陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!

スポンサーリンク


<旅好き&陸マイラー注目記事!>

SPGアメックスとANAマイルで格安で豪華なハワイ旅行を実現!

ヒルトン ミラノ宿泊記:ダイヤモンドステータスの特典をレポート!<イタリア旅行記2016>

f:id:pipinobu:20160907110205j:plain

 

ヒルトン ミラノ宿泊記:ダイヤモンドステータスの特典をレポート!<イタリア旅行記2016>

ヒルトン・ミラノ(Hilton Milan)宿泊記をお送りします。ヒルトン・ミラノはミラノ中央駅に位置する観光客に人気のホテルです。こちらヒルトン・ミラノの外観から、ロビー、チェックイン、部屋の様子まで、詳しくご紹介したいと思います。また、今回はヒルトンHオナーズでダイヤモンドステータスを獲得した状態での初めての宿泊になりました。なので、ダイヤモンドステータスを利用した部屋のアップグレードにも挑戦しています。果たして結果は・・?

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

イタリア旅行のスケジュールのおさらい

今回のイタリア旅行は5泊7日の日程になります。旅行日程は以下になります。

  • 1日目:成田からミラノへ移動<AZ787>、ミラノ着(ウェスティン・パレス・ミラノ泊)
  • 2日目:ミラノの観光Day①(ウェスティン・パレス・ミラノ泊)
  • 3日目:アウトレットショッピングDay(ヒルトン・ミラノ泊)<== 今ココ
  • 4日目:ヴェローナ観光Day(ヒルトン・ミラノ泊)
  • 5日目:ミラノ観光Day②(ヒルトン・ミラノ泊)
  • 6日目:ミラノから成田へ移動<AZ786>
  • 7日目:成田着

 

イタリア旅行記の全体の目次、記事一覧はこちらになります。まとめ読みにぜひご利用ください。

 

 

ヒルトン ミラノの基本情報とアクセス

ヒルトン・ミラノはその名前のとおり、ホテルグループ、ヒルトンのホテルで、ミラノに位置しています。4つ星ホテルなので、中級と高級の間ぐらいの位置付けでしょうか。場所は、ミラノ中央駅から1ブロックのところに位置しています。ミラノ中央駅から、スーツケースを転がしながら、徒歩で7-8分といったところです。

 

地図はこちらになります。

 

ミラノの国際空港であるマルペンサ空港からミラノ市内へ移動する場合、鉄道を選択してもバスを選択しても、行き先の多くはミラノ中央駅になります。したがいまして、ミラノ中央駅の近くに位置しているこちらのホテルは、旅行者にとって、とても便利です。

 

公式HPはこちらになります。

 

ヒルトン ミラノ宿泊記

ヒルトン ミラノの外観

ヒルトン・ミラノの外観はこちらになります。飾り気はありませんが、質実剛健のアメリカンなホテルといった雰囲気です。ミラノの中では、大型ホテルの部類に入ると思います。

f:id:pipinobu:20160907110205j:plain

f:id:pipinobu:20160907110159j:plain

 

入り口はこんな感じで、回転扉になっています。車寄せは普通な感じですね。特に豪華といった感じではありません。

f:id:pipinobu:20160907110445j:plain

 

ヒルトン ミラノのロビー

外観の様子はさきほどご紹介したとおり、味気ない感じでしたが、ホテルの中は、改装したばかりだそうで、とても綺麗でおしゃれです。

 

まずこちらが、入り口の回転扉を通って、すぐの様子。落ち着いた色合いでモダンな雰囲気にまとめられています。

f:id:pipinobu:20160907110629j:plain

 

入って左側は、バーコーナーになっています。真昼間なので、まだ誰もいませんね・・。

f:id:pipinobu:20160907110634j:plain

 

入って右側が、チェックインカウンターになっています。こちらもモダンでおしゃれな感じです。

f:id:pipinobu:20160907110641j:plain

 

こちらは、ロビーから客室へのエレベーターに向かうところ。チェックインカウンターと同じ色合いでまとめられています。

f:id:pipinobu:20160907110638j:plain

 

こちらは、ロビーのソファースペースですね。こちらも、今時のモダンな装飾です。

f:id:pipinobu:20160907110646j:plain

 

こちらは、ビジネスコーナー。パソコンやプリンターなど。こちらもおしゃれですね。

f:id:pipinobu:20160907110651j:plain

 

