陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!

スポンサーリンク


<旅好き&陸マイラー注目記事!>

SPGアメックスとANAマイルで格安で豪華なハワイ旅行を実現!

羽田空港:第1ターミナルのカードラウンジ(エアポートラウンジ)訪問記

f:id:pipinobu:20170412230819j:plain

 

羽田空港:第1ターミナルのカードラウンジ(エアポートラウンジ)訪問記

今回は、羽田空港の国内線、第1ターミナルのカードラウンジの訪問記をお送りします。羽田空港の第1ターミナルのは3つのカードラウンジがあります。一般エリアに1箇所、制限エリアに2箇所です。今回は、制限エリア内の、エアポートラウンジ北にお邪魔してみました。羽田空港には、制限エリア内にもカードラウンジがあるので、使い勝手が良いです。その分、若干混雑してはいますが、航空会社ラウンジには入れない場合は、利用価値は高いと思います。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

羽田空港 第1ターミナルと第2ターミナルの違い

まず、羽田空港をあまりご利用されたことがない方のために、第1ターミナルと第2ターミナルの違いをご説明したいと思います。ざっくり言うと、第1ターミナルはJAL中心、第2ターミナルはANA中心となります。

 

今回、私はJAL便を利用しましたので、第1ターミナルを利用しました。

 

<羽田空港:第1ターミナル利用の航空会社>

  • JAL <=今回利用
  • JTA
  • SKYMARK(スカイマーク)

 

<羽田空港:第2ターミナル利用の航空会社>

  • ANA
  • AIR DO
  • Solaseed Air(ソラシドエア)

 

羽田空港 第1ターミナルのカードラウンジの場所

第1ターミナルのマップはこちらになります。第1ターミナルには、カードラウンジが3箇所あります。誰でも入れる一般エリアに1箇所、保安検査後の制限エリアに2箇所です。いずれも、「AIRPORT LOUNGE(エアポートラウンジ)」という名称になっています。

f:id:pipinobu:20170412224942p:plain

 

成田空港では、カードラウンジがあるのは誰でも入ることができる非制限エリアのみで、保安検査後の制限エリアにはカードラウンジはありません。

 

一方、羽田空港には、制限エリアにもカードラウンジがありますので、意外と便利です。

 

<羽田空港、第1ターミナルのカードラウンジ>

  • エアポートラウンジ(中央):非制限エリア1F
  • エアポートラウンジ(北):制限エリア2F <=今回利用
  • エアポートラウンジ(南):制限エリア2F

 

非制限エリアは1箇所しかありませんので選択の余地はありませんが、制限エリアは2箇所ありますので、自分が利用する飛行機の搭乗ゲートに近い方のラウンジを選択することができます。

 

今回私は、エアポートラウンジ(北)を利用しました。

 

第2ターミナルのカードラウンジについては、こちらで詳しくレポートしております。合わせてご参照ください。

www.pipinobu.com

 

羽田空港のカードラウンジを利用できるのは?

ラウンジを無料で利用できるクレジットカードを持っている場合

対象のクレジットカードを持っている場合、ラウンジを無料で利用することができます。一般的に、ゴールドカードと呼ばれるグレードのクレジットカードが対象になっています。また、カードラウンジを利用できるのは、基本はカードを持っている本人のみです。同伴者は有料となります。

 

ただし、アメリカン・エキスプレスカードのみ若干ルールが異なり、当日の搭乗内容が確認できるものを持っている同伴者1名様まで無料で利用することができます。

 

本人名義のカードと当日の搭乗内容が確認できる搭乗券または控え等を、入り口のところの受付に提示することで利用することができます。

 

料金は、前述のとおり無料ですが、シャワーを利用する場合は有料で、別途1,030円が必要となります(ただし、シャワーがあるのは、エアポートラウンジ(中央)のみ)。
 

<ラウンジを無料で利用できるクレジットカードの種類>

f:id:pipinobu:20170206222706p:plain

 

<ラウンジを無料で利用できるクレジットカード一覧>

ダイナースクラブ

  • ダイナースクラブ

UCカード

  • ゴールドカード
  • ヤングゴールドカード

UFJカード

  • ゴールドカード
  • ヤングゴールドカード
  • プレミオ

ライフカード

  • ライフカードゴールド
  • ビジエンス・ビジネス
  • カードゴールド

エポスカード

  • エポスプラチナカード
  • エポスゴールドカード

アメリカン・エキスプレス

  • アメリカン・エキスプレス(ブルーカード、および一部の法人カード、提携カードを除く全てのカード。)

Visaカード

  • Visaプラチナカード
  • ゴールドカード

MUFGカード

  • プラチナ
  • ゴールドプレステージ
  • プレミオ

Nicosカード

  • ゴールドカード
  • プレミオ

ティーエスキュービック

  • ゴールドカード
  • レクサスカード

イオンカード

  • ゴールドカード

アプラスカード

  • World Elite Mastercard®
  • World Mastercard®
  • Gold Card

JCBカード

  • JCB ザ・クラス
  • JCB ゴールド
  • JCB ゴールドEXTAGE
  • JCB ネクサス
  • JCB ビジネスカード

DCカード

  • DC ゴールドカードノブレス
  • DC ゴールドカード
  • DC ゴールドカードヴァン

Oricoカード

  • ザ・ゴールド
  • ゴールドアプティ

楽天カード

  • 楽天プレミアムカード
  • 楽天ブラックカード
  • 楽天ゴールドカード

MIカード

  • 三越 M CARD GOLD
  • MICARD GOLD
  • 伊勢丹アイカードゴールド

ジャックスカード

  • ジャックスカードゴールド

 

エアポートラウンジのご案内 | サービス施設 | 羽田空港国内線旅客ターミナル

 

