陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!

スポンサーリンク

ふるさと納税でiPad mini4を実質無料で獲得!ポイント還元でさらにお得!

f:id:pipinobu:20161008133212p:plain

 

ふるさと納税でiPad mini4(32GB)を実質無料で獲得しました。寄付を行った自治体は小田原市です。ハピタスを経由して楽天ふるさと納税を利用したので、楽天ポイントに加えハピタスのポイントまで2重取りしています。結果として、ふるさと納税の手数料である2,000円を差し引いても、実質無料どころかかなりのプラスになって返って来ています。大人気のタブレットであるiPad mini 4を、ポイント還元込みで入手できるのは本当にお得です。今回は、私自身も驚いたこの辺りの仕組みを詳しくご紹介したいと思います。ふるさと納税では返礼品として食品が主流ですが、家電はずっと使えるのでやっぱりお得ですね。我が家でもiPad mini4が大活躍しています。

最終更新日:2017年3月31日

 

<目次>

 

 

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、一言でいうと、自分が支払う予定の税金を自分の好きな自治体に支払うことができる制度です。

 

通常であれば、自分の勤務している会社の所在地や、自分が住民票を置いている居住地に対して、自分の税金は納められます。それはそれで正しいのですが、この場合、大きな会社や人口が密集している都心部ばかりに税金が集中してしまいます。なので、その税金の一部を、自分の好きな自治体を、自分で選んで支払うことをできるようにしたのが、ふるさと納税です。

 

ふるさと納税に必要なコスト

ふるさと納税は上記で説明したとおり、自分が支払う予定の税金の納付先を変更するだけです。ですが、その納付先を変更する際に、一度、ふるさと納税を行う自治体に寄付を行い、その寄付分を後から税額控除(あとから返してもらう)という手続きを踏むため、一時的に、寄付を行う金額が持ち出しになります。また、ふるさと納税を行う事務手数料として2,000円のコストが発生します。この2,000円のコストは、1件ごとではなく、年額になります。

 

なので、一時的に持ち出しが発生しますし、2,000円のコストも発生するということで、面倒は面倒です。

 

ふるさと納税が人気の理由

ではなぜ手間をかけてまで、多くの人がふるさと納税を行うのか?それは、ふるさと納税を行うことで、「返礼品」という「おまけ」が付いてくるからです。この「返礼品」にお得な商品が多いため、ふるさと納税の人気が高まっています。

 

名前に「ふるさと」と付いているので理解できるとおり、もともとのコンセプトは、自分が過去住んでいた田舎など、縁もゆかりもある自治体に、自分の税金を役立ててもらうというものでした。

 

しかし、現在は、ふるさと納税を行った場合に「おまけ」でもらえる返礼品ばかりに注目が集まっています。お得な返礼品を求めて、縁もゆかりもない自治体に、ふるさと納税されているというのが実状となっています。

 

もちろん、そうでない方もたくさんいらしゃると思いますが、私は少なくとも、お得な返礼品に釣られているくちです。

 

ふるさと納税に関する参照先

以上、いろいろ書かせていただきましたが、上記は私の理解なので、間違っているところもあるかもしれません。(^_^;)

 

ふるさと納税制度の詳細に関してはこちらをご参照ください。お上(総務省)のサイトなので、真面目な解説がなされています。(^_^;)

総務省|ふるさと納税ポータルサイト|よくわかる!ふるさと納税

 

「楽天ふるさと納税」の解説ページも合わせてご参照ください。こちらの方が、総務省のサイトよりも、もうすこし噛み砕いた説明になっています。

楽天ふるさと納税:ふるさと納税とは

 

ふるさと納税の注意点

ふるさと納税制度を行う際に、抑えておくべきポイントがあります。それは、寄付可能額の上限確認です。

 

ふるさと納税は、自分の支払う予定の税金の一部を自分の好きな自治体に支払う(寄付する)制度です。人それぞれで「収入が異なる=税金の額が異なる」ため、ふるさと納税で寄付できる額=上限も、人それぞれなんですよね。

