陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!


< 旅好き&陸マイラー注目記事! >

SPGアメックスとANAマイルで格安で豪華なハワイ旅行を実現!

アメックスゴールドが年会費無料&30,000ボーナスポイント!

ポイントサイトの入会はここからがお得!入会特典ランキング!

スポンサーリンク

ミラノのおすすめ観光スポット12選!<イタリア旅行記2016>

f:id:pipinobu:20161020105255j:plain

 

ミラノのおすすめ観光スポット12選!<イタリア旅行記2016>

今回は、ミラノ観光におけるおすすめスポットを厳選してご紹介します。ミラノの観光スポットして有名なのは、ガレリアやドゥオーモ、最後の晩餐です。ミラノで観光といった場合、これら3つがすぐに思いつく方は多いのではないでしょうか。しかし、ミラノにはそれ以外にも魅力的な観光スポットが点在しています。歴史的な建造物あり、グルメあり、ショッピングあり、盛りだくさんです。今回は我々が実際に訪れた場所を中心に、12のおすすめスポットに絞ってご紹介したいと思います。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

ミラノとは

ミラノはイタリアでも最大の都市圏人口を擁する大都市です。ミラノ・コレクションが開催されるファッションの街として、また、服飾・繊維産業を中心とした工業都市として有名です。また、ガレリアやドゥオーモ、最後の晩餐等、イタリアの歴史を物語る観光地としても人気があります。

ミラノ(伊: Milano)は、イタリアで最大の都市圏人口を擁する都市で、ミラノ県の県都およびロンバルディア州の州都である。ヨーロッパ有数の世界都市。イタリア語のアクセントの関係でミラーノと記されることもある。英語ではミラン(英: Milan)、フランス語ではミラン(仏: Milan)、ドイツ語ではマイラント(独: Mailand)、スペイン語ではミラン(西: Milán)、ラテン語ではメディオラーヌム(羅: Mediolanum)と言う。

ミラノはイタリア全土では首都ローマに次ぎ第2位、北部イタリアにおいては最大の都市で商業、工業、金融の中心。観光地としても名高い。1982年に1,607,804人いた人口はその後ドーナツ化現象で長く減り続けたが、ここ数年はおよそ130万人前後で落ち着いている(2013年時点の人口は1,324,169人)。2015年の近郊を含む都市圏人口は約526万人であり、イタリアで最大、南ヨーロッパではスペインのマドリードに次ぐ都市圏を形成している。日本の稚内市とほぼ同緯度に位置するが、最寒月の平均気温がおよそ5℃程度と、比較的温暖。

ミラノ・コレクションなどで知られるように古くから服飾・繊維産業などファッション関連の産業が盛んな土地柄であるが、近年は航空産業や自動車産業、精密機器工業なども発達しておりイタリア最大級の経済地域を形成している。

ミラノ - Wikipedia

 

ミラノのおすすめ観光スポット12選

ミラノのおすすめ観光スポット1:ドゥオーモ

ミラノの観光スポットとして、ドゥオーモを外すことはできません。ミラノ市内の中心部に位置しているミラノのシンボルともいえる建造物です。

 

ドゥオーモは壮大なゴシック様式の大聖堂で、とにかく巨大、とにかく圧巻です。たぶん、想像の5倍ぐらいあります。のけぞって見上げるほどの大きさです。完成には、なんと5世紀(=500年!)もの歳月が必要だったそうで・・。ただただ、すごいです。

 

ドゥオーモの外観も素晴らしいですが、内部の装飾も圧巻です。また、屋上テラスにも上がることができ、ミラノ市街を一望する絶景を味わうこともできます。一箇所でいろいろな楽しみ方ができるのも、ドゥオーモの魅力ですね。

f:id:pipinobu:20160812233222j:plain

f:id:pipinobu:20160812194730j:plain

f:id:pipinobu:20160812194459j:plain

f:id:pipinobu:20160816213815j:plain

f:id:pipinobu:20160816213805j:plain

 

