陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!

スポンサーリンク

SPGとマリオット、リッツカールトン間で会員資格のステータスマッチ開始!ポイント移動も可能に!<SPGアメックス>

f:id:pipinobu:20160924183848p:plain

 

SPGとマリオット、リッツカールトン間で会員資格のステータスマッチ開始!ポイント移動も可能に!<SPGアメックス>

SPGとマリオット、リッツカールトン間で会員資格のステータスマッチ(ステータスのリンク)が開始されました。また、同時に、ポイント移動も可能になっています。SPGがマリオットに買収され、SPGとマリオット(およびリッツカールトン)の会員プログラムがどうなるのか不透明な部分もありましたが、2018年前半までは、各社の会員プログラムは継続、ステータスのリンクとポイントの移動を可能とすることで、会員の利便性向上を図ることで落ち着いたようです。2018年の後半以降は会員プログラムを統合することも匂わされていますが、私のSPGアメックスカードも当面は安心なようです。(^_^;)

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

SPGとマリオット、リッツカールトンの会員向け新サービス:今回発表された内容

今回発表されたサービスの内容は大きく以下の2点です。今回発表されたのは、期間限定のキャンペーンでなく、新しい会員向けサービスです。この違いはとても重要です。

  • 1. SPGとマリオット、リッツカールトン間で会員資格のステータスマッチ(ステータスリンク)が開始
  • 2. SPGとマリオット、リッツカールトン間でポイント移動が可能に

 

当社は、お客様に両プログラムのメリットを最大限ご利用いただきたいと考えております。そのため、次のサービスを追加しました。

• リワード アカウントとSPGアカウントのリンクができるようになりました。

• エリート会員の方には、現在お持ちの最も高い会員資格レベル*を、他方のアカウントにも適用します

• プログラムのアカウント間でポイントを移動できます。

*注:プロモーションによる一時的な資格以外での最高レベルが適用されます。

 

このサービスの発表は、マリオットがスターウッド買収手続きを完了した発表と、ほぼ同時のタイミングで実施されました。

米マリオット、スターウッド買収手続き完了 :日本経済新聞

 

それぞれ詳しく見ていきたいと思います。

 

SPGとマリオット、リッツカールトン間で会員資格のステータスマッチ(ステータスリンク)が開始

SPG系列とマリオット系列(リッツカールトン含む)では、それぞれ別の会員プログラムを運営していました。SPG系列はその名前のとおりSPG、マリオット系列はマリオット・リワード(もしくは、リッツカールトン・リワード)という名前になります。

今回、その各社の会員プログラムのアカウントで保有しているステータスのマッチングが可能になりました。マッチングと言いながら、ポイント保有しているステータスの中で、一番高いステータスにマッチングされるので、ステータスをリンクさせているともいうことができます。

例えば、SPGではゴールド資格を持っているが、マリオット・リワードは一般会員(平会員)の場合、今回のステータスマッチ(リンク)を行うことで、マリオット・リワード側もいきなりゴールド資格を得ることができます。つまり、低い方の資格を高い方に底上げすることができるのです。

 

今回の発表は、ステータスマッチというよりは、ステータスのリンクであり、キャンペーンではなく新サービスなので、有効期限は特になく、高い方の会員資格が維持される限り、低い方のリンクも継続されます。

 

詳細についてはQA形式で、こちらで説明されています。

よくあるご質問 | マリオット リワード、SPG、ザ・リッツ・カールトン リワード

 

上記リンク先の説明はとてもわかりやすく、疑問点はほとんど解決できると思われます。ここでは、時間がなくて全部読む時間のない方向けに、上記QAの中で私が特に重要と思った点を抜粋してご紹介したいと思います。(前半には流れがわかりやすいように、買収(合併)に関するQAも意図的に入れています)

 

合併後の新しい社名を教えてください。

社名としては、マリオット側が残るということですね。まあ、買収なのでしょうがないですね。

マリオット・インターナショナル

 

今回の合併によって、私のリワード アカウントとSPGアカウントは影響を受けますか?

