陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!


< 旅好き&陸マイラー注目記事! >

SPGアメックスとANAマイルで格安で豪華なハワイ旅行を実現!

アメックスゴールドが年会費無料&30,000ボーナスポイント!

見逃し厳禁!ポイントサイトの入会特典ランキング!

スポンサーリンク

大阪マリオット都ホテル:朝食とフィットネスジムをレポート!<SPG/Marriott>

f:id:pipinobu:20170625155022j:plain

 

大阪マリオット都ホテル:朝食とフィットネスジムをレポート!<SPG/Marriott>

今回は、大阪マリオット都ホテル(マリオット大阪)での朝食とフィットネスジムの様子をレポートします。朝食はマリオットのゴールド会員の特典を利用して、クラブラウンジでいただきました。内容充実の朝食ビュッフェを無料でいただくことができました。また、朝食後は、ホテル内のフィットネスジムを覗いてみました。フィットネスジムの方は、宿泊者であれば無料で利用することができます。驚くほど空いていますので、こちらもオススメ。当記事では、そんなクラブラウンジでの朝食とフィットネスジムの様子を、詳しくご紹介していきたいと思います。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

大阪マリオット都ホテルとは

大阪マリオット都ホテルは、日本一高いビルとして有名な「あべのハルカス」の中に入っています。

 

あべのハルカスは60階建てですが、大阪マリオット都ホテルは、そのうちの38階から57階を占めています。

 

大阪マリオット都ホテルは、360室の客室を持っていますが、全室に床から天井までの全面窓を配しており、見渡す限りの絶景と大阪市街の圧倒的な眺めを楽しむことができるのが特徴です。

 

<大阪マリオット都ホテルの基本情報>

  • 住所:阿倍野区阿倍野筋1-1-43
  • 客室:21 フロア , 360 部屋
  • チェックイン時間:15:00
  • チェックアウト時間:12:00

 

大阪マリオット都ホテルの周辺地図はこちらになります。

 

また、大阪マリオット都ホテルの公式HPはこちらになります。

www.marriott.co.jp

 

大阪マリオット都ホテル:ここまでの経緯

こちらの記事では、大阪マリオット都ホテルへのチェックインの様子から、今回宿泊した「プレミアコーナールーム」の価格、お部屋の様子、高層階からの眺望まで、詳しくご紹介しています。

 

また、こちらの記事では、クラブラウンジでのカクテルタイムの様子を詳しくご紹介しています。合わせてご参照ください。

 

大阪マリオット都ホテル:クラブラウンジとは

クラブラウンジの場所と利用資格

大阪マリオット都ホテルのクラブラウンジは、ホテルの38階に位置しています。利用できるのは、クラブフロア宿泊者、もしくは、マリオットの会員制度のエリート会員(プラチナ、もしくは、ゴールド)のみが利用できる特別なラウンジです。

 

我々は、SPGアメックスを保有することで、マリオットのゴールド会員となっているため、利用することができました(マリオットのゴールド会員1名につき、同伴者1名まで無料で利用できます)。

 

クラブラウンジの営業時間

クラブラウンジの営業時間は以下となっています。全体の営業時間は6:00から24:00までと、かなり長い時間帯での営業となります。この営業時間の中で、各時間帯に応じたフード&ドリンクサービスが提供されています。

 

<クラブラウンジ営業時間>

  • 全体:6:00から24:00
  • レセプション:7:00から22:00(チェックイン、チェックアウト、各種ご案内)
  • 朝食:6:00から10:30(6:00から7:00はコンチネンタルのみ)
  • ティータイム:10:00から14:30
  • アフタヌーンティー:14:30から17:00(各種デザートを用意)
  • カクテルタイム:17:30から19:30(各種オードルブを用意)
  • バータイム:19:30から21:30
  • ティータイム:21:30から24:00

 

今回の記事でご紹介するのは、上記赤字の朝食の様子になります。

 

