ANAのマイルで旅ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAのマイルで旅ブログ!

陸マイラーのピピノブが、飛行機に乗らずに貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、お得情報をどんどん発信していきます!

スポンサーリンク

ヒルトン東京お台場の新レストラン:SEASCAPE(シースケープ)での朝食ビュッフェをレポート!

f:id:pipinobu:20170216194847p:plain

 

ヒルトン東京お台場の新レストラン:SEASCAPE(シースケープ)での朝食ビュッフェをレポート!

ヒルトン東京お台場には、2016年12月31日に、2つの新しいレストランがオープンしました。「SEASCAPE TERRACE DINING (シースケープ テラス・ダイニング)」と「Grillogy BAR & GRILL (グリロジー バー&グリル)」の2店です。このうち、SEASCAPE(シースケープ)は、朝食付き宿泊プランの朝食会場にも指定されています。我々は、ダイヤモンド会員特典で、こちらのレストランでの朝食ビュッフェを無料で利用できましたので、さっそく潜入してきました。今回は、こちらSEASCAPE(シースケープ)での朝食ビュッフェの様子をレポートをお送りしたいと思います。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

ヒルトン東京お台場とは

ヒルトン東京お台場はその名前のとおり、人気の観光地であるお台場に位置しています。最寄駅は、ゆりかもめ線台場駅です。駅直結で、雨でも濡れずにホテルに入ることができます。お台場海浜公園やデックス東京ビーチなどの商業施設もホテルからすぐであり、東京観光、お台場観光にとっても便利なロケーションになっています。

hiltonhotels.jp

 

ヒルトン東京お台場の周辺地図はこちらになります。

 

SEASCAPE TERRACE DINING (シースケープ テラス・ダイニング)

SEASCAPE TERRACE DINING (シースケープ テラス・ダイニング)とは

「SEASCAPE TERRACE DINING (シースケープ テラス・ダイニング)」は、ヒルトン東京お台場に、2016年12月31日にニューオープンしたレストランです。朝食からディナーまで1日中ブッフェを楽しめるビュッフェレストランです。ヒルトン東京お台場の2F、ロビーフロアに位置しています。

 

公式HPでの紹介文は以下のようになっています。期待が持てますね。

新鮮で活力ある食材を使ったバラエティ豊かな料理がラインアップするブッフェレストラン。日中には眩い光が差し込み、夕暮れ以降はレインボーブリッジの対岸に都心の夜景が煌く贅沢な空間で、「Fresh(新鮮) Healthy(健康) Beauty(美容) Power(力強さ)」をキーワードとするブッフェを楽しめます。

朝捕れた鮮魚をその日のうちにご提供するフィッシュポット(ブイヤベース)、ホテルメイドのスモークサーモン、香り高く薫製された彩り豊かな野菜に加え、シェフのライブキッチン、国産牛のローストビーフ、さらには世界の先端都市で注目を集めるキヌアやチアシードといったスーパーフードが愉しめるサラダバーなど、クリエイティブでわくわくするような幅広いメニューをご用意します。

シースケープ テラス・ダイニング|お台場のホテルなら【ヒルトン東京お台場】

 

基本情報

営業時間や料金等の基本情報は以下になります。

 

朝食ビュッフェは、ひとり2500円ですね。我々は、ダイヤモンド会員の特典で、無料で利用することができました。夫婦2人で利用しましたので、5000円得した感じです。

店名 シースケープ テラス・ダイニング
電話 レストラン総合案内 03-5500-5580(平日10:00~21:30 土日祝9:00~21:30)
場所 2階
営業時間 6:30 ~ 23:00

ブレックファストブッフェ / 6:30~10:30 (平日) 6:30~11:00(土日祝)
ランチブッフェ / 11:30~14:30
デザートブッフェ / 15:00~17:00
ディナーブッフェ / 17:30~21:30
アラカルトメニュー / 10:30~23:00 (平日) 11:00~23:00(土日祝) / L.O 22:00(ドリンク類22:30)
参考料金 ■ブレックファストブッフェ
大人2,500円 / お子様(6~11歳)1,500円

