陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!

スポンサーリンク


<旅好き&陸マイラー注目記事!>

SPGアメックスとANAマイルで低コストで豪華なハワイ旅行を実現!

ハピタスからANAマイルへの移行が効率化!ドットマネーへのポイント交換開始!

f:id:pipinobu:20160803235346p:plain

 

ハピタスからANAマイルへの移行が効率化!ドットマネーへのポイント交換開始!

ANA陸マイラーなら誰でも利用しているソラチカルートですが、異変が起こり始めています。これまでは、ソラチカルートといえばPeXを中継するのが王道でしたが、ハピタスからドットマネー(.money)へのポイント交換が開始され、新たなルートが開かれました。これにより、ハピタスからANAマイルへの交換が、より効率化されます。

ハピタス起点のソラチカルートが、PeXとドットマネー(.money)で2重化されたことは、ハピタスを利用している多くのANA陸マイラーにとって、朗報以外の何者でもありません。また、今ならハピタスからドットマネー(.money)へのポイント交換時のポイント増量キャンペーンを実施しており、メトロポイントへの交換手数料が無料な点と合わせて、お得度が急上昇しています。新しいルートをお試しするなら今がチャンスです。

 

<目次>

 

 

ドットマネー(.money)とは

ドットマネー(.money)は、インターネット事業大手の「サイバーエージェント」が運営するポイント交換サイトです。公式HPはこちらになります。

d-money.jp

企業情報 | 株式会社サイバーエージェント

 

ソラチカルート:PeX利用時のこれまでのルート

ハピタス利用時のソラチカルートは、これまで以下となっていました。ハピタスのポイントからメトロポイントに交換するために、PeXを中継させていました。

  • ハピタス ==> PeX ==> メトロポイント ==> ANAマイル

 

例として、ハピタスの10,000ポイント(=10,000円分)を交換した時の、ポイント数の遷移は以下になります。

  • ハピタス(10,000ポイント) ==> PeX(100,000ポイント) ==> メトロポイント(10,000ポイント) ==> ANAマイル(9,000マイル)
  • ANAマイルへの交換レート:9,000マイル / 10,000円相当のポイント x 100 = 90%

 

PeXのところでポイント数が10倍になっているので若干わかりづらいですが、ハピタスからメトロポイントまでは等価交換が行われ、メトロポイントからANAマイルの交換時に、交換レートが90%になっています。したがって、起点となるハピタスから、終点となるANAマイルへの交換レートは、トータルで90%という計算になります。

 

ただし、実はここで、一点注意点があります。それは、PeXからメトロポイントへの交換に手数料が発生することです。手数料は、交換1回ごとに、500ポイント(=50円相当)になります。

 

微々たるものといえばそれまでですが、1マイルの価値を2円程度と考えれば、50円=25マイル相当を損しているともいえます。

 

ソラチカルートについては、こちらもご参照ください。

 

ソラチカルート:ドットマネー(.money)利用時の新しいルート

ドットマネー(.money)利用時は、PeXの部分がドットマネー(.money)に置き換わることになります。

  • ハピタス ==> ドットマネー ==> メトロポイント ==> ANAマイル

 

例として、ハピタスの10,000ポイント(=10,000円分)を交換した時の、ポイント数の遷移は以下になります。

  • ハピタス(10,000ポイント) ==> ドットマネー(10,000ポイント) ==> メトロポイント(10,000ポイント) ==> ANAマイル(9,000マイル)
  • ANAマイルへの交換レート:9,000マイル / 10,000円相当のポイント x 100 = 90%

 

上記のように、ドットマネー(.money)利用時も、PeX利用時と同じく、ANAマイルへの交換レート=90%を実現できます。ドットマネー(.money)の場合、1ポイントが1円の価値なので、見た目にもポイント数の遷移がわかりやすいというのもいいですね。(^_^;)

 

また、最大のポイントは、ドットマネー(.money)では、PeX利用時に発生していた、メトロポイントへの交換手数料が無料になっているところです。そのため、月1回、ソラチカルートを回す想定の場合、毎月50円=25マイル相当を節約できることになります。ちょっとお得ですね。(^_^)

 

 

ソラチカルートにドットマネー(.money)が加わった価値

ハピタスからのポイント交換先の選択肢としてドットマネー(.money)が加わった価値は、毎月50円=25マイル相当を節約できることだけではありません。それよりももっと大きな価値は、ハピタスからのメトロポイントへのルートが2重化されたことです。

 

これまでのハピタスを起点としたソラチカルートでは、PeXを中継していたため、PeXのメンテナンスの影響をもろに受けていました。つまり、PeXのメンテナンス中は、ハピタス起点のソラチカルートが停止していたのです。

 

そのため、メンテナンス期間(=長さ)にもよりますが、最大で毎月の交換制限数である18,000ANAマイルが加算できないという影響を受ける可能性がありました。これはかなりの大きな影響です。

 

メンテナンスだけであればまだいいですが、何らかの理由により、PeXがなくなってしまった場合は、ハピタスのポイントが路頭に迷う可能性さえあります。(現実的には、現金化するか、ANAマイルへの交換レート=50%でマイルへ交換するかの選択を迫られることになります・・)

 

