ANAのマイルで旅ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAのマイルで旅ブログ!

陸マイラーのピピノブが、飛行機に乗らずに貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、お得情報をどんどん発信していきます!

スポンサーリンク

ボタニックガーデンとナショナルオーキッドガーデン!世界遺産を観光!<シンガポール旅行記2016>

f:id:pipinobu:20160515201734j:plain

 

今回はシンガポールで唯一の世界遺産である「ボタニックガーデン」の様子をレポートします。ボタニックガーデンの見どころの数々と、その中でも中心的な存在といえる「ナショナルオーキッドガーデン」の様子を詳しくご紹介します。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

シンガポール旅行日程のおさらい

今回のシンガポール旅行の日程は以下になります。

当ブログで今回ご紹介するのは、2日目(5月4日)の午前中の様子になります。

  • 5月3日(火):成田からシンガポールへの移動<DELTA615>(マンダリン・オーチャード宿泊)
  • 5月4日(水):シンガポール市内観光Day(マンダリン・オーチャード宿泊)←今はここ!
  • 5月5日(木):ユニバーサル・スタジオ・シンガポール観光Day(マンダリン・オーチャード宿泊)
  • 5月6日(金):マリーナベイサンズ観光Day(マリーナベイサンズ宿泊)
  • 5月7日(土):シンガポール動物園観光Day(空港宿泊)
  • 5月8日(日):シンガポールから成田への移動<DELTA616>

 

世界遺産ボタニックガーデンとは?

ボタニックガーデンはシンガポールで最初かつ唯一のユネスコ世界遺産です。2015年に登録されました。

シンガポールの中心地であるオーチャードからタクシーで10分ぐらいの場所にありながら、東京ドーム11個半分の広大な敷地を持っています。公園の入園は無料ですが、「ナショナルオーキッドガーデン」という、有名な蘭(ラン)の庭園があり、そこは有料になっています。

 

地図はこちらになります。地下鉄のオーチャード駅の、北西に位置しています。

 

開園時間は、5:00から24:00まで、年中無休です。詳細はこちらの公式HPをご参照ください。

 

 

ボタニックガーデンの行き方は?

バス等もあるのかもしれませんが、観光客にはタクシーが圧倒的に便利です。

ピピノブは宿泊ホテルである「マンダリン・オーチャード」からタクシーで向かいました。ホテルからボタニックガーデンまで、行きは7シンガポールドルでした。帰りもタクシーを利用しましたが、帰りはなぜか9シンガポールドルとちょっと高くなっていました。

この日の日本円とシンガポールドルのレートは1シンガポールドル=約80円でしたので、タクシー代は約560円から720円ということになります。所要時間は約10分といったところです。

 

ボタニックガーデンの観光の仕方は?

ボタニックガーデンは冒頭でご紹介したとおり、東京ドーム11個半の広さがありますので、全部詳しく見てまわるには、丸一日かかってしまいます。ですので、観光の際、効率よく(=見たいものだけ)まわる必要があります。(もちろん、ゆっくりまわりたい方は、1日かけてゆっくりまわるのも良いです。)

 

園内には、こちらのような地図がいたるところにあります。ビュースポットはポイントされていますので、そのあたりを中心にまわることをお勧めします。

f:id:pipinobu:20160515201906j:plain

 

 

ボタニックガーデンの見どころは?

ここでは、ボタニックガーデンの見どころをいくつかご紹介していきたいと思います。

f:id:pipinobu:20160515202327j:plain

 

5ドル紙幣に描かれた木

こちらは、シンガポールの5ドル札に描かれている木です。シンガポールで最も有名な木だそうで、ハワイでいうところの「この〜木なんの木、気になる木」ぐらいのポジションと思われます。(^_^)

f:id:pipinobu:20160515202406j:plain

 

恋愛成就の木(サガの実の木)

こちらは、この木の実を100個集めると、恋愛が成就すると言われる「サガの実の木」です。100個って結構ハードル高めですよね。(^_^;) ただし、実がなるのは、1月から2月と、7月から8月の間だそうです。

なので、ピピノブが訪れた5月には、ひとっつぶも落ちていませんでした・・。恋愛成就をしたい方は、次のチャンスは7月から8月ですので、夏休みにどうぞ!

f:id:pipinobu:20160515202432j:plain

 

バンドスタンド

バンドスタンドという名前の建物です。ガイドブックには必ず載っている、ボタニックガーデンの象徴ともいうべき建物です。なんでも、ガーデン開設の1860年代からあり、昔はこちらでバンド演奏が行われていたので、「バンドスタンド」というらしいです。世界遺産登録の決め手にもなった、由緒正しき建物だそうです。

f:id:pipinobu:20160515202504j:plain

 