 

なので、ふるさと納税を実施する前に、まずは自分自身がいくらまで寄付できるかを事前に確認しておく必要があります。これを知るためには、Web上にシミュレーションできるサイトがたくさん公開されているのでこれらを利用すると便利です。

 

こちらは、「楽天ふるさと納税」のの寄付上限をシミュレーションするページです。

楽天ふるさと納税:控除金額シミュレーター

 

ふるさと納税は楽天市場の利用がお得

今回ふるさと納税を行うにあたって、私は楽天市場のふるさと納税のサイト(楽天ふるさと納税)を利用しました。なぜらな、楽天ふるさと納税を利用するとポイントの2重取りが可能だからです。

 

楽天市場で獲得できるポイント

楽天ふるさと納税のすばらしい点は、ふるさと納税の寄付金も楽天ポイントの付与対象となるという点です(寄付金の納付にも使えます)。

楽天ふるさと納税:楽天市場でふるさと納税

 

楽天市場では、「スーパーポイントアッププログラム」というものを実施しており、特別なキャンペーン実施中でなくても、条件を満たすことでよってポイント倍率が最大7倍になります

 

私は楽天プレミアムカードを持っているので、楽天市場アプリを利用するだけで、簡単にポイント倍率を6倍にすることができます。(楽天モバイルは持っていませんので、7倍にはなりませんが・・)

f:id:pipinobu:20161008100202p:plain

 

楽天では、これ以外にも、いろいろなポイントアップのキャンペーンを実施していますので、タイミングによっては、これよりもさらにポイント倍率をあげることも可能です。

 

ハピタスで獲得できるポイント

楽天市場はハピタスを経由して利用することで、ハピタスのポイントを1%貯めることができます。楽天ふるさと納税を利用の際も、この1%のポイントが貯まります。上記の楽天のポイントとは別枠で貯まりますので、楽天市場を利用する際はハピタスを経由しないと、絶対に損です。

f:id:pipinobu:20161008100807p:plain

 

ハピタスのご入会はこちらからぜひどうぞ。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

楽天ふるさと納税でiPad mini4を注文

私は昨年からふるさと納税を利用しています。昨年は食品系の返礼品を中心にお願いしていました。牛肉、うなぎ、メロン、チョコレート、などなどです。食品系は、その地方それぞれの特産をいただくことができて、十分楽しむことができました。

 

ですが、食品系は当たり前ですが食べるとなくなってしまうので、今年は、ずっと使えるようなものをもらいたい、ということで、ちょっと趣向を変えて電化製品にチャレンンジしてみることにしました。ちょうど新しいタブレットが欲しいと思っていたので、「iPad mini4」を狙ってみることにしました。

 

==

注:2017年3月31日現在、iPadは返礼品として消えてしまいました・・。iPad以外のオススメの返礼はこちらの記事でまとめておりますので、こちらもぜひご参照ください。


 

 そして選んだのが、こちらです。神奈川県小田原市へ13万円分のふるさと納税を行うことで、返礼品として「iPad mini 4 Wi-Fi 32GB(ゴールド)」がいただけるというものです。

 

 

私はゴールドを注文しましたが、シルバーももちろんあります。

 

 

ちなみに、miniではなく、フルサイズの方が良い場合は、iPad Air 2の128GBで15万円というものもあります。

 

 

同じく、シルバーはこちら。

 

 

これ以外にも、iPadのラインナップとしては、色や容量、サイズ違いで、いろいろな組み合わせがあります。ぜひ一度検索してみてください。

神奈川県小田原市

 

ふるさと納税におけるiPad mini4の還元率

私が注文したiPad mini4 (32GB)は、Appleの公式HPで42,800円(税別)で販売されています。

 

寄付額に対する還元率を以下に示します。ふるさと納税における一般的な返礼品の還元率は30%前後が多いようですので、今回の約35.6%から38.5%の還元率というのは、なかなか優秀な部類に入ると思います。