しかし、今回、ハピタス起点のソラチカルートにドットマネー(.money)が加わったことにより、PeXのメンテナンスや、何らかの理由によりPeXがなくなってしまった場合も、ソラチカルートを継続することができることになったのです。

 

これは、ハピタスに依存している多くの陸マイラーにとって、かなりの朗報と言えると思います。

 

ドットマネー(.money)を利用することのデメリット

ただし、ハピタスからのポイント交換先として、ドットマネー(.money)を選択することは、メリットばかりではありません。デメリットも存在します。それは、ドットマネー(.money)はPeXに比べてポイントの有効期限が短いことです。

 

PeXの場合、ポイントの有効期限は基本は1年です。ただし、1年以内にログインをするか、ポイントを交換すると、ポイントの有効期限が延長されます。なので、ソラチカルートの一部として利用している限り、ポイントの有効期限は半永久的になります。

PeXポイントは、以下2つの条件に該当すると失効いたします。
1.最後にログインした日から12ヶ月以上ログインされていない場合
2.最後にPeXへポイント交換された日から12ヶ月以上PeXへポイント交換をしていない場合
※失効の対象となるお客様には、事前にメールをお送りしております

上記どちらかの条件をクリアしていればポイントは失効いたしません。
PeXへのポイント交換頻度が少ない場合は、定期的にPeXへのログインを行ってください。

ヘルプ | ポイント交換のPeX

 

ただし、ドットマネー(.money)の場合は、ポイントの有効期限は獲得したポイントごとに6ヶ月後の月末までです。延長はありません。なので、ポイントを獲得もしくは交換した得た場合、忘れずに6ヶ月以内に利用するか交換するかする必要があります。

ドットマネーには有効期限があります。有効期限を過ぎると失効いたします。失効したマネーはご利用いただけません。なお、失効予定はドットマネー通帳にて、ご確認いただけます。マネーの獲得方法によって失効までの期間が異なりますので、ご注意ください。

 

<獲得方法による失効までの期間>

■ドットマネー by Ameba
ポイント交換でためる:6ヶ月後月末

■ドットマネーモール
アプリ・アメブロでためる:翌月月末
広告サービスでためる:6ヶ月後月末
ショッピングでためる:6ヶ月後月末
デイリースクラッチ:翌月月末
かんたんお仕事でためる:6ヶ月後月末

失効予定ってなんですか?|ドットマネー - 手数料無料で現金・ギフト券・ポイントにお得に交換

 

なので、これまでPeXをポイントの保管庫、退避先として利用していた場合、ドットマネー(.money)を同じように利用しようとすると失敗します。

 

ドットマネー(.money)を利用する際は、ポイント交換先として割り切り、必要なポイント=すぐにメトロポイントに交換するポイントのみ、ハピタスから交換するように心がけましょう!

 

 

ドットマネー(.money)の3%ポイント増量キャンペーン内容

現在ドットマネー(.money)では、ハピタスからドットマネー(.money)へのポイント交換で、ポイントが3%増量されるキャンペーンを実施中です。

f:id:pipinobu:20160803165219p:plain

ハピタス3%増量キャンペーン

 

以下画面の例は、ハピタスの5,000ポイントをドットマネー(.money)に交換した例ですが、5,000ポイントの3%である、150ポイント分が、追加で獲得できます。

f:id:pipinobu:20160803171449p:plain

 

キャンペーンの詳しい内容は以下になります。赤字の部分が注意点になります。

キャンペーン期間
2016年8月1日 (月) ~ 2016年8月31日 (水)
注意事項
上記の期間は予告なく変更となる場合があります。変更の際は、本ページにてご案内させていただきます。
本サービスをご利用の際は、必ずログインを行って下さい。
マネーについて
期間中、ドットマネーにへ交換された方がキャンペーン対象となります。
増量分のマネーは、9月15日(木)以降順次付与いたします。
ポイント交換分のマネーの有効期限は、交換日から6ヶ月後月末となります。
増量分のマネーの有効期限は、付与日の当月月末となります。
キャンペーン対象外となる場合
対象期間外に条件をクリアした場合。
同一ユーザでのドットマネー複数アカウントでの交換を行った場合。
不正なアクセスでの交換行為を行った場合。
上記以外での本キャンペーンにおける不正とみなされる行為が発覚した場合。
上記の場合、キャンペーン対象外となりますのでご了承下さい。

 

ポイント交換分の通常のポイントは、通常どおり有効期限が6ヶ月後月末となっていますが、増量分のポイントの有効期限は「付与日の当月月末」になっています。

 

増量分のポイントは9月15日以降に順次付与ということなので、例えば9月20日に付与されたら、9月30日が有効期限になるということですよね? 期間が短く、ちょっと厳し目の条件です。こまめに状況をウォッチしないと、せっかく獲得したポイントが失効する可能性がありますね・・。要注意です。

 

まとめ

ハピタスからドットマネー(.money)へのポイント交換が開始され、新たなルートが開かれました。ハピタス起点のソラチカルートが、PeXとドットマネー(.money)で2重化されたことは、ハピタスを利用している多くのANA陸マイラーにとって、朗報以外の何者でもありません。

ただし、ドットマネー(.money)には、ポイント有効期限の点でPeXに対するデメリットも存在しますので、ドットマネー(.money)の特徴を理解して、賢く利用するように気をつけたいですね。

 

それでは、また!

 

 

関連記事