陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!

スポンサーリンク


<旅好き&陸マイラー注目記事!>

SPGアメックスとANAマイルで格安で豪華なハワイ旅行を実現!

ジャックさんの楽しい日本語ツアー「世界遺産ブルーマウンテンズ」に参加レポート!<シドニー旅行記2017>

f:id:pipinobu:20170712144701j:plain

 

ジャックさんの楽しい日本語ツアー「世界遺産ブルーマウンテンズ」に参加レポート!<シドニー旅行記2017>

今回は、私が参加した「世界遺産ブルーマウンテンズ&キングステーブル&ルーラ by ジャックさんの楽しい日本語ツアー」のレポートをお送りしたいと思います。こちらのツアーは、ブルーマウンテンズにおける主要な観光スポットである、エコー・ポイントやスリー・シスターズ、キングス・テーブルランド、シーニックワールドなどを効率的に周ることができるのが特徴で口コミの評判も良いようです。7:20集合ということで朝早くから活動を開始する代わり、14:00に解散するタイムテーブルとなっており、午後の時間も別の観光へと有効に使うことができます。自分で鉄道を使って向かう場合に比べるとコストは高くなりますが、その分、時間を有効に使うことができますので、時間をお金で買うような感じですね。以下の記事で詳しくご紹介していきたいと思います。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

シドニー旅行2017のスケジュール

今回のシドニー旅行2017のスケジュール概要は以下になります。今回の記事は、シドニー旅行の3日目の様子になります。

 

<シドニー旅行2017のスケジュール概要>

  • 1日目:羽田からシドニーへ移動<NH879>、機内泊
  • 2日目:シドニー着、オペラハウス、ロックス&サーキュラー・キー観光
  • 3日目:ハーバー・ブリッジ、ワイルドライフ・シドニー観光
  • 4日目:ブルーマウンテンズ、シドニー・タワー・アイ観光 <=今ここ
  • 5日目:マンリー・ビーチ、シドニー・フィッシュマーケット、サリー・ヒルズ観光、シドニーから羽田へ移動<NH880>、機内泊
  • 6日目:羽田着

 

今回のシドニー旅行の計画の経緯についてはこちらにまとめております。こちらの記事では、今回のシドニー旅行で選択した航空会社、ホテルから、旅の目的、費用、スケジュールまでご紹介しております。合わせてご参照ください。

www.pipinobu.com

 

ブルーマウンテンズとは

ブルーマウンテンズ国立公園(Blue Mountains National Park)」は、オーストラリア、ニューサウスウェールズ州にある国立公園です。シドニーの西81キロメートル、グレートディヴァイディング山脈のブルーマウンテンズ地域にあります。

 

スリー・シスターズをはじめとする峡谷景観で有名となっています。ユーカリの木から揮発されるオイルが太陽光に反射し、青く霞んで見えることからその名が付けられました。

 

また、2000年11月にはグレーター・ブルーマウンテンズ地域の一部として世界遺産に登録されています。

 

ブルー・マウンテンズ国立公園 - Wikipedia

 

私は大自然の風景が大好きなので、今回のシドニー旅行では、こちらの「ブルーマウンテンズ国立公園」へ絶対に行きたいと思っていました。

 

ですので、「ブルーマウンテンズ国立公園」観光は、今回のシドニー旅行、シドニー観光のメインイベントでもあります。

 

ブルーマウンテンズ国立公園の周辺地図はこちらになります。

 

ブルーマウンテンズの行き方

シドニーから世界遺産ブルーマウンテンズに向かう場合、代表的な選択肢としては、①オプショナルツアーへの参加と、②鉄道を使って自力で向かう、の2種類があります。

 

<世界遺産ブルーマウンテンズの行き方の選択肢>

  • ①オプショナルツアーへの参加
  • ②鉄道を使って自力で向かう

 

私の場合、最初は鉄道で向かおうと考えていたのですが、私が計画していた日程で鉄道のメンテナンスが予定されており、移動時間が大幅に伸びてしまうことが発覚しました。

 

そのため今回は、オプショナルツアーを利用することにしました。

 

