陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!

スポンサーリンク


<旅好き&陸マイラー注目記事!>

SPGアメックスとANAマイルで格安で豪華なハワイ旅行を実現!

ビルズ シドニー:名物リコッタパンケーキを堪能!サリーヒルズ店の行き方とメニューは?<シドニー旅行記2017>

f:id:pipinobu:20170729090827j:plain

 

ビルズ シドニー:名物リコッタパンケーキをサリーヒルズ店で堪能!<シドニー旅行記2017>

今回は、ビルズ(bills)の本拠地であるシドニーで、名物のリコッタパンケーキを堪能してきましたので、その様子をご紹介したいと思います。シドニーには本店を含め、ビルズが4店舗あり、本店はダーリングハーストというところにあります。せっかくなので本店である「ダーリングハースト店」の方に伺おうかとも思ったのですが、今回は時間の関係で、観光客がよりアクセスしやすい「サリーヒルズ店」に行ってみることにしました。ということで、当記事では、ビルズのサリーヒルズ店の行き方からメニュー、お店の様子、名物であるリコッタパンケーキの様子まで、詳しくレポートしていきたいと思います。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

シドニー旅行2017のスケジュール

今回のシドニー旅行2017のスケジュール概要は以下になります。今回の記事は、シドニー旅行の5日目の様子になります。シドニー旅行もついに現地での最終日になりました。

 

<シドニー旅行2017のスケジュール概要>

  • 1日目:羽田からシドニーへ移動<NH879>、機内泊
  • 2日目:シドニー着、オペラハウス、ロックス&サーキュラー・キー観光
  • 3日目:ハーバー・ブリッジ、ワイルドライフ・シドニー観光 
  • 4日目:ブルーマウンテンズ、シドニー・タワー・アイ観光
  • 5日目:マンリー・ビーチ、シドニー・フィッシュマーケット、サリー・ヒルズ観光、シドニーから羽田へ移動<NH880>、機内泊 <=今ここ
  • 6日目:羽田着

 

今回のシドニー旅行の計画の経緯についてはこちらにまとめております。こちらの記事では、今回のシドニー旅行で選択した航空会社、ホテルから、旅の目的、費用、スケジュールまでご紹介しております。合わせてご参照ください。

www.pipinobu.com

 

ビルズとは

ビルズ(bills)は朝食メニューの有名店です。オーストラリアのシドニーに本店があり、ニューヨークタイムズ紙で「世界一の朝食」と評価され話題になりました。

 

ニューヨークタイムズ紙で絶賛されたスクランブルエッグや、リコッタチーズの入ったパンケーキなどが有名です。

 

現在は、海外では、シドニー、ロンドン、ホノルル、ソウルなどに店舗があります。

Bills Australia

 

日本では、東京に4店舗、神奈川に2店舗、福岡に1店舗あり、どのお店も人気がありますので、訪れたことがある方も多いのではないでしょうか。

Bills Japan

 

私自身も、日本の横浜店やお台場店に訪れたことがあります。また、ハワイのお店ではハッピーアワーのレポートもさせていただきました。

 

ビルズのシドニーでの店舗情報

ビルズの本拠地であるオーストラリアのシドニーには、ビルズが以下4店舗あります。このうち、Darlinghurst(ダーリングハースト店)が本店になります。

 

<ビルズのシドニーの店舗>

  • Bondi Beach(ボンダイビーチ店)
  • Darlinghurst(ダーリングハースト店)
  • Surry Hills(サリーヒルズ店)
  • Jobs(ジョブス店)

 

Darlinghurst(ダーリングハースト店)もシドニーの中心部からそれほど離れていませんので、行こうと思えば行けたのですが、今回は、サリーヒルズも同時に観光したかったのと、サリーヒルズ店の方が、シドニー中心部からアクセスがよかったので、時間の関係もありサリーヒルズ店の方に伺うことにしました。

 

ビルズ シドニー「サリーヒルズ店」の営業時間

ビルズ シドニー「サリーヒルズ店」の営業時間は以下になります。平日は朝7時から、土日は朝7時半から、祝日は朝8時からの開店となり、閉店時間はいずれも夜10時となっています。朝食メニューが有名なお店ですが、意外と夜の時間もちゃんと営業していますね。

 

<営業時間>

  • Mon to Fri 7am – 10pm
  • Sat to Sun 7.30am – 10pm
  • Public Holidays 8am – 10pm
  • Lunch from midday
  • Dinner from 5pm

 

