陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!


< 旅好き&陸マイラー注目記事! >

SPGアメックスとANAマイルで格安で豪華なハワイ旅行を実現!

アメックスゴールドが年会費無料&30,000ボーナスポイント!

ポイントサイトの入会はここからがお得!入会特典ランキング!

スポンサーリンク

ヒルトンハワイアンビレッジ宿泊記:レインボータワーのオーシャンフロントのお部屋を徹底レポート!

f:id:pipinobu:20170926172456j:plain

 

ヒルトンハワイアンビレッジ宿泊記:レインボータワーのオーシャンフロントのお部屋を徹底レポート!

今回は、「ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート(Hilton Hawaiian Village Waikiki Beach Resort、ヒルトンハワイアンビレッジ)」のレインボー・タワーのオーシャンフロントの宿泊記をお送りします。レインボー・タワーはヒルトンハワイアンビレッジの中でも、一番海の近いオーシャンフロントのタワー、しかも、そのオーシャンフロントのお部屋ということで、お部屋からの眺望は正に絶景、ハワイ感を120%満喫できる素晴らしいものでした。当記事では、そんなオーシャンフロントのお部屋の雰囲気から、昼間の眺望、夜の眺望、お部屋の設備、バスルームの様子まで、徹底レポートしたいと思います。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

ハワイ旅行2017のスケジュール

今回のハワイ旅行のスケジュールは以下になります。夏休みを利用したハワイ旅行で、時期としては7月下旬になります。ハワイ旅行としては典型的な4泊6日のスケジュールで、今回の記事はその4日目の様子になります。

 

<スケジュール概要>

  • 1日目:成田からホノルルに移動(NH182便)、シェラトンワイキキ宿泊
  • 2日目:ワイケレでのアウトレットショッピング、ロイヤルハワイアン宿泊 
  • 3日目:モアナサーフライダー宿泊
  • 4日目:ヒルトンハワイアンビレッジ宿泊 <=今ココ
  • 5日目:ホノルルから成田に移動(NH183便)
  • 6日目:成田に到着

 

今回のハワイ旅行のテーマは「SPGアメックスとANAマイルで行く低コストで豪華なハワイ旅行」です。夫婦でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円だけの現金持ち出しだけで実現しています。詳細についてはこちらご参照ください。

 

ヒルトンハワイアンビレッジとは

ヒルトンハワイアンビレッジは、正式名称を、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート(Hilton Hawaiian Village Waikiki Beach Resort)と言います。その名前のとおりハワイのワイキキに位置しており、ヒルトンのホテル群で巨大な村を形成しています。

 

ヒルトンハワイアンビレッジの公式HPでは、次のように紹介されています。

ハワイの楽園、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートにようこそ! ワイキキ屈指のビーチに面した9万平米もの敷地では、楽園そのもののリゾート体験をお楽しみいただけます。目の前に広がるデューク・カハナモク・ビーチは、2014年、アメリカの著名なビーチランキングで第1位を獲得。その美しさはまさにお墨付きです。

ホテル紹介|ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート|ヒルトン・ホテルズ&リゾート

 

ヒルトンハワイアンビレッジは、9万平方メートルの敷地内に、タイムシェア・リゾート専用タワーを含めた7つのタワーに3,000室を超える客室、6つのプール、22店のレストラン&バー、90店以上のショップを構えています。ハワイ最大のホテルといっても過言ではありません。

 

ヒルトンハワイアンビレッジの周辺地図はこちらになります。観光客の多いワイキキエリアからは、ちょっと距離があります。ただし、観光客に人気の「アラモアナショッピングセンター」には、その分、近くなります。ワイキキエリアとアラモアナショッピングセンターの、ちょうど中間あたりに位置しています。

 

ちなみに、ワイキキエリアからヒルトンハワイアンビレッジへの移動に、我々はUber(ウーバー)を利用しました。ハワイでUber(ウーバー)はかなり普及しており、安くて早くて利便性抜群です。

 

