ANAのマイルで旅ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAのマイルで旅ブログ!

陸マイラーのピピノブが、飛行機に乗らずに貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、お得情報をどんどん発信していきます!

スポンサーリンク

ヒルトン東京お台場宿泊記:エグゼクティブルームにダイヤモンドステータスでアップグレードに成功!

f:id:pipinobu:20161204091041j:plain

 

ヒルトン東京お台場宿泊記:エグゼクティブルーム(エグゼクティブツイン)にダイヤモンドステータスで無償アップグレードに成功!

ヒルトン東京お台場に宿泊してきました。ヒルトン東京お台場はその名前のとおり、人気の観光地であるお台場に位置しています。私はSPGアメックスカードからの、わらしべ長者的なステータスマッチで、ヒルトンのダイヤモンドステータスを保有しています。せっかくのダイヤモンドステータスを活用すべく、今回から、ヒルトン東京お台場のホテル宿泊記と合わせて、ダイヤモンドステータスによる効果、メリットもレポートしたいと思います。今回は、ヒルトン東京お台場の宿泊記の第1弾として、チェックインからお部屋のアップグレード、お部屋の様子までをご紹介したいと思います。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

ヒルトンHオナーズのダイヤモンドステータスを手に入れた経緯

私はANAマイルを中心とした陸マイラー活動をしておりまして、その一環として、どのクレジットカードを使ったらお得にマイルを稼げるかという研究をしております。その中で、効率的にマイルを貯められる「SPGアメックスカード」というクレジットカードに注目しました。

 

「SPGアメックスカード」は、100円あたり1.25マイルを獲得できるとても優秀なクレジットカードですが、それ以外にも、SPGのゴールド会員資格や、2年目以降の無料宿泊(1泊)など、様々な特典も用意されています。

 

そんなこんなで、私自身のメインのクレジットカードにしようと「SPGアメックスカード」に入会しました。カードを発行した時は特に意識していなかったのですが、ヒルトンでは他のホテル会員資格からのステータスマッチというのを募集しています。

 

SPGアメックスカードにはSPGのゴールド会員資格が付いてくるので、せっかくなのでと応募してみたところ、ヒルトンのダイヤモンド会員資格をゲットできてしまいました。ヒルトン無宿泊の、なんちゃってダイヤモンド会員の完成です(笑)。

 

スポンサードリンク

 

 

ヒルトン東京お台場に宿泊した目的

今回、私がヒルトン東京お台場に宿泊した目的は、せっかく獲得したダイヤモンドステータス、その特典とメリットを味わい尽くそうという魂胆です。なので、主な目的は、エグゼクティブラウンジで呑んだくれることですね(笑)。東京在住(しかもお台場はすごく近所)なので、お台場に東京観光が目的ではないんです・・。

 

せっかくなので、東京近郊のヒルトンホテルを一通り巡ってみようと、ヒルトンのセールを利用して、東京近郊のヒルトンホテルの予約を既に実施していたりします。先日、その第1弾として、ヒルトン東京(名前がややこしいですが、こちらは新宿)の宿泊記をレポートさせていただきました。今回は、その第2弾です。


ちなみに、ヒルトンの直近のセール情報は以下になります。既に終了してしまっていますが、期間限定で40%オフになるお得なものでした。ヒルトンは年に数回セールを実施するので、お得な予約はセールを狙うといいですね。

 

スポンサードリンク

 

 

ヒルトン東京お台場とは

ヒルトン東京お台場はその名前のとおり、人気の観光地であるお台場に位置しています。最寄駅は、ゆりかもめ線台場駅です。駅直結で、雨でも濡れずにホテルに入ることができます。お台場海浜公園やデックス東京ビーチなどの商業施設もホテルからすぐであり、東京観光、お台場観光にとっても便利なロケーションになっています。

hiltonhotels.jp

 

ヒルトン東京お台場の周辺地図はこちらになります。

 

ヒルトン東京お台場宿泊記

さて、前置きが少々長くなりましたが、ここから、ヒルトン東京お台場の宿泊記をお送りします。チェックインの様子からお部屋の様子までご紹介していきます。

 

