陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!


< 旅好き&陸マイラー注目記事! >

SPGアメックスとANAマイルで格安で豪華なハワイ旅行を実現!

アメックスゴールドが年会費無料&30,000ボーナスポイント!

見逃し厳禁!ポイントサイトの入会特典ランキング!

スポンサーリンク

ロイヤルハワイアン:パラソル&ビーチチェアの予約、オススメの場所は?<SPG>

f:id:pipinobu:20170829141351j:plain

 

ロイヤルハワイアン:パラソル&ビーチチェアの予約、オススメの場所は?<SPG>

今回は、ロイヤルハワイアン(The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort, Waikiki)のパラソル&ビーチチェアをご紹介したいと思います。ロイヤルハワイアンでは、ロイヤルハワイアン正面のビーチエリアで、パラソル&ビーチチェアを有料で提供しています。これは、宿泊者のみが利用できるサービスで、価格は1日40ドルとなっています。Webでの事前予約も可能です。ロイヤルハワイアンの中には、無料で利用できるプールもあるわけで、お金を出してまでパラソル&ビーチチェアを借りる必要があるの?、とお考えの方も多いと思います。そこで当記事では、ロイヤルハワイアンのパラソル&ビーチチェアの料金から予約方法、オススメの場所、利用レポートまで、詳しくご紹介していきたいと思います。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

ハワイ旅行2017のスケジュール

今回のハワイ旅行のスケジュールは以下になります。夏休みを利用したハワイ旅行で、時期としては7月下旬になります。ハワイ旅行としては典型的な4泊6日のスケジュールで、今回の記事はその2日目の様子になります。

 

<スケジュール概要>

  • 1日目:成田からホノルルに移動(NH182便)、シェラトンワイキキ宿泊
  • 2日目:ワイケレでのアウトレットショッピング、ロイヤルハワイアン宿泊 <=今ココ
  • 3日目:モアナサーフライダー宿泊
  • 4日目:ヒルトンハワイアンビレッジ宿泊
  • 5日目:ホノルルから成田に移動(NH183便)
  • 6日目:成田に到着

 

今回のハワイ旅行のテーマは「SPGアメックスとANAマイルで行く低コストで豪華なハワイ旅行」です。夫婦でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円だけの現金持ち出しだけで実現しています。詳細についてはこちらご参照ください。

 

ロイヤルハワイアンとは

ロイヤルハワイアン(The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort, Waikiki)はハワイを代表する高級ホテルのひとつです。1927年開業のハワイの老舗ホテルであり、ピンクパレスという愛称でも親しまれています。

 

ハワイを代表するホテルは?と聞かれれば、ロイヤルハワイアンをあげる方も多いのではないでしょうか?それほど、超有名かつハワイを代表するホテルです。そして、高級ホテルとして宿泊料金も高額であり、おいそれと泊まることができない、憧れのホテルでもあります。

 

ロイヤルハワイアンの周辺地図はこちらになります。

 

ロイヤルハワイアンは、ワイキキエリアの中心に位置する、絶好のロケーションです。ビーチフロントのホテルですので、もちろんビーチへのアクセスは抜群ですし、DFS(Tギャラリア)やロイヤルハワイアンセンターなどにも近くにあります。ビーチ派にも、ショッピング派にも、最高のホテルのひとつと言えます。

 

ロイヤルハワイアン:宿泊の経緯

今回、ロイヤルハワイアンには、SPGアメックスのスターポイントを利用して無料宿泊しました。予約した客室のカテゴリーは「ヒストリックルーム」で、利用したスターポイントは「20,000ポイント」でした。

 

私はSPGアメックスというクレジットカードを保有しており、このクレジットカードの特典で、SPG(スターウッドの会員制度)のゴールド会員の資格を保有しています。

 

SPGのゴールド会員の場合、チェックイン当日の空室状況により、客室のアップグレードを受けることができるという特典があります。

 

今回のロイヤルハワイアンは、なんと「ヒストリックルーム」から「ジュニアスイート」への超絶アップグレードに成功しました!

 

 

憧れのロイヤルハワイアンで、しかも、ジュニアスイートに宿泊できるなんて夢のようです。

 

この、当日アップグレードの様子や、ジュニアスイートのお部屋のレポートなどの詳細は、こちらの記事で詳しくまとめております。合わせてご参照ください。

 

また、ロイヤルハワイアン宿泊者限定のプールである「マルラニ・プール」の様子についてはこちらの記事で詳しくご紹介しております。合わせてご参照ください。

 

ロイヤルハワイアン:パラソル&ビーチチェアとは

ロイヤルハワイアンでは、ロイヤルハワイアン正面のビーチエリアで、パラソル&ビーチチェアを有料で提供しています。これは、宿泊者のみが利用できるサービスです。

 

イメージはこんな感じです。ワイキキビーチを訪れたことがある方なら、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?ロイヤルハワイアンの正面のロープで区切られたプライベートなビーチエリアに、ピンクのパラソルがずらずらっと並んでいます。今回ご紹介するのは、こちらのパラソル&ビーチチェアになります。

f:id:pipinobu:20170829141351j:plain

 

