陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!

スポンサーリンク

ヴェローナへの行き方は?ミラノから鉄道を使って日帰り旅行に出発!<イタリア旅行記2016>

f:id:pipinobu:20160926135005j:plain

 

ヴェローナへの行き方は?ミラノから鉄道を使って日帰り旅行に出発!<イタリア旅行記2016>

今回は、ミラノからヴェローナへの鉄道を使った行き方についてご紹介します。今回のイタリア旅行はミラノでの滞在が比較的長いため、ミラノからヴェローナへの日帰り旅行に出かけることにしました。ヴェローナはロミオとジュリエットの舞台として有名な観光地で、ミラノからは電車で約1時間20分で訪れることができます。代理店などが主催する日帰りツアーも存在しますが、時間に縛られることなく観光したいという点と、コストの点から、今回は電車を使った自由旅行に挑戦しました。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

イタリア旅行のスケジュールのおさらい

今回のイタリア旅行は5泊7日の日程になります。旅行日程は以下になります。

  • 1日目:成田からミラノへ移動<AZ787>、ミラノ着(ウェスティン・パレス・ミラノ泊)
  • 2日目:ミラノの観光Day①(ウェスティン・パレス・ミラノ泊)
  • 3日目:アウトレットショッピングDay(ヒルトン・ミラノ泊)
  • 4日目:ヴェローナ観光Day(ヒルトン・ミラノ泊)<== 今ココ
  • 5日目:ミラノ観光Day②(ヒルトン・ミラノ泊)
  • 6日目:ミラノから成田へ移動<AZ786>
  • 7日目:成田着

 

イタリア旅行記の全体の目次、記事一覧はこちらになります。まとめ読みにぜひご利用ください。

 

 

ヴェローナとは

ヴェローナはロミオとジュリエットの舞台として有名な観光地で、ミラノからは電車で約1時間20分で訪れることができます。代理店などが主催する日帰りツアーも存在しますが、時間に縛られることなく観光したいという点と、コストの点から、今回は自由旅行に挑戦しました。

 

見所としては、ロミオとジュリエットの舞台というだけあって、ロミオの家、ジュリエットの家、両方が存在しており、必見の観光スポットです。また、古代ローマ時代のコロッセオや劇場などが残っており、これらも人気の観光スポットになっています。

ヴェローナ(伊: Verona)は、イタリア共和国ヴェネト州西部にある都市で、その周辺地域を含む人口約25万人の基礎自治体(コムーネ)。ヴェローナ県の県都である。
街の中心部には古代ローマ時代の円形競技場跡があり、街の象徴となっているほか、中世の町並みがよく残っており、2000年には「ヴェローナ市街」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。シェイクスピアの戯曲『ヴェローナの二紳士』『ロミオとジュリエット』の舞台としても知られる。

ヴェローナ - Wikipedia

ベローナの魅力を現地在住者が紹介します | アーモイタリア旅行ガイド

 

ヴェローナへの旅行計画

ヴェローナへは、ミラノ中央駅から鉄道で訪れることができます。所要時間は片道約1時間20分です。

 

鉄道の出発時刻、到着時刻、所要時間、料金については、トレニタリアの公式HPで簡単に検索することができます。トレニタリアとは、イタリアの国鉄の列車運行業務を行う民間会社で、怪しい会社ではありませんので安心です。

トレニタリア - Wikipedia

 

トレニタリアの公式HPは以下のリンクからアクセスできます。

http://www.trenitalia.jp/

 

上記公式HPから、往路と復路の出発時刻、到着時刻をあらかじめ調べておくと、旅行計画が立てやすいと思います。日本語にも対応しており、結構わかりやすいです。

 

たとえば、10月1日の午前8時代の列車を検索する場合は、以下のようになります。出発駅のミラノは日本語でいけましたが、到着駅のヴェローナな日本語では入力できなかったので、英語で「Verona」と入れています。

f:id:pipinobu:20160926140842p:plain

 

すると、こんな感じで候補がずらずらっと表示されますので、出発時間、到着時間、所要時間、料金を比べならがら、お目当ての列車を見つけることができます。

f:id:pipinobu:20160926141036p:plain

 

一応、このWebページ上から予約と支払いも行えるようです。私は、当日いろいろとアクシデントがあっても柔軟に対応できるよう、事前に予約はしませんでした。

 

スポンサードリンク

 

 

ヴェローナへの行き方

ヴェローナへは、ミラノ中央駅から出発する列車に乗るため、まずはミラノ中央駅に向かいます。私たちは、ミラノ中央駅近くのヒルトン・ミラノに宿泊していたため、徒歩でミラノ中央駅に向かいました。

 

ヒルトン・ミラノについてはこちらの記事をご参照ください。


ミラノ中央駅の外観はこんな感じです。大都市ミラノの中央駅というだけあって、とっても立派な建物です。

f:id:pipinobu:20160926134900j:plain

 

ミラノ中央駅の内部の様子はこんな感じです。ヨーロッパ特有の重厚な造りになっています。天井がとっても高く、また、ガラスになっているので、明るい雰囲気です。

f:id:pipinobu:20160926134906j:plain

 

ヴェローナ行きのチケットの購入方法

列車のチケットは予約していなかったので、当日、トレニタリアのチケットカウンターに向かいました。チケットカウンターの外観はこんな感じです。とっても綺麗です。

f:id:pipinobu:20160926134910j:plain

 

