陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!


< 旅好き&陸マイラー注目記事! >

SPGアメックスとANAマイルで格安で豪華なハワイ旅行を実現!

アメックスゴールドが年会費無料&30,000ボーナスポイント!

見逃し厳禁!ポイントサイトの入会特典ランキング!

スポンサーリンク

モアナサーフライダー:プールと専用ビーチで優雅なハワイを満喫!場所と料金は?<SPG>

f:id:pipinobu:20170914092753j:plain

 

モアナサーフライダー(モアナ):プールと専用ビーチで優雅なハワイを満喫!<SPG>

今回は、モアナサーフライダー(Moana Surfrider, A Westin Resort & Spa, Waikiki Beach)のプールと専用ビーチをご紹介します。モアナ・サーフライダーではプールは無料で、専用ビーチは、カバナやビーチ・アンブレラ(ビーチパラソル)などのレンタルを通して、有料で利用します。どちらも、宿泊者のみが利用することができます。モアナサーフライダーはオンザビーチの絶好のロケーションにありますので、プールや専用ビーチを利用することで、ハワイ感を120%味わうことができます。また、夜になるとプールはライトアップされますので、ちょっと大人っぽい雰囲気を楽しむことができます。当記事では、そんなモアナ・サーフライダーのプールと専用ビーチの場所からサービス内容、料金まで詳しくレポートしていきます。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

ハワイ旅行2017のスケジュール

今回のハワイ旅行のスケジュールは以下になります。夏休みを利用したハワイ旅行で、時期としては7月下旬になります。ハワイ旅行としては典型的な4泊6日のスケジュールで、今回の記事はその3日目の様子になります。

 

<スケジュール概要>

  • 1日目:成田からホノルルに移動(NH182便)、シェラトンワイキキ宿泊
  • 2日目:ワイケレでのアウトレットショッピング、ロイヤルハワイアン宿泊 
  • 3日目:モアナサーフライダー宿泊 <=今ココ
  • 4日目:ヒルトンハワイアンビレッジ宿泊
  • 5日目:ホノルルから成田に移動(NH183便)
  • 6日目:成田に到着

 

今回のハワイ旅行のテーマは「SPGアメックスとANAマイルで行く低コストで豪華なハワイ旅行」です。夫婦でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円だけの現金持ち出しだけで実現しています。詳細についてはこちらご参照ください。

 

モアナサーフライダーとは

モアナサーフライダー(Moana Surfrider, A Westin Resort & Spa, Waikiki Beach)は、ハワイを代表するホテルの一つです。1901年に創業を開始し「ワイキキのファーストレディー(貴婦人)」もしくは「白い貴婦人」と呼ばれています。

 

モアナサーフライダーは、ワイキキ最古のホテルとしての伝統を誇り、優雅なロビーや客室、きめ細やかなサービスなどを提供する、高級ホテルとしても知られています。私の中では、先日ご紹介した「ロイヤルハワイアン」と並び、ハワイで憧れのホテルの一つです。

 

モアナサーフライダーの周辺地図はこちらになります。こちらの地図をみるとわかるように、モアナサーフライダーは、ワイキキビーチのほぼ中心部に建つ、オンザビーチの絶好のロケーションのホテルです。ビーチにもショッピングにも観光にも、とても便利な立地です。さすがハワイ最古と言われるホテルです。

 

モアナサーフライダー:宿泊の経緯

今回、モアナサーフライダーには、SPGアメックスのスターポイントを利用して無料宿泊しました。もともとは「タワーパーシャルオーシャン」というお部屋を予約していたのですが、その後、SPGアメックスのパワー(SPGアメックスは入会だけで、SPGゴールド会員資格を得られる)で「バニヤンオーシャン」への当日アップグレードに成功しました。

 

 

この、モアナサーフライダーにおける当日アップグレードの詳しい経緯、および、バニヤンオーシャンのお部屋の詳細については、こちらの記事でまとめております。

 

また、今回、モアナサーフライダーのクラブラウンジである「ビーチ・クラブ」にも潜入してみました。その時の様子はこちらの記事でまとめております。合わせてご参照ください。

 

モアナサーフライダー:プールと専用ビーチ(モアナ・ビーチ)とは

モアナサーフライダーには、宿泊者のみが利用できる、プールと専用ビーチがあります。専用ビーチは「モアナ・ビーチ」という名前がつけられています。

 