こちらのパラソル&ビーチチェアは有料で、利用を希望する1年前から予約することが可能です。値段は、ビーチチェア2脚とパラソルのセットで、1日40ドルとなっています。

 

<有料パラソル&ビーチチェアの概要>

  • 料金:ビーチチェア2脚とパラソルのセットで、1日40ドル
  • 予約:利用を希望する1年前から予約可能

 

スポンサードリンク

 

 

ロイヤルハワイアン:パラソル&ビーチチェアの予約方法

ロイヤルハワイの「パラソル&ビーチチェア」はこちらのWebサイトから予約することができます。

 

<ロイヤルハワイアン:プール&ビーチサービス>

Begin and End Date. | The Royal Hawaiian

 

上記Webサイトにアクセスすると、こちらの画面のように、利用を希望する日程を入力することができます。

f:id:pipinobu:20170829142236j:plain

 

試しに、当記事執筆時点(2017年8月29日)から約2週間後の、2017年9月16日の状況を確認してみましょう。

 

日付を入れて「Check Availability」ボタンを押すと、以下のような画面が表示されます。パラソルの画像のうち、ピンクのものが「予約済み」、グリーンのものが「予約可能」のものになります。

f:id:pipinobu:20170829142239j:plain

 

9月中旬というのはローシーズンですが、それでも、2週間前の予約では、半分位が予約済みであることがわかりますね。結構人気があることがわかります。

 

ですので、こちらのパラソル&ビーチチェアを利用したい場合は、日程が決まったら、早めに予約することがオススメです。

 

ただし、この際、予約時にクレジットカードによる全額デポジットが必要で、48時間前からはキャンセルしても全額の支払いが必要になります。

 

また、48時間以上前にキャンセルした場合でも7%のサービスチャージが差し引かれますので注意が必要です。

 

一旦予約すると、キャンセルの際、すくなくとも7%の手数料が必要になりますので、予約する際は日程など間違えないよう、慎重に行いましょう。

 

<予約のルール>

  • オンラインでの事前予約をご希望の場合には、ご利用希望日の24時間前まで承っておりますが、空きがある場合には当日デスクでのご予約も可能です。
  • ご予約は、プールエリアの管理を行うロイヤル ハワイアン・ビーチ・サービスまでメールにてご連絡ください。プール&ビーチサービス専用のウェブサイト(英語のみ)のフォームにてご予約も可能です。
  • こちらのフォームは英語(半角英数字)のみご入力いただけます。全角文字をご入力の場合文字化けする可能性がございますので、ご注意ください。
  • ご予約の確約に関しては、48時間以内にスタッフが返答いたします。その際にはデポジットとして料金を全額お支払いいただきます。

 

<キャンセルポリシー>

  • 変更・キャンセルの場合には、ご利用予定日の48時間前より全額がキャンセル料としてかかります。キャンセルの通知なく当日お越しにならなかった場合にも、料金の全額を加算させていただきます。
  • 48時間以上前にキャンセルの場合には、7%のサービスチャージを引いた額を返金させていただきます。
  • プールサイド・カバナやビーチチェアの位置は先着順となっており、ご希望に沿えない場合がございますので予めご了承ください。
  • また、ご利用予定日に悪天候によりビーチやプールが閉鎖する場合には、無料にてご予約日の変更が可能です。ご質問がございましたら、royalhawaiian@umbrella-finder.comまでメールにてお問い合わせください。

 

予約ルールおよびキャンセルポリシーの詳細はこちらでご確認ください。

ロイヤルハワイアンホテル - マルラニ・プール

 

ロイヤルハワイアン:パラソル&ビーチチェアのオススメの場所

前述のとおり、ロイヤルハワイアンの「パラソル&ビーチチェア」はWebサイトから空席状況に応じて、好きな場所を予約することができます。

 

この時悩むのが、

 

「じゃあ、どこを予約すればよいのか?」

 

という点です。

 

私は、実際に現地に行って確かめてきましたので、ここでご報告したいと思います。

 

これは、私の完全な個人的な見解ですが、オススメの場所は、以下の画像で、赤枠で囲ったあたりのエリアです。座席番号(飛行機みたいですが、笑)でいうと、「A-25からA-35ぐらいまで」のエリアです。

f:id:pipinobu:20170829144801j:plain

 

なぜなら、「A-25からA-35ぐらいまで」のエリアであれば、前方に遮るものが何もないからです。

 

具体的に見ていきましょう。

 

こちらは、ロイヤルハワイアン前方のビーチエリアを上から見た画像です。こちらをみていただくとわかるように、左前方には、別の会社のパラソル(白色のもの)が前方を遮っています。また、写真には写っていませんが、同じように、一番右端前方にも、別の会社のパラソルが陣取っています。

f:id:pipinobu:20170829144807j:plain

 