ヒルトンハワイアンビレッジ:レインボータワー、オーシャンフロント宿泊の経緯

今回宿泊した、ヒルトンハワイアンビレッジには、ヒルトンのポイントを利用して無料宿泊しました。予約した客室のカテゴリーは「カリアタワーシティービュー」、利用したヒルトンのポイントは「50,000ポイント」でした。

 

カリアタワーというのは、ヒルトンハワイアンビレッジの中でも海から一番遠いホテル棟で、ポイントで予約できる部屋の中で一番安いお部屋がこちらでした。

 

<利用したポイントと現金>

  • 客室のカテゴリー:カリアタワーシティービュー
  • 利用したヒルトンポイント:50,000ポイント
  • 必要な現金(リゾートフィー):35.00ドル

 

その後、当日チェックイン時に、レインボータワーのオーシャンフロントのお部屋へのアップグレードに成功しました。

 

私が宿泊した日付で「レインボータワー、オーシャンフロント」のお部屋を現金で予約しようとした場合、「400ドル」ちょうどとなっていました。

 

一方、もともと予約してあった「カリアタワー、シティービュー」のお部屋の宿泊代金は「250ドル」ほどでした。

 

ですので、150ドルほどの価値のあるアップグレードを無償で受けられたということになります。

 

私は、ヒルトンオナーズ(ヒルトンの会員制度)の最上級会員である、ダイヤモンドステータスを保有しており、これのステータスを利用しての無償アップグレードになります。この当日アップグレードの詳細につきましては、こちらの記事をご参照ください。

 

ヒルトンハワイアンビレッジ:レインボータワーとは

レインボー・タワー(RAINBOW TOWER)は、ヒルトンハワイアンビレッジの中で、一番最初に建てられたタワーです。ビーチフロントで、かつ「デューク・カハナモク・ラグーン」に隣接している31階建てのタワーです。

 

レインボー・タワーの外観はこんな感じです。虹色のモザイクが施された外観が特徴的ですので、ガイドブックで見覚えがある方も多いのではないでしょうか。ホテルの方いわく、レインボー・タワーは日本人に一番人気だということです。

f:id:pipinobu:20170925233750j:plain

 

こちらは、チェックインの時にいただける、ヒルトンハワイアンビレッジの全体像の地図に、レインボータワーをマークしたものです。右端の丸い赤枠がレインボータワーになります。右手がワイキキビーチですので、ワイキキビーチに一番近いタワーという位置関係がわかりますね。ちなみに、右下の池のようなものが「デューク・カハナモク・ラグーン」です。

f:id:pipinobu:20170926172433j:plain

 

スポンサードリンク

 

 

ヒルトンハワイアンビレッジ:レインボータワー、オーシャンフロントのお部屋レポート

さて、それではここからは、今回宿泊することとなった、ヒルトンハワイアンビレッジのレインボータワーオーシャンフロントのお部屋レポートをお送りしたいと思います。

 

レインボータワー、オーシャンフロント:お部屋の雰囲気

今回アサインされたお部屋は、16階のお部屋でした。レインボータワー自体が31階建てですので、中層階という感じでしょうか。

f:id:pipinobu:20170926172320j:plain

 

お部屋の中の雰囲気はこんな感じです。オーシャンフロントという名前だけあって、部屋の扉を開けると、明るい光とハワイのワイキキビーチの景色が飛び込んできます。部屋自体もかなりの広さがあり、2台のちょっと大きめのベッド(たぶんダブルベッド)が置かれていても、余裕を感じられました。

f:id:pipinobu:20170926172331j:plain

 

レインボータワー、オーシャンフロント:お部屋からの眺望

レインボータワーのオーシャンフロントのお部屋の売りは、なんといっても、その素晴らしい眺望です。ですので、最初にお部屋からの眺望をご紹介していきます。

 

オーシャンフロントのお部屋からの眺望(昼間)