直前まで宿泊していた「ウェスティン・パレス・ミラノ」は、ヨーロッパのこてこての豪華な内装だったので、「ヒルトン・ミラノ」のモダンな内装とは真逆の印象。いろいろなホテルを楽しめるのは、ホテルはしごの醍醐味ですね。

 

ダイヤモンドステータスで部屋のアップグレードに挑戦

ピピノブは、SPGアメックスカードで取得したSPGのゴールドステータスから、ヒルトンへのステータスマッチで、ヒルトン会員プログラム(=Hオナーズ)のダイヤモンドステータを取得していました。

 

ダイヤモンドステータスというのは、ヒルトン会員プログラム(=Hオナーズ)の中で、なんと最上位なんです。SPGもヒルトンも、無宿泊で獲得した「なんちゃってダイヤモンド」なのですが、ダイヤモンドステータスの場合いくつかの特典を得ることができます。

 

詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

数ある特典の中でも重要なのが、「部屋の無料アップグレードをしてもらえる」というものです。これは、チェックインの時に確定します。なので、チェックイン・タイムはドキドキです。特に、今回はダイヤモンドステータスを獲得した状態での初めての宿泊になりますので、余計にドキドキしました。(^_^;)

 

ちなみに、ヒルトン・ミラノの部屋のグレードには以下があります。今回は一番下のグレードである普通の「ゲストルーム」を予約した状態でチェックインに臨みました。

  • ゲストルーム <==これを予約
  • デラックスゲストルーム
  • エグゼクティブルーム
  • ジュニアスイート
  • エグゼクティブスイート
  • プレジデンシャルスイート

 

スポンサードリンク

 

 

ヒルトン ミラノの部屋のアップグレードに成功

さて、ドキドキのチェックインです。チェックインしたい旨と名前を告げると、

 

「ようこそ!ダイヤモンド会員様!」

 

と、にっこにこで挨拶をされました(会話は英語です)。慣れていないので、結構恥ずかしいですね。(^_^;)

 

その後、説明を聞いていると「デラックスルーム」にアップグレードされていました。1段階のアップグレードですね。

 

エグゼクティブルームぐらいまでいけるかと思っていたので、ちょっと残念。まあ、「なんちゃってダイヤモンド」なのでしょがないですね・・。部屋の空き状況によってはアップグレードされないこともあるそうなので、まあ良しとしましょう。

  • ゲストルーム
  • デラックスゲストルーム <==ここにアップグレード!
  • エグゼクティブルーム
  • ジュニアスイート
  • エグゼクティブスイート
  • プレジデンシャルスイート

 

その後も、丁寧な説明が続き、

 

「何かありましたら担当の私までご連絡ください」

 

と言われ、直通の電話番号をいただきました。(英語なので、度胸がなくて一度もお電話しませんでした・・)

 

また、チェックインの後、エレベーターまで付いてきてくれて、エレベーターの操作の仕方を、手取り足取りで教えてくれました。(カードキーをかざさないと、操作できないタイプのエレベーターなんですよね)

 

他のお客さんには、こんな丁寧に説明していなかったようなので、ダイヤモンドステータスだけへのサービスだったのかもしれません。いずれにしても、イタリアのホテルでこんな丁寧な対応をされるとは思わず、とっても感動しました。ダイヤモンドステータス恐るべしです。

 

ヒルトン ミラノのデラックスルームの様子

そんなこんなで、無事チェックインも終了し、お部屋の方に向かいます。

 

お部屋の様子はこんな感じ。部屋全体の印象は、ロビーと同じでモダンな印象です。

f:id:pipinobu:20160907123806j:plain

 

ベッドはツインになっていて、ちゃんとバスローブがありますね。

f:id:pipinobu:20160907123800j:plain

f:id:pipinobu:20160907123850j:plain

 

部屋のところどころに、絵などがかざってあり、なんとなくおしゃれです。

f:id:pipinobu:20160907123833j:plain

 

部屋の中には、ウェルカムギフトが置いてありました。ミニケーキとフルーツ。これは、ダイヤモンドステータス向けのサービスですね。

f:id:pipinobu:20160907123810j:plain

 

また、ミネラルウォーターも、1人1本置いてありました。これもダイヤモンドステータス向けの特典ですね。

 