ドゥオーモ観光に関する詳細は、当ブログでも2回に分けてご紹介しています。ぜひご参照ください。


ミラノのおすすめ観光スポット2:ガレリア

ミラノのガレリア。正確には「ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア」といます。ドゥオーモのすぐ近くにあり、ドゥオーモとセットで観光することができます。ガレリア観光で有名なのは「おまじない」の儀式です。雄牛のレリーフの「急所」を踏みしめながら、くるくると3回まわる願いが叶うというものです。テレビなんかでもよく紹介されていますので、見たことがあるかたも多いのではないでしょうか?せっかくミラノに来たのであれば、ゲン担ぎで一度はトライしてみましょう!

f:id:pipinobu:20160810225731j:plain

f:id:pipinobu:20160810225745j:plain

f:id:pipinobu:20160810225752j:plain

f:id:pipinobu:20160810225844j:plain

 

ガレリア観光に関しては、こちらで詳しくご紹介しています。

 

ミラノのおすすめ観光スポット3:最後の晩餐

「最後の晩餐」は言わずと知れた、天才レオナルドダヴィンチの最高傑作と名高い作品です。人類の宝とも言われているものです。なので、この「最後の晩餐」の鑑賞をミラノ旅行における最大の目的にされている方も多いのではないでしょうか?

 

実は私もその一人です。死ぬまでに実物をこの目で見てみたかったというのがその理由です。実際に、その現物を見てみると、本物が放つオーラに圧倒されます。ただただ感動です。

 

このレオナルドダヴィンチの「最後の晩餐」は、ミラノにある「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院」隣の食堂の壁に描かれており、現在でもその場所で展示されています。

f:id:pipinobu:20160825095954j:plain

f:id:pipinobu:20160825100121j:plain

f:id:pipinobu:20160825100225j:plain

f:id:pipinobu:20160825100234j:plain

 

最後の晩餐に関する詳細は、こちらをご参照ください。

 

ミラノのおすすめ観光スポット4:スフォルツァ(スフォルツェスコ)城

スフォルツァ城(地球の歩きかた等のガイドブックにはスフォルツァ、google mapにはスフォルツェスコと記載があります。当ブログではスフォルツァと表記します)はミラノのルネッサンス期最大の宮殿です。ルネッサンス期には、各地から芸術家がこのお城に集められ、その腕を競っていました。また、その後は、フランスやスペインからの攻勢にあった際には、強固な防衛拠点として利用されました。

 

現在は、スフォルツァ城内には、様々な博物館が整備されており、文化的な施設として利用されています。城内の博物館は有料ですが、中庭は無料で開放されているので、公園もしくは散歩コースとして地元の人にも多く利用されています。中世のお城好きにはたまらない観光スポットです。

f:id:pipinobu:20161020104654j:plain

f:id:pipinobu:20161020102827j:plain

f:id:pipinobu:20161020102832j:plain

f:id:pipinobu:20161020102838j:plain

f:id:pipinobu:20161020102907j:plain

f:id:pipinobu:20161020102925j:plain

 

スフォルツァ城の地図はこちらになります。最寄駅は、地下鉄のカイロリ(Cairoli)、ランツァ(Lnaza)、カドルナ(Cadorna)になります。ぞれぞれ、徒歩5分から10分程度となります。

 

スポンサードリンク

 

 

ミラノのおすすめ観光スポット5:スフォルツァ城博物館

スフォルツァ城内にある博物館です。こちらの博物館では、スフォルツァ城内部を見学できる他、馬具や武具など、お城ゆかりの展示物を鑑賞することができます。いくつもの展示室に分かれており、それぞれの展示物も素晴らしいですが、綺麗な装飾が施された天井もまた素晴らしいです。

f:id:pipinobu:20161020103424j:plain

f:id:pipinobu:20161020103430j:plain

f:id:pipinobu:20161020103439j:plain

f:id:pipinobu:20161020103446j:plain

f:id:pipinobu:20161020103501j:plain

f:id:pipinobu:20161020103530j:plain

f:id:pipinobu:20161020103510j:plain

f:id:pipinobu:20161020103600j:plain

 