2018年までは、それぞれ別々で運営されるということです。今回の発表で、早々の会員資格をリンクすることができるようになります。

当面の間、これらのロイヤルティプログラムは引き続き別個に運営されます。2018年まではプログラムの統合は行われません。お客様のリワード アカウントには、独自のログイン、ポイント残高、関連ホテルが存在することになります。SPGアカウントも同様です。しかし両社の合併によって、リワード アカウントとSPGアカウントをリンクし ていただくことが可能となります。ポートフォリオ全体を通じて最も有効に特典をご利用いただくためにも、リンクなさることをお勧めします。マリオット リワードまたはザ・リッツ・カールトン・リワードのどちらかの会員にしかなれないというポリシーは変わりませんのでご了承ください。

 

既存のリワードポイントやスターポイントはどうなるのですか?

こちらも、2018年までは、それぞれ別々で運営されるということですので、当面、それぞれのアカウトのポイントが影響を受けることはありません。

お手持ちのリワードポイントは、お客様のリワード アカウントに、お手持ちのスターポイントはお客様のSPGアカウントに存続します。当面、両プログラムは別々に運営されます。2018年までは統合する予 定はありません。リワードポイントはMarriott.co.jpまたはwww.ritzcarlton.com/jpで、スターポイントは spg.com/jpでお使いいただけます。どちらか一つのプログラムのポイントをもう一つのプログラムに直接ご利用いただくことはできませんが、アカウ ントをリンクすることでアカウント間でポイントを移動することが可能になり、両プログラムのポイントを合わせて特典の交換にご利用いただくことができます。

 

リワードの参加ホテル滞在中に、スターポイントを獲得してSPG特典を受けることはできますか? また、SPGの参加ホテルに滞在中に、リワードポイントを獲得してリワード特典を受けることはできますか?

SPGおよびリワードはそれぞれ独立しているので、SPGのホテルに宿泊したからといって、リワードのポイントを獲得したりすることはできません。逆もまたしかり。両方貯まるということもありません。

SPGプログラムに参加しているホテルではSPG特典を、リワードプログラムに参加しているホテルではリワード特典をこれまで同様にご提供します。しか し、異なるプログラムの特典を獲得したり、ご利用いただくことはできません。つまり、SPGホテルではリワード特典をご提供することはなく、リワードホテ ルではSPG特典をご提供することはありません。お客様が登録なさっているプログラムに参加しているホテルのポイントと特典のみご獲得いただけます。その ため登録がまだのお客様は、SPGとリワードの両方にご登録いただくことをお勧めします。当面は別のプログラムとして継続することになりますが、ステータスマッチポイントの移動を通じて、両方のプログラムの特典を交換する方法については、詳細をご覧ください。

 

リワードの無料宿泊券やその他のプロモーションアイテム (無料の朝食、リゾートクレジットなど) を持っています。SPG参加ホテルで使うことはできますか? また、その逆の場合はどうですか?

私はSPGアメックスカードを保有しており、2年目以降は1泊分の無料宿泊特典を得ることができるのですが、それはSPG内で使う必要があり、リッツカールトンの宿泊には利用できないと いうことです。一瞬、そんなことできたらいいなあ、と思ったのですが、残念・・。

いいえ。プログラムに関連するすべてのクレジットやサーティフィケートは、そのプログラムでご利用いただく必要があります。リワードのサーティフィケート をSPG参加ホテルでのご滞在に、あるいはSPG無料宿泊特典をリワード参加ホテルでのご滞在にご利用になることはできません。

 

マリオット リワード、ザ・リッツ・カールトン・リワード、SPGと提携するクレジットカードを持っています。何か変わる点はありますか?

私はSPGアメックスカードの保有で自動的にゴールド会員になっていますが、そのゴールド会員資格は、今回のステータスマッチで利用できるということです。一安心。

何も変更はありません。今まで通り、お持ちのカードをご利用いただけます。お客様のクレジットカードは、引き続き提携するプログラムにリンクし、今後もそのプログラムのポイントを貯めていただけます。
アカウントをリンクすることで、クレジットカードを通じて獲得したポイントをプログラム間で移動できるようになります。クレジットカードを通じて獲得した エリートナイトクレジットは移動できません。ただし、クレジットカードでエリート会員資格を達成した場合は、ステータスマッチを通して両方のプログラムに その会員資格が適用されます。

 

アカウントのリンクとは何ですか?