クラブラウンジの利用料金

クラブフロア宿泊者でない方を、クラブラウンジへ同伴する場合は、追加料金が必要となります。各時間帯で料金は異なっており、料金は以下となっています(ひとりあたりの追加料金です)。

 

<同伴者の追加料金>

  • 朝食:3,200円
  • アフタヌーンティー:2,500円
  • ティー・タイム:2,000円
  • カクテルタイム:4,500円
  • バータイム;3,000円

 

マリオットのゴールド会員の場合は、同伴者1名まで無料でクラブラウンジを利用することができます。我々は夫婦2人での利用だったので、朝食を2名で利用するだけで、6,400円分(=3,200円 x2名分)お得だったということが言えます。

 

とってもお得です。

 

スポンサードリンク

 

 

大阪マリオット都ホテル:朝食の様子をレポート

クラブラウンジへのアクセスと雰囲気

大阪マリオット都ホテルのクラブラウンジは、ホテルの38階にあります。

 

クラブラウンジの入り口はこんな感じです。なかなか高級感があります。エリート会員でなければ、怖くて扉を開けられないと思います(笑)。

f:id:pipinobu:20170624155349j:plain

 

クラブラウンジの中は、テーブル席とソファー席に分かれています。今回は、あまり混雑していかなったこともあり、こんな感じのスペースに余裕のあるソファー席に案内いただきました。ファブリックもカラフルでおしゃれですね。

f:id:pipinobu:20170625154723j:plain

 

朝食ビュッフェの料理の様子

それでは、まずは気になる食事の品揃えを確認していきたいと思います。

 

朝食はビュッフェ形式になっており、こちらのようなビュッフェカウンターの上に、料理がずらずらっと並べられています。一番右手に、コックさんの格好の方がいらっしゃるのは、エッグステーションです。

f:id:pipinobu:20170625155109j:plain

 

エッグステーションでは、その場で出来立ての卵料理をオーダーすることができます。マリオットといえば、オムレツが有名なので、ここでもオムレツがオススメです。カウンターの手前には、オムレツの具が置かれており、自分で好きな具をピックアップして、お願いするシステムです。出来上がると、テーブルまで持ってきてくださいます。

f:id:pipinobu:20170625154827j:plain

f:id:pipinobu:20170625154832j:plain

 

 エッグステーションの隣には、パンがたくさん並べられています。どれもホテルメイドで、焼きたてサクサクです。ジャムやバターなども種類豊富に用意されていました。

f:id:pipinobu:20170625154837j:plain

 

こちらはサラダバーですね。野菜はどれも新鮮な感じで、ドレッシングが6種類も用意されていました。私は結構サラダ好きなので、ドレッシングの種類が多いとテンションがあがります。

f:id:pipinobu:20170625154843j:plain

f:id:pipinobu:20170625154848j:plain

 

続いては前菜コーナー。生ハムはサーモン、サラミなどなど。カクテルタイムもそうですが、生ハムは大好物なので、食べ放題で用意されているのは、とても嬉しいです。また、和食として、卵焼きや納豆なども用意されていますね。

f:id:pipinobu:20170625154917j:plain

 

続いては、ホットミールです。ポテトやたこ焼き、鮭の塩焼き。品揃えとして、ちょっとバラバラ感がありますね。ポテトやたこ焼きなんかは、朝食よりも、前日のカクテルタイムにあったら、嬉しかったなかあ・・。

f:id:pipinobu:20170625154855j:plain

 

こちらも、ホットミールの続きです。ソーセージやハム。

f:id:pipinobu:20170625154902j:plain

 

こちらは、朝食の定番である、スクランブルエッグとかりかりベーコン。

f:id:pipinobu:20170625154907j:plain

 

こちらは、シューマイと生卵。

f:id:pipinobu:20170625154912j:plain

 

別のテーブルには、おかゆも用意されていました。写真の右手のボックスの中は、全部おかゆの具(トッピング)ですね。

f:id:pipinobu:20170625154955j:plain

 

