天満宮でお参り

そんなこんなで参道をぶらぶらしていると、目的地である太宰府天満宮に到着です。

f:id:pipinobu:20170421210532j:plain

 

この日は残念ながら、若干の雨模様。

f:id:pipinobu:20170421210544j:plain

 

しかし、ちょっと雨が降っていたおかげで、苔むした雰囲気がより出ていました。これはこれでなかなか良いですね。若干、もののけ姫みたいな感じです。

f:id:pipinobu:20170421210550j:plain

f:id:pipinobu:20170421210554j:plain

 

こちらは、なでると知恵が授かるという噂の御神牛さん。頭の周りがなでられすぎてピカピカしています。私も、当然ながらナデナデ。こちらの御神牛さんは、何箇所かにありました。

f:id:pipinobu:20170421210537j:plain

 

この先に見えるのが、本殿へと続く楼門。太宰府天満宮の境内はかなり広いのですが、やっと本殿に近づいてきました。

f:id:pipinobu:20170421210612j:plain

 

そんなこんなで、ついに本殿に到着。私は受験生ではないので、さすがに合格は祈願しませんでしたが、ブログがうまく書けるようにお祈りしてきました(笑)。

f:id:pipinobu:20170421210624j:plain

 

こちらは、境内の中にあったおみくじ。

f:id:pipinobu:20170421210615j:plain

 

引いてみたら、なんと大吉でした。縁起がいいです。イェイ!

f:id:pipinobu:20170421210619j:plain

 

この日は、桜がちょうど満開で、とても綺麗に咲いていました。ただ、雨が降っていたので、お茶屋さんの屋外の席が閉まってしまっていたのが残念。天気がよかったら、桜の下でお茶をいただきながら、和菓子でもいただきたかったですね。

f:id:pipinobu:20170421210631j:plain

 

天開稲荷社は隠れたパワースポット

太宰府天満宮の裏手には、天開稲荷社というお稲荷さんがあります。太宰府天満宮は人であふれていますが、こちらの天開稲荷社の方は、人もまばら、空いています。

 

天開稲荷社の周辺地図はこちらになります。

 

こちらの天開稲荷社は、ガイドブックで、隠れたパワースポットと紹介されており、せっかくなので、向かってみることにしました。

 

天開稲荷社へ向かう道のりはこんな感じです。こちらも桜が綺麗です。ちょっと、神秘的な雰囲気もあります。

f:id:pipinobu:20170421210639j:plain

 

徒歩で15分ぐらいとガイドブックに書かれていたのですが、道のりがほぼほぼ階段なので、結構大変でした。

f:id:pipinobu:20170421210645j:plain

 

こちらが、天開稲荷社の本殿。こちらでも、お参りさせていただきました。ご利益ありますように。

f:id:pipinobu:20170421210652j:plain

 

この後は太宰府天満宮に戻って、最後に天然記念物の大樟を鑑賞。その巨大さに圧倒されました。

f:id:pipinobu:20170421210714j:plain

f:id:pipinobu:20170421210707j:plain

 

スポンサードリンク

 

 

博多ラーメンShinShin(天神本店)

週末は行列に注意

太宰府天満宮を訪れた後は、再び天神に戻ってきました。天神に戻ってきたのは11時ちょっと過ぎぐらいになります。

 

お昼近くになり、お腹も空いてきたので、博多ラーメンの超有名店である、博多ラーメンShinShinに伺うことにしました。

 

こちらの、博多ラーメンShinShinは超有名店で、ガイドブックには必ず大きく紹介されています。また、食べログでも、かなり上位にランキングされていました。期待大です。

 

支店もいくつかあるようですが、我々は、天神にある本店に伺いました。博多ラーメンShinShinの周辺地図はこちらになります。場所としては、天神駅から徒歩5分といった感じです。

 

お店の外観はこんな感じです。ぱっと見、空いているように見えますよね・・。

f:id:pipinobu:20170421215825j:plain

 

ですが、お店の向かい側には、長蛇の列が。ちょっとわかりずらいかもしれませんが、30人から40人ぐらい並んでいます。

f:id:pipinobu:20170421215820j:plain

 

並んでいるのは、6割方が女性です。残りは、若めのカップルが多く、おじさんはほとんど並んでいません・・。どちらかというと、観光客が多い印象です。この日は土曜日ということで、特に混雑しているのかもしれません。

 

行列は長いのですが、ラーメン屋さんということで、回転もなかなか良いので、40分ぐらい待って中に入ることができました。お店の中には、大量のサインが飾られていました。有名店のバロメーターなんでしょうね。

f:id:pipinobu:20170421215834j:plain

 

メニューはこんな感じです。麺類だけでも、意外とたくさんの種類があります。やきとりなんかの、居酒屋メニューも提供されているようでした。

 

我々は、こちらのお店に伺うのは初めてだったので、やっぱり基本の、普通のラーメンをお願いしました。普通のラーメン=博多ラーメンです。

f:id:pipinobu:20170421215829j:plain

 