まずはオーシャンフロントの昼間の眺望です。こちらのお部屋にはラナイが付いてます。窓を開けると、ラナイ越しでも、ワイキキビーチの素晴らしい眺望が溢れ出ていますね。

f:id:pipinobu:20170926172555j:plain

 

実際ラナイに出てみると、この絶景です。正面には、ワイキキビーチとダイヤモンドヘッド、ハワイ感120%の景色を楽しむことができます。正にオーシャンフロント、名前に偽りなしです。

f:id:pipinobu:20170926172456j:plain

 

ラナイから右側を見てみましょう。こちらには何も建物がありませんで、オーシャンビュー100%です。海のグラデーションがとても綺麗です。ハワイ(ワイキキ)って、こんなにビーチが綺麗なんだと、感動します。

f:id:pipinobu:20170926172503j:plain

 

こちらはラナイから左側を見たものです。正面に写っているのが、高級なサービスが売りの「アリイ・タワー(ALI'I TOWER)」です。アリイ・タワーも、レインボー・タワーと同じビーチフロントのタワーですが、レインボー・タワーに比べると、ちょっと奥まった立地になっているのがわかりますね。

f:id:pipinobu:20170926172500j:plain

 

こちらは、ラナイに置いてあるチェアに座ってみたところです。チェアに座っても、鉄柵の間から、オーシャンフロントの景色を楽しむことができます。

f:id:pipinobu:20170926180658j:plain

 

実は、これは意外と重要なポイントです。シェラトンワイキキでも、オーシャンフロント(正確にはデラックスオーシャンフロントですが)のお部屋に宿泊しましたが、シェラトンワイキキの場合はラナイの柵がコンクリートなので、チェアに座ると海の景色が楽しめなかったりします。その点、レインボータワーのラナイは鉄柵のなっており隙間があるので、チェアに座ってもオーシャンフロントの景色を楽しむことができます。

 

オーシャンフロントのお部屋からの眺望(夜間)

続いては、夜間の眺望をご紹介します。オーシャンフロントというと、夜の海は真っ暗なので、眺望も残念な感じになりがち・・。ですが、こちらのお部屋からは、ワイキキのホテル群も見えますので、夜景もなかなか綺麗です。ヒルトンハワイアンビレッジ周辺のビーチって、意外とライトアップされているんですよね。

f:id:pipinobu:20170926182008j:plain

 

そんな綺麗な夜景を楽しみながら、ラナイでビールをいただきます。ビールは、ヒルトンハワイアンビレッジ内にある「ABCストア」で調達できます。どんなレストランやバーも、この景色にはなかなか勝てるものではありません。最高の一杯ですね!

f:id:pipinobu:20170926182012j:plain

 

こちらのお部屋は、とにかくラナイが快適すぎたので、部屋から出るのがもったいないと感じるほどでした。ヒルトンハワイアンビレッジの中には、テイクアウトのお店が何軒もあるので、それらを利用して、昼間も夜もビール片手にラナイで過ごすのが正しいのかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

 

オーシャンフロントのお部屋の設備

さて、話をちょっと戻して、オーシャンフロントのお部屋の設備を確認していきます。

 

窓側にはビジネスデスク。外の景色を眺めながら仕事が出来るようになっています。仕事に集中できるかどうかはさて置いて、気持ち良さそうです。

f:id:pipinobu:20170926172526j:plain

 

ベッドの正面には、大型の液晶テレビが用意されています。

f:id:pipinobu:20170926172515j:plain

  

テレビの裏には、プレイステーション3が用意されていました。こちらは、ゲーム用というよりは、DVD鑑賞用のようです。

f:id:pipinobu:20170926192844j:plain

 

また、テレビの横には、スーツケースを置く用の台もあります。

f:id:pipinobu:20170926172530j:plain

 

こちらの写真は、ラナイ側からお部屋を見たものです。ベッドが2台あり、その奥には冷蔵庫とクローゼットという配置になっています。この写真をみても、部屋の広さに余裕があるのがわかります。

f:id:pipinobu:20170926172508j:plain

 

