陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!

スポンサーリンク


<旅好き&陸マイラー注目記事!>

SPGアメックスとANAマイルで格安で豪華なハワイ旅行を実現!

シェラトンワイキキ:クラブラウンジを徹底レポート!朝食からカクテルタイムまで!<SPG>

f:id:pipinobu:20170817145756j:plain

 

シェラトンワイキキ:クラブラウンジを徹底レポート!朝食からカクテルタイムまで!<SPG>

今回は、シェラトンワイキキ(Sheraton Waikiki)のクラブラウンジ(シェラトン・クラブ・ラウンジ、レアヒ・クラブ・ラウンジ)を徹底レポートします。シェラトンワイキキのクラブラウンジは、クラブフロア宿泊者、スイートルーム宿泊者、もしくは、SPGプラチナ会員のみが利用できる特別なラウンジです。ホテルの30階に位置しており、クラブラウンジからはワイキキビーチの絶景を楽しむことができます。特に、高層階から望むハワイの夕日は格別です。当記事では、シェラトンワイキキのクラブラウンジの利用資格、料金から、朝食、ティータイム、カクテルタイムの実際の様子まで、まるまるっと、まとめてご紹介します。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

ハワイ旅行2017のスケジュール

今回のハワイ旅行のスケジュールは以下になります。夏休みを利用したハワイ旅行で、時期としては7月下旬になります。ハワイ旅行としては典型的な4泊6日のスケジュールで、今回の記事はその1日目の様子になります。

 

<スケジュール概要>

  • 1日目:成田からホノルルに移動(NH182便)、シェラトンワイキキ宿泊 <=今ココ
  • 2日目:ワイケレでのアウトレットショッピング、ロイヤルハワイアン宿泊
  • 3日目:モアナサーフライダー宿泊
  • 4日目:ヒルトンハワイアンビレッジ宿泊
  • 5日目:ホノルルから成田に移動(NH183便)
  • 6日目:成田に到着

 

今回のハワイ旅行のテーマは「SPGアメックスとANAマイルで行く低コストで豪華なハワイ旅行」です。夫婦でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円だけの現金持ち出しだけで実現しています。詳細についてはこちらご参照ください。

 

シェラトンワイキキとは

シェラトンワイキキはその名前のとおり、シェラトン・ブランドのホテルです。ワイキキビーチの中心に位置しており、1,636室の客室を誇るオーシャンフロントの大型リゾート・ホテルです。

 

シェラトンワイキキの周辺地図はこちらになります。こちらの地図を見るとわかるように、ワイキキビーチ沿いに立つ、オンザビーチの絶好のロケーションのホテルです。

 

 

シェラトンワイキキ:予約したお部屋とアップグレードの経緯

スターポイントを使ってクラブマウンテンビューを予約

シェラトンワイキキには、SPGアメックスのスターポイントを利用して無料宿泊しました。予約した客室のカテゴリーは「クラブマウンテンビュー」で、利用したスターポイントは「26,750ポイント」でした。

 

クラブマウンテンビューというのは、マウンテンビューの高層階に位置するお部屋で、クラブルームです。クラブルームの場合、クラブラウンジへのアクセス権が付いてくるので、その魅力に惹かれてこの部屋を選択しました。

 

スタンダードルームである「マウンテンビュー」の場合も、無料宿泊には25,000ポイント必要ですので、1,750ポイントの追加で、夫婦二人そろってクラブラウンジを利用できるのはお得だと思いますね。

 

デラックスオーシャンフロントにアップグレード

一方、私はSPGアメックスの特典で、SPG(スターウッドの会員制度)のゴールド会員の資格を保有しています。

 

SPGのゴールド会員の場合、チェックイン当日の空室状況により、客室のアップグレードを受けることができるという特典があります。

 

今回のシェラトンワイキキでは、なんと「クラブマウンテンビュー」から「デラックスオーシャンフロント」への超絶アップグレードに成功しました!

