陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!


< 旅好き&陸マイラー注目記事! >

SPGアメックスとANAマイルで格安で豪華なハワイ旅行を実現!

アメックスゴールドが年会費無料&30,000ボーナスポイント!

見逃し厳禁!ポイントサイトの入会特典ランキング!

スポンサーリンク

モクシー東京錦糸町 宿泊記:マリオットのゴールド会員特典とお部屋の様子をレポート!<SPG/Marriott>

f:id:pipinobu:20171103094543j:plain

 

モクシー東京錦糸町 宿泊記:マリオットのゴールド会員特典とお部屋の様子をレポート!<SPG/Marriott>

今回は、モクシー東京錦糸町(Moxy Tokyo Kinshicho)の宿泊記をお送りします。モクシー東京錦糸町は、2017年11月1日にオープンしたばかり、できたてほやほやのホテルです。モクシーは、マリオットグループのブランドの一つで、カジュアルかつデザイン性の高いホテルを展開しています。日本では、ここ東京錦糸町と大阪本町に、同時かつ日本初としてオープンしました。私も日本初のモクシーのホテルということで、興味津々、オープンまもないタイミングで伺ってみました。当記事では、そんなモクシー東京錦糸町における、マリオットのゴールド会員特典とお部屋および共用施設の様子を詳しくレポートしていきたいと思います。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

モクシー東京錦糸町とは

「モクシー東京錦糸町」は、東京都墨田区にあるマリオットホテルグループのデザインホテルです。2017年11月1日にオープンしたばかりの、できたてほやほやのホテルです。

 

マリオットグループの中には、いくつかブランドがありますが、その中でも「モクシー(

MOXY)」は一番カジュアルで、デザイン性の強いブランドになっています。

 

ターゲットはミレニアル世代と呼ばれる比較的若めの層で、簡素なサービスをリーズナブルな価格で提供しているのが特徴となっています。

 

ちなみに「MOXY」というのは、英語の「MOXIE(元気)」という単語の発音からもじった造語だそうです。

 

公式HPには、以下のように紹介されています。

実用性にちょっぴりエッジを効かせたモクシー東京錦糸町は、東京の下町を訪れるような気軽な感覚でご利用いただけるデザイナーズホテルです。日本伝統のおもてなしが十二分に発揮され、超高速の無料Wi-Fi、快適なベッドを備えたスタイリッシュでコンパクトな客室、24時間サービスのお食事とお飲物、静かなミーティングスペースなど、ビジネスにもレジャーにも必要なものがすべてが揃っています。そしてホテルご滞在中に楽しく過ごしていただくアクティビティも多くご用意しています。ダンスフロアで踊ったり、バーでカクテルを飲んだり、ライブラリーで折り紙や書道について学んだり、ジムで汗を流したり、ホテルの自転車で浅草の探索に出かけたり…様々な旅をお楽しみください。立地にも恵まれ、近隣には東京スカイツリーや浅草寺、皇居、それに野球や大々的なコンサートが楽しめる東京ドームなど、本格的に観光をされるお客様にもぴったりです。

モクシー東京錦糸町: 東京 デザイナーズホテル

 

なんか、普通のシティーホテルの紹介文とは違いますよね。ホスピタリティのような単語は一切出てきません。「モクシー東京錦糸町」は、ホテルで癒されるというよりは、自分自身でアクティブに楽しむためのホテルといえます。

 

<モクシー東京錦糸町の基本情報>

  • ホテル名:モクシー東京錦糸町
  • 住所:〒130-0022 東京都墨田区江東橋3-4-2
  • TEL:03-5624-8801
  • 客室数:205

 

モクシー東京錦糸町へのアクセス

「モクシー東京錦糸町」は、その名前のとおり、東京都の錦糸町に位置しています。錦糸町といっても、東京以外の方にはピンとこないかもしれませんね・・。

 

錦糸町は都心というよりは、下町といった位置づけですが、JR錦糸町駅が、千葉方面へのターミナルになっているため、かなり発展しています。駅前には、ヨドバシカメラやマルイなどがあります。

 

また、東京スカイツリーまで距離が近く、アクセスしやすい場所にもなっています。

 

最寄り駅は、JR錦糸町駅の他、東京メトロの錦糸町駅になります。

 