シンガポール国花の蘭

こちらは、シンガポール国花の蘭である「バンダ・ミス・ジョアキム」です。発見者の名前だということです。

f:id:pipinobu:20160515202613j:plain

f:id:pipinobu:20160515202641j:plain

 

ボタニックガーデンはとっても広い公園で、上記の見どころ以外でも、普通に散歩しているだけでも気持ちのいい公園です。地元の人っぽい方々が、普通に犬の散歩していたり、ピクニックしていたりしました。

f:id:pipinobu:20160515202955j:plain

f:id:pipinobu:20160515203113j:plain

 

園内には、滝とか池などもあります。

f:id:pipinobu:20160515203236j:plain

f:id:pipinobu:20160515203334j:plain

 

蘭以外にも、いろいろな花々がいたるところに咲いています。

f:id:pipinobu:20160515203156j:plain

f:id:pipinobu:20160515203403j:plain

 

 

以上、無料エリアの見どころを中心にご紹介しました。無料エリアだけでも十分楽しめるのですが、こちらのボタニックガーデンの最大の見どころは、実は次にご紹介する「ナショナルオーキッドガーデン」です。

 

ナショナルオーキッドガーデンとは?

こちらは、ボタニックガーデン内にある有料の施設です。

入場料は一人5シンガポールドル、日本円にして約400円ですね。その名前のとおり、国立の蘭園で、中は本当にたくさんの数の蘭が展示されています。有料の施設なので、とってもしっかりと管理されています。

 

入り口はこんな感じです。公園内は結構閑散としていますが、このエリアだけは人がたくさんです。

f:id:pipinobu:20160515201734j:plain

 

入場券はこちら、一人5シンガポールドルですね。

f:id:pipinobu:20160515213300j:plain

 

マップはこちらです。基本は屋外で、一部温室のような屋内のエリアがあります。こちらだけでも結構広いですよ。

f:id:pipinobu:20160515213350j:plain

 

ナショナルオーキッドガーデン内のエリアは、本当にたくさんの蘭でいっぱいです。こちらの写真はほんの一部だけです。蘭好きにはたまらないと思います。また、蘭好きでなくても、十分に楽しめると思います。

f:id:pipinobu:20160515213519j:plain

f:id:pipinobu:20160515230833j:plain

f:id:pipinobu:20160515213557j:plain

f:id:pipinobu:20160515213628j:plain

f:id:pipinobu:20160515213700j:plain

f:id:pipinobu:20160515213847j:plain

f:id:pipinobu:20160515213815j:plain

f:id:pipinobu:20160515214158j:plain

 

蘭以外にも、不思議なオブジェがあったりして、ちょっとほっこりします。

f:id:pipinobu:20160515214234j:plain

f:id:pipinobu:20160515214349j:plain

 

最後に、こんな感じの「COOL HOUSE」という温室もとい、冷室があり、ちょっと涼むことができます。たぶん、暑さに弱い植物を管理しているんでしょうね。ただ、シンガポールはとても暑くて、ピピノブたちはここに来るまで、すでにヘトヘトだったので、自分たちも救われました。(^_^;)

f:id:pipinobu:20160515214422j:plain

f:id:pipinobu:20160515214534j:plain

f:id:pipinobu:20160515214716j:plain

f:id:pipinobu:20160515214757j:plain

 

まとめ

今回は、シンガポールで唯一の世界遺産である「ボタニックガーデン」の様子をレポートしました。

ボタニックガーデンはとにかく広いので、まずは「ナショナルオーキッドガーデン」を目指して移動し、その鑑賞が終わってから、他のエリアを見た方が、体力的には良いかもしれません。シンガポールの中心部であるオーチャードエリアからはタクシーで10分程度ですので、気軽に訪れることができます。

もし訪れるなら、暑くなる前の午前中がおすすめですよ。

 

次の記事==>

チリクラブをジャンボシーフードで堪能!その値段は?予約方法は?

 

<==前の記事

マンダリン・オーチャードの朝食ビュッフェとプールの様子をレポート!

 

シンガポール旅行記の全体の目次

シンガポール旅行記2016:全体の目次、記事一覧はこちらです!

 

海外旅行がお好きな方はこちらの記事も必見です!年20万以上のマイルを貯める秘密の全てをこちらの記事にまとめています。年20万マイルあれば、年2-3回、好きなところに海外旅行できますよ。

 

また、旅好きの方はこちらの記事も必読です。SPGアメックスカードがあれば、ウェスティン、シェラトン、マリオット、リッツ・カールトンなど世界中の高級ホテルでVIP待遇を受けることができます。部屋のアップグレードや、エグゼクティブラウンジ、レイトチェックアウトなど様々な特典が受けられます。旅が低コストでありながら、ぐっと豪華になり、楽しくなりますよ。

 

 

それでは、また!

スポンサードリンク

   

 

おすすめ記事