今回の発表は、アカウント統合ではなく、アカウントのリンクなので、まずは、それぞれの会員プログラムで会員になる必要があります。その後、アカウントをリンクさせます。

リワード アカウントとSPGアカウントをお持ちの場合は、この2つのアカウントをリンクすることができます。詳細はこちらでご覧いただけます。これらのプログラムへのご登録がお済みでないお客様は、今がご登録のベストチャンスです!マリオット リワードザ・リッツ・カールトン・リワードSPGにオンラインでご入会になり、2つのアカウントをリンクしてください。
お客様のアカウントをリンクすることで、リワードとSPGの両方の最大のメリットをご利用いただけます。アカウントのリンクはプログラム間でステータスマッチを獲得し、お客様のアカウント間でポイントを移動するための第一歩です。
アカウントのリンクは、1つのアカウントにするということではなく、2つの既存のプログラムのアカウントを互いに関連付けさせるだけのことにご注意くださ い。各プログラムごとにポイントの価値は異なりますが、お客様のロイヤリティアカウント間で移動することが可能となります。

 

アカウントは自動的にリンクされますか?

自動的にはリンクされないので、自分でアクションする必要があります。

いいえ、されません。アカウントのリンクはより多くの特典につながりますが、リンクするかどうかを決めるのはお客様自身です。Marriott.co.jpwww.ritzcarlton.com/jpspg.com/jpのいずれかで、アカウントのリンクを操作を行っていただく必要があります。これを行わないと、お客様のアカウントは以前のままの状態で運営されます。

 

ステータスマッチとは何ですか?

以下がステータスマッチの対応レベルになります。私はSPGのゴールド会員なので、リワードのゴールドを獲得できるということになりますね。

一言で言えば、マリオット リワード、ザ・リッツ・カールトン・リワード、SPGプログラムの中の最高の会員資格をご利用になれる、ということです。リワードとSPGに共通した会員資格となります。
たとえば、SPGのプラチナ会員資格と、マリオット リワードのシルバーエリート会員資格をお持ちの場合、両方のプログラムでプラチナ会員様となります。


以下は会員資格の詳細です。

リワード SPG    
プラチナプレミアを含むプラチナ プラチナ    
ゴールド ゴールド    
シルバー プリファードプラス    
会員 プリファード    

 

 

エリート会員資格の有効期限はどうなるのですか?

会員資格の高い方のプログラムの有効期限が適用されるので、リンクさせて損することはなさそうです。SPGアメックスの場合は、カードを保有している限り、SPGのゴールド会員になれるので、リワード側もゴールドをずっと維持できるということになります。

アカウントをリンクするまでは何の変更もありません。リンク後は、エリート会員資格の有効期限は会員資格の高い方のプログラムの有効期限が適用されます。
た とえば、お客様が2017年2月末まで有効なシルバーエリート会員資格を持つマリオット リワード会員であり、2018年2月末まで有効なプラチナ会員資格を持つSPG会員である場合、アカウントをリンクすることで両方のアカウントがプラチナ レベルになります。お客様のリワード アカウントの新しい有効期限は2018年2月となり、SPGの有効期限には変更はありません。2017年にまたSPGのプラチナ会員資格を達成なさった場 合、両方のアカウントの会員資格有効期限は2019年2月に延長されます。
別の例を挙げると、有効期限が2か月のプラチナ会員資格を持つSPG 会員であり、有効期限が10か月のシルバー会員資格を持つザ・リッツ・カールトン・リ ワード会員であるお客様の場合、有効期限が2か月のプラチナ会員資格となります。残り2か月の間にプラチナ会員資格を更新する対象となるアクティビティは なくてもゴールド会員資格があった場合、SPGの会員資格はゴールドとなり、有効期限は2019年2月となります。ザ・リッツ・カールトン・リワード アカウントについても、2019年2月までゴールドの会員資格をご利用いただけます。
 

 

ステータスマッチには期限はありますか?