<コートヤード・マリオット銀座東武ホテルの最寄り駅>

  • JR:錦糸町駅
  • 東京メトロ:錦糸町駅

 

「モクシー東京錦糸町」の周辺地図はこちらになります。錦糸町は、JR錦糸町駅の北口側と南口側で印象が違う街です。北口側は住宅街、南口側が繁華街となっているのですが、「モクシー東京錦糸町」は南口側、繁華街のど真ん中に位置しています。便利な一方、周辺には、キャバクラや風俗店もありますので、女性一人の場合は要注意です。

 

モクシー東京錦糸町はマリオットのグループホテル

「モクシー東京錦糸町」は、その名前だけでは分かりづらいですが、前述のとおり、マリオットのグループホテルとなっています。

 

そのため、マリオットの会員制度である「マリオット・リワード」のエリート会員資格の特典を受けることが可能です。

 

もちろん、マリオットの公式HPから予約や、マリオット・リワードのポイントを使っての宿泊も可能ですし、宿泊によりポイントを貯めることもできます。

 

また、マリオットのプラチナチャレンジ(プラチナ・ステータス・チャレンジ)の宿泊実績としてもちゃんとカウントされます。実は私も、プラチナチャレンジの一環として宿泊しました。

 

モクシー東京錦糸町で予約したお部屋と料金

今回、こちらの「モクシー東京錦糸町」で当初予約したお部屋は「1クイーン」というお部屋でした。

 

実は、こちらの「モクシー東京錦糸町」には、お部屋は2タイプしかありません。「1クイーン」と「2シングル」です。

 

<モクシー東京錦糸町の部屋タイプ>

  • 1クイーン
  • 2シングル(ツイン)

 

どちらのお部屋も、定員は2名までとなっており、宿泊者が1名でも2名でも料金はかわりません。ひと部屋いくらという課金方法ですね。

 

予約時に、1人で泊まるのか2人で泊まるのか決めていなかったので、汎用性の高い「1クイーン」の方を選択しました。

 

予約時の価格は、14,210円でしたが、税金を含めると16,981円となりました。

f:id:pipinobu:20171103091236j:plain

 

私が予約した時は、「モクシー東京錦糸町」の予約が公式HPで開始された直後で、まだ、他のホテルサイトで予約が開始されていない状態だったので、ベストレート(最低価格保証)は利用しませんでした。

 

マリオットの最低価格保証(ベストレート)の詳細については、こちらの記事もご参照ください。

 

モクシー東京錦糸町のお部屋の仕様

「モクシー東京錦糸町」のお部屋の仕様は以下になっています。「1クイーン」と「2シングル」ともに、ベッドの広さと数が違うだけで、基本は同じ仕様です。

 

ポイントは赤字の部分です。お部屋の広さは20平米とコンパクトで、全室禁煙になっています。また、バスタブはなく、シャワーのみの用意となっています。バスタブ命の方は要注意です。

 

また、インターネット(WiFi)は無料で利用でき、各部屋には50インチの大画面液晶テレビが用意されているのが特徴になります。

 

<モクシー東京錦糸町のお部屋の仕様(全部屋共通)>


ベッドと寝具

  • 最大定員: 2
  • 折り畳み式ベッド不可
  • ベビーベッド不可

客室の機能

  • 20㎡/215平方フィート
  • 冷暖房付き
  • 禁煙室

お風呂とバスルームの特徴

  • シャワー
  • ヘアドライヤー

家具と調度

  • いす
  • 目覚まし時計
  • デスク, 可動式, 電気コンセント
  • アイロンとアイロン台

インターネットと電話

  • 電話
  • 電話の機能: ボイスメール
  • 高速インターネット、無料
  • ワイヤレスインターネット、無料

ホスピタリティサービス

  • ご利用いただけません

エンターテインメント設備

  • 50インチ/127cm LCD テレビ
  • プレミア映画チャンネル
  • ケーブル/衛星
  • インターネットケーブル/衛星

 

スポンサードリンク

 

 

モクシー東京錦糸町 宿泊記:チェックインの様子とマリオットのゴールド会員特典

それではここからは「モクシー東京錦糸町」の宿泊記をお送りしてきます。まずは、チェックインの様子とゴールド会員特典についてです。

 