こちらも、朝食の定番のシリアル。シリアル、トッピングともに、たくさんの種類が用意されていました。

f:id:pipinobu:20170625155042j:plain

 

最後は、フルーツ各種。ライチやオレンジ、パイナップル、キウイなどなど。

f:id:pipinobu:20170625154924j:plain

 

スポンサードリンク

 

 

朝食ビュッフェのドリンクの様子

続いては、ドリンクの品揃えです。こちらは、常設になっている紅茶コーナー。マフィンの用意もあります。

f:id:pipinobu:20170625155138j:plain

 

こちらも常設になっているコーヒーのコーナー。

f:id:pipinobu:20170625155143j:plain

 

そして、朝食で目新しかったのが、こちらのフレッシュジュースのコーナー。写真だとわかりづらいですが、オレンジは搾りたて感のある、つぶつぶの残ったフレッシュジュースでした。他にも、いくつかの種類のフルーツジュースと、ミルク、トマトジュースなどが用意されていました。

f:id:pipinobu:20170625155150j:plain

 

朝食ビュッフェでいただいたもの

そんなこんなで、今回の朝食ビュッフェでいただいたものはこちらになります。

 

まずは、フレッシュジュースとともに、サラダと前菜の数々。

f:id:pipinobu:20170625155016j:plain

 

サラダと前菜をいただいていると、先ほどオーダーしてあったオムレツが登場。オムレツはできたてアツアツ、プルプルのふわふわです。中もとろとろで絶品でした。見た目も素晴らしいですね。

f:id:pipinobu:20170625155022j:plain

 

こちらは、パンとホットミール各種。ホテルで食べるクロワッサンは、いつもカリカリのサクサクで最高です。こちら、大阪マリオット都ホテルのクロワッサンは、他のホテルのものと比較しても、かなりレベルが高いと感じましたね。

 

ホットミールは食べるとすぐにおなかがいっぱいになってしまうので、ちょっとずついろんな種類を持ってきて、あとで気に入ったものだけお代わりしています(笑)。

f:id:pipinobu:20170625155028j:plain

 

こちらは、お味噌汁とおかゆです。洋食を食べていても、最後はなぜか、和食っぽいのもが食べたくなってしまうんですよね・・。

f:id:pipinobu:20170625155032j:plain

 

朝食ビュッフェの感想

大阪マリオット都ホテルのクラブラウンジでの朝食は、和洋中、種類豊富な朝食ビュッフェでした。ビュッフェレストランでの朝食提供ではありませんので、種類に限りはありますが、ポイントは抑えられており、必要十分なレベルに感じました。

 

特に、エッグステーションが用意されており、できたてのマリオット名物のオムレツがいただけるとのは、かなりの高ポイントです。これがあるのとないのでは、満足感がだいぶ違いますからね。

 

このあとは、コーヒーや紅茶などもいただき、ゆったり広々のソファー席で、朝の時間を優雅に過ごすことができました。

 

スポンサードリンク

 

 

大阪マリオット都ホテル:フィットネスジムの様子をレポート

クラブラウンジで朝食をいただいた後は、ホテル内の探検も兼ねて、フィットネスジムにお邪魔してみることにしました。

 

フィットネスジムを利用できるのは?

大阪マリオットの宿泊者であれば、誰でも無料で利用できます。ありがたいことです。

 

フィットネスジムの営業時間

大阪マリオットのフィットネスジムは、24時間利用できます。

 

ただし、スタッフの方の常駐は、どの時間もありませんので、個人の責任で利用する形になっています。

 

ホテルとしては、場所と設備だけを提供しているという形ですね。

 

フィットネスジムへのアクセスと雰囲気

大阪マリオット都ホテルのフィットネスジムは、ホテルの38階にあります。クラブラウンジと同じフロアです。クラブラウンジから、さらに奥に入っていったところにあります。

 