■ランチブッフェ
平日  大人3,200円 / お子様(6~11歳)1,920円
土日祝 大人3,700円 / お子様(6~11歳)2,220円

■デザートブッフェ
平日  大人3,000円 / お子様(6~11歳)1,800円
土日祝 大人3,500円 / お子様(6~11歳)2,100円

■ディナーブッフェ
平日  大人4,200円 / お子様(6~11歳)2,520円
土日祝 大人4,700円 / お子様(6~11歳)2,820円
席数 239席(店内131席/テラス席108席)
※店内禁煙 ・ テラス席(春~秋のオープン時)一部喫煙可

 

スポンサードリンク

 

 

SEASCAPE TERRACE DINING (シースケープ テラス・ダイニング)での朝食ビュッフェの様子

さて、ここからは、実際に我々が体験した朝食ビュッフェのレポートを送りしたいと思います。

 

お店の雰囲気

SEASCAPE(シースケープ)の入り口の様子はこんな感じです。我々が伺ったのは、8:30ぐらいだったと思いますが、朝日が入り込んでいて、とても明るいイメージのレストランです。場所は、ヒルトン東京お台場の2階、レセプションのすぐ隣にありますので、迷うことはないと思います。

f:id:pipinobu:20170216183019j:plain

 

席の様子

入り口で部屋番号と名前を告げて、中に入ります。案内されたのは、こんな感じのソファー席でした。

f:id:pipinobu:20170216183023j:plain

 

窓際の席がよかったのですが、この時間、窓際の席はすでに満席になっていました。ちょっと残念・・。

f:id:pipinobu:20170216183118j:plain

 

ですが、ソファー席もクッションなどが用意されていて、リラックスできる雰囲気です。これはこれでとても満足です。

 

料理の様子

それでは、気になる料理の様子を見てみましょう。

 

まずはサラダ系です。こちらは生野菜とドレッシング。ドレッシングは5種類も用意されていました。種類豊富ですね。

f:id:pipinobu:20170216183042j:plain

 

こちらは、ハムやチーズ、サラミ、サーモンなど。特にサーモンが新鮮でおいしそうでしたね。

f:id:pipinobu:20170216183051j:plain

 

こちらはホットミール系。ポテトやベーコン、スクランブルエッグなど、ホテル朝食の定番の数々が並んでいました。中華っぽい点心や、おかゆもありました。

f:id:pipinobu:20170216183029j:plain

f:id:pipinobu:20170216183033j:plain

 

こちらは、和食系ですね。和風のお惣菜が並んでいます。和洋中ということで、インターナショナルな品揃えです。

f:id:pipinobu:20170216183047j:plain

 

珍しいところでは、野菜しゃぶしゃぶなるものがありました。野菜を、左側の出汁の入ったお湯でしゃぶしゃぶでしてからいただくそうです。私は、おもしろそうだな、と思いつつも、後回しにしていたらお腹いっぱいになってしまい、食べずじまいでした。どなたか挑戦してみてください(笑)。

f:id:pipinobu:20170216183056j:plain

 

そしてこちらはエッグコーナー。チェフが目の前で、好きな卵料理をつくってくれます。オーダー可能だったのは、オムレツ、スクランブルエッグ、エッグベネディクト、目玉焼き、などなど。やっぱり出来立てには心惹かれます。

f:id:pipinobu:20170216183127j:plain

 

こちらはパンコーナー。パンも種類豊富です。ホテル朝食の定番であるクロワッサンから、甘い菓子パン、食パン、バケットまで、なんでも揃っている感じです。

f:id:pipinobu:20170216183131j:plain

f:id:pipinobu:20170216183140j:plain

 

反対側には、フレンチトーストや、パンプディングまでありました。

f:id:pipinobu:20170216183136j:plain

 

最後に、こちらはフルーツです。メロンやグレープフルーツ、パイナップルなどなど。

f:id:pipinobu:20170216183037j:plain

 

ドリンクの様子

ドリンクは、まず、テーブルに案内された際、コーヒーや紅茶など、温かい飲み物をお願いすることができます。それ以外にもドリンクコーナーが用意されており、ソフトドリンクが飲み放題になっています。

 

こちらの写真は、オレンジジュースやグレープフルーツジュース、ミルクなど。

f:id:pipinobu:20170216183102j:plain

 

こちらは、写真が見切れていますが、トマトジュースとトロピカルスムージーです。スムージーがあるのは、なかなか珍しいですね。

f:id:pipinobu:20170216183110j:plain

 

あと、写真に撮り忘れてしまいましたが、ミネラルウォーターや炭酸水(サンペレグリノ等)などの用意もありました。

 