ベッドも、綺麗にメイキングされています。

f:id:pipinobu:20170926172518j:plain

f:id:pipinobu:20170926172522j:plain

 

冷蔵庫の上には、コーヒー、紅茶などのティーセット。これらは、無料で利用することができます。

f:id:pipinobu:20170926172534j:plain

 

冷蔵庫の中は空っぽでした。どうぜミニバーは利用しないので、これはこれで親切です。

f:id:pipinobu:20170926172538j:plain

 

クローゼットの中はこんな感じです。ゆとりのある大きさのクローゼットの中に、金庫が用意されていました。金庫の利用はもちろん、無料です。

f:id:pipinobu:20170926172551j:plain

 

レインボータワー、オーシャンフロントのお部屋のバスルーム

続いては、気になるバスルームの様子をご紹介します。まずはトイレと洗面台。トイレはごくごく普通。残念ながら、ウォシュレットはありません。ちょっと残念・・。洗面台はシングルボールですね。

f:id:pipinobu:20170926172541j:plain

 

バスタブは、十分なフルバスのサイズ。お湯を貯めてゆっくりと浸かることができます。シャワーは可動式のハンドシャワーでした。使いやすくて良いです。

f:id:pipinobu:20170926172548j:plain

 

アメニティは、「anuenue rainbow」のもの。聞いたことがないなあ、と思っていたら、どうやら、ヒルトンワイキキのオリジナルブランドのようです。アヌエヌエとはハワイ語で「虹」を意味するそうです。レインボータワーの虹色とマッチしていますね。f:id:pipinobu:20170926172545j:plain

 

スポンサードリンク

 

 

レインボータワー、オーシャンフロント:エレベーターは最新式

最後に、おまけとして、エレベーターのご紹介をします。

 

レインボータワーは数年前に改装を実施しており、そのタイミングでエレベーターを最新式の高速エレベーターへ入れ替えを行なったそうです。そして、こちらのエレベーターが、なかなか面白いです。

 

エレベーターホールには、こちらの写真のような、行き先階を入力するキーパッドが設置されています。エレベーターを利用する際は、こちらに、行きたい階数を入力します。

f:id:pipinobu:20170926211331j:plain

 

すると、エレベーター番号が指定されるので、そちらのエレベーターに乗り込むというシステムです。指定されたエレベーターは、入力されたデータによって、特定の階にしか止まりません。間違ったエレベーターに乗ると、自分の行きたい階に止まらなかったりします・・。初めての場合、結構まごつくので気をつけましょうね。

f:id:pipinobu:20170926211335j:plain

  

ヒルトンハワイアンビレッジ:リゾートチャージ

ヒルトンハワイアンビレッジに宿泊の際は、リゾートチャージ(別のホテルではリゾートフィーと呼ぶ場合もあります)を支払う必要があります。これは、私のようにポイントでの宿泊の場合も例外ではありません。宿泊料金(もしくはポイント)の他に、1泊1室あたり35ドルの支払いが必要になります。

 

チェックインの際には、このリゾートチャージの支払いと、リゾートチャージに含まれるサービス内容の説明があります。具体的には、チェックインの際に、こちらのような説明書が手渡されます。ちゃんと日本語で書かれているのが嬉しいですね。

f:id:pipinobu:20170926205701j:plain

 

<リゾートチャージのサービス内容>

  • 客室内でのWi-Fi接続
  • 室内でゲームや映画を楽しめるプレイステーション3
  • DVDレンタル(1回1本まで)
  • カルチャーアクティビティへの参加
  • エクササイズのクラスへの参加
  • オリジナルポストカード作成
  • 屋外での映画(毎週水曜日と土曜日の夕方)
  • 午後のセーリング20%割引
  • 2日間のカーレンタルにつき10%割引または1クラス上への車種アップグレード
  • 市内通話・無料通話

 

この中で、面白いな、と思ったのがDVDレンタル(上記赤字)です。チェックインの際には、以下の写真のように、いろいろなカードが渡されます。このうち、一番右がDVDのレンタルカードで、これを利用して、DVDをレンタルできます。

f:id:pipinobu:20170926210434j:plain

 