大阪マリオットのフィットネスジムの入り口はこんな感です。カードキーを利用して、ジムの中に入るシステムになっています。入り口前には、利用に関する注意書きがありますので、しっかりと理解しておきましょう。

f:id:pipinobu:20170625153708j:plain

 

フィットネスジムの様子

フィットネスジムの中はこんな感じになっています。窓際には、ランニングマシンやサイクリングマシンが置かれています。また、反対側には、ウェイトマシンなども置かれていました。

f:id:pipinobu:20170625153702j:plain

 

こちらのフィットネスジムで特筆すべきは、その明るさです。大きく窓が取られているので、非常に明るい空間になっています。

 

また、38階に位置しているので、見晴らしも最高です。

 

こちらは、ランニングマシンからのビューです。

f:id:pipinobu:20170625153653j:plain

 

大阪市街が一望できます。こんな絶景を楽しみながらトレーニングできるのは、なかなか気持ち良さそうです。

f:id:pipinobu:20170625153647j:plain

 

備品についても、しっかり用意されています。タオルが豊富に用意されています。また、無料のお水も置かれているので、水分補給もばっちりです。

f:id:pipinobu:20170625153642j:plain

 

フィットネスジムの感想

この時は日曜日の朝(朝食後なので9時ぐらいかな)でしたが、利用者は我々以外、誰もいませんでした。結構穴場かもしれません。

 

特に、ホテル内のフィットネスというと、ホテルの端っこのスペースに申し訳程度に用意されていたりして景色はあまり望めないというイメージですが、こちらのフィットネスジムは、眺望が素晴らしいのでポイントが高いです。

 

無料でこれだけの設備が利用できるのは嬉しいサービスですね。

 

大阪マリオット都ホテル:朝食とフィットネスジムのまとめ

今回は、大阪マリオット都ホテル(マリオット大阪)での朝食ビュッフェとフィットネスジムの様子をレポートしました。今回、朝食はクラブラウンジでいただきましたが、種類豊富な朝食ビュッフェを、無料でいただけるのは、ゴールド会員ならではの嬉しい特典です。普通にお金を出していただこうとすれば、夫婦2人で、合計6,400円ほど必要になります。ゴールドメンバーって素晴らしいですね。

 

ちなみに、私がマリオットの「ゴールド会員」になり、クラブラウンジの利用などの特典を受けられるのは「SPGアメックス」のおかげです。

 

SPGアメックスを保有していると、SPG、マリオット、リッツ・カールトン、3つのホテルブランドのゴールド会員の資格を得ることが、ホテルから様々な特典を受けることができます

 

SPGアメックスについては、特典からメリット・デメリット、お得な入会方法まで、こちらの記事で詳しくご紹介しております。記事の中でもご説明していますが、SPGアメックスでは、現在、入会紹介キャンペーンを実施しています。私からの紹介でのご入会で17,000ポイントを獲得できます。SPGアメックスの公式HPからご入会するより、7,000ポイント分もお得です。SPGアメックスをお持ちでない方は、ぜひこちらの記事もご参照ください。

 

また、ホテル宿泊記の全体の目次、記事一覧はこちらになります。ホテル宿泊記のまとめ読みにご利用ください。

 

==>次の記事

あべのハルカス展望台(ハルカス300)に登ってみた!行き方と料金、待ち時間をレポート!

 

<==前の記事

大阪マリオット都ホテル:クラブラウンジのカクテルタイムをレポート!

 

<<ホテル宿泊記の全体の目次、記事一覧>>

ホテル宿泊記:全体の目次、記事一覧はこちらです!

 

旅行好きの方はこちらの記事も注目です。陸マイラーとしてSPGアメックスとANAマイルを利用することで、低コストで豪華なハワイ旅行を実践しています。夫婦2人でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円(税金・サーチャージ等)だけの現金持ち出しだけで実現しています。しかも、部屋の超絶アップグレードも受けられたというおまけ付きです。ぜひ合わせてご参照ください。

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事