私は、SPGアメックスというクレジットカードを保有しており、その特典として、マリオット・リワードのゴールド会員資格を獲得しております。

 

マリオット・リワードのゴールド会員の場合、その特典として、当日の空室状況に応じて客室のアップグレードを受けることができます。

 

ただし、「モクシー東京錦糸町」の場合、前述のとおり、お部屋は2タイプしかなく、部屋のランクが一定なので、アップグレードする先がありません(笑)。

 

ですので、アップグレードがない(できない)というのは初めからわかっていましたので、それ以外のゴールド会員特典が適用されるかどうか、というのが焦点になります。

 

モクシー東京錦糸町の外観

「モクシー東京錦糸町」の外観はこんな感じです。この日は、夜7時ごろのチェックインになりましたので、周辺はすでに暗くなっています。「MOXY」のピンクのネオンが目立ちますね。

f:id:pipinobu:20171103094536j:plain

f:id:pipinobu:20171103094540j:plain
f:id:pipinobu:20171103094543j:plain

 

正面玄関はこんな感じです。オープンしてからまもないということで、入り口には、たくさんのお花が飾ってありました。

f:id:pipinobu:20171103094550j:plain

 

モクシー東京錦糸町のロビー(バー&ラウンジ)

正面玄関を入ると、こんな感じの案内がありますので、チェックインの際は「バー&ラウンジ」の方に進みます。

f:id:pipinobu:20171103094627j:plain

 

バー&ラウンジのエリアはこんな感じになっています。雰囲気としては、今流行りのブルックリン調の内装を施した、おしゃれなカフェ&バーといった感じです。照明も暗めで落ち着ける雰囲気です。サッカーゲームなんかも置いてあり、遊び心もありますね。おしゃれ感満載です。

f:id:pipinobu:20171103094630j:plain

f:id:pipinobu:20171103094634j:plain
f:id:pipinobu:20171103094637j:plain

 

モクシー東京錦糸町のレセプション

「モクシー東京錦糸町」のレセプションはこちらになります。スタッフさんがたくさんいらしたので、ちょっと遠目に撮影しました。中央のカウンターがレセプション兼バーカウンターになっており、こちらでチェックインできるようになっています。

f:id:pipinobu:20171103094916j:plain

 

スタッフの方の服装も非常にカジュアルで、ホテルという感じはまったくしません。また、面白かったのは、スタッフの方の中に、日本語がまったくできない方が混じっていたことです。たまたま、私はその日本語ができないスタッフの担当になり、チェックインをAll Englishで済ませました。日本(しかも錦糸町なのに)なぜか、完全な異国感です(笑)。

 

部屋のアップグレードがないことはわかっていたので、淡々とチェックインを行いました。ただ、この日は、結局2人で宿泊することにしたので、2人でチェックインに臨んだのですが、2人であればツインの部屋の方がいいのではないか、という提案をスタッフの方からいただき、ツイン(2シングル)のお部屋に変更していただきました。

 

部屋のキーはこんな感じです。キーのデザインからしておしゃれですね。

f:id:pipinobu:20171103095030j:plain

 

「モクシー東京錦糸町」では、宿泊者全員に、ウェルカムドリンクのサービスがあるということでした。1人につき1杯ずつ、アルコールかノンアルコールを選択していただくことができます。

 

こちらの写真の右側がアルコールで「MOXY HIGH」と呼ばれていたカクテル、左手がノンアルコールのカクテル(名前は失念)です。テーブルの上のロボとともに撮影しました(笑)。味の方もなかなか。

f:id:pipinobu:20171103094941j:plain

  

モクシー東京錦糸町のゴールド会員特典

「モクシー東京錦糸町」で受けられるゴールド会員特典は、2つありました。

 

1つ目は、「PLAYER CHIP」というものをいただけること。ゴールド会員の場合は1枚、プラチナ会員の場合は2枚いただけるそうです。

 

こちらのチップ1枚で、ドリンク、スナック、マリオットの200ポイント、いずれかと交換することができます。我々は、ゴールド会員なので、本当は1枚しかもらえないのですが、2人ともゴールド会員だったので、2枚欲しいなあ、とおねだりしたところ、2枚いただけました(わがままいってすみません・・)。

f:id:pipinobu:20171103094944j:plain

 