今回の発表はキャンペーンではなく施策なので、いつでもリンクすることができます。実施期限はとくにありません。

いいえ、期限はありません。お好きなときにいつでもアカウントをリンクしてください。リンクが完了次第、お客様の会員資格をマッチさせていただきます。

 

スポンサードリンク

 

 

SPGとマリオット、リッツカールトン間でポイント移動が可能に

こちらでは、ポイント関係の内容をまとめたいと思います。 上述のステータスマッチ(リンク)を行うことで、プログラム間でポイントの移動が可能になります。手数料、移行上限、回数制限などは特にありません。かなり融通の利く、流動性の高い内容になっています。

 

リワード アカウントとSPGアカウント間でポイントを移動するにはどうしたらいいですか?

ポイントの移動はWeb上で自分で実施する必要があります。その代わり、無料で実施することができます。手数料は必要ありません。

ポイントの移動は素早く簡単、しかも無料です。
まず、アカウントをリンクしていただく必要があります。アカウントのリンクに関する詳細は、Marriott.co.jpwww.ritzcarlton.com/jp、またはspg.com/jpをご覧ください。
アカウントをリンクしたら、Marriott.co.jp、www.ritzcarlton.com/jp、またはspg.com/jpのオンラインアカウントにログインし、簡単な手順に従ってポイントを移動することができます。
SPGカスタマーサービスセンターまたはリワード ゲストサービスセンターにご連絡いただいても、ポイントを移動することはできませんのでご了承ください。

 

SPGスターポイントとリワードポイントの変換率を教えてください。

リワードの方のアカウントはこれまで持っていないかったので、リワードポイントの価値がちょっとわかっていませんが、SPGのスターポイントの方が高い価値に設定されていますね。

各プログラムのポイントの価値を同等にする変換率を作成しました。変換率は以下の通りです。
1スターポイントは3リワードポイントに相当
逆に
3リワードポイントは1スターポイントに相当
たとえば、9,000リワードポイントをリンクされたSPGアカウントに移動する場合、9,000リワードポイントがリワード アカウントから差し引かれ、3,000スターポイントがSPGアカウントに加算されます。

 

リワードとSPG間で何ポイントまで移動できるのですか?

移行上限はありませんが、1000ポイント単位になります。

アカウントのポイントは、残高がなくなるまでリンクされたアカウントに1,000ポイント単位で移動することができます。

 

移動したポイントが移動先のアカウントに反映されるまでどれくらいかかりますか?

瞬時に移行できて、すぐに使えるということで、とっても便利です。

瞬時に反映されます。ポイントは、移動後すぐに滞在、商品、アクティビティと交換できます。

 

他の人のアカウントにポイントを移動することはできますか?

当たり前と言えば当たり前ですが、他の人にポイントを移動することはできません・・。

現在、ポイントを移動できるのはお客様のアカウント間のみとなっています。また、リンクされたアカウント間でのみポイントを移動できます。

 

SPGとマリオット、リッツカールトン間でのステータスマッチ(リンク)の実施方法

ステータスマッチ(リンク)のやり方はとっても簡単です。私はリワードのアカウントを持っていなかったので、まずリワードのアカウントを作成する必要がありましたが、その後は数クリック(3クリックぐらい)で終了しました。

  1. マリオット・リワードのアカウント作成
  2. SPGのアカウントでログインし、リワードのアカウントに対してリンクを実施
  3. リンク成功をWeb画面で確認
  4. リンク成功をメールで確認

 

マリオット・リワードの会員登録は以下のWebページで行うことができます。

マリオット リワードに会員登録しましょう-お申し込みは Marriott.co.jp から。

 

こちらは、Webでの確認画面です。SPGアメックスカードにより、SPGのゴールド資格を保有していたので、マリオット・リワードのゴールド資格を獲得できました!

f:id:pipinobu:20160924184907p:plain

 