レインボータワーの1階には、こんな感じのDVDレンタルマシーンが並んでおり、上記のレンタルカードを利用して、1回につき1本までレンタルすることができます。

f:id:pipinobu:20170926210840j:plain

 

レンタル可能なDVDを見てみると、日本ではまだ上映していないような(もしくはDVDレンタルが開始されていないような)新しい作品もいくつかありました。ただ、私は結局利用しなかったので、日本語字幕があるのか、もしくは、日本語吹き替えがあるのかは謎です・・。次回機会があれば、確認したいと思います。

f:id:pipinobu:20170926210844j:plain

 

ヒルトンオナーズのダイヤモンド会員資格を手に入れた経緯

私は「SPGアメックスカード」というクレジットカードをメインカードにしています。 「SPGアメックスカード」は、SPG(シェラトンやウェスティンなど)、マリオット、リッツ・カールトンの3つのホテルグループのゴールド会員資格の獲得や、2年目以降の無料宿泊(1泊)など、様々な特典が用意された非常に優秀なクレジットカードです。

 

SPGアメックスカードにはSPGのゴールド会員資格が付いてくるので、せっかくなのでとヒルトンにステータスマッチをしてみたところ、ヒルトンのダイヤモンド会員資格を獲得できてしまいました。

 

 

ヒルトンのダイヤモンド会員の特典は多岐に渡りますが、特に有用な特典は以下となります。世界中のヒルトンホテルで、このような特典が受けられるのは素晴らしい体験です。

 

<ヒルトンのダイヤモンド会員特典>

  • レイト・チェックアウト
  • 2人目のお客様はご宿泊無料
  • フィットネスセンターとヘルスクラブのご利用
  • 1滞在につき無料のボトルウォーター2本
  • 空室状況に基づくプリファードルームへのアップグレード
  • 1滞在につき1,000 Hオナーズ・ボーナスポイント
  • ご滞在中に毎日無料でご提供するコンチネンタルブレックファスト(会員様および同室にご宿泊のお客様1名様まで)
  • エグゼクティブフロア・ラウンジのご利用(一部のホテル)

 

私が今回のハワイ旅行で、ヒルトンを始め、ロイヤルハワイアンやシェラトンワイキキ、モアナサーフライダーなど、いろいろなホテルでの宿泊を満喫できたのは、全てSPGアメックスのおかげです。SPGアメックスでは、現在、入会紹介キャンペーンを実施しています。私からの紹介でのご入会で17,000ポイントを獲得できます。SPGアメックスの公式HPからご入会するより、7,000ポイント分もお得です。SPGアメックスをお持ちでない方は、ぜひこちらの記事もご参照ください。

 

 

ヒルトンハワイアンビレッジ宿泊記:レインボータワーのオーシャンフロントのお部屋を徹底レポート!のまとめ

今回は、ヒルトンハワイアンビレッジのレインボータワーのオーシャンフロントのお部屋をご紹介しました。レインボー・タワーはヒルトンハワイアンビレッジの中でも、一番海の近いオーシャンフロントのタワー、しかも、そのオーシャンフロントのお部屋ということで、お部屋からの眺望は正に絶景、ハワイ感を120%満喫できる素晴らしいものでした。特に、ラナイの快適さは特筆すべきもので、昼間も夜間も楽しむことができます。どんなレストランやバーも、この景色にはなかなか勝てないでしょうから、テイクアウトを有効に利用して、極力、部屋の中にで過ごすのが正しいように感じました。

 

==>次の記事

ヒルトンハワイアンビレッジ:ダイヤモンド会員特典の内容と適用結果をレポート!

 

<==前の記事

ヒルトンハワイアンビレッジ:チェックイン時の当日アップグレードでレインボータワーのオーシャンフロントへ!

 

<全体の目次、記事一覧>

ハワイ旅行記2017(夏休み編):全体の目次、記事一覧はこちら!

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事