ちなみに、こちらのミネラルウォーターは、毎日1人1本ずつ補充されていました。海外ではお腹をこわさないように、ミネラルウォーターは必需品なので、地味に嬉しいサービスです。

f:id:pipinobu:20160907123814j:plain

 

こちらは、ティーコーナー。ポットとちょっとしたティーバッグ等々ですね。必要最低限で質素な印象。ネスプレッソがないのはちょっと残念ですね。

f:id:pipinobu:20160907123819j:plain

 

こちらは、洗面台コーナー。そこそこの広さ。

f:id:pipinobu:20160907123837j:plain

 

こちらは、浴槽です。日本人には嬉しいバスタブです。ゆったりとした作りになっています。

f:id:pipinobu:20160907123842j:plain

 

セーフティーボックスも、部屋の中にちゃんとあります。

f:id:pipinobu:20160907123845j:plain

 

最後に、部屋からの眺めです。中央駅近くなので、そんなに良い眺望ではありません・・。ただ、隣のビルとお見合いではなく、通り沿いの眺望なので、こちらのホテルの中では良い方の眺望になっています。正面に見えるは小学校ですね。

f:id:pipinobu:20160907123828j:plain

 

ダイヤモンドステータスの特典の適用結果

ここでは、今回の宿泊におけるダイヤモンドステータスの特典の適用結果を確認したいと思います。以下が、後日の確認も含めて、適用が確認できた特典になります。

  • ご滞在中の客室内およびロビーでのプレミアムWi-Fi接続無料
  • 1滞在につき無料のボトルウォーター2本
  • レイトチェックアウト
  • 空室状況に基づくプリファードルームへのアップグレード
  • 50%のエリートステータス・ボーナスと、1滞在につき1,000 Hオナーズ・ボーナスポイント
  • ご滞在中に毎日無料でご提供するコンチネンタルブレックファスト(会員様および同室にご宿泊のお客様1名様まで)
  • エグゼクティブフロア・ラウンジのご利用

 

特に、赤字にした特典が有用でした。まず、部屋のアップグレードですが、公式HPで価格差を確認すると、一泊3,000円ほどでした。また、朝食も一人一回2,000円ほどです。今回2名での宿泊ですから、これだけで一泊あたり9,000円ほどお得になっている計算です。今回3泊しましたので、27,000円分お得という計算になります。

 

また、エグゼクティブラウンジはお金を払って入れるものではないので、計算するのが難しいのですが、お酒が飲み放題であることを考えると、一人1泊3,000円の価値はあると思います。すると、2人で6,000円、3泊で18,000円になります。

 

ですので、ダイヤモンドステータスを保有していることで、約45,000分の価値を無料で享受することができたと言えます。ダイヤモンドステータス、恐るべしです。(^_^;)

 

ヒルトン ミラノ宿泊記:ダイヤモンドステータスの特典をレポート!まとめ

今回は、ヒルトン ミラノ宿泊記をお送りしました。今回はヒルトンHオナーズでダイヤモンドステータスを獲得した状態での初めての宿泊で、チェックインから、かなりドキドキでしたが、無事に部屋のアップグレードを果たし、ダイヤモンドステータスの威力を確認することができました。ホテルの方の対応も、ダイヤモンドステータスの効果なのか、とっても親切でした。ダイヤモンドステータス様様ですね。(^_^)

 

ヒルトンおよびコンラッドの宿泊をお得に予約する方法は以下にまとめております。今回のヒルトン宿泊でもこちらの方法を利用しました。ぜひ一度ご参照ください。

 

また、私がこんなに快適なホテルライフを送ることができているのは、すべてこちらの「SPGアメックス」のおかげです。そんな「SPGアメックス」の魅力の全ては、こちらの記事でまとめておりますので、「SPGアメックス」って何?という方は、ぜひご参照ください。

 

次の記事==>

ヒルトン ミラノのエグゼクティブラウンジを詳細レポート!

 

<==前の記事

イータリー(ミラノ店)はお土産がなんでも揃う巨大フードデパート!

 

<イタリア旅行記の目次>

イタリア旅行記2016:全体の目次、記事一覧はこちらです!

 

海外旅行好きの方はこちらの記事も注目です。SPGアメックスとANAマイルを利用することで、低コストで豪華なハワイ旅行を実現しています。夫婦2人でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円だけの現金持ち出しだけで実現しています。しかも、部屋の超絶アップグレードも受けられたというおまけ付きです。ぜひ合わせてご参照ください。

 

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事