このように、左前方と右前方のビーチパラソルに視界を邪魔されないポジションが「A-25からA-35ぐらいまで」のエリアとなります。

 

ですので、私の個人的な見解としては、「A-25からA-35ぐらいまで」のエリアがオススメとなります。

 

スポンサードリンク

 

 

ロイヤルハワイアン:パラソル&ビーチチェアをレポート

前置きが長くなりましたが、ここでは私が実際にロイヤルハワイアンのパラソル&ビーチチェアを利用してみたレポートをお送りしたいと思います。

 

私自身は、ロイヤルハワイアン宿泊日の2週間ほど前に「A-30」ポジションの「パラソル&ビーチチェア」を、前述のWebサイトを利用して予約しました。予約後の確認画面はこちらになります。

f:id:pipinobu:20170829150323p:plain

 

予約が終了すると、同様の内容がメールで送られてきますので、できればそれを印刷して、現地に持っていきましょう。

 

現地の係の方に、メールのコピーを渡すと、「OK、OK」みたいな感じで、「パラソル&ビーチチェア」の設営をしてくださいます。

f:id:pipinobu:20170829150743j:plain

 

5分ほど待っていると、このような形で、「パラソル&ビーチチェア」の設営が完了します。「パラソル&ビーチチェア」の他に、真ん中に小さなテーブルも設置してくださいます。また、バスタオルも丁寧に敷いてくださいます。

f:id:pipinobu:20170829150748j:plain

 

前方から写真を撮るとこんな感じです。ロイヤルハワイアンをバックに、ピンクのパラソルが、とっても映えますね。

f:id:pipinobu:20170829150752j:plain

 

また、パラソルってちゃんと日陰になるのか、ご心配の方も多いと思いますが、こちらの写真をみていただくとわかりように、意外としっかりとした日陰ができていることがわかります。

 

それでは、実際にビーチチェアに座ってみましょう。今回は「A-30」のポジションにしましたが、計算どおり、左前方のビーチパラソルのエリアを避けるような形で、前方の視界が開けています。何も遮るものがないダイヤモンドヘッドを鑑賞できますね。いかにもハワイな、ハワイ感200%の絶景です。

f:id:pipinobu:20170829150758j:plain

 

この時は午前中だったので、まだ「パラソル&ビーチチェア」の利用者は少ないようで、左右とも空いている状態でした。ですが、午後になると、両側ともに人がいらっしゃって、満席の状態になっていました。

f:id:pipinobu:20170829150823j:plain

 

ロイヤルハワイアン:パラソル&ビーチチェアを利用してみた感想

今回、ロイヤルハワイアンの「パラソル&ビーチチェア」を有料で利用してみたのですが、感想としては、

 

大、大、大満足!

 

です(笑)。

 

正直、ロイヤルハワイアンの宿泊者限定というプライベートエリア、かつ、ワイキキビーチど真ん中、というロケーションを考えれば、1日40ドルというのは、かなりお得な価格設定です。

 

1日単位の設定なので、朝8時ごろから夜7時ごろ(基本、明るい時間帯は使える)まで時間たっぷり使えますし、しかも、2人まで利用できますので、ひとりあたり20ドルです。安すぎます。

f:id:pipinobu:20170829151541j:plain

 

ロイヤルハワイアン:パラソル&ビーチチェア、オススメの場所は?のまとめ

今回は、ロイヤルハワイアン(The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort, Waikiki)のパラソル&ビーチチェアをご紹介させていただきました。前述のとおり、このロケーション、この内容で、2人まで利用できて1日40ドルというのは、かなりお得な価格設定です。ハワイ感を200%感じることができて、大満足な内容でした。ロイヤルハワイアンにご宿泊の方は、ぜひ一度ご利用されることをオススメします。

 

今回のロイヤルハワイワンの宿泊は、SPGアメックスで貯めたスターポイントを使って無料宿泊しました。SPGアメックスを持つまでは、憧れであったロイヤルハワイアンに宿泊し、ピンクのパラソルの下でくつろぐことなど、想像もしなかったことです。

 

SPGアメックスについては、特典からメリット・デメリット、お得な入会方法まで、こちらの記事で詳しくご紹介しております。記事の中でもご説明していますが、SPGアメックスでは、現在、入会紹介キャンペーンを実施しています。私からの紹介でのご入会で17,000ポイントを獲得できます。SPGアメックスの公式HPからご入会するより、7,000ポイント分もお得です。SPGアメックスをお持ちでない方は、ぜひこちらの記事もご参照ください。

 

==>次の記事

ヤードハウス ハワイのハッピーアワー:メニューと値段、時間をレポート!<ハワイ旅行記2017>

 

<==前の記事

ロイヤルハワイアンのプール:宿泊者限定のマルラニ・プールを利用レポート!<ハワイ旅行記2017>

 

<全体の目次、記事一覧>

ハワイ旅行記2017(夏休み編):全体の目次、記事一覧はこちら!

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事