 

しかも、もともと予約した部屋についていたクラブラウンジへのアクセス権もそのままスライドしていただいたので、実質的には「クラブオーシャンフロント」へのアップグレードに成功したということになります。

 

よってもって、今回、デラックスオーシャンフロントのお部屋に宿泊しながら、クラブルームを利用できるということになりました。

 

予約していたお部屋と当日アップグレードの詳細、および、シェラトンワイキキのデラックスオーシャンフロントのお部屋の宿泊記はこちらになります。合わせてご参照ください。

 

シェラトンワイキキ:クラブラウンジとは

クラブラウンジの利用資格

シェラトンワイキキのクラブラウンジは、クラブルーム宿泊者、スイートルーム宿泊者、もしくは、SPGプラチナ会員のみが利用できる特別なラウンジです。「レアヒ・クラブ・ラウンジ」という名前で呼ばれています。こちらのクラブラウンジは、シェラトンワイキキ内の30階に位置しており、高層階からの眺めが特徴となっています。

 

<利用資格者>

  • クラブルーム宿泊者
  • スイートルーム宿泊者
  • SPGプラチナ会員

 

クラブラウンジの利用料金

また、利用資格者以外の場合でも、チェックインの際に有料でクラブラウンジのアクセス権をつけることもできます。この場合の料金は、1部屋につき1日125ドルとなります。1部屋で大人2名、子供2名まで利用できます。

 

<有料での利用料金>

  • 1部屋につき1日125ドル。1部屋で大人2名、子供2名まで利用

 

利用対象者には、チェックインの際に、以下のようなクラブラウンジの利用ガイドが提供されます。

f:id:pipinobu:20170817144303j:plain

 

サービス内容としては以下になります。通常時間帯はソフトドリンクのみの提供となりますが、朝食と軽食(カクテルタイム)の時間帯には料理と追加のドリンクが提供されています。カクテルタイムには、ビールやワインなどのアルコールの提供もあります。

 

<営業時間>

  • 全体:6:00AM-8:00PM
  • 朝食:6:00AM-10:00AM
  • 軽食:4:00PM-8:00PM

 

<朝食: 6:00AM-10:00AM>

  • コンチネンタル・ブレックファースト
  • フレッシュ・フルーツ
  • ペイストリー各種
  • ジュース、コーヒー、エスプレッソ

 

<軽食: 4:00PM-8:00PM> <=カクテルタイム

  • チーズとパン
  • 前菜
  • ビール、ワイン

 

シェラトンワイキキのクラブラウンジの詳細については、こちら公式HPもご参照ください。

シェラトン・ワイキキ・ホテル - シェラトン・クラブ・ラウンジ 「レアヒ・クラブ・ラウンジ」

 

スポンサードリンク

 

 

シェラトンワイキキ:クラブラウンジの雰囲気

クラブラウンジの行き方

シェラトンワイキキのクラブラウンジは前述のとおり、30階にあります。ですので、まずは30階に移動します。

f:id:pipinobu:20170817145709j:plain

 

30階に移動すると、クラブラウンジへの案内板がありますので、そちらに沿って移動します。写真の「Leahi Club Lounge(レアヒ・クラブ・ラウンジ)」というのが、目指すラウンジですね。

f:id:pipinobu:20170817145713j:plain

 

クラブラウンジの入り方

クラブラウンジの入り口はこんな感じです。入り口自体には係の方はおらず、部屋のキーを利用して、そのまま中に入るシステムです。

f:id:pipinobu:20170817145719j:plain

 

ただし、ラウンジの中にはレセプションがあり、そちらで名前と部屋番号を伝えて、クラブラウンジへのアクセス権を再度確認する形になります。この廊下のちょっと先に、クラブラウンジの中のレセプションがあります。

f:id:pipinobu:20170817145728j:plain

 

クラブラウンジの雰囲気

クラブラウンジの中の様子はこんな感じです。まず、第一印象としては、とても広いということです。こちらの写真を見ていただくとわかりますが、椅子とテーブルがずらずらっと並んでおり、かなりの広さがあることがわかると思います。

f:id:pipinobu:20170817145720j:plain

f:id:pipinobu:20170817145749j:plain

 

ラウンジの奥の方には、テレビや新聞、雑誌などの用意もあります。

f:id:pipinobu:20170817145801j:plain

 

クラブラウンジからの景色(昼間)

そして、こちらのラウンジの特徴として特筆すべきは、景色の良さです。

 

シェラトンワイキキ自体が、ワイキキビーチの中心、しかも、オンザビーチのホテルとして、最高のロケーションを誇っているわけですが、クラブラウンジは、その30階に位置してます。したがって、クラブラウンジからは、素晴らしい景色が楽しめます。

 

こちらが、ダイヤモンドヘッド側の景色です。どうですか?絶景ですよね。何も遮るもののない、いかにもハワイな景色を楽しむことができます。部屋からの景色も素晴らしかったですが、視点が一段上がるので、より遠くまで見渡すことができるイメージです。

f:id:pipinobu:20170817145816j:plain

f:id:pipinobu:20170817150918j:plain

 