世界遺産ブルーマウンテンズへの行き方と、鉄道、ツアーを利用した場合の比較などはこちらで詳しく行なっていますので、合わせてご参照ください。

www.pipinobu.com

 

ジャックさんの楽しい日本語ツアー「世界遺産ブルーマウンテンズ」:ツアー料金とスケジュール

ツアーの料金

私が今回参加したツアーは、こちらの「世界遺産ブルーマウンテンズ&キングステーブル&ルーラ by ジャックさんの楽しい日本語ツアー 」です。おとな1人80オーストラリアドル(=約6600円)で提供していました。

f:id:pipinobu:20170709092022p:plain

 

ツアーのスケジュール

こちら「世界遺産ブルーマウンテンズ&キングステーブル&ルーラ by ジャックさんの楽しい日本語ツアー 」のスケジュールは以下のようになっています。
 

<ツアーのスケジュール>

  • 07:20 指定ホテルにお迎え後 ブルーマウンテンズへ
  • 09:10 キングス・テーブルランド (25分)
  • 09:45 エコー・ポイント&スリー・シスターズ (20分):世界遺産ブルーマウンテンで最も有名な奇石【スリー・シスターズ】を眺めましょう。
  • 10:25 シーニックワールド (80分):自由な時間をお過ごしください。※乗り物は別料金
  • 12:00 ルーラの街 (20分):「山の王冠に輝く宝石」と呼ばれる美しい街ルーラ。メインストリートに並ぶカフェやレストラン、工芸品店はおしゃれでかわいいお店がいっぱい!
  • 14:00 指定ホテルお送り

 

ブルーマウンテンズにおける主要な観光スポットである、エコー・ポイントやスリー・シスターズ、シーニックワールドなどを効率的に周ることができます。車でしかアクセスできないキングス・テーブルランドに訪れるのもポイントです。

 

出発時間は7:20となかなか早いですが、その分、14:00解散ということで、時間を有効に使うことができますね。

 

ベルトラの公式HPはこちらです。正確なツアー料金等の詳細は、こちらからご確認ください。

 

スポンサードリンク

 

 

ジャックさんの楽しい日本語ツアー「世界遺産ブルーマウンテンズ」:参加レポート

それではここからは、私が実施に参加した「世界遺産ブルーマウンテンズ&キングステーブル&ルーラ by ジャックさんの楽しい日本語ツアー」の参加レポートをお送りしたいと思います。ツアーのスケジュールに沿って、順番にご紹介していきたいと思います。

 

指定ホテルにお迎え後 ブルーマウンテンズへ:07:20 

我々はこのツアー参加の前日、「シェラトン・オンザパーク」に宿泊していました。

 

そして、こちらのツアーの集合場所として指定されたのは、「ヒルトン・シドニー」でした。シェラトン・オンザパークからヒルトン・シドニーまでは、徒歩5分ほどの距離にあります。ツアーの集合場所としては、宿泊しているホテルから近いホテルが指定されるようです。

 

こちらがヒルトン・シドニーの入り口です。こちらのロビーで指定の時刻までしばらく待ちます。

f:id:pipinobu:20170712144324j:plain

 

集合時間に指定された場所で待っていると、こちらの写真のような白いミニバスとともに、ガイドさんがやってきました。

f:id:pipinobu:20170712144329j:plain

 

ツアーのバウチャーを確認の後、ミニバスに乗り込みます。

f:id:pipinobu:20170712144333j:plain

 

私が参加したこの日、ツアーは盛況で満席(我々を入れて8人ほど)の状態でした。なかなか人気があるようです。


キングス・テーブルランド (25分):09:10 

さて、シドニーから世界資産ブルーマウンテンズまでは、車で約1時間50分ほどの距離にあります。

 

ガイドさんとの楽しい会話ののち、車は最初の目的地である「キングス・テーブルランド 」に到着しました。

f:id:pipinobu:20170712144411j:plain

 

車を降りて、岩肌むき出しの道をしばらく進みます。このあたりから、大自然感が満載。

f:id:pipinobu:20170712144417j:plain

 

高台の上まで登ります。

f:id:pipinobu:20170712144439j:plain

 