頂いてきた料理

頂いてきた料理はこちらになります。まずはサラダですね。見た目も美味しそうでしたが、サーモンが新鮮でとても美味しかったですね。

f:id:pipinobu:20170216183107j:plain

 

続いてはホットミール。この辺りは予想どおりの安定のお味。クロワッサンとよく合います。

f:id:pipinobu:20170216183114j:plain

 

そしてこちらが、エッグコーナーで出来立てをいただいてきた、ミックスオムレツとエッグベネディクトです。2つあるのは、私と妻の2人分だからです。食いしん坊ではありません(笑)

f:id:pipinobu:20170216183122j:plain

 

どちらも、できたて熱々、ふわふわでとても美味しかったですね。やっぱり、出来立てが一番。最高です。

 

ここからは、お腹もいっぱいになってきたので、デザートに突入です。こちらは、パンコーナーに置いてあった、フレンチトーストとパンプディングです。デザートっぽく、生クリームとイチゴソースをたっぷりのせてみました。朝は甘いものが美味しいです。

f:id:pipinobu:20170216183144j:plain

 

最後は、フルーツで終了です。ごちそうさまでした。

f:id:pipinobu:20170216183147j:plain

 

全体的な感想

「SEASCAPE TERRACE DINING (シースケープ テラス・ダイニング)」は、まだできたばかりということで、どこもピカピカ。窓の明るさもあいまって、光輝いています。そんな明るい印象もプラスの効果があるのか、料理自体もとても美味しく感じました。

 

前回、こちらのヒルトン東京お台場に伺った際は、オーシャンダイニングというレストランで朝食をいただきました。そちらのオーシャンダイニングもとても景色の良い、素晴らしいレストランでしたが、今回の「SEASCAPE (シースケープ )」の方が、レベルアップした感じを受けました。リニューアル成功ではないでしょうか。

 

前回伺った「オーシャンダイニング」での朝食ビュッフェの様子はこちらになります。

 

 

ヒルトンHオナーズのダイヤモンドステータスを手に入れた経緯

私は「SPGアメックスカード」というクレジットカードをメインカードにしています。 「SPGアメックスカード」は、SPGのゴールド会員資格や、2年目以降の無料宿泊(1泊)など、様々な特典が用意された非常に優秀なクレジットカードです。

 

SPGアメックスカードにはSPGのゴールド会員資格が付いてくるので、せっかくなのでとヒルトンにステータスマッチをしてみたところ、ヒルトンのダイヤモンド会員資格を獲得できてしまいました。

 

まとめ

今回は、ヒルトン東京お台場の新レストランである、「SEASCAPE TERRACE DINING (シースケープ テラス・ダイニング)」の朝食ビュフェの様子をレポートさせていただきました。できたばかりということで、高い期待をもって伺いましたが、その期待を裏切らない、満足できる充実した内容の朝食ビュッフェでした。またぜひ伺いたいです。また、こんな素晴らしい朝食が無料でいただけるなんて、ダイヤモンド会員って素晴らしいな、と改めて思いました。

 

私がこんなに快適なホテルライフを送ることができているのは、すべてこちらの「SPGアメックス」のおかげです。そんな「SPGアメックス」の魅力の全ては、こちらの記事でまとめておりますので、「SPGアメックス」って何?という方は、ぜひご参照ください。

 

また、ヒルトン宿泊をお得に予約する方法は以下にまとめております。今回のヒルトン宿泊でもこちらの方法を利用しました。ぜひ一度ご参照ください。


<==前の記事

ヒルトン東京お台場:プレミアムエグゼクティブルーム宿泊記!まさかの大幅アップグレード!

 

<ホテル宿泊記の目次、記事一覧>

ホテル宿泊記:全体の目次、記事一覧はこちらです!

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事:ヒルトン東京お台場宿泊記

前回までの「ヒルトン東京お台場宿泊記」の記事はこちらになります。

 

こちらは、ヒルトン東京お台場宿泊記の第1弾として、エグゼクティブルームのお部屋の様子をご紹介しております。

 

こちらは、ヒルトン東京お台場宿泊記の第2弾として、エグゼクティブラウンジの様子(ティータイム&カクテルタイム)をご紹介しております。


こちらは第3弾として、ヒルトン東京お台場内のスパ施設である「庵スパ」の様子をご紹介しております。