 

<商品単体の還元率:寄付金額12万円の場合(←私の購入時)>

  • 42,800円 x 1.08 / 12,0000円 x 100 = 約38.5%

 

<商品単体の還元率:寄付金額13万円の場合(←現在の価格)>

  • 42,800円 x 1.08 / 13,0000円 x 100 =約35.6%

 

iPad mini4のスペック

過去の機種と比較した場合のiPad mini4のスペックは以下になります。主に、CPUとカメラ性能が向上し、重さがと厚さ大幅に軽減されているのがわかります。

製品名 iPad mini 4 iPad mini 3 iPad mini 2 iPad mini
画面サイズ(液晶方式) 7.9型IPS 7.9型IPS 7.9型IPS 7.9型IPS
ディスプレイ解像度(画素密度) 2048×1536ピクセル (約326ppi) 2048×1536ピクセル (約326ppi) 2048×1536ピクセル (約326ppi) 1024×768ピクセル (約163ppi)
アスペクト比 4:3 4:3 4:3 4:3
フルラミネーション
プロセッサ A8 A7 A7 A5
モーションプロセッサ M8 M7 M7
ストレージ 16/64/128Gバイト 16/64/128Gバイト 16/32Gバイト 16Gバイト
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac(MIMO) IEEE802.11a/b/g/n (MIMO) IEEE802.11a/b/g/n (MIMO) EEE802.11a/b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.0
Face Time HDカメラ(前面) 120万画素(720p 動画) 120万画素(720p 動画) 120万画素(720p 動画) 120万画素(720p 動画)
iSightカメラ(背面) 800万画素(1080p 動画) 500万画素(1080p 動画) 500万画素(1080p 動画) 500万画素(1080p 動画)
内蔵スピーカー ステレオ ステレオ ステレオ ステレオ
内蔵マイク デュアル デュアル デュアル デュアル
インタフェース Lightning、ヘッドフォン(3.5ミリステレオミニ) Lightning、ヘッドフォン(3.5ミリステレオミニ) Lightning、ヘッドフォン(3.5ミリステレオミニ) Lightning、ヘッドフォン(3.5ミリステレオミニ)
センサー デジタルコンパス、3軸ジャイロ、加速度、環境光、GPS、気圧計 デジタルコンパス、3軸ジャイロ、加速度、環境光、GPS デジタルコンパス、3軸ジャイロ、加速度、環境光、GPS デジタルコンパス、3軸ジャイロ、加速度、環境光、GPS
Touch ID
バッテリー駆動時間 最大10時間 最大10時間 最大10時間 最大10時間
幅×奥行き 134.8×203.2ミリ 134.7×200ミリ 134.7×200ミリ 134.7×200ミリ
厚さ 6.1ミリ 7.5ミリ 7.5ミリ 7.5ミリ
重量(Wi-Fi/Wi-Fi+Cellular) 298.8/304グラム 331/341グラム 331/341グラム 308/312グラム
カラーバリエーション ゴールド、スペースグレイ、シルバー ゴールド、スペースグレイ、シルバー ゴールド、スペースグレイ、シルバー スペースグレイ、シルバー

 

iPad mini4の現物確認

私は9月25日に、楽天ふるさと納税のサイトで手続きを行いました。その後、10月4日に商品が到着しました。約10日間ですね。手続きを行ったページ上には、「1ヶ月以内に発送」と記載されていたので、もう少しかかるのかと思っていました。意外と早いです。(^_^)

 

iPad mini4さんは、こんな感じの段ボールに入ってやってきます。発送元は「アップル」になっています。てっきり、小田原市から来るのかと思っていたので、ちょっとびっくり。寄付の入金確認後、小田原市からアップルに発注、アップルから発送という流れのようです。

f:id:pipinobu:20161008111105j:plain

 