とってもまろやかな博多ラーメン

そしてやってきたラーメンがこちらです。煮卵もつけていますね。ラーメン煮卵をつけて700円。値段はなかなか良心的です。

f:id:pipinobu:20170421215839j:plain

 

味の方は、とってもまろやかな博多ラーメン、といった印象です。まったく臭みなんてありません。女性に人気があるのがわかるような気がしました。

 

ただし、私のようなおじさんには、ちょっとパンチが足りないような感じがしましたね・・。だからおじさんは並んでいないのかな(笑)。

 

私的には、同じまろやか豚骨博多ラーメン系でも、こちらでご紹介している博多一幸舎の方が好みでしたね。

 

スポンサードリンク

 

 

JAL318便搭乗記

当日アップグレードはあえなく断念

有名店であるShinShinの博多ラーメンをいただいた後は、心残りもなくなりましたので、福岡空港に向かいました。飛行機代がマイルによって無料なので出来る弾丸?旅行ですね!なんだかとても贅沢をしている気分です。さて、今回利用するフライトは以下になります。

 

<フライト情報>

  • JL318:福岡15:00発 => 羽田16:35着

 

f:id:pipinobu:20170421222129j:plain

 

往路では、普通席からクラスJへの当日アップグレードに成功していました。有償で1000円必要ですが、ゆったりシートを堪能できるので魅力的です。

 

復路でもあわよくばと考えていたのですが・・。電子掲示板を確認すると、JL318便には残念ながら、ファーストクラスもクラスJも空きがありません。これでは、アップグレードは難しそうですね。

f:id:pipinobu:20170421222133j:plain

 

ということで今回は、アップグレードは断念し、もともとの予約であった普通席を利用することにしました。

 

くつろぎのラウンジTIMEを利用

搭乗時間まで、まだちょっと時間があったので、「くつろぎのラウンジTIME」を利用することにしました。

f:id:pipinobu:20170421222138j:plain

 

こちらのラウンジは、ゴールドカード会員が利用できる、いわゆるカードラウンジで、福岡空港の一般エリアにあります。

f:id:pipinobu:20170421222141j:plain

 

こちらのラウンジは、カードラウンジとしては珍しく、アルコールが無料でいただけるのがポイントです。無料なのは缶ビール1本だけですが、それでも嬉しいポイントです。ちょっとビールを飲みたくなった時、なかなか使い勝手が良いです。

f:id:pipinobu:20170421222145j:plain

 

「くつろぎのラウンジTIME」の詳細はこちらもご参照ください。

 

JAL SKYNEXT普通席に搭乗

今回利用した飛行機はこちらです。機材は、767-300で、JAL SKYNEXT仕様の飛行機でした。

f:id:pipinobu:20170421222149j:plain

 

今回は普通席の利用で、私はJALの上級会員でもなんでもないので、優先搭乗などまったくなく、普通に搭乗しました(笑)。

f:id:pipinobu:20170421222153j:plain

 

今回利用したシートはこちらです。こちらは、普通席のシートですが、革張りでとってもおしゃれです。高級感もありますね。

f:id:pipinobu:20170421222157j:plain

f:id:pipinobu:20170421222201j:plain

f:id:pipinobu:20170421222232j:plain

 

足元も、結構余裕があります。

f:id:pipinobu:20170421222236j:plain

 

JAL SKYNEXT仕様の場合、シートをスリム化することで、足元空間の快適性を大幅にアップさせているそうです。これまでの座席から最大で約5センチ、スペースが拡大しているとのことで、なかなか工夫されていますね。

 

実際、普通席でしたが、かなり快適でした。

 

ただ、一点不便だったのは、肘掛のところのこのリモコンです。肘掛の上にリモコンがついているので、肘をかけられないんですよね(笑)。本末転倒です。これはなんとかならなかったのでしょうか?

f:id:pipinobu:20170421222228j:plain

 

そんなこんなで、長いような短いような、福岡から羽田のフライトも終了し、羽田空港に到着しました。

f:id:pipinobu:20170421222245j:plain

 

まとめ

今回は、ベタなスポットを巡る、福岡半日観光オススメコースをご紹介しました。今回の福岡旅行は1泊2日の短期間で、かつ、どちらかというと、ホテル宿泊がメインでした。ですので、観光の時間が半日しかありませんでしたが、太宰府天満宮は、博多の中心部である天神からのアクセスが良いので、十分に楽しむことができました。博多ラーメンについては、まだまだ行きたいお店がたくさんあるので、これからもいろいろ試して、お気に入りのお店を発見したいですね。

 

今回の福岡旅行には、アメックスのポイントをマイルに移行して無料で獲得した特典航空券を利用しました。飛行機代が無料だと、観光よりもホテル宿泊を優先したりするような、ゆったりした国内旅行の楽しみ方もできます。

 

今回、私がアメックスの大量ポイントを獲得した方法はこちらにまとめております。合わせてご参照ください。


 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事