すると、世界遺産ブルーマウンテンズを見渡す絶景が広がっていました。本当に雄大な景色です。写真だとわかりづらいですが、360度、こんな景色が広がっています。

f:id:pipinobu:20170712144429j:plain

 

こちらの「キングス・テーブルランド 」には、手すりなどの柵はありませんので、岩盤の端っこの方まで行くことができます。結構ドキドキです。

f:id:pipinobu:20170712144434j:plain

 

ブルーマウンテンズの山々は、手前の方はユーカリの森で緑色なのですが、奥に目を向けるにつれて、だんだんと青色になっていきます。これは、ユーカリの葉の油が蒸発して、光の屈折によってそう見えるらしいのですが、とっても不思議ですね。

f:id:pipinobu:20170712144423j:plain

 

エコー・ポイント&スリー・シスターズ (20分):09:45 

「キングス・テーブルランド 」の次は、世界遺産ブルーマウンテンズのメインの観光地とも言える、「エコー・ポイント&スリー・シスターズ 」に向かいます。「キングス・テーブルランド 」からは、車で15分ほどの距離です。

 

「エコー・ポイント」はこんな感じです。「キングス・テーブルランド 」と同じく展望台ですが、こちらは近代的に整備されていて、ちゃんと柵があります(笑)。そして、人で賑わっています。

f:id:pipinobu:20170712144555j:plain

f:id:pipinobu:20170712144548j:plain

 

そしてこちらが、有名な「スリー・シスターズ」です。3つの岩山が、アボリジニーの古い伝説の3姉妹になぞらえられて、この名前が付いています。

f:id:pipinobu:20170712144559j:plain

f:id:pipinobu:20170712144553j:plain

 

「スリー・シスターズ」をアップにすると、岩山の間にスロープが出来ているのがわかります。こちらの「エコー・ポイント」から「スリー・シスターズ」までは、トレッキングコースが整備されていて、歩いて「スリー・シスターズ」の真下まで行けるそうです。今回はツアー参加であまり時間がなかったので行けませんでしたが、時間があればチャレンジしたいですね。

f:id:pipinobu:20170712144604j:plain

 

スポンサードリンク

 

 

シーニックワールド (80分):10:25 

「エコー・ポイント&スリー・シスターズ」の観光の後は、「シーニックワールド」に移動です。シーニックワールドは、ブルーマウンテンズの大自然を満喫できるようにして作られたテーマパークです。4つのアトラクションで構成されています。

 

<シーニックワールドのアトラクション>

  • Skyway
  • Railway
  • Walkway
  • Cableway

 

シーニックワールドは、前述の4つのアトラクションで構成されており、発売されているチケットは、4つ全てのアトラクションの乗り放題券になります。

 

料金は以下のように、大人39オーストラリアドル(=約3,200円)となっています。

 

<シーニックワールドの料金>

The ultimate Scenic World experience.
Includes unlimited rides on the Railway, Skyway, Cableway and Walkway.

  • ADULT $39
  • CHILD $21, Aged 4-13 years. Children under 4 are free!
  • FAMILY $99, 2 x adults and up to 5 children under 14 years old
  • CONCESSION $35

 

シーニックワールドの公式HPはこちらになります。

Scenic World Blue Mountains Australia - Family Adventure Holidays

 

こちらのツアーには、「シーニックワールド」のチケット代金は含まれていませんので、利用する場合は別途料金を支払う必要があります。我々はもともと、こちらの「シーニックワールド」を利用したいと思っていたので、追加料金を支払って利用することにしました。

 

もちろん、「シーニックワールド」を利用しないという選択肢もあります。その場合は、「シーニックワールド」のお土産やさんで自由時間になります。

 

シーニックワールドのアトラクション①:Skyway

さて、こちらのツアーに参加した場合、最初に利用するアトラクションは「Skyway」です。「Skyway」は、大型のロープウェイのイメージになります。

f:id:pipinobu:20170712144701j:plain

 

「スリーシスターズ」側の崖から、対岸の崖まで移動する形になります。

f:id:pipinobu:20170712144706j:plain

 

こんな形の乗り物に乗り込んでいきます。

f:id:pipinobu