陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!


< 旅好き&陸マイラー注目記事! >

SPGアメックスとANAマイルで格安で豪華なハワイ旅行を実現!

アメックスゴールドが年会費無料&30,000ボーナスポイント!

ポイントサイトの入会はここからがお得!入会特典ランキング!

スポンサーリンク

ハワイでUber(ウーバー)の料金は?安くて早くて利便性抜群!<ハワイ旅行記2017>

f:id:pipinobu:20170930104719j:plain

 

ハワイでUber(ウーバー)の料金は?安くて早くて利便性抜群!<ハワイ旅行記2017>

 

今回は、ハワイでUber(ウーバー)を利用してみましたので、そのルートと料金についてレポートしたいと思います。Uber(ウーバー)は日本国内では、東京都内での利用に制限されており、いまいち浸透していかない感があります。ただし、世界的に見れば、多くの都市で利用可能となっており、今回の旅行先であるハワイでも利用することができます。ハワイでは、Uber(ウーバー)はかなり浸透している感があり、アプリを開くと、たくさんの登録車が走っていることがわかります。実際、オーダーしてみても、数分で希望の場所まで配車され、非常に利便性は高いです。コスト的にもタクシーよりもリーズナブルですので、歩くにはちょっと厳しいかな、という短距離移動でUber(ウーバー)を利用すると、体力と時間の節約にもなりますし、なにより、行動範囲がぐっと広がります。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

ハワイ旅行2017のスケジュール

今回のハワイ旅行のスケジュールは以下になります。夏休みを利用したハワイ旅行で、時期としては7月下旬になります。ハワイ旅行としては典型的な4泊6日のスケジュールで、今回の記事はその4日目の様子になります。

 

<スケジュール概要>

  • 1日目:成田からホノルルに移動(NH182便)、シェラトンワイキキ宿泊
  • 2日目:ワイケレでのアウトレットショッピング、ロイヤルハワイアン宿泊 
  • 3日目:モアナサーフライダー宿泊
  • 4日目:ヒルトンハワイアンビレッジ宿泊 <=今ココ
  • 5日目:ホノルルから成田に移動(NH183便)
  • 6日目:成田に到着

 

今回のハワイ旅行のテーマは「SPGアメックスとANAマイルで行く低コストで豪華なハワイ旅行」です。夫婦でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円だけの現金持ち出しだけで実現しています。詳細についてはこちらご参照ください。

 

Uber(ウーバー)とは

Uber(ウーバー)は、次世代のタクシー配車サービスです。全世界でサービスを展開しています。日本ではタクシー規制が厳しいため、現在は東京都内でのみサービスを提供となっていますが世界の多くの都市で利用することが可能です。

 

今回の旅行先である「ハワイ」でも利用することが可能です。

 

一般的に、タクシーよりも手軽な料金と、アプリを使った利便性の高さで人気となっています。

 

Uber(ウーバー)を海外で利用するメリット

私は、海外旅行で、ちょくちょくUber(ウーバー)を利用しております。海外旅行でUber(ウーバー)を利用するメリットは、なんといってもその利便性の高さが挙げられます。

 

日本と違って、海外では流しのタクシーが少ない、もしくは、存在しない場合が多いです。そのため、タクシーを利用する際は、ホテルなどタクシーが常駐しているようなスポットまで行くか、電話で呼ぶなどの対応が必要になります。

 

ホテルなどのスポットまで行く必要があるというのは、時間も労力も必要ですし、そもそも、中心部から離れたスポットの場合、近くにホテルがないという場合もあります。また、電話で呼ぶとなると日本語が通じない海外では、ハードルが非常に高いですよね。

 

その点、Uber(ウーバー)であれば、アプリで簡単に、好きな場所に配車することができるので、時間と労力を節約することができます。また、英語を話す必要もないため、心理的なハードルもとても低く、気楽に利用できます。

 