宿泊者であればプールは無料で利用できます。専用ビーチについては、あとでご紹介する有料でカバナやビーチ・アンブレラ(ビーチパラソル)をレンタルして利用する形になります。

 

<モアナサーフライダーのプールと専用ビーチ(モアナ・ビーチ)>

  • プール:宿泊者は無料で利用可能
  • 専用ビーチ(モアナ・ビーチ):有料でカバナやビーチ・アンブレラ(ビーチパラソル)をレンタルして利用する

 

モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ - ビーチ&プール情報

 

モアナサーフライダー:プールと専用ビーチ(モアナ・ビーチ)の場所

プールはホテルの中庭、専用ビーチ(モアナ・ビーチ)はモアナサーフライダーのワイキキビーチ側の入り口周辺の一角にあります。

 

どちらも、ワイキキビーチのほぼ中心部に位置しており、ハワイ感120%の景色を楽しむことができます。

 

<モアナサーフライダーのプールと専用ビーチの場所>

  • プール:ホテルの中庭
  • 専用ビーチ(モアナ・ビーチ):ワイキキビーチ側の入り口周辺の一角

 

f:id:pipinobu:20170916092041j:plain

 

モアナサーフライダー:プールと専用ビーチ(モアナ・ビーチ)の営業時間

モアナサーフライダーのプールと専用ビーチ(モアナ・ビーチ)の営業時間は以下のようになっています。

 

季節によって若干時間は異なりますが、明るくなってから暗くなるまで、というのが目安になります。プール自体は、夜間は利用することはできませんが、プール周辺のデッキチェアは自由に利用することができます。

 

<プールの営業時間>

  • 冬季(9月~4月): 7:00AM~6:00PM
  • 夏季(5月~8月): 7:00AM~6:30PM

 

<専用ビーチ(モアナ・ビーチ)の営業時間>

  • 冬季(9月~4月): 7:00AM~5:30PM
  • 夏季(5月~8月): 7:00AM~6:00PM

 

モアナサーフライダー:プールと専用ビーチ(モアナ・ビーチ)のサービス内容と料金

モアナサーフライダーのプールと専用ビーチ(モアナ・ビーチ)の共通のサービス内容として、無料でタオルの貸し出しを受けることができます。もちろん、モアナサーフライダーの宿泊者であることが条件で、カードキーを提示することで貸し出しを受けることができます。

 

<共通サービス>

  • タオルの貸し出し(無料)

 

また、専用ビーチ(モアナ・ビーチ)のサービスとして、カバナとビーチ・アンブレラ(ビーチパラソル)の有料レンタルのサービスを提供しています。それぞれのレンタル料金は以下になります。

 

ビーチ・アンブレラ(ビーチパラソル)に比べてカバナは豪華な仕様になっているので、レンタル料金も高めになっています。

 

<カバナ・レンタル>

モアナ・ビーチにて、カバナのレンタルがご利用いただけます。

  • 1日レンタル: $110
  • 半日レンタル: $65 (12:00PM~5:30PMまで)
  • ※1日レンタルは、前日よりプールデスクで予約を承ります。半日レンタルは先着順となります。

 

<ビーチ・アンブレラ・レンタル>

モアナ・ビーチにて、ビーチ・アンブレラのレンタルがご利用いただけます。

  • 1日レンタル: $55
  • 午前半日レンタル: $30 (7:00AM~11:30AM)
  • 午後半日レンタル: $35 (12:00PM~営業終了時間まで)
  • ※1日レンタルは、前日よりプールデスクで予約を承ります。半日レンタルは先着順となります。

 

私は、ロイヤルハワイアンでビーチパラソルを1日レンタルしましたが、値段は40ドルでした。こちらのモアナ・サーフライダーでは55ドルの設定になっていますので、若干割高ですね・・。一方、モアナ・サーフライダーの方は半日レンタルというシステムがあるのは便利ですね。午前中はプール(無料)、午後はビーチパラソル(有料)という組み合わせも可能になります。

 

スポンサードリンク

 

 

モアナサーフライダー:専用ビーチ(モアナ・ビーチ)の様子

モアナサーフライダーの専用ビーチ(モアナ・ビーチ)の様子はこんな感じです。モアナサーフライダーのワイキキビーチ側の入り口周辺の一角が、クサリと看板でゆるく区切られており、その中が専用ビーチ(モアナ・ビーチ)となっています。

f:id:pipinobu:20170913220322j:plain

 