そんなこんなで、チップ2枚は、ビールとアイスに交換されました。ビールの銘柄はわかりませんでしたが、なかなかの美味しさ。アイスは甘さ控えめでさっぱりしたタイプでした。

f:id:pipinobu:20171103094947j:plain

 

2つ目は、レイトチェックアウトの適用です。午後3時まではレイトチェックアウト可能だということでした。

 

ちなみに、モクシー東京錦糸町には上級会員用のラウンジ(エグゼクティブラウンジ)はありません。ですので、ラウンジの利用特典はありません。また、無料の朝食の特典も適用されません。有料(1,300円)となります。朝食の無料の特典が適用されないのは、ちょっと残念ですね。

 

<モクシー東京錦糸町のゴールド会員特典>

  • 「PLAYER CHIP」の提供:1枚(プラチナ会員の場合は2枚)
  • レイトチェックアウトの適用:最大で午後3時まで

 

 

スポンサードリンク

 

 

モクシー東京錦糸町 宿泊記:ツインルームのお部屋レポート

お部屋の雰囲気

さて、そんなこんなで、お部屋の方に向かいたいと思います。アサインされたお部屋は9階のお部屋でした。 客室の最上階が10階ということなので、なかなかの高層階にしていただけたようですね。エレベーターホールもとってもおしゃれです。

f:id:pipinobu:20171103095709j:plain
f:id:pipinobu:20171103095714j:plain

 

エレベーターの中は一部が鏡張りになっているのですが、こんな感じでメッセージが書かれていて、なかなか面白いです。

f:id:pipinobu:20171103095706j:plain

 

廊下とお部屋の扉はこんな感じ。ホテルというよりも、おしゃれなビルやマンションという感じでしょうか。

f:id:pipinobu:20171103095718j:plain

 

お部屋の雰囲気はこんな感じです。ツインのお部屋ということで、2台のシングルベッドが用意されています。お部屋の広さは20平米ということで、かなりの狭さを予想していたのですが、予想よりも、ゆとりがあるように感じました。後でご紹介しますが、家具の配置などが工夫されているので、そう感じるのかもしれません。

f:id:pipinobu:20171103095944j:plain

 

ベッドはシモンズのベッドということで、とてもしっかりとしたものです。マットレスの上に厚手のパッドが敷かれており、寝心地もふかふかでした。

 

また、デザインは一貫してブルックリン調です。ポップな感じの中にも、落ち着ける雰囲気があります。とってもおしゃれです。また、オープンしてまもないということで、どこを見てもピカピカでパリッとしており、とても気持ち良いです。

f:id:pipinobu:20171103095947j:plain
f:id:pipinobu:20171103100400j:plain

 

お部屋の設備

こちらは、ベッドサイドのテーブルです。電話が見た目ダイヤル式でとてもかわいいです。実際は、液晶付きのボタン式で、以外とハイテクです。ピンクのおたまじゃくしのおもちゃ(ギターみたいに音がでます)もありました。ここにも遊び心を感じます。

f:id:pipinobu:20171103095951j:plain

 

電源は今時の、コンセントとUSBのマルチタイプ。

f:id:pipinobu:20171103100449j:plain

 

ベッドの正面には、お部屋の売りの一つである50インチの大型液晶テレビがありますね。壁掛けでスペースを取らないように工夫されてます。また、クローゼットの用意はなく、そのかわりに、壁掛け収納になっています。

f:id:pipinobu:20171103095958j:plain

 

テーブルやチェア、荷物台については、必要に応じて、自分でセットアップする形になっています。

f:id:pipinobu:20171103100003j:plain

 

実際にセットアップしてみるとこんな感じです。スペースを有効に活用できるという点は良い(使わない人も多いはずなので)ですが、ちょっと重さがあるので、女性1人だと大変かもしれません。

f:id:pipinobu:20171103100415j:plain

 

あと、設備に関して、意外な落とし穴としては、金庫(セーフティーボックス)がないことです。外出するとき、貴重品は常時持ち歩く必要があります。また、冷蔵庫もありませんので、夏場は要注意です。

 

ちなみに、モクシー東京錦糸町の周辺(というかすぐ近く)には、ミニストップとセブンイレブンがありますので、飲み物や食べ物の調達で困るということはありません。

 