ビルズ シドニー「サリーヒルズ店」の場所

ビルズ シドニー「サリーヒルズ店」の周辺地図はこちらになります。

 

スポンサードリンク

 

 

ビルズ シドニー「サリーヒルズ店」の行き方

鉄道利用の場合

ビルズ シドニー「サリーヒルズ店」の鉄道の最寄り駅は、シドニーのターミナル駅である「Central(セントラル駅)」です。こうやって書くと、鉄道からアクセスしやすそうですが実はそうではありません。

 

サリーヒルズはその名前のとおり「丘」なので、「Central(セントラル駅)」から徒歩で向かう場合、そこそこの傾斜の坂を20分ほど登っていく必要があります。これは結構きついです。

 

秋や冬など、涼しい季節であれば、周りの風景を楽しみながら徒歩で向かうというのも良いですが、夏場はあまりオススメできませんね。

 

バス利用の場合

シドニーではバス路線が発達しているため、バスを使うと、サリーヒルズまで便利にアクセスすることができます。

 

例えば、観光客の多くが宿泊していると思われるシドニーの中心部の「Town Hall(タウンホール駅)」周辺を起点にルート検索すると、いくつもの候補が表示されます。

f:id:pipinobu:20170729095933j:plain

 

中でも、ハイドパーク近くのバス停から出ている、路線番号301、302、303のバスであれば、本数も15分間隔と比較的多く、ビルズの近くのバス停まで連れて行ってくれます。

f:id:pipinobu:20170729095929j:plain

 

ただ、バスは本数が多くルートも複雑なので、観光客が利用するには、若干ハードルが高くなります。バスを利用する場合は、事前にGoogleやOpalアプリなどでルート検索を行い、充分に確認してからにしましょう。

 

OpalやOpalアプリについては、こちらの記事でもご紹介しています。


 

Uber(ウーバー)を利用する場合

我々は、ビルズに伺う前に、シドニーのフィッシュマーケットの観光をしていました。フィッシュマーケットからサリーヒルズまでは、鉄道もバスもアクセスが良いものがなかったので、Uber(ウーバー)を利用することにしました。

 

我々がフィッシュマーケットからサリーヒルズのビルズまでUber(ウーバー)を利用した時の料金は、12.62オーストラリアドル(=約1040円)、所要時間は約15分ほどでした。フィッシュマーケットからサリーヒルズまではそこそこ距離がありますので、それを考えるとお値段も手頃です。

f:id:pipinobu:20170729101232p:plain

 

シドニーでは、Uber(ウーバー)が浸透しており、待ち時間も少なく、とても便利に利用することができます。Uber(ウーバー)を利用する際は、日本で事前に登録しておきましょう。

 

また、シドニーのフィッシュマーケットの様子はこちらでご紹介しています。


 

スポンサードリンク

 

 

ビルズ シドニー「サリーヒルズ店」でのリコッタパンケーキをレポート

それではここからは、ビルズ シドニー「サリーヒルズ店」でリコッタパンケーキをいただいた様子をレポートしていきたいと思います。

 

サリーヒルズとは

ビルズ シドニーの「サリーヒルズ店」はその名前のとおり、サリーヒルズに位置しています。サリーヒルズは、シドニーの中でも最近人気の出て来た観光エリアで、おしゃれなカフェや飲食店、雑貨店などが立ち並んでいます。

 

こちらがサリーヒルズの街並みです。道の両側に、古いテラスハウスが立ち並んでおり、多くのカフェや飲食店、雑貨店などが入居しています。

f:id:pipinobu:20170729093155j:plain

f:id:pipinobu:20170729093202j:plain

 

全体的に、閑静な住宅街の中のおしゃれな通りという感じで、日本で言えば、青山や代官山の裏通りといった雰囲気です。

f:id:pipinobu:20170729090753j:plain

 

ビルズ シドニー「サリーヒルズ店」の外観

ビルズ シドニー「サリーヒルズ店」の外観はこんな感じです。レンガ風のおしゃれなビルの一階に入居しています。テラス席もあり気持ち良さそうです。

f:id:pipinobu:20170729090740j:plain

 

ビルズ シドニー「サリーヒルズ店」の店内の様子

ビルズ シドニー「サリーヒルズ店」の店内の様子はこんな感じです。白を基調にした店内に、ナチュラルな色合いのテーブルや椅子などが用意されています。おしゃれカフェな雰囲気です。

f:id:pipinobu:20170729090823j:plain

 

店内の至るところに、お花も飾ってあります。管理が行き届いていますね。

f:id:pipinobu:20170729090805j:plain

 