ミラノのおすすめ観光スポット6:ロンダニーニのピエタ

こちらは、スフォルツァ城博物館の一部なのですが、特に有名な作品なので別枠でご紹介します。こちらの「ロンダニーニのピエタ」は、あの有名なミケランジェロの最後の作品と言われていています。この作品だけの特別な展示室(別棟)が用意されていて、別格の扱いになっています。それだけ貴重な作品だということですね。完成しているのか、完成していないのか、それすらあいまいな感じの、特別な趣のある作品になっています。

f:id:pipinobu:20161020103758j:plain

f:id:pipinobu:20161020103843j:plain

f:id:pipinobu:20161020103847j:plain

f:id:pipinobu:20161020103806j:plain

f:id:pipinobu:20161020103815j:plain

 

ミラノのおすすめ観光スポット7:サンタブロージェ聖堂

ミラノの守護聖人である大司教アンブロージョを奉るミラノ最古の聖堂です。アンブロージョ自身によって、386年に建てられたものを、9世紀から11世紀にかけて再建されたものだということです。ミラノには、ローマのように古代を感じられるような古い建造物はないと思っていたのですが、その認識が覆される建造物です。

 

外観はお城を思わせるような堅牢な作りで、どこか寂しげな印象を持ちますが、内部には黄金の祭壇があり、そのギャップも楽しむことができます。古代の建物好きにはたまらないスポットです。現代のミラノにいることを、一瞬忘れさせてくれます。

f:id:pipinobu:20161020105224j:plain

f:id:pipinobu:20161020105230j:plain

f:id:pipinobu:20161020105234j:plain

f:id:pipinobu:20161020105239j:plain

f:id:pipinobu:20161020105250j:plain

f:id:pipinobu:20161020105255j:plain

f:id:pipinobu:20161020105301j:plain

f:id:pipinobu:20161020105307j:plain

f:id:pipinobu:20161020105312j:plain

f:id:pipinobu:20161020105319j:plain

 

サンタブロージェ聖堂の地図はこちらになります。最寄駅は、地下鉄のカドルナ(Cadorna)になります。徒歩10分程度となります。

 

 

ミラノのおすすめ観光スポット8:サン・マウリツィオ教会

15世紀から続いたマッジョーレ女子修道院付属の教会です。ルネッサンス期の装飾が優美な建造物なのですが、内部がとにかく素晴らしいです。色鮮やかな装飾が施されており、日本の蒔絵のようです。ガイドブックの扱いは小さく、内部の写真が紹介されていないので見逃しがちなところがとっても残念。おすすめスポットなのでぜひ一度訪れてみてください。

f:id:pipinobu:20161020110111j:plain

f:id:pipinobu:20161020110115j:plain

f:id:pipinobu:20161020110124j:plain

f:id:pipinobu:20161020110126j:plain

f:id:pipinobu:20161020110139j:plain

f:id:pipinobu:20161020110203j:plain

 

サン・マウリツィオ協会の地図はこちらになります。最寄駅は、地下鉄のカドルナ(Cadorna)になります。徒歩10分程度となります。

 

スポンサードリンク

 

 

ミラノのおすすめ観光スポット9:イータリー(ミラノ店)

イータリー(EATALY)はイタリアで展開している高級スーパー、フードデパートです。こちらミラノ店は3階建てになっており、とっても広くて内容充実、イタリアの食材やお土産がなんでも揃います。

 

ミラノには観光客が気楽に見学できるような市場がありませんが、イータリーはその代わりにもなる食の観光スポットになっています。イートインコーナーやレストランも併設されているので、ランチやディナーにも使える便利スポットです。また、イタリア各地の名産物が集められているので、お土産のまとめ買いスポットとしても非常に重宝します。

f:id:pipinobu:20160904081840j:plain

f:id:pipinobu:20160904081857j:plain

f:id:pipinobu:20160904083952j:plain

f:id:pipinobu:20160904085212j:plain

f:id:pipinobu:20160904090401j:plain

f:id:pipinobu:20160904090956j:plain

f:id:pipinobu:20160904091011j:plain

f:id:pipinobu:20160904091015j:plain

 

イータリーに関する詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

ミラノのおすすめ観光スポット10:アウトレット・ショッピング(セッラバッレ)

アウトレットショッピングは、ブランド品が正規価格の3-7割引で購入できるのが魅力です。ミラノはイタリアファッションの中心地であり、工業地帯でもあります。なので、アウトレットショップは市内にも点在していますし、郊外型の大規模なアウトレットモールも存在しています。