お部屋からの眺望

お部屋からの眺望はこんな感じでした。繁華街の中心部のビルの谷間ということで、眺望はぜんぜん期待していなかったのですが、運良く、スカイツリーが見えるお部屋になっていました。

f:id:pipinobu:20171103100050j:plain

 

錦糸町はスカイツリーまでの距離が近いということもあいり、意外と綺麗に見えますね。

f:id:pipinobu:20171103100044j:plain

 

朝の様子はこんな感じ。夜の方が雰囲気は良いですかね。いずれにしても、ちょっと得した気分。

f:id:pipinobu:20171103100051j:plain

 

バスルームの様子

続いてはバスルームの様子です。前述のとおり、バスタブの用意はなく、シャワーオンリーです。

f:id:pipinobu:20171103100136j:plain

 

そのかわり、シャワーはレインシャワーとハンドシャワー、両方の用意がありました。水の勢いもとてもよく、使い勝手はなかなか良かったです。シャンプーとボディーソープは、シャワールームにボトルタイプのものが用意されています。ブランド名などは記載されていませんので、中身の詳細は不明(笑)。

f:id:pipinobu:20171103100158j:plain

 

洗面台とトイレはこんな感じです。いたってシンプルな作りです。トイレは、当然ウォシュレット付きです。

f:id:pipinobu:20171103100140j:plain

 

タオル類は、豊富に用意されていました。ちなみに、写真に写っているピンクのドライヤーは、ヴィダルサスーン製です。

f:id:pipinobu:20171103100212j:plain

  

アメニティの様子

アメニティはこんな感じです。アルミケースの中に入っています。用意されていたのは、歯ブラシとかみそり、ブラシ、綿棒とヘアバンド、爪やすり、でした。化粧水や乳液などはありませんので、必要な方は別途用意しましょう。

f:id:pipinobu:20171103100319j:plain

 

ちなみに、こちら「モクシー東京錦糸町」では、バスローブを始め、パジャマや浴衣の用意がありません。これは見落としがちなので、気を付けましょう。また、使い捨てのスリッパもありませんので、必要な場合は持参する必要がありますね。

 

スポンサードリンク

 

 

モクシー東京錦糸町 宿泊記:共用施設をレポート

モクシー東京錦糸町は、客室内の設備が質素な代わりに、共用施設が充実しています。ここでは、共用施設の様子を確認していきたいと思います。

 

カフェ&バー

前半でご紹介したラウンジ(およびレセプション)の奥には、カフェ&バーのスペースがあります。24時間営業となっており、コーヒーなどに加えて、アルコールをいただくことができます。また、ヌードルバーなるものもあります。

f:id:pipinobu:20171103094951j:plain

 

カフェ&バーのエリアには、こんな感じでテーブルと椅子が並んでいます。ウェイターさんはいませんので、好きなところを選んで座ります。

f:id:pipinobu:20171103094954j:plain

 

カフェ&バーのエリアには、ドリンク類が販売されています。アルコールもありますね。値段は300円から500円程度。

f:id:pipinobu:20171103094957j:plain

 

また、アイスクリームの販売もあります。値段は500円ほどでした。

f:id:pipinobu:20171103095001j:plain

 

さらに奥には、ヌードルバーがあります。こちらは800円とちょっと高いのですが、たくさんの種類のカップラーメンから、好きなものを選択することができます。

f:id:pipinobu:20171103095008j:plain

 

さらに、スパイス類がトッピングとして、たくさん用意されているので、自分の好きな様に味付けを工夫できるようになっています。なかなか面白いですね。

f:id:pipinobu:20171103095012j:plain

 

あとは、ヨーグルトやサラダなども販売されていますし、電子レンジなどの用意もありました。

f:id:pipinobu:20171103095019j:plain

f:id:pipinobu:20171103095015j:plain

 

ライブラリー&ロッカー

正面の入り口から見て、ロビー(およびカフェ&バー)の反対側のエリアは、ライブラリー&ロッカーのエリアになっています。

f:id:pipinobu:20171103094707j:plain

 

ライブラリーはこんな感じで、宿泊者同士の憩いのスペースになっています。

f:id:pipinobu:20171103094710j:plain

 

