ANAのマイルで旅ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、飛行機に乗らずに貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、お得情報をどんどん発信していきます!

スポンサーリンク

ゴールドメダリオン特典で「デルタスカイクラブ」ラウンジの利用と、優先チェックイン、専用保安検査を体験!

f:id:pipinobu:20170110215544j:plain

 

ゴールドメダリオン特典で「デルタスカイクラブ」ラウンジの利用と、優先チェックイン、専用保安検査を体験!

今回のハワイ旅行で利用した航空会社は大韓航空のエコノミークラスです。普通であれば航空会社ラウンジは利用できません。ただし、私はデルタアメックスゴールドを所持しており、このカードの特典として、デルタ航空のマイレージプログラムの上級会員資格である「ゴールドメダリオン」を保有しています。「ゴールドメダリオン」を獲得すると、デルタ航空および大韓航空が所属している「スカイチーム」の「エリートプラス」資格も同時に獲ることができます。そこで今回は、この「エリートプラス」の資格を利用して、大韓航空のエコノミー搭乗でありながら、「デルタスカイクラブ」を利用してみましたので、その様子をレポートしたいと思います。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

ハワイ旅行2017のスケジュール概要

今回のハワイ旅行2017のスケジュール概要は以下になります。今回の記事は、ハワイ旅行の1日目、出発前の成田空港での様子になります。

 

<スケジュール概要>

  • 1日目:成田からホノルルに移動(KE001便)、カパフル通り散策、年末カウントダウン <=今ここ!
  • 2日目:ワイケレでのアウトレットショッピング、ワイキキビーチ散策
  • 3日目:ダイヤモンドヘッド登山、チャイナタウン散策、ハワイ出雲大社での初詣
  • 4日目:カイルアビーチ散策、お土産調達
  • 5日目:ホノルルから成田に移動(KE002便)
  • 6日目:成田に到着

 

今回のハワイ旅行のツアー内容や料金、スケジュール概要はこちらでご参照ください。

 

デルタアメックスゴールドとは

「デルタアメックスゴールドカード」の正式名称は「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」です。

 

このクレジットカードはその名前のとおり、デルタ航空のマイレージプログラムである「スカイマイル」と「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」が合体したものです。

 

このデルタアメックスゴールドの最大の魅力は、このクレジットカードを作成するだけで、デルタ航空のマイレージプログラムである「スカイマイル」の上級資格である「ゴールドメダリオン」を獲得できることです。

 

ゴールドメダリオン特典とは

「ゴールドメダリオン」を獲得すると、デルタ航空が所属しているスカイチームの上級会員資格である「エリートプラス」も同時に獲得することができます。

 

これにより、デルタ航空便およびスカイチーム便を利用した際、搭乗クラスに関わらず、以下のような特典を利用することができます。

  • 優先チェックイン
  • 優先手荷物扱い
  • 専用保安検査レーン
  • スカイチームラウンジ利用
  • 優先搭乗

 

「搭乗クラスに関わらず」というところが重要で、通常であれば、ビジネスクラスやファースクラスでないと受けられないこれらの特典を、エコノミーのチケットで利用できるところがポイントですね。エコノミー利用でこそ価値を発揮します。

 

特典の詳細等はこちらの記事をご参照ください。


 

スポンサードリンク

 

 

年末おおみそかの成田空港の様子

さて、この日は2016年12月31日、おおみそかです。私たちは、東京駅から「THEアクセス成田」という高速バスを利用して、成田空港に到着しました。

 

今回のハワイ旅行で利用する航空会社は大韓航空のKE001便で、出発時刻は21:00です。ですので、パッケージツアー上の成田空港の集合時間は2時間前の19:00でしたが、我々はちょっと早めに、18:00ちょっと過ぎに到着しました。

 

大韓航空のチェックインカウンターは第1ターミナルの北ウイングにあるので、まずはそちらに移動します。

f:id:pipinobu:20170110215428j:plain

 

成田空港の中を見渡してみると、人はまばら。あまり混んでいない、というか、ガラガラです。やはり、12月31日のおおみそかに、海外に移動しようという人は、それほど多くないようですね。

 

空港の中には、こんな感じのお正月飾りが飾られていました。お正月の準備は万端のようです。

f:id:pipinobu:20170110215446j:plain

 

そんなこんなで寄り道しましたが、チェックインカウンターに向かいましょう。大韓航空のチェックインカウンターは、「D」カウンターでした。

f:id:pipinobu:20170110215434j:plain

 

スカイプライオリティの専用レーンから優先チェックインの様子

大韓航空のチェックインカウンターの様子はこんな感じです。こちらもガラガラですね・・。優先レーンも、一般レーンも、ほとんど人が並んでいません。

f:id:pipinobu:20170110215440j:plain

 

我々は、スカイチームの「エリートプラス」資格により、スカイプライオリティの専用レーンから、優先チェックインできるのですが、それを使っても使わなくても、変わらないレベルです。

 