そしてこちらが反対側、アラモアナ側の景色です。こちらは、いくつかのホテルがビューを遮っている感はありますが、それでもとても綺麗です。こちらは、方角としては西側なので、夕日が綺麗そうです。

f:id:pipinobu:20170817152002j:plain

 

シェラトンワイキキ:通常時間帯の様子

それでは、まずは朝食と軽食(カクテルタイム)の間の、通常の時間帯(朝10時から午後4時まで)の様子をご紹介します。

 

我々は、こんな感じの窓側のソファー席に陣取ることにしました。

f:id:pipinobu:20170817145756j:plain

 

クラブラウンジの中には、こんな感じのビュッフェテーブルが用意されていて、時間帯に合わせて、こちらにドリンクや食事を並べるシステムになっています。

f:id:pipinobu:20170817145822j:plain

 

ドリンクの品揃え(通常時間帯)

通常の時間帯で提供されているのは、ソフトドリンクのみです。

 

こちらの写真は、オレンジジュースとマンゴージュースとお水。あと、海外のラウンジによくある、まるごとフルーツ(カットされていないフルーツ)です。紅茶などのティーパックの用意もあります。

f:id:pipinobu:20170817152638j:plain

 

こちらは、コーヒーメーカー。

f:id:pipinobu:20170817152633j:plain

 

あとは、お水のボトルと炭酸ドリンクが冷蔵庫に用意されていました。

f:id:pipinobu:20170817152839j:plain

 

ですので、通常の時間帯は、景色を楽しみながら、コーヒーや紅茶、ソフトドリンクでちょっと一息、といった感じの使い方になりそうですね。

 

スポンサードリンク

 

 

シェラトンワイキキ:クラブラウンジのカクテルタイムの様子

続いては、お待ちかねのカクテルタイムです。時間としては、午後4時から午後8時までとなります。

 

クラブラウンジからの景色(夕方)

カクテルタイムで素晴らしいのが、なんといっても夕日です。ハワイの夕日はその綺麗さで有名ですが、こちらのラウンジでは、沈みゆく夕日をじっくり鑑賞することができます。

 

だんだんと、沈みゆく夕日をごらんください。とても綺麗ですよね。圧巻でした。

f:id:pipinobu:20170817153115j:plain

f:id:pipinobu:20170817153121j:plain

f:id:pipinobu:20170817153343j:plain

 

ドリンクの品揃え(カクテルタイム)

カクテルタイムになると、クラブラウンジにはアルコールが登場します。もちろん、飲み放題です。こちらは、ワインですね、赤ワインが1種類、白ワインが2種類用意されていました。

f:id:pipinobu:20170817153558j:plain

 

こちらは、缶ビールと炭酸などなど。

f:id:pipinobu:20170817153602j:plain

 

ビールに関しては、ビールサーバーも用意されています。こちらの写真の真ん中の蛇口がカクテルタイムになるとビールサーバーになります。銘柄はちょっとチェックし忘れました・・。右側はワインのサーバーになるのですが、こちらは有料のものです。なので、誰も利用していませんでしたね。

f:id:pipinobu:20170817153639j:plain

 

食事の品揃え(カクテルタイム)

カクテルタイムになると、食事も提供されます。まずは前菜ということで、こちらはサラダ。

f:id:pipinobu:20170817154421j:plain

 

こちらはチーズ。たくさんの種類がありますね。

f:id:pipinobu:20170817154401j:plain

 

続いてはホットミール。光で飛んでしまっていますが、左側が揚げ春巻き、右側が枝豆です。

f:id:pipinobu:20170817154405j:plain

 

こちらは、ボイルされた野菜。

f:id:pipinobu:20170817154410j:plain

 

こちらは、チャパタっぽいパンですね。熱々でした。

f:id:pipinobu:20170817154731j:plain

 

あとは、ポテトチップスやクッキーなどなど。

f:id:pipinobu:20170817154416j:plain

f:id:pipinobu:20170817154426j:plain

 

カクテルタイムでいただいたもの

そんなこんなで、ビールサーバーからビールをいただきました。素晴らしい夕日を眺めながら、ビールで乾杯。最高です。

f:id:pipinobu:20170817153500j:plain

 

この後も、夕日を見ながら、ひたすらビールをいただきました。ハワイで飲むビールは格別ですからね。

 

料理の方は、ビールに合わせて、ちょこちょこといった感じです。

f:id:pipinobu:20170817161610j:plain

f:id:pipinobu:20170817161619j:plain

 