こちらのエリアには、暖炉もあります(もちろん、ダミーです)。

f:id:pipinobu:20171103094713j:plain

 

こんな感じの長テーブルもあります。まわりのディスプレイもおしゃれですね。

f:id:pipinobu:20171103094718j:plain
f:id:pipinobu:20171103094721j:plain

 

奥の方には、個室っぽい、パーティションに区切られたエリアもあります。

f:id:pipinobu:20171103094725j:plain

 

テーブルにはジェンガなど、おもちゃもちょこちょこ用意されているので、思い思いに時間を過ごすことができますね。

f:id:pipinobu:20171103094731j:plain

 

ロッカーのエリアはこんな感じです。特に料金はかからないようですので、チェックインまでの待ち時間や、チェックアウト後にちょっと荷物を預けておく、なんて使い方ができそうです。

f:id:pipinobu:20171103094735j:plain

 

面白かったのが、トイレのサインです。我慢限界な感じが笑えました。

f:id:pipinobu:20171103094823j:plain

 

ジム&ランドリー

続いては、ジム&ランドリーの様子です。ジム&ランドリーは地下1階にあります。

f:id:pipinobu:20171103095531j:plain

 

ジムは宿泊者であれば無料で利用することができます。こちらの写真のように、カードキーをかざすと、入室することができます。

f:id:pipinobu:20171103095534j:plain

 

ジムはセルフ利用で、24時間営業となっています。

f:id:pipinobu:20171103095558j:plain

 

ジムの中はこんな感じで、最新のマシンがずらずらっと並んでいます。

f:id:pipinobu:20171103095538j:plain

 

ウェイトもあります。

f:id:pipinobu:20171103095542j:plain

 

懸垂台や、ボクシングのサンドバッグもありますね。ストレス発散によさそうです。

f:id:pipinobu:20171103095545j:plain

 

部屋の角には、ボクシングのミットの用意もありますし、無料でいただけるお水やタオルもあります。至れり尽くせりです。

f:id:pipinobu:20171103095555j:plain

 

ただ、ウェアのレンタルや更衣室の用意はありません。ですので、ジムを利用したい場合は、ウェアを自分で持参し、着替えは各自の客室で済ませておきましょう。

 

アイロン室

最後はアイロン室です。アイロン室は、各階の一角にあります。

f:id:pipinobu:20171103095813j:plain

 

中には、こんな感じで、アイロンとアイロン台の用意があります。各客室にアイロンを用意するより、こちらの方が効率的かもしれませんね。良いアイデアだと思います。

f:id:pipinobu:20171103095821j:plain

 

スポンサードリンク

 

 

モクシー東京錦糸町 宿泊記:注意点のまとめ

モクシー東京錦糸町は、従来のホテルとは若干異なるホテルなので、最後に宿泊時における注意点をまとめておきたいと思います。

 

通常のホテルにはあるけど、モクシー東京錦糸町にはないもの

最初は、通常のホテルにはあるけど、モクシー東京錦糸町にはないものになります。特に、浴衣(もしくはパジャマ)は、ビジネス利用の場合は致命的です。ビジネス利用の場合、急に泊まらないといけない場合があり、普通、パジャマなんて持ち歩いてないですからね。

 

<モクシー東京錦糸町にはないもの>

  • 金庫(セーフティーボックス)
  • 冷蔵庫
  • 浴衣(もしくはパジャマ)

 

モクシー錦糸町に泊まるに当たって用意しておいたほうが良いもの

続いては、モクシー錦糸町に泊まるにあたって用意しておいたほうが良いものになります。前述のとおり、浴衣(もしくはパジャマ)の用意はありませんので、冬場は特にパジャマの用意があった方が良いです。また、ホテルの客室内は乾燥が激しいので、化粧水や乳液の用意は、男性であってもあったほうが無難です。

 

<モクシー東京錦糸町に泊まるに当たって用意しておいた方が良いもの>

  • パジャマ
  • 使い捨てのスリッパ
  • 化粧水や乳液

 

モクシー錦糸町は外からの防音が意外と弱い?

