ANAのマイルで旅ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAのマイルで旅ブログ!

陸マイラーのピピノブが、飛行機に乗らずに貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、お得情報をどんどん発信していきます!

スポンサーリンク

マルペンサ空港からミラノ市内への移動方法(アクセス)を徹底解説!<イタリア旅行記2016>

f:id:pipinobu:20160804225745j:plain

 

マルペンサ空港からミラノ市内への移動方法(アクセス)を徹底解説!

ミラノの国際空港であるマルペンサ空港から、ミラノ市内(市街)への移動手段(アクセス)をレポートしたいと思います。ヨーロッパは国際空港から市街への距離が近いところが多いですが、マルペンサ空港は意外と距離があります。そのため、タクシーは高額になりやすいんですよね・・。今回は節約するため、バスで移動してみましたので、その様子をレポートいたします。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

イタリア旅行のスケジュールのおさらい

今回のイタリア旅行は5泊7日の日程になります。旅行日程は以下になります。

  • 1日目:成田からミラノへ移動<AZ787>、ミラノ着(ウェスティン・パレス・ミラノ泊)<== 今ココ
  • 2日目:ミラノの観光Day①(ウェスティン・パレス・ミラノ泊)
  • 3日目:アウトレットショッピングDay(ヒルトン・ミラノ泊)
  • 4日目:ヴェローナ観光Day(ヒルトン・ミラノ泊)
  • 5日目:ミラノ観光Day②(ヒルトン・ミラノ泊)
  • 6日目:ミラノから成田へ移動<AZ786>
  • 7日目:成田着

 

イタリア旅行記の全体の目次、記事一覧はこちらになります。まとめ読みにぜひご利用ください。

 

 

マルペンサ空港の概要

マルペンサ空港は、イタリア第2の都市ミラノに位置する国際空港です。ミラノには、マルペンサ空港とリテーナ空港の2つがあり、時々混乱します。マルペンサ空港が国際路線中心、リテーナ空港が国内線中心なっており、東京における成田と羽田のような関係と理解するとわかりやすいと思います。

以下、ウィキペディアからの引用になります。

ミラノ市の北西48kmのソンマ・ロンバルドにある。ローマ・フィウミチーノ空港と肩を並べるイタリア最大の国際空港の一つ。イタリアのフラッグキャリアアリタリア航空の本拠地の1つ。マルペンサ2000計画により従来のマルペンサ空港はターミナル2、新規に構築された現在のメインターミナルをターミナル1となり北部イタリア最大の空港となる。マルペンサ第一ターミナルの設計者はレンゾ・ピアノ(関空設計者)。

なおミラノには他に、ミラノ市に隣接した地域にミラノ・リナーテ国際空港があり、主に近距離国際線と国内線が発着している。

ミラノ・マルペンサ空港 - Wikipedia

 

マルペンサ空港からミラノ市街への移動方法、移動手段

マルペンサ空港からミラノ市街への移動方法、移動手段は、大きく分けて3つあります。タクシー、鉄道、バスです。

この中で一番楽なのはもちろんタクシーですが、マルペンサ空港はミラノ市街から距離があるため、タクシーの場合はかなり高くつきます。なので、節約派の旅行者の場合は、鉄道とバスが現実的な選択肢になります。

マルペンサ空港では、鉄道とバスも、ミラノ市街への直行便(鉄道の場合は一部停車駅あり)が用意されており、タクシーには劣るものの、かなり便利に利用することができます。

ここでは、各移動方法について、もう少し詳しくみていきたいと思います。

 

1. タクシー利用の場合

マルペンサ空港からミラノ市街へのタクシー固定料金が適用されており、一律90ユーロとなっています。旅行していた当時は1ユーロ=約120円でしたので、90ユーロは約10800円ということになります。やはり結構高いですね・・。

また、イタリアなので、タクシー料金をごまかされないように、乗る前に料金の確認は必須ですね。そういう意味ではタクシー運転手と交渉するという、ちょっとしたハードルもあります。

家族など4人で利用できれば、一人約2500円程度になるので、まずまずですが、単身や夫婦2名などの場合は、かなり高くつきます。所用時間は約50分です。

  • 料金:90ユーロ(一律)
  • 所要時間:約50分
  • 考慮点:利用前に料金の確認が必要

 

2. 鉄道利用の場合

マルペンサ空港からミラノ市街へは、マルペンサ・エクスプレスという鉄道が運行しています。成田エクスプレスみたいなものですね。(^_^)

マルペンサ空港からは、ミラノ中央駅行きと、ノルド・カルドナ駅(ミラノ北駅)行きの2系統があるので、間違えないように注意する必要があります。また、途中停車駅もあるので、間違えて途中で降りないように注意が必要です。

ミラノ中央駅行きと、ノルド・カルドナ駅(ミラノ北駅)行きのどちらを選ぶかは、宿泊するホテルから便利な方の駅をあらかじめ調べておく必要があります。

所要時間は約50分、料金は12ユーロとなっています。1ユーロ=約120円とすると、ひとり約1440円です。タクシーに比べるとやっぱりリーズナブルですね。所要時間は約50分です。

  • 料金:12ユーロ
  • 所要時間:約50分
  • 考慮点:2系統あるので、行き先を間違えないように要注意

 

3. バス利用の場合

マルペンサ空港からミラノ市街へは、直行バスが運営されています。イタリアではブルマンというそうです。3社のバス会社が運営されており、片道はどのバス会社も8ユーロ程度です。(若干前後するようです。ピピノブは行きも帰りもひとり8ユーロでした)

1ユーロ=約120とすると、約1000円ですね。一番リーズナブルです。また、所要時間はこちらも50分と、タクシー、鉄道と比較しても変わりません。

また、バスの場合は、途中の停車駅もないので、最後まで安心して乗っていられるというメリットもあります。ただし、3社が運営していることで、呼び込み合戦が若干うっとおしいという考慮点もあります。(^_^;)

  • 料金:8ユーロ
  • 所要時間:約50分
  • 考慮点:3社で運営のため呼び込み合戦がある

 

どの移動方法を選択するか?