ですが、せっかくなので、スカイプライオリティの専用レーンから、チェックインしてみました(笑)。なんとなく得した気分です。

f:id:pipinobu:20170110215453j:plain

 

スカイプライオリティの専用レーンから保安検査の様子

保安検査についても、スカイプライオリティの専用レーンが用意されており、スカイチームの「エリートプラス」資格で利用することができます。

f:id:pipinobu:20170110215501j:plain

 

ただし、こちらの保安検査場もガラガラで、一般のレーンもぜんぜん並んでいませんでした。ですので、あまり意味はなかったのですが、せっかくなので、スカイプライオリティの専用レーンを利用しました。なんとなく意地になってきました(笑)。

 

このあとは税関ですが、税関については、優先扱いはないので、普通に並びます。ただ、こちらもガラガラで、ほほスルーのレベルでした。やはり、おみそかの成田空港、とくに夕方は、あまり混雑していないようです。

f:id:pipinobu:20170110215506j:plain

 

スポンサードリンク

 

 

デルタ航空のラウンジであるデルタスカイクラブの様子

保安検査と税関を抜けた後は、楽しみにしていたラウンジタイムです。さっそくラウンジに向かいましょう。ちなみに、制限エリアも人はまばら。こんな感じでガラガラです。

f:id:pipinobu:20170110215516j:plain

 

第1ターミナルには、スカイチームの航空会社ラウンジは2つあります。デルタ航空の「デルタスカイクラブ」と、大韓航空の「KALラウンジ」です。実は、夏休みのイタリア旅行でも同じスカイチーム便利用だったため、その時は、この2つのラウンジを両方利用し、比較していました。

 

その結果、「デルタスカイクラブ」の方に軍配があがったので、今回は寄り道はせず、まっすぐに「デルタスカイクラブ」に向かうことにしました。

 

さて、目指すラウンジである「デルタスカイクラブ」は、N1(第1サテライト)とN2(第2サテライト)の両方にあります。今回利用する大韓航空のKE001便は、第1サテライトの14番ゲートの利用なので、ラウンジも、第1サテライトの方を利用することにします。

 

追記:2017年5月17日より、第2サテライトのみの営業となりました。

f:id:pipinobu:20170110215511j:plain

 

第1サテライトの方に移動すると、以下のような「航空会社ラウンジ」の案内があるので、そちらに向かいましょう。

f:id:pipinobu:20170110215521j:plain

 

デルタスカイラウンジは4階にありますので、エレベーターで4階に移動します。

f:id:pipinobu:20170110215529j:plain

 

こちらが「デルタスカイクラブ」の入り口になります。私がこちらを利用するのは、かれこれ3回目ですが、それでもちょっと緊張します。

f:id:pipinobu:20170110215539j:plain

f:id:pipinobu:20170110215534j:plain

 

入り口のことろでは、搭乗券を提示して、入館手続きを実施します。チェックインカウンターのところには、獅子舞の置物がありました。かわいいですね。

f:id:pipinobu:20170110215758j:plain

 

入館手続きを経て、中に入ってみると、こちらでもお正月飾りが目に入ってきます。

f:id:pipinobu:20170110215544j:plain

f:id:pipinobu:20170110215549j:plain

 

ラウンジの中の様子はこんな感じです。デルタスカイラウンジはかなり広いラウンジで、いくつかのエリアに分かれています。

f:id:pipinobu:20170110215601j:plain

 

こちらは、ソファー席がいっぱいのソファー席エリア。ラウンジの中央部分にあります。

f:id:pipinobu:20170110215606j:plain

 

こちらは、窓際のエリア。ソファー席と、窓際のカウンター席があります。

f:id:pipinobu:20170110215611j:plain

 

こちらは、端末なとが利用できるビジネスエリア。ちなみに、端末はMacでした。

f:id:pipinobu:20170110215616j:plain

 

こちらは、食事やドリンクなどのカウンター近くの、ダイニングエリア。

f:id:pipinobu:20170110215621j:plain

 

これらの写真を見ていただくとわかりますが、こちらのラウンジも人はまばらでした。私たちが入館したのが19:30ごろだったと思いますが、その時点で我々含めて3組しか利用客はおらず、20:00を過ぎたころには、利用客は我々だけになりました。こんな広いラウンジが貸し切り状態でした・・。

 

スポンサードリンク

 

 

デルタスカイクラブでの食事の様子

それでは、ここからは気になる食事の様子をレポートしたいと思います。食事は中央のビュッフェカウンターに並べられています。好きなものを好きなだけ頂くシステムです。

 

この日用意されていたのは、こちらになります。

f:id:pipinobu:20170110215627j:plain

 

ちょっと写真が切れてしまいましたが、一番左にはレタスを中心としたサラダと野菜スティック。その隣は簡単なお寿司(いなり寿司と巻き寿司)。

f:id:pipinobu:20170110215633j:plain

 