台場駅からホテルへの移動

ヒルトン東京お台場は、ゆりかもめ線の台場駅から直結しています。駅を降りると、以下のような案内板があるので、それに従って移動することで、迷わず到着できます。

f:id:pipinobu:20161204090844j:plain

f:id:pipinobu:20161204090847j:plain

 

歩道には屋根もあるので、雨が降っていても濡れる心配はありません。この時も小雨が降っていましたが、安心して移動できました。こちらが、ヒルトン東京お台場の入り口になります。

f:id:pipinobu:20161204090852j:plain

 

ロビーは天井が高く、明るく開放感のある空間になっています。なかなか良いですね。

f:id:pipinobu:20161204090856j:plain

 

チェックインでアップグレードにチャレンジ

こちらがチェックインカウンターです。アップグレードが成功するかどうか、ドキドキのタイミングです。事前に予約していたのは、一番料金の安かった普通のツインルーム(TWIN HILTONというカテゴリー)です。セール価格で、1泊12,600円でした。ちなみに、私たちがチェックインカウンターに伺った時間は、15:00ちょうどぐらいだったと思います。

f:id:pipinobu:20161204090900j:plain

 

事前にヒルトンアプリで確認したところ、同じカテゴリーの部屋しか選択できなかったので、そのまま何も選択せずに、チェックインに望んでいました・・。ヒルトンアプリの使い方については、こちらに詳しく記載しています。

 

そんな状態で、チェックインカウンターで予約状況を確認いただくと、なんと「エグゼグティブツイン」の部屋が空いているので、アップグレード可能ということでした。普通のツインルームから、エグゼグティブルームへのアップグレード成功です!ありがとうございます!!

 

エグゼグティブルームの様子

既に客室の準備ができているということだったので、さっそく部屋の方に移動しました。ちなみに、用意していただいたのは、9階のお部屋です。

f:id:pipinobu:20161204091053j:plain

 

部屋に入ると、どどーん、と湾岸ビューが広がっています。

f:id:pipinobu:20161204091041j:plain

 

この日は小雨模様だったので、ちょっと暗めの写真になってしまっていますが、客室からの景色は最高です。レインボーブリッジも真正面でよく見えますね。

f:id:pipinobu:20161204090903j:plain

f:id:pipinobu:20161204090910j:plain

 

部屋にはテラスが付いているので、テラスに出てみました。すると、お台場の商業施設やフジテレビなんかも一望できます。自由の女神も見えています。お台場観光には最適なロケーションですね。

f:id:pipinobu:20161204091059j:plain

 

窓際のテーブルには、生花も飾ってあり、高級感を醸し出しています。

f:id:pipinobu:20161204090907j:plain

 

前回のヒルトン東京では、ウェルカムギフトの用意がありませんでしたが、こちらのヒルトン東京お台場では、ちゃんとウェルカムギフトも用意されていました。お菓子(マドレーヌ)とグレープですね。ちょっとしたものでも、とっても嬉しいです。感激!

f:id:pipinobu:20161204090918j:plain

 

ベッドはこんな感じです。ツインのお部屋なので、ベッドも2つですね。

f:id:pipinobu:20161204091027j:plain

 

ベッドのサイドテーブルには、無料のミネラルウォーターが用意されていました。こちらはたぶん、ダイヤモンド会員向けの特典ですね。

f:id:pipinobu:20161204091032j:plain

 

こちらは、ベッド正面のテレビです。壁掛けの液晶テレビでおしゃれ感があります。

f:id:pipinobu:20161204091045j:plain

 

それでは、気になるバスルームの方に移動してみましょう。

客室とバスルームの間には、窓がついていて、バスルームから部屋を通過して外の景色を楽しむことができるようになっています。逆に言えば、客室からバスルームが見えてしまうということにもなりますが・・。

f:id:pipinobu:20161204090923j:plain

f:id:pipinobu:20161204090926j:plain

 

前回のヒルトン東京のエグゼグティブルームも、同じような作りになっていました。この辺の趣味はヒルトン共通なんでしょうか?(笑)

 

浴槽は、結構ゆったりした感じで、一人で入るには十分な大きさです。

f:id:pipinobu:20161204090930j:plain

 

 洗面台はシングルボール。タオルなどはたくさん準備がありました。

f:id:pipinobu:20161204090934j:plain

f:id:pipinobu:20161204090938j:plain

 