専用ビーチ(モアナ・ビーチ)の中には、青色のビーチ・アンブレラ(ビーチパラソル)がずらずらっと並んでいます。これが、有料でレンタルできるビーチ・アンブレラ(ビーチパラソル)です。

f:id:pipinobu:20170914092753j:plain

 

ワイキキのシンボルである、ダイヤモンドヘッドを臨むビューを確保することができれば、ハワイ感120%ですね。

f:id:pipinobu:20170914092723j:plain

 

モアナサーフライダー:プールの様子

続いては、モアナサーフライダーのプールの様子をご紹介します。プールは昼間と夜間、両方の様子をご紹介します。

 

プールの様子(昼間)

モアナサーフライダーのプールはホテルの中庭に位置しています。それほど大きくはなく、中ぐらいの大きさです。比較で言えば、ロイヤルハワイアンのプールよりは2回りぐらいは大きいです。

f:id:pipinobu:20170916092832j:plain

 

プールの周辺を取り囲むように、デッキチェアがずらずらっと並べられています。これらは、無料で利用することができます。また、プールの一角には、スナック・バーもあり、ドリンクなどをオーダーすることもできます(もちろん有料でルーム・チャージ)。ちなみに、プールサイドではアルコール入りのドリンクも楽しむことができますが、専用ビーチ(モアナ・ビーチ)はビーチエリアなので、法律でアルコールは注文できません。

 

上記の写真は朝いち(朝7時ぐらい)なので、プールはまだ空いています。ただ、このぐらいの時間から場所取りは始まっていて、荷物がちらほら置かれ始めます。

f:id:pipinobu:20170916092835j:plain

 

そして、昼間になると、ほぼ満席の賑わいになります。良い場所を確保したい場合は、早起きして場所取りをするのが吉です。

f:id:pipinobu:20170916092843j:plain

f:id:pipinobu:20170916092836j:plain

 

プールの様子(夜間)

続いては、夜間のプールの様子です。夜間はプール自体には入れなくなりますが、ライトアップされて、ぐっと落ち着いた雰囲気になります。

f:id:pipinobu:20170916093116j:plain

 

夜間も、デッキチェアは置かれたままですので、自由に座ってくつろぐことができます。

f:id:pipinobu:20170916093108j:plain

 

モアナサーフライダーはオンザビーチのホテルで海からの距離が非常に近いので、海の音を聞きながら、デッキチェアでゴロゴロしていると、とても癒されます。夕方から夜間に向けては、日差しも柔らかくなるので、居心地は最高です。プールサイドのデッキチェアを満喫できるのは、宿泊者だけの特権ですね。

f:id:pipinobu:20170916093039j:plain

 

モアナサーフライダー:プールと専用ビーチで優雅なハワイを満喫!場所と料金は?まとめ

今回は、モアナサーフライダーのプールと専用ビーチをご紹介しました。モアナサーフライダーはオンザビーチの絶好のロケーションにありますので、プールや専用ビーチを利用することで、ハワイ感を120%味わうことができます。これらを利用して楽しむことができるのは、宿泊者のみの特権です。モアナサーフライダーに宿泊の際には、これらのサービスをうまく利用して、ホテル宿泊を満喫しましょう。

 

私が今回、モアナサーフライダーのような高級ホテルに宿泊し、プールで優雅な時間を過ごすことができたのはSPGアメックスのおかげです。

 

SPGアメックスについては、特典からメリット・デメリット、お得な入会方法まで、こちらの記事で詳しくご紹介しております。記事の中でもご説明していますが、SPGアメックスでは、現在、入会紹介キャンペーンを実施しています。私からの紹介でのご入会で17,000ポイントを獲得できます。SPGアメックスの公式HPからご入会するより、7,000ポイント分もお得です。SPGアメックスをお持ちでない方は、ぜひこちらの記事もご参照ください。

 

==>次の記事

ヒルトンハワイアンビレッジ:チェックイン時の当日アップグレードでレインボータワーのオーシャンフロントへ!

 

<==前の記事

モアナサーフライダー:クラブラウンジの料金から朝食、カクテルタイムまで徹底レポート!<ハワイ旅行記2017>

 

<全体の目次、記事一覧>

ハワイ旅行記2017(夏休み編):全体の目次、記事一覧はこちら!

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事