陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!

スポンサーリンク


<旅好き&陸マイラー注目記事!>

SPGアメックスとANAマイルで格安で豪華なハワイ旅行を実現!

ヒルトン東京(新宿):エグゼクティブラウンジでのアフタヌーンティーをレポート!

f:id:pipinobu:20161113093859j:plain

 

ヒルトン東京(新宿)の宿泊記。今回は、エグゼクティブラウンジでのアフタヌーンティーの様子をレポートしたいと思います。エグゼクティブラウンジはエグゼクティブルーム以上のカテゴリーの客室の宿泊者、もしくは、ヒルトンHオナーズのダイヤモンド会員無料で利用することができます。もちろん無料です。我々は、なんちゃってダイヤモンド会員になっているので、エグゼクティブラウンジも無事利用することができました。ダイヤモンドステータスって素晴らしいですね!

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

ヒルトン東京とは

ヒルトン東京というと場所がイメージしづらいですが、場所は新宿になります。新宿副都心、新宿中央公園のすぐ近くに位置しています。最寄駅は、メトロ丸の内線の西新宿駅になります。公式HPはこちらになります。

www.hiltontokyo.jp

 

ヒルトン東京の周辺地図はこちらになります。

 

ヒルトン東京(新宿)宿泊記:これまでの経緯

私がヒルトンHオナーズのダイヤモンドステータスを入手した経緯、今回のホテル宿泊の目的や、アプリでの事前確認から当日チェックインまでの流れについては、前回の記事にまとめております。合わせてご参照ください。


エグゼクティブラウンジのタイムテーブル

エグゼクティブラウンジの様子をご紹介する前に、エグゼクティブラウンジのタイムテーブルをご紹介したいと思います。フロントでのチェックインの時に、こんな感じの、ラウンジ利用に関する説明書きが渡されます。

f:id:pipinobu:20161113095534j:plain

 

これによると、エグゼクティブラウンジのタイムテーブルは以下のようになっています。ラウンジ全体としては、朝6時から夜9時までになっていて、各時間帯に合わせて、朝食やアフタヌーンティー、プレディナーカクテルが提供されています。

  • ラウンジ営業時間:6:00am-9:00pm
  • 朝食:6:00am-10:00am
  • アフタヌーンティー:3:00pm-5:00pm
  • プレディナーカクテル:6:00pm-8:00pm

 

チェックイン時間である3:00pmを過ぎたこの時の時間は、ちょうどアフタヌーンティーの時間になりますね。

 

スポンサードリンク

 

 

エグゼクティブラウンジでのアフタヌーンティーの様子

前回の記事でご紹介しましたが、クイーンヒルトンから、キングエグゼクティブへのアップグレードを無事果たすことができました。お部屋の準備ができるまで1時間かかるということでしたので、部屋に入る前にエグゼクティブラウンジでしばし休憩することになりました。

 

エグゼクティブラウンジへ移動

ということで、さっそくエグゼクティブラウンジに向かいます。場所は37階。エレベーターで移動しましょう。

f:id:pipinobu:20161112105747j:plain

 

37階に到着すると、エグゼクティブラウンジを発見。の入り口はこんな感じです。なんだか敷居が高そうですね。ちょっとドキドキします。

f:id:pipinobu:20161112105750j:plain

 

入り口で名前を告げると、フロントからすでに申し送りがあったようで、「お部屋の準備が出来次第、ご連絡しますので、それまでラウンジでおくつろぎください」とのこと。連携がしっかりしています。素晴らしい!

 

こちらのラウンジの利用は初めてだと伝えると、ちゃんとラウンジの紹介までしてくれました。とっても丁寧なサービスで好感が持てます。

 

エグゼクティブラウンジの様子

ラウンジの中の様子はこんな感じです。窓側にはテーブル席やソファー席が並び、奥側に食事が並んでいる形になっています。この時間は、アフタヌーンティーの時間なので、軽食やケーキなどが並べられていますね。

f:id:pipinobu:20161113094007j:plain

 

客層として、全体的に外国人の利用が多かったですね。全体の6-7割は外国人といった感じでした。海外の空港ラウンジにいるような錯覚を覚えます。

 

運良く、窓際のテーブル席が空いていたので、こちらに陣取ることにしました。ちょっと西日が眩しいです。

f:id:pipinobu:20161113093920j:plain

 

37階なので、新宿の高層ビル越しの景色を楽しむことができます。

f:id:pipinobu:20161113093927j:plain

 

スポンサードリンク

 

 

アフタヌーンティーの料理とドリンクの品揃え

無事に座る場所も確保できたので、気になる料理のラインナップを確認してみましょう。ちょっと小さい写真で恐縮ですが、左から、カップケーキ、ミニケーキ、チョコケーキ、ミニシュー、スコーン、といった品揃えになっています。

写真には写っていませんが、マカロンやドーナツもたくさんありました。ケーキ類については、たまに種類が入れ替わっていましたね。我々が滞在していた1時間だけでも3回は入れ替わっていました。嬉しいポイントです。

f:id:pipinobu:20161113094112j:plain

 

こちらは、ドリンクコーナー。左側がエスプレッソマシーンですね。嬉しいことに、デカフェ専用のマシーンも完備されています。右側が紅茶コーナー。銘柄はドイツのロンネフェルトで揃っていましたね。これは嬉しいです。たくさんの種類の茶葉があり、うきうきです。

f:id:pipinobu:20161113094143j:plain

 