チケットカウンターの中には、オペレーターさんがいて、会話しながら購入することもできるのですが、長蛇の列ができていました・・。ある程度時間に余裕をもって出かけたのですが、お目当ての列車のチケットを買えなくなったら困るので、自動券売機で購入することにしました。

 

自動券売機はこんな感じです。オペレーターさんの方は長蛇の列ですが、自動券売機の方はガラガラです・・。やっぱり、皆さん、人から購入した方がきっと安心なんでしょうね。(^_^;)

f:id:pipinobu:20160926134919j:plain

 

自動券売機は日本語には対応していなかったので、英語で入力する必要がありましたが、あらかじめ、Webでお目当ての列車を調べておいたこともあって、比較的スムーズにチケットを購入することができました。

 

ただ、クレジットカードの相性があるようで、決済では利用するクレジットカードを変えて何回かチャレンジしました。海外ではよくあることです。(^_^;)

 

実際購入したチケットはこんな感じです。

  • 出発時間:8時35分
  • 出発時間:9時58分
  • 所要時間:1時間23分
  • 料金:24ユーロ

f:id:pipinobu:20160926134914j:plain

 

なんだかんだで、無事にチケットを購入できんたので、出発フロアーに向かいます。

f:id:pipinobu:20160926134924j:plain

 

ヴェローナ行きの列車の様子

列車の出発フロアーは、セキュリティが厳しくなっています。最近のヨーロッパは、どこでもだいたいこんな感じですが、列車のホームに入るためには、セキュリティチェックを通る必要があります。

 

購入した切符と荷物を係りの人に提示して、セキュリティエリアの中に入りましょう。

f:id:pipinobu:20160926134931j:plain

 

セキュリティエリアに入った後は、目的の列車のホームの番号を確認します。ヨーロッパの駅にありがちですが、ホームの番号は、出発時間の直前にならないと決まりません。なので、ホームの番号が掲示されたら、急いで向かう必要があります。

f:id:pipinobu:20160926134936j:plain

 

今回は、ミラノ8時35分発のヴェネチア行きに乗りますので、10番ホームということになります。

 

こちらが、今回お世話になる列車です。イタリアの都市間を移動する高速鉄道で、日本でいうところの新幹線のような位置付けです。

f:id:pipinobu:20160926134944j:plain

 

席の様子はこんな感じです。安い2等席ですが、とても清潔で快適です。車内には液晶ディスプレイもあるので、次の駅がどこなのかも、旅行者でも把握しやすいです。

f:id:pipinobu:20160926135000j:plain

f:id:pipinobu:20160926134950j:plain

 

列車の中でしばらく待っていると、出発時間ちょうどに列車は出発しました。

 

イタリアは時間にルーズな印象がありますが、少なくともミラノでは全然そんなことはありませんでした。同じイタリアでも、南(ナポリやローマ)と北(ミラノ)では、国民性がぜんぜん違うといいますからね。

 

車窓を眺めながら、約1時間20分の電車の旅です。ミラノ市街を抜けると、すぐに写真のようなのどかな風景になります。

f:id:pipinobu:20160926134955j:plain

 

車窓からの眺めを楽しんだり、ガイドブックを読んだりしていると、あっという間にヴェローナに到着しました。

 

到着したのは、こちら「Verona Porta Nuova」駅です。

f:id:pipinobu:20160926135005j:plain

 

「Verona Porta Nuova」駅の外観はこんな感じです。結構、こじんまりとしていますが、内部は近代的で綺麗な駅でした。

f:id:pipinobu:20160926135014j:plain

 

駅から出ると、駅前はこんな感じで開けています。駅からヴェローナの中心部へはちょっと離れているので、ここからバスやタクシーに乗ることができます。徒歩だと、中心部まで、約15分ぐらいです。

f:id:pipinobu:20160926135008j:plain

 

私たちも、最初はバスに乗ろうと思っていたのですが、どのバスに乗ったらよいのか、どこで切符を買ったらよいのか、いざとなるとよくわからなかったので、結局歩いて向かうことにしました。

 

ということで、今回は以上になります。次回からは、ヴェローナの観光スポットを順次ご紹介していきたいと思います。

 

まとめ

今回はミラノからヴェローナへの行き方について詳しくご紹介しました。ヴェローナはロミオとジュリエットの舞台として有名な観光地で、ミラノからは電車で約1時間20分で訪れることができます。代理店などが主催する日帰りツアーも存在しますが、ミラノ北駅からは電車で1本、そんなに難しいことはないので、時間に縛られるのが苦手な方は、列車での自由旅行に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

海外旅行がお好きな方はこちらの記事も必見です!年20万以上のマイルを貯める秘密の全てをこちらの記事にまとめています。年20万マイルあれば、年2-3回、好きなところに海外旅行できますよ。

 

また、旅好きの方はこちらの記事も必読です。SPGアメックスカードがあれば、ウェスティン、シェラトン、マリオット、リッツ・カールトンなど世界中の高級ホテルでVIP待遇を受けることができます。部屋のアップグレードや、エグゼクティブラウンジ、レイトチェックアウトなど様々な特典が受けられます。旅が低コストでありながら、ぐっと豪華になり、楽しくなりますよ。

 

 

次の記事==>

ジュリエットの家はヴェローナで一番人気の観光名所!行き方から料金まで

 

<==前の記事

ミラノのアウトレット:セッラヴァッレはバスでのツアー参加がおすすめ!

 

<イタリア旅行記の目次>

イタリア旅行記2016:全体の目次、記事一覧はこちらです!
 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事