基本は上記のとおりですが、ラウンジの利用については、保有しているクレジットカードによって、条件が若干異なる場合がありますので、利用の際には、保有しているクレジットカードの条件を再度確認しましょう。

 

私の場合は、私の現在のメインカードである「SPGアメックス」を提示してこちらのラウンジを利用しました。もちろん、無料で利用できました。

 

ラウンジを無料で利用できるクレジットカードを持っていない場合

ラウンジを無料で利用できるクレジットカードを持っていない場合でも、有料でラウンジを利用することができます。利用料金は以下になります。

 

<利用料金>

ラウンジ&化粧室、フリードリンクサービス(ソフトドリンクのみ)。シャワーを利用する場合、以下の料金にプラス1,030円

  • 大人(13才以上):1,030円
  • 4~12才のお子様:520円
  • 3才以下のお子様:無料

 

 以下では、私が実際に訪れることができた、「エアポートラウンジ(北)」と、「エアポートラウンジ(北ピア)」をレポートしていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

羽田空港 第1ターミナルのカードラウンジ:エアポートラウンジ(北)

エアポートラウンジ(北)の基本情報

エアポートラウンジ(北)の営業時間とサービス内容は以下になります。

 

<営業時間>

  • 6:00~20:30

<サービス内容>

  • ラウンジ&化粧室
  • フリードリンクサービス(ソフトドリンクのみ)
  • シャワーはありません

<座席数と設備>

  • 座席数135席(禁煙84席、喫煙51席)
  • 完全分煙化された喫煙ルーム

 

エアポートラウンジ(北)の訪問レポート

エアポートラウンジ(北)へのアクセス

エアポートラウンジ(北)は制限エリアにあります。ですので、こちらのラウンジに向かう場合は、保安検査を先に済ませましょう。

 

エアポートラウンジ(北)は16番ゲート付近にありますので、そちらに移動します。

 

すると、こんな感じの看板が掲げられているラウンジがあるはずです。そこが、エアポートラウンジ(北)です。

f:id:pipinobu:20170412230819j:plain

 

入り口はこんな感じ。まあ、普通。

f:id:pipinobu:20170412230824j:plain

 

入り口を抜けると、右手側には、携帯電話および公衆電話ボックスがあります。ラウンジ内は携帯電話による通話は禁止になっているので、通話がしたい場合はこちらを利用する必要があります。

f:id:pipinobu:20170412230932j:plain

 

また、入り口をちょっと入ったところには、雑誌コーナーもありました。新聞は全て出払っているようです・・。

f:id:pipinobu:20170412230853j:plain

 

エアポートラウンジ(北)のラウンジ内の雰囲気

ラウンジの雰囲気はこんな感じです。窓が大きくとられており、飛行機の様子が眺められるようになっています。明るく解放的な印象です。

 

ただ、この日は平日(金曜日)だったせいか、ラウンジ内はとても混雑していました。こちらは、窓側の飛行機が眺められる眺望の良い席ですが、満席状態です。

f:id:pipinobu:20170412230837j:plain

f:id:pipinobu:20170412230841j:plain

 

窓際でない、ラウンジの中程の席も、ほぼほぼ埋まっています。

f:id:pipinobu:20170413090631j:plain

 

私たちも、本当は窓側の席をゲットしたかったのですが、空きが見つからず、ドリンクバー近くのソファー席に陣取ることにしました。

f:id:pipinobu:20170412230832j:plain

 

 

エアポートラウンジ(北)のドリンクの様子

こちらのラウンジでは、ソフトドリンクは飲み放題になっています。ファミレスのドリンクバーのような感じで、ドリンクのベンダーから、自分で好きなものをピックアップしてくる形です。

 

この日用意されていたのは、コカコーラ系のベンダーと、アイスコーヒー、オレンジジュース、トマトジュース、アップルジュースでした。

f:id:pipinobu:20170412230903j:plain

 

ホットドリンクの用意ももちろんあります。コーヒーメーカーがありますので、そちらで各種コーヒーを選択することができるようになっています。また、紅茶や緑茶のティーパックもありました。

f:id:pipinobu:20170412230908j:plain

 

アルコールに関しては、有料で提供されています。アルコールが飲みたい場合は、メニューが置いてありますので、価格を確認の上、利用しましょう。

 

価格はいたって良心的で、缶ビール各種は310円(税込)、缶チューハイは210円(税込)といった感じとなっています。これぐらいなら利用してみても良いですね。

 

お腹が空いた場合は、まい泉のかつサンドもお願いできます。こちらも有料で、442円(税込)となっております。

f:id:pipinobu:20170412230920j:plain

 

ドリンクバーの近くには、ウェットタオルも用意されていました。

f:id:pipinobu:20170412230845j:plain

 

まとめ

今回は、羽田空港の国内線、第1ターミナルのカードラウンジの訪問記をお送りしました。アルコールは有料となっていますが、ソフトドリンクの品揃えは十分。制限エリア内にあることを考慮すると、利用価値の高いラウンジと言えますね。搭乗開始時間ギリギリまでくつろぐことができます。混みすぎていて、席の確保が大変なのが玉に瑕ですが、それだけ人気のあるラウンジだとも言えますね。

 

今回の福岡旅行には、アメックスのポイントをマイルに移行して無料で獲得した特典航空券を利用しました。飛行機代が無料だと、観光よりもホテル宿泊を優先したりするような、ゆったりした国内旅行の楽しみ方もできます。

 

今回、私がアメックスの大量ポイントを獲得した方法はこちらにまとめております。合わせてご参照ください。


 

==>次の記事

ヒルトン福岡シーホーク宿泊記:チェックインでパノラミックスイートにアップグレード成功!

 

<==前の記事

JAL国内線:当日アップグレードの方法!クラスJ搭乗記(羽田=>福岡)

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事