最後に、泊まってみたリアルな感想としては、外からの防音が意外と弱いと感じました。私が宿泊した当日は、夜間雨がふっていたのですが、ガラスにあたる雨の音が結構していました。ある程度のレベルのホテルで、これは初体験です。

 

また、ホテルの外が繁華街(というか歓楽街)になっているので、人通りが多いのですが、大声で会話している声や、酔っ払いの叫び声などが結構聞こえます(笑)。これは、ホテルのせいだけではありませんが、睡眠の妨げになります。

 

マリオットのゴールド会員資格の獲得にはSPGアメックスを利用

私はSPGアメックスをメインカードとして利用しています。SPGアメックスを保有すると、SPGのゴールド会員資格を獲得することができます。SPGのゴールド会員資格は、通常1年に10滞在もしくは25泊しなければ得られない資格であり、これだけでもかなりの価値があります。

 

加えて、2016年9月から、SPGとマリオット(およびリッツ・カールトン)間で会員資格のステータスリンクが開始されました。これにより、SPGアメックスカードを保有していれば、SPGのゴールド会員資格だけでなく、マリオット(およびリッツ・カールトン)のゴールド会員資格まで合わせて獲得可能となっています。

 

マリオットのゴールド会員は、通常、年間50泊しなければ得られません。それが、SPGアメックスを保有するだけで、マリオットでも同時にゴールド会員になれてしまうという、とてもお得な状況になっています。

 

マリオットのゴールド会員特典は以下になります。この中で、赤字のものが、特に価値の高い特典です。

 

<マリオットのゴールド会員特典>

  • 対象となるご宿泊に対する追加ボーナスポイント:25%
  • 特典除外日なし
  • ルームタイプの保証
  • 無料の客室アップグレード
  • 無料の客室内高速インターネットアクセス
  • マリオットへのダイレクト予約で、無料の客室内インターネットアクセス  
  • 午後4時までのレイトチェックアウト保証 (リゾートおよびコンベンションホテルでは、空室状況により、ご利用いただけない場合もあります
  • ラウンジのご利用および2名様分の朝食を保証

マリオット リワード会員特典一覧

 

SPGのゴールド会員よりも、マリオットのゴールド会員の方が、相対的に取得のためのハードルが高く価値も高いため、SPGアメックスというクレジットカードの価値をより高める結果となっています。

 

日本だけでなく、世界中のマリオットのホテルで、上級会員として様々な特典と、丁寧なサービスを受けられるのは、素晴らしい経験です。

 

SPGとマリオット(およびリッツ・カールトン)間のステータスリンクの詳細については、こちらの記事をご参照ください。

 

SPGアメックスではお得な入会キャンペーンを実施中

SPGアメックスでは、現在、お得な入会キャンペーンを実施中です。SPGアメックス保持者からの紹介でのご入会で17,000ポイントを獲得できます。SPGアメックスの公式HPからご入会するより、7,000ポイント分もお得となっております。私からご紹介させていただくことも可能ですので、ご興味の方はこちらの記事をご参照ください。

 

モクシー東京錦糸町 宿泊記:マリオットのゴールド会員特典とお部屋の様子をレポート!のまとめ

今回は、モクシー東京錦糸町の宿泊記をお送りしました。他の方のブログを見ると、結構厳しいコメントを書かれているのも拝見しますが、個人的には、新しいコンセプトのホテルとして、とても気に入りました。これまでのホテルでは、ホテルのサービスを充実させて、ホスピタリティを高める方に重点が置かれていたように思いますが、こちらのモクシー東京錦糸町では、ホテルのサービスは簡素化する代わりに、宿泊料金を抑え、利用者が自由に利用できる共用設備を充実させています。ホテルに泊まっているというよりも、友達の部屋を借りているような、そんな気軽でリラックスした滞在を楽しむことができました。主要ターゲットも、日本人ではなく、海外からやってくる、若い旅行者なんだろうな、と思いました。

 

<ホテル宿泊記の目次、記事一覧>

ホテル宿泊記:全体の目次、記事一覧はこちらです!

 

旅行好きの方はこちらの記事も注目です。陸マイラーとしてSPGアメックスとANAマイルを利用することで、低コストで豪華なハワイ旅行を実践しています。夫婦2人でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円(税金・サーチャージ等)だけの現金持ち出しだけで実現しています。しかも、部屋の超絶アップグレードも受けられたというおまけ付きです。ぜひ合わせてご参照ください。

 

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事