こちらは、ソフトドリンクコーナー。100%ジュースが3種類ほど。あと、珍しいところでは、チョコレートミルクが置いてありました。

f:id:pipinobu:20161113094152j:plain

 

冷蔵庫には、たくさんの種類のドリンクが用意されています。炭酸水やコーラ、水、等々。珍しいところでは、この時間帯でビールが置いてありました。普通、ビールが登場するのはカクテルタイムなので、昼から飲めるラウンジは珍しいです。やっぱり、外国人の方の利用が多い影響でしょうか。

f:id:pipinobu:20161113094157j:plain

 

アフタヌーンティーを楽しむ

そんなこんなで、ひととおりの取材を終えたところで、料理とドリンクを楽しみましょう。頂いてきたのはこちら。ミニカップケーキとマカロン、ミニシューなどなど。特にマカロンが美味しかったですね。

f:id:pipinobu:20161113094208j:plain

 

アフタヌーンティーと言えば、スコーンということで、スコーンも頂いてきました。生クリームやジャムなんかもちゃんと用意されていたのは嬉しいですね。こちらもなかなか美味しかったです。

f:id:pipinobu:20161113094228j:plain

 

甘いものだけでなく、しょっぱいものの用意もあります。こちらはミックスナッツ。そのほかにも、柿の種やかりんとうなど、定番のスナックもありました。

f:id:pipinobu:20161113105950j:plain

 

途中、しょっぱいものを挟みつつ、最後は、ケーキでフィニッシュ(たくさんありますが、妻と2人分です。食いしん坊でありません。念のため・・)特に、チョコケーキが濃厚で美味しかったですね。

f:id:pipinobu:20161113094235j:plain

 

そんなこんなで、アフタヌーンティーを楽しんでいると、受付の方がいらっしゃって、「お部屋のご準備ができましたので、いつでもお部屋をご利用いただけます」とのこと。アフタヌーンティーも十分楽しみ、お腹も一杯になったので、客室の方に移動しようと思います。あっという間の1時間でした。

 

ということで、次回はお部屋の様子をレポートしたいと思います。

 

追記:ヒルトン東京滞在記

ヒルトン東京滞在記はこんな感じで続いています。ぜひこちらもご参照ください。

 

ヒルトンオナーズのダイヤモンド会員資格を手に入れた経緯

私は「SPGアメックスカード」というクレジットカードをメインカードにしています。 「SPGアメックスカード」は、SPG(シェラトンやウェスティンなど)、マリオット、リッツ・カールトンの3つのホテルグループのゴールド会員資格の獲得や、2年目以降の無料宿泊(1泊)など、様々な特典が用意された非常に優秀なクレジットカードです。

 

SPGアメックスカードにはSPGのゴールド会員資格が付いてくるので、せっかくなのでとヒルトンにステータスマッチをしてみたところ、ヒルトンのダイヤモンド会員資格を獲得できてしまいました。

 

ヒルトンのダイヤモンド会員の特典は多岐に渡りますが、特に有用な特典は以下となります。世界中のヒルトンホテルで、このような特典が受けられるのは素晴らしい体験です。

 

<ヒルトンのダイヤモンド会員特典>

  • レイト・チェックアウト
  • 2人目のお客様はご宿泊無料
  • フィットネスセンターとヘルスクラブのご利用
  • 1滞在につき無料のボトルウォーター2本
  • 空室状況に基づくプリファードルームへのアップグレード
  • 1滞在につき1,000 Hオナーズ・ボーナスポイント
  • ご滞在中に毎日無料でご提供するコンチネンタルブレックファスト(会員様および同室にご宿泊のお客様1名様まで)
  • エグゼクティブフロア・ラウンジのご利用(一部のホテル)

 

SPGアメックスの特典およびメリット・デメリットについてはこちらの記事にまとめておりますので、合わせてご参照ください。以下の記事でもご紹介しておりますが、SPGアメックスでは、現在、入会紹介キャンペーンを実施しています。私からの紹介でのご入会で17,000ポイントを獲得できます。SPGアメックスの公式HPからご入会するより、7,000ポイント分もお得となっておりますで、ご興味の方はぜひご利用ください。

 

ヒルトン東京(新宿):エグゼクティブラウンジでのアフタヌーンティーをレポート!のまとめ

今回は、エグゼクティブラウンジでのアフタヌーンティーの様子をレポートしました。エグゼクティブラウンジはエグゼクティブルーム以上のカテゴリーの客室の宿泊者、もしくは、ヒルトンHオナーズのダイヤモンド会員が利用することができ、チェックインもこちらで実施することができます。こんな素敵なラウンジでチェックインできるのであれば、チェックインの待ち時間も苦になりませんね。また、外国人の利用者が多いので、ちょっとした外国気分も味わうことができます。

 

我々は、なんちゃってダイヤモンド会員になっているので、エグゼクティブラウンジも無事利用することができましたが、普通はハードル高いですよね。やはり、ダイヤモンドステータスって素晴らしいです。

 

旅行好きの方はこちらの記事も注目です。陸マイラーとしてSPGアメックスとANAマイルを利用することで、低コストで豪華なハワイ旅行を実践しています。夫婦2人でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円(税金・サーチャージ等)だけの現金持ち出しだけで実現しています。しかも、部屋の超絶アップグレードも受けられたというおまけ付きです。ぜひ合わせてご参照ください。

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

おすすめ記事