また、チップを支払う必要がないため、コスト的にも一般的なタクシーよりも安い場合が多くなります。

 

<海外旅行でUber(ウーバー)を利用するメリット>

  • アプリで好きなところに配車できる(時間と労力の節約
  • コストもタクシーに比べて安い(コストの節約
  • 英語ができなくても大丈夫(心理的なハードルの低下

 

上記のメリットから、Uber(ウーバー)を利用するようになると、海外旅行でタクシーを利用するハードルが下がります。

 

その結果、海外旅行中の行動範囲が広がるというのが、実は最大のメリットです。

 

アクセスが若干悪いという理由で躊躇していたような場所に、気軽に訪れることができるようになります。

 

Uber(ウーバー)を海外旅行で利用した実例

直近では、ゴールデンウィークのシドニー旅行中に、Uber(ウーバー)を何度も利用しました。

 

こちらは、シドニーの人気の観光スポットである、フィッシュマーケットとビルズへのアクセスにUber(ウーバー)を利用したレポートです。どちらも、モノレールや地下鉄など、公共の交通機関からちょっと離れた場所に位置していたため、Uber(ウーバー)の利用がとても便利でした。

 

こちらは、シドニー空港からシドニー市街へのアクセスにUber(ウーバー)を利用したレポートです。空港からの利用の場合、乗車場所が制限される場合もありますが、コスト的にはタクシーよりも安くなる場合が多くなります。

 

 

ハワイで利用できるUber(ウーバー)の種類

ハワイでは、いくつかの種類のUber(ウーバー)を利用可能です。代表的なものは以下の4種類です。

 

<Uber(ウーバー)の種類>

  • Uber X
  • Uber Black
  • Uber SUV
  • Uber LUX

 

f:id:pipinobu:20170604232334p:plain

f:id:pipinobu:20170604232339p:plain

 

基本的に、「Uber X」が一番安い種類のものです。これは一般の方が、自分の自家用車を利用して、Uberのドライバーをしています。ですので、価格が安い反面、ドライバーのサービスや車のグレードに当たり外れがあります。

 

残りの、Uber Black、Uber SUV、Uber LUX、に関しては、ハイヤーの配車になりますので、ドライバーもプロですし、車もハイグレードのものです。そのため、価格もUber Xに比べて、かなり高額になります。その分、サービスは安心できます。

 

以上から、海外旅行でちょっとした距離の移動を目的として利用し、かつ、コスト的にも抑えたい場合は「Uber X」を選択するのがオススメです。

 

豪華な気分を味わいたい場合は、「Uber Black」などを選択しましょう。

 

スポンサードリンク

 

 

ハワイでUber(ウーバー)を利用してみたルートと料金

今回のハワイ旅行では、Uber(ウーバー)を2回利用してみました。

 

Uber(ウーバー)利用ルート①:「モアナサーフライダー」から「ヒルトンハワイアンビレッジ」

1回目は、ハワイ旅行3日目に利用していた「モアナサーフライダー」から、4日目に利用した「ヒルトンハワイアンビレッジ」への移動に利用しました。

 

「ヒルトンハワイアンビレッジ」は、ワイキキエリアの中心部からはちょっと離れており、スーツケースを持ちながらの徒歩やバスでの移動は大変なので、Uber(ウーバー)を利用することにしました。

 

この時のルートと料金はこちらになります。ウーバー(Uber)の場合、利用後に実際の走行ルートが確認できるので、遠回りされていないか確認できるので安心です。ルートを見るとわかるように、距離はそこそこありますが、料金は「10.49ドル」ということで、なかなかリーズナブルであることがわかります。

f:id:pipinobu:20170930101158j:plain

 

タクシーの場合は、これに15%程度のチップと、トランク1個につき1ドル程度のチップを支払う必要がありますので、15ドルは超える感じになると思います。

 