各移動方法をまとめると以下のようになります。

  • タクシー:一番楽だけど、やっぱり割高
  • 鉄道:まあまあ便利だけど、切符買ったり乗ったりするのが難しそう。値段もそこそこ
  • バス:まあまあ便利で、切符買ったり乗ったりするのが簡単そう。値段も一番安い

 

深夜到着だったら迷わずタクシーを選択してもいいのですが、ミラノの到着が18:30ということで、そんなに遅い時間でもありません。ということで、今回は、「まあまあ便利で、切符買ったり乗ったりするのが簡単そう。値段も一番安い」という理由から、バスを選択することにしました。

 

スポンサードリンク

 

 

バスを利用したミラノ市内への移動の様子をレポート

ミラノのマルペンサ空港に到着し、ゲートを出ると、でかでかと「BUS」と書かれた案内板があるので、その案内に従って移動します。

こちらの写真のように、ミラノ市内へのバス乗り場は、4番出口にあります。

f:id:pipinobu:20160804225726j:plain

 

4番出口から外に出ると、バスが2台、待機しています。右と左、それぞれ別の会社です。

ここでは、熾烈な呼び込み合戦をしているので、どちらかを選択する必要があります。

 

だいたい、お兄さんたちは、

 

「ミラ〜ノ!ミラ〜ノ!」と叫んでいます。(ちょっと巻き舌気味で)

 

そこで、どっちにしようかと迷っていると、

 

「ワンミニッツ!ワンミニッツ!」と変化球を投げてきます。(笑)

 

どちらのバスも、見た目は対して変わらないし、料金の違いもこの状況ではわかりません。しかし、一歩踏み出す必要があります。

 

そこで、青が好きなピピノブは、直感で車体が青い方を選択しました。(^_^;)

 

最初、「ミラ〜ノ!ミラ〜ノ!」と叫んでいたので、本当に中央駅に向かうか若干不安だったので、「セントラルステーション?」と聞いてみましたが、「OK!OK!」ということでした。どうやら、大丈夫そうです。

料金はひとり8ユーロで、2人で16ユーロでした。事前に調べてあった価格と同じだったので、ぼられてはいないようです。

ということで、呼び込みをしていたお兄さんに、バスの入り口でお金を払って、バスに乗り込みました。切符はこんな感じです。

f:id:pipinobu:20160804225730j:plain

 

バスの中はこんな感じで、とても近代的で綺麗なバスです。ピピノブたちは使いませんでしたが、車内に無料WiFiもあるようでした。

f:id:pipinobu:20160804225735j:plain

 

ピピノブたちが乗った時は、車内が結構空いていたので、10分ぐらいバスのシートが埋まるのを待ってから出発しました。

 

「ワンミニッツ!ワンミニッツ!」と叫んでいたのは何だったんでしょう?

 

まあ、イタリアですからね。(^_^;)

f:id:pipinobu:20160804225739j:plain

 

そんなこんなで、50分ほど車内で揺られ、無事にミラノ中央駅に到着しました。時刻としては、19:30頃です。

f:id:pipinobu:20160804225745j:plain

 

こちらが、到着した時に撮影したミラノ中央駅の様子です。違和感に気づきますか?

f:id:pipinobu:20160804225750j:plain

 

そうです、とっても明るいんです。

 

この時、時刻は19:40ぐらいです。日本だったら、もう暗くなっている時間だと思いますが、夏のヨーロッパは日が長いんですよね。21:00を過ぎて、やっと暗くなるような感じでした。イタリア人の夕食は21:00ぐらいからスタートするそうなんですが、理由がわかるような気がします。こんなに明るいようでは、夕食の気分がでないですよね。

 と、最後はよく分からない感想になってしまいましたが、無事にミラノ市内に到着できたということで、今回はここまで。

 

海外旅行がお好きな方はこちらの記事も必見です!年20万以上のマイルを貯める秘密の全てをこちらの記事にまとめています。年20万マイルあれば、年2-3回、好きなところに海外旅行できますよ。

 

また、旅好きの方はこちらの記事も必読です。SPGアメックスカードがあれば、ウェスティン、シェラトン、マリオット、リッツ・カールトンなど世界中の高級ホテルでVIP待遇を受けることができます。部屋のアップグレードや、エグゼクティブラウンジ、レイトチェックアウトなど様々な特典が受けられます。旅が低コストでありながら、ぐっと豪華になり、楽しくなりますよ。

 

 

次の記事==>

ウェスティン・パレス・ミラノ宿泊記:SPGアメックスカードの威力は?

 

<==前の記事

アリタリア航空787便(AZ787)搭乗記:デルタアメックスゴールドで快適な空の旅

 

<イタリア旅行記の目次>

イタリア旅行記2016:全体の目次、記事一覧はこちらです!

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

   

 

 

関連記事