バスローブもちゃんと2つ用意がありました。かなり厚手のしっかりしたタイプです。ホテルによっては、バスローブの用意が1つしかなかったりして、後からリクエストするのがめんどくさかったりするのですが・・。さすが、日本のホテルはちゃんとしています。

f:id:pipinobu:20161204090943j:plain

 

アメニティは、全世界のヒルトンで共通の、ピータートーマスロスです。一通り揃っています。加えて、タイの高級ブランドであるTHANNのアメニティーも2種類あります。ギャッツビーの髭剃りアイテムなんかもヒルトン東京(新宿)には無かったものですね。お台場、好感度大です。

f:id:pipinobu:20161204091108j:plain

 

トイレは日本のホテルなので、ウォシュレット完備でした。安心ですね。

f:id:pipinobu:20161204090946j:plain

 

こちらは、客室内のバーコーナーの様子です。こちらにも無料のミネラルウォーターが用意されていますね。こちらのものは、ダイヤモンド会員特典ではなく、普通の用意だと思われます。

f:id:pipinobu:20161204090951j:plain

f:id:pipinobu:20161204090959j:plain

 

ヒルトン東京お台場のエグゼグティブルームには、ネスプレッソが完備されていました。利用はもちろん無料です。最近、ネスプレッソがあるかどうかが、良いお部屋(グレードの高いお部屋)かどうかの基準になっているような気がしますね。

f:id:pipinobu:20161204090955j:plain

 

こちらは、冷蔵庫の様子です。こちらのものは全部有料です。気軽に手出しはできません(笑)。そこそこ隙間はあるので、自分が買ったものも、ある程度は入れられそうです。

f:id:pipinobu:20161204091004j:plain

f:id:pipinobu:20161204091008j:plain

 

こちらはクローゼットの様子。たくさんのハンガーと予備の枕がありますね。アイロンとアイロン台の用意もありました。

f:id:pipinobu:20161204091011j:plain

 

クローゼットの中には、無料で利用可能な金庫も用意されています。

f:id:pipinobu:20161204091015j:plain

 

また、バスローブとは別に、寝間着の用意もありました。パジャマは持ってこなくても大丈夫そうですね。

f:id:pipinobu:20161204091019j:plain

 

ちなみに、使い捨てのスリッパもありましたよ。

f:id:pipinobu:20161204091023j:plain

 

以上、ヒルトン東京お台場のエグゼクティブルームの様子でした。

 

追記:エグゼクティブルームからの夜景

エグゼクティブルームからの眺めは、夜景の方がなお素敵です。こちらの写真のような感じで、お台場の湾岸ビューの夜景パノラマが堪能できます。眺めていると、時間を忘れてしまうほど素敵でした。

f:id:pipinobu:20161206110554j:plain

f:id:pipinobu:20161206110559j:plain

 

まとめ

今回は、ヒルトン東京お台場の宿泊記をお送りしました。はなからアップグレード狙いの私にとっては、チェックインが一番緊張する瞬間なのですが、今回も無事にエグゼグティブルームへのアップグレードに成功しました。ヒルトン東京お台場のエグゼグティブルームは、湾岸ビューの景色も最高、東京にいながらリゾート気分を楽しむことができますね。次回は、エグゼグティブラウンジの様子をご紹介したいと思います。

 

次の記事はこちらになります。エグゼクティブラウンジでのティータイムとカクテルタイムをご紹介しています。

 

こちらの記事では、ヒルトン東京お台場のスパ施設である「庵スパTOKYO」のご紹介をしています。


こちらの記事では、オーシャンダイニングでの朝食ビュッフェの様子をご紹介しております。


ヒルトンおよびコンラッドの宿泊をお得に予約する方法は以下にまとめております。今回のヒルトン宿泊でもこちらの方法を利用しました。ぜひ一度ご参照ください。

 

また、私がこんなに快適なホテルライフを送ることができているのは、すべてこちらの「SPGアメックス」のおかげです。そんな「SPGアメックス」の魅力の全ては、こちらの記事でまとめておりますので、「SPGアメックス」って何?という方は、ぜひご参照ください。

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

おすすめ記事