ちなみに、車種は「Toyota Tacoma」という、トヨタのミニトラックでした。ホテル間の移動ということで、スーツケースが2つあったので、たくさん荷物が詰める車種でちょうどよかったです(笑)。

 

Uber(ウーバー)利用ルート②:「アラモアナショッピングセンター」から「バクナム」

2回目は、ショッピング途中の「アラモアナショッピングセンター」から、蟹カレーが有名なレストランである「バクナム」への移動に利用しました。

 

バクナムは、アラモアナエリアにあるのですが、「アラモアナショッピングセンター」ですと、徒歩15分ほどと、ちょっと離れたアクセスの悪い場所にあるため、Uber(ウーバー)を利用することにしました。

 

この時のルートと料金はこちらになります。距離が近いので、それに比例して、料金も「6.83ドル」と格安ですね。日本のタクシーで言えば、ワンメーターの感覚です。

f:id:pipinobu:20170930101904j:plain

 

この時の車種は「Nissan Versa」という、コンパクトカーでした。ちょっと狭目な感じでしたが、短距離ですし、車内は綺麗に清掃されていたので、不便に感じることはありませんでした。ドライバーさんも、ちょっとだけ日本語が喋れる方で、お土産にオススメのスーパーなども教えていただいたり、とても親切に対応してくださいました。

f:id:pipinobu:20170930102036j:plain

 

ハワイのUber(ウーバー)の料金(詳細)

Uber(ウーバー)の料金のメリットは、内訳が明確で、チップが必要ないところです。乗車後に送られてくる領収書には、以下の画像のように、料金に対する明細が添付されています。こちらの明細は、前述の「利用ルート①」のものです。

f:id:pipinobu:20170930101154j:plain

 

開始料金として、まず「2ドル」が加算され、その後、距離による加算で「3.79ドル」、時間による加算で「2.51ドル」、その他諸々加算されて、合計で「10.49ドル」という計算ですね。

 

支払いは、Uber(ウーバー)に事前に登録しておくクレジットカードで行われますので、完全にキャッシュレスです。チップの支払いは必要ありません。

 

Uber(ウーバー)の登録は日本で行なっておくのがオススメ

ここまでご紹介させていただいたとおり、Uber(ウーバー)は海外旅行で、とても便利、かつ、リーズナブルに利用することができます。

 

ただし、Uber(ウーバー)の利用には、携帯電話番号のSMS認証やクレジットカード番号の登録などが必要となります。ですので、海外旅行先で利用する場合も、日本で登録を済ませて置くことがオススメです。

 

Uber(ウーバー)は、初回登録に限り、1,500円オフのクーポンを配布しています。1500円オフのクーポンはこちらのリンクからの会員登録で獲得できます!ぜひご利用ください。

==> 初回利用で1,500円オフ

 

Uber(ウーバー)についての詳細はこちらの記事で詳しくご紹介していますので、合わせてご参照ください。

 

ハワイでUber(ウーバー)の料金は?安くて早くて利便性抜群!のまとめ

今回は、ハワイでUber(ウーバー)を利用してみたレポートをお送りしました。日本でUber(ウーバー)というと、高級なハイヤーというイメージですが、海外では、気軽でリーズナブルな移動手段として浸透している感があります。ハワイでも、Uber(ウーバー)には、たくさんの登録車があり、オーダーすると、数分で希望の場所まで配車されます。非常に利便性は高くコスト的にもタクシーよりもリーズナブルですので、利用しない手はないと思いますね。特に、歩くにはちょっと厳しいかな、という短距離移動でUber(ウーバー)の利用が、体力と時間の節約にもなりますし、なにより、行動範囲がぐっと広がりますので、オススメです。

 

==>次の記事

(準備中)

 

<==前の記事

ヒルトンハワイアンビレッジ:ダイヤモンド会員特典の内容と適用結果をレポート!

 

<全体の目次、記事一覧>

ハワイ旅行記2017(夏休み編):全体の目次、記事一覧はこちら!

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事