焼き鳥は、一種類しかなく、この日はつくねでした。

f:id:pipinobu:20170110215638j:plain

 

その隣には、ミニカレーもありました。味はシーフード。最後の一個でしたね(笑)。

f:id:pipinobu:20170110215642j:plain

 

あとは、おつまみの定番の柿の種やポテトチップスなどのスナック等々。おかゆとスープも1種類ずつありました。

f:id:pipinobu:20170110215647j:plain

 

お酒もちゃんと用意があります。洋酒はいくつか置かれているので、カクテルを作りたい方は自分で作るシステムですね。赤ワインと白ワインも、3種類ずつぐらいの用意がありました。

f:id:pipinobu:20170110215653j:plain

 

ビールについては、ビールサーバーが用意されています。銘柄は、プレミアムモルツと、スーパードライです。なかなか良いセレクションです(笑)。

f:id:pipinobu:20170110215710j:plain

 

私は、プレモル党なので、プレミアムモルツをいただきます。

f:id:pipinobu:20170110215715j:plain

 

そんなこんなで、席について、プレモルで乾杯です。席は窓際のソファー席にしてみました。

f:id:pipinobu:20170110215720j:plain

f:id:pipinobu:20170110215729j:plain

 

いただいてきたのはこちらになります。夕方になってちょっと小腹がすいてきたので、お寿司と焼き鳥(つくね)を少々。

f:id:pipinobu:20170110215725j:plain

 

バランスよく、サラダも頂いてきました。

f:id:pipinobu:20170110215739j:plain

 

最後は、シメにおかゆを少々。

f:id:pipinobu:20170110215745j:plain

 

そんなこんなでビールをお代わり。プレモル2杯目です(笑)。

f:id:pipinobu:20170110215749j:plain

 

そろそろ、搭乗時間が近づいてきたので、搭乗ゲートの方に移動します。移動すると言っても、搭乗ゲートはエレベーターを降りてすぐなので、2-3分の距離です。搭乗時間ギリギリまで寛ぐことができるのが、航空会社ラウンジの良いところです。

 

ちなみに、ラウンジからは、これからお世話になる飛行機がよく見えました。ピカピカでなかなか新しそうな機体です。なんとなく安心。

f:id:pipinobu:20170110215735j:plain

 

スカイプライオリティの優先搭乗の様子

搭乗ゲートに移動してみると、すでに一般の方の搭乗が開始されていました。ここまで来て、やっと行列に遭遇です。

f:id:pipinobu:20170110225824j:plain

 

我々は、スカイチームの「エリートプラス」資格により、優先搭乗が可能です。ですので、せっかくなのでということで、優先搭乗を利用してみました。行列を横目に、スルスルと搭乗できるのは、ちょっとだけ良い気分です。

 

これまで、優先搭乗って、飛行機に早く乗っても、飛行機に乗る時間が長くなるだけで、あまり意味がないと思っていた。ですが、行列ができている状態だと、行列に並ばずして搭乗できるので、単純に、行列に並ぶ時間=立っている時間、の削減、つまりは体力の温存に役立つのだな、と変に実感しました。

 

ラウンジでぎりぎりまで寛ぐことと、優先搭乗はセットで利用してこそ、効果を発揮するものなんですね。もちろん、ラウンジで寛ぎすぎて、搭乗に遅れるなんていうのは絶対駄目ですけどね(笑)。

 

まとめ

今回は、「デルタアメックスゴールド」を保有することによって獲得した「ゴールドメダリオン」および「スカイチームエリートプラス」の資格を利用して、航空会社ラウンジの利用や、優先チェックイン、優先搭乗、専用レーンでの保安検査を体験してみました。今回利用した大晦日は、利用客自体が少なかったので、大きな効果を実感するまでは行きませんでしたが、それでも、搭乗時間ギリギリまで、ラウンジで優雅に寛ぐことができるメリットは大きいですね。エコノミークラスの利用でも、海外旅行が快適に、そして楽しくなります。

 

<==前の記事

成田空港でメガネを20分で作ってみました!海外旅行に忘れた場合の緊急避難策

 

次の記事==>

大韓航空:KE001便の搭乗記!成田からホノルルへ移動開始!

 

<ハワイ旅行記2017:全体の目次、記事一覧>

ハワイ旅行記2017:全体の目次、記事一覧

 

海外旅行がお好きな方はこちらの記事も必見です!年20万以上のマイルを貯める秘密の全てをこちらの記事にまとめています。年20万マイルあれば、年2-3回、好きなところに海外旅行できますよ。

 

また、旅好きの方はこちらの記事も必読です。SPGアメックスカードがあれば、ウェスティン、シェラトン、マリオット、リッツ・カールトンなど世界中の高級ホテルでVIP待遇を受けることができます。部屋のアップグレードや、エグゼクティブラウンジ、レイトチェックアウトなど様々な特典が受けられます。旅が低コストでありながら、ぐっと豪華になり、楽しくなりますよ。

 

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

おすすめ記事