店内からキッチンの様子を伺うこともできます。全体的に、とても清潔感がありますね。

f:id:pipinobu:20170729090818j:plain

 

我々は午後2時半ぐらいに伺いました。ですので、時間帯としては、遅めのランチ、もしくはカフェという感じになるかと思います。中途半端な時間のためか、店内は比較的空いていました。

 

ビルズ シドニー「サリーヒルズ店」のメニュー

ビルズ シドニー「サリーヒルズ店」のメニューは、ドリンクメニューと食事のメニューに分かれており、食事のメニューが時間帯によって変化する形になります。

 

こちらの写真はドリンクメニューです。コーヒーは種類やサイズによって価格が異なりますが、4オーストラリアドルから5オーストラリアドルぐらいのものがメインの価格帯になっていました。日本円では約320円から約410円ということで、意外とお手頃価格です。

f:id:pipinobu:20170729090811j:plain

 

食事メニューはこちらです。食事メニューの方は、多くのものが20オーストラリアドル(=約1640円)を超えていますね。結構高めに感じます。まあ、シドニー全体の物価が高いので、ビルズだけが特別高いというわけではないのかもしれませんが・・。

f:id:pipinobu:20170729091009j:plain

 

我々が楽しみにしていた「リコッタパンケーキ(リコッタホットケーキ)は、22.50オーストラリアドル(=約1,850円)となっています。なかなか強気の価格設定ですね。

 

もう一つの名物である「スクランブルエッグ」は、15.00オーストラリアドル(=約1,230円)となっています。こちらの方が若干お手頃です。

 

ビルズ シドニー「サリーヒルズ店」のメニューについては、こちら公式HPもご参照ください。

Bills Australia

 

ビルズ シドニー「サリーヒルズ店」のリコッタパンケーキ

我々は、シドニーのフィッシュマーケット観光の後ということで、それほどお腹がすいていませんでしたので、カフェ利用として、ドリンク2つと、リコッタパンケーキ1つを注文して、これをシェアすることにしました。

 

まずは、シドニーらしく、フラットホワイトを注文して、リコッタパンケーキが到着するのをしばし待ちます。

f:id:pipinobu:20170729090822j:plain

 

ちなみに、フラットホワイトは、エスプレッソに泡だてたミルクを注いだもので、オーストラリアで定番のコーヒーメニューです。カフェラテよりも、ミルク感が強く感じ、とってもまろやかです。見た目もかわいいですね。

 

そんなこんなで、しばらくまっていると、念願のリコッタパンケーキが到着しました。パンケーキの上の乗っているはバターです。パンケーキの下には、ゴロゴロっとバナナも敷かれていますね。パンケーキ自体の枚数も3枚あり、全体的に日本よりもボリュームが大きいように感じました。

f:id:pipinobu:20170729090832j:plain

 

付属のシロップをかけて早速いただきましょう。

f:id:pipinobu:20170729090827j:plain

 

食感は見た目どおりのフワフワ。お味の方も、パンケーキの生地に練られたリコッタチーズとバナナのクリーミーな感じがマッチしていて絶品でした。味、ボリュームともに大満足です。

 

ビルズ シドニー:まとめ

今回は、ビルズのサリーヒルズ店の行き方から、店内の様子、名物であるリコッタパンケーキの様子まで、詳しくレポートさせていただきました。名物のリコッタパンケーキは、22.50オーストラリアドル(=約1,850円)ということで、最初はちょっと高いかなあ、と思ったのですが、味、ボリュームともに満足でき、その価格に見合ったものだと感じました。また、お店の雰囲気も良く、お店の方の接客も好感が持てるものでしたので、全体的に、とても満足できるカフェタイムになりました。ビルズ シドニー、オススメです。

 

次の記事==>

ボンダイビーチ&マンリービーチの行き方とオススメは?<シドニー旅行記2017>

 

<==前の記事

シドニー フィッシュマーケットの行き方と牡蠣(オイスター)の値段は?食べ歩きレポート!<シドニー旅行記2017>

 

<全体の目次、記事一覧>

シドニー旅行記2017:全体の目次、記事一覧はこちら!

 

海外旅行好きの方はこちらの記事も注目です。SPGアメックスとANAマイルを利用することで、低コストで豪華なハワイ旅行を実現しています。夫婦でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円だけの現金持ち出しだけで実現しています。しかも、部屋の超絶アップグレードも受けられたというおまけ付きです。ぜひ合わせてご参照ください。

 

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事