こちらは、メールでの確認画面です。上記、Webでのリンク完了後、すぐにメールを受信していました。今回のステータスマッチ(リンク)に関しては、人による判断がなされているわけではなさそうです。

f:id:pipinobu:20160924185054p:plain

 

マリオット・リワードのゴールド特典

ここで気になるのは、今回獲得できた、マリオット・リワードのゴールド特典です。どんな特典があるのでしょうか。

 

ゴールド資格を獲得するには

まず、マリオット・リワードのゴールド資格を獲得するには、通常であれば年間50泊以上する必要があります。ひと月あたり平均4泊以上です。相当な出張族でないかぎり、普通は無理な数字ですね・・。それだけ、価値のある資格といえます。

  • 通常会員:0泊
  • シルバー:10泊
  • ゴールド:50泊
  • プラチナ:75泊

 

ゴールド特典の内容

マリオット・リワードのゴールド特典の内容は以下になります。この中で、赤字が価値のある特典です。

  • 対象となるご宿泊に対する追加ボーナスポイント:25%
  • 特典除外日なし
  • ルームタイプの保証
  • 無料の客室アップグレード
  • 無料の客室内高速インターネットアクセス  
  • マリオットへのダイレクト予約で、無料の客室内インターネットアクセス
  • 午後4時までのレイトチェックアウト保証 (リゾートおよびコンベンションホテルでは、空室状況により、ご利用いただけない場合もあります
  • ラウンジのご利用および2名様分の朝食を保証

マリオット リワード会員特典一覧

 

この赤字のゴールド特典の中でも、特に素晴らしいのが、「ラウンジのご利用および2名様分の朝食を保証」です。これは、SPGのゴールド特典で存在しないものです。

ヒルトンのダイヤモンド特典では同様の特典がありますが、ヒルトンのダイヤモンドはヒルトンの中で最上位のステータスです。マリオットの場合、ゴールドは最上位ではありませんので、最上位以外のステータスで、この特典が付いてくるのはとってもお得です。

こちらは、東京にあるマリオットホテルである「東京マリオットホテル」に宿泊してきた時のレポートになります。エグゼグティブルームへの無料アップグレードや、ウェルカムギフト、ウェルカムドリンク、エグゼグティブラウンジの利用など、ゴールド会員の特典を満喫した、素晴らし宿泊になりました。ホテルで上級会員の待遇を受けるというのは本当に素晴らしい体験です。


 

SPGアメックスカードの特徴と特典

SPGアメックスカードの特徴と特典については、以下の記事もご参照ください。ANAのマイルも高還元率で貯めることができ、SPGのゴールド資格や無料宿泊も獲得できる、とっても魅力的なクレジットカードです。

 

また、私はSPGアメックスカードの保有で自動的に獲得できるゴールド資格を利用して、ヒルトンのダイヤモンド資格をステータスマッチで獲得しています。こちらもご参照ください。


今回の新サービスの発表により、SPGアメックスカード一枚あれば、SPGのゴールド資格、マリオットのゴールド資格、リッツカールトンのゴールド資格は、確実に取得できることになります。また、ステータスマッチで運がよければ、ヒルトンのダイヤモンド(もしくはゴールド)資格も獲得できます。これまでも魅力的なクレジットカードでしたが、今回の新サービス発表で、ますますお得度が上がったように思います。

 

まとめ

SPGとマリオット、リッツカールトン間で会員資格のステータスマッチ(ステータスのリンク)が開始されました。また、同時に、ポイント移動も可能になりました。

当記事では、その内容を詳しく見ていきましたが、今回の施策はユーザーの利便性向上に焦点が当てられており、ユーザー側がデメリットとなるような内容は発見できませんでした。なので私も、リワード側のアカウントは持っていないかったのですが、さっそくアカウントを作成して、リンクさせてみました。

結果、私はこれまでSPGのゴールド資格と、ヒルトンのダイヤモンド資格を保有していましたが、今回のステータスマッチによって、マリオットおよびリッツカールトンのゴールド資格も獲得できてしまいました。ホテル選びの選択肢が増えすぎて困ってしまいますね。(^_^;)

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

おすすめ記事