 

そんなミラノの中でも、セッラヴァッレは最大のアウトレットモールです。アウトレットタウンといっても過言でないほど巨体なモールです。欧米系ブランドを中心に、180種類のブランドが勢ぞろいしており、それらのブランド品を30%から70%引きで購入することができます。ハイブランドからカジュアルブランドまで、何でも揃っています。

 

特に、日本で人気のプラダやモンクレール、デュベティカ、ウールリッチなどが出店しているところもポイントが高いです。旅行者であれば後から免税(デタックス)も適用できるため、さらにお得価格になる可能性もあります。市内からちょっと遠いのが難点ですが、バスでのツアー参加なら、行きも帰りも楽々です。ショッピング好きなら外せないおすすめスポットです。

f:id:pipinobu:20160917134152j:plain

f:id:pipinobu:20160917134201j:plain

f:id:pipinobu:20160917134206j:plain

f:id:pipinobu:20160917134210j:plain

f:id:pipinobu:20160917134214j:plain

 

 

アウトレットショッピング(セッラバッレ)に関する詳細は、こちらご参照ください。

 

ミラノのおすすめ観光スポット11:B級グルメ巡り

ミラノには有名なB級グルメが数々あります。その中でも2大巨頭とも言えるのが、スポンティーニとルイーニです。スポンティーニはピザ、ルイーニはパンチェロッティ(揚げピザ)の名店です。イタリアだけあって、両方ともチーズとトマトのピザテイスト。熱々でトロトロの状態のチーズを、買ったその場でいただくのがおすすめです。

 

まず、こちらはスポンティーニ。

f:id:pipinobu:20160828105637j:plain

f:id:pipinobu:20160828105657j:plain

f:id:pipinobu:20160828105702j:plain

f:id:pipinobu:20160828105707j:plain

 

続いてはルイーニです。

f:id:pipinobu:20161016231559j:plain

f:id:pipinobu:20161016231616j:plain

f:id:pipinobu:20161016231626j:plain

f:id:pipinobu:20161016231638j:plain

 

スポンティーニ、ルイーニに関する詳細は、こちらの記事をそれぞれご参照ください。


 

ミラノのおすすめ観光スポット12:ジェラテリア巡り

イタリアでは老若男女、季節問わずジェラートを食べる文化があり、街中のいたるところにジェラテリアがあります。その分、各ジェラテリアのレベルも高く、おいしいジェラートを手軽にいただくことができます。

 

我々も今回のイタリア旅行でたくさんのジェラートをいただきました。イタリア旅行は、このジェラテリア巡りのために、毎回、夏の時期を選んだりしています。ジェラテリアは冬でももちろん営業していますが、やはり、暑い季節に食べるジェラートは一味違います。

f:id:pipinobu:20161019145506j:plain

f:id:pipinobu:20161019145932j:plain

f:id:pipinobu:20161019145316j:plain

f:id:pipinobu:20161019145755j:plain

f:id:pipinobu:20161019150030j:plain

f:id:pipinobu:20161019150212j:plain

 

詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

ミラノのおすすめ観光スポット12選:まとめ

今回はミラノの観光スポットを厳選してご紹介しました。ミラノには、ガレリアやドゥオーモ、最後の晩餐以外にも、歴史的な建造物や、グルメス、ショッピングなど、魅力的なスポットが存在していることをご理解いただけたのではないかと思います。これからミラノを訪れる方の参考に少しでもなればと思います。

 

次の記事==>

ミラノ・マルペンサ空港での免税手続き方法!通常とちょっと異なる手順を解説

 

<==前の記事

ミラノのおすすめジェラテリア5選!人気のジェラートはここで食べよう!

 

<イタリア旅行記の目次>

イタリア旅行記2016:全体の目次、記事一覧はこちらです!

 

海外旅行好きの方はこちらの記事も注目です。SPGアメックスとANAマイルを利用することで、低コストで豪華なハワイ旅行を実現しています。夫婦2人でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円だけの現金持ち出しだけで実現しています。しかも、部屋の超絶アップグレードも受けられたというおまけ付きです。ぜひ合わせてご参照ください。

 

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事