カクテルタイムを利用した感想

カクテルタイムで提供されている食事は、基本は、アルコールと一緒に楽しむような軽食の扱いです。ですので、がっつりお腹を満たすという感じではなかったですね。ハワイには美味しいお店がたくさんありますので、ディナーの前に、夕日を楽しみながら、小腹を満たしながらアルコールを楽しむ、というのが正しい使い方かもしれません。

 

スポンサードリンク

 

 

シェラトンワイキキ:クラブラウンジの朝食の様子

最後はクラブラウンジでの朝食の様子です。時間帯としては、朝6時から10時までです。

ドリンクの品揃え(朝食)

朝食の時間帯ではソフトドリンクのみの提供となりますので、ドリンクの品揃えとしては通常時間帯と同じになります。ただ、場所の配置がちょっと変わっていました。こんな感じで、窓側に移動。

f:id:pipinobu:20170817160102j:plain

 

あと、コーヒーは、コーヒーメーカーだけでなく、待ち時間なくすぐにいただけるように、ポットに入ったものも用意されていました。コーヒーに関しては紙コップも用意されており、ラウンジの外にも持ち出せるようになっていましたね。

f:id:pipinobu:20170817160114j:plain

 

食事の品揃え(朝食)

続いては、食事の品揃えです。こちらは、朝食の定番であるシリアル。

f:id:pipinobu:20170817160149j:plain

 

こちらも朝食の定番であるヨーグルト。たくさんあります。

f:id:pipinobu:20170817160159j:plain

 

こちらも朝食の定番である、スクランブルエッグ。

f:id:pipinobu:20170817160210j:plain

 

ソーセージもありますよ。一方で、かりかりベーコンはありませんでしたね。絶対あると思ったんですが・・。

f:id:pipinobu:20170817160154j:plain

 

こちらは、フルーツ。スイカやパイナップル。

f:id:pipinobu:20170817160206j:plain

 

パンは、クロワッサンや食事パンの他に、ベーグルの種類が多かったのが特徴的でした。

f:id:pipinobu:20170817160908j:plain

f:id:pipinobu:20170817160203j:plain

 

朝食でいただいたもの

そんなこんなで、いただいたものはこちらになります。ホテルの正しい朝食といった感じです。

f:id:pipinobu:20170817160208j:plain

f:id:pipinobu:20170817160216j:plain

 

朝食を利用した感想

用意されているのは、コンチネンタル・ブレックファーストなので、品数豊富というわけではありません。朝食として必要十分なもの、というイメージでした。朝6時からということで、なかなかの早朝オープンなので、午前中のツアーを入れている場合などにも、使い勝手が良さそうです。逆に、朝からゆっくりできる場合は、ハワイにはおいしい朝食レストランがたくさんありますので、そちらを優先しても良いかと思いました。

 

シェラトンワイキキ:クラブラウンジを徹底レポート!まとめ

今回は、シェラトンワイキキのクラブラウンジをレポートしました。シェラトンワイキキのクラブラウンジは、ホテルの30階に位置しており、高層階ならではの絶景を楽しむことができるのが特徴です。カクテルタイム、朝食ともに、料理の品揃えは特筆すべきものはありませんでしたが、その眺望、とりわけ夕日の素晴らしさとカクテルタイムのアルコール飲み放題を考えると、トータルとしてはとても満足できるものでした。利用料金は125ドルと高額ですので、スターポイントを利用した宿泊で、クラブラウンジへのアクセスをつけるというのが一番オススメです。

 

私が今回ご紹介したような、豪華で快適なホテル滞在を楽しめるのは、全てSPGアメックスのおかげです。SPGアメックスを持つまでは、想像だにしなかったことです。

 

SPGアメックスについては、特典からメリット・デメリット、お得な入会方法まで、こちらの記事で詳しくご紹介しております。記事の中でもご説明していますが、SPGアメックスでは、現在、入会紹介キャンペーンを実施しています。私からの紹介でのご入会で17,000ポイントを獲得できます。SPGアメックスの公式HPからご入会するより、7,000ポイント分もお得です。SPGアメックスをお持ちでない方は、ぜひこちらの記事もご参照ください。

 

 

==>次の記事

ステーキシャックのプレートランチは値段も安くてロケーションも最高!<ハワイ旅行記2017> 

 

<==前の記事

シェラトンワイキキ宿泊記:SPGアメックスでデラックスオーシャンフロントにアップグレード!<ハワイ旅行記2017>

 

<全体の目次、記事一覧>

ハワイ旅行記2017(夏休み編):全体の目次、記事一覧はこちら!

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事