段ボールを開けると、「iPad mini4」さんの方の箱が登場。

f:id:pipinobu:20161008111056j:plain

 

メモリー容量は32GBです。

f:id:pipinobu:20161009084439j:plain

 

さらに開けてみると、やっとのことで「iPad mini4」さんとご対面です。ゴールドがかっこいいです。

f:id:pipinobu:20161008111109j:plain

 

早速、我がブログを表示してみました。さすがはアップル、画面表示はとっても綺麗です。うちには、初代iPadもありますが、画面の美しさは、数段あがっているように感じます。

 

また、片手でギリギリ持てるサイズ感も気に入りました。フルサイズだと、家で使う分には良いのですが、電車や飛行機で見るにはちょっと大きいんですよね。旅行などの携行に重宝しそうです。(^_^)

f:id:pipinobu:20161008111119j:plain

 

今回のふるさと納税で獲得できたポイントの集計

今回のふるさと納税では、楽天ポイントとハピタスのポイントの2重取りを実現しました。詳細は以下になります。

 

獲得できた楽天のポイント

スーパーポイントアッププログラムにより、ポイント6倍(ベースで1倍+スーパーポイントアップ特典で5倍)で購入しました。寄付金額12万円のポイント6倍(=6%)ということで、7200ポイント(=7200円分)のポイントを獲得できました。

 

(注:私は9月25日に注文したのですが、実はその時は同じ条件で12万円でした。現在は残念ながら1万円アップしてしまって、13万円になっています・・。)

 

こちらが、ベースのポイント分。12万円の1%で1200円分のポイント。

f:id:pipinobu:20161009074854p:plain

 

こちらが、スーパーポイントアップ特典の分。ポイント6倍(6%)ですが、ベースの1倍(1%)分を除いた分がスーパーポイントアップ特典になるので、12万円の5%で6,000円分のポイント。(注:下記図では、ポイントアップ条件を満たすための買い物分の35ポイントが加算されているので、ちょっと数字がことなります)

f:id:pipinobu:20161008112850p:plain

 

獲得できたハピタスのポイント

寄付金額12万円の1%ということで、1,200ポイント(=1,200円分)のポイントを獲得できました。(図は判定中ですが、後日無事に承認されました)

f:id:pipinobu:20161008112611p:plain

 

獲得できた合計のポイント

ということで、合計としては、7,200円分+1,200円分=8,400円分のポイントを獲得できました。

 

今回のふるさと納税で獲得できた価値

上記により、今回のふるさと納税では、合計で8,400円分のポイントを獲得できました。ふるさと納税を行う手数料として2,000円必要になりますので、この2,000円分の手数料を差し 引いても、6,400円分のプラスになります。もちろん、これにプラスして「iPad mini4」という、約43,000円の価値を持つ商品も手に入れています。

 

したがいまして、商品とポイントの価値を合わせると、約50,000円の価値を手に入れたことになります。税金の納付先を付け替えるだけで、50,000円分の価値を新たに手に入れることができました。これはやらないと損ですね。(^_^)

 

ハピタスへのご入会はこちらから

今回ご紹介したハピタスですが、ご入会がまだ方はこちらからぜひお願いします。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

まとめ

今回は、楽天ふるさと納税を利用した、iPad mini4の獲得レポートをさせていただきました。

 

ハピタスを経由して楽天ふるさと納税を利用することで、ハピタスのポイントと楽天ポイントの2重取りを実現しました。これにより、実際 は、実質無料どころか、6,400円分のポイントがプラスになりました。「ipad mini4」という商品の価値も加えれば、約50,000円の価値を手に入れたことになります。

 

寄付金という形で一時的な持ち出しと手数料は発生しますが、税金の納付先を変えるだけで、これだけの価値を手に入れられるのには驚きですよね。ふるさと納税の人気が高まるのも理解できます。

 

直近のポイント10倍キャンペーンについてはこちらもご参照ください。人気ランキングもご紹介しています。


 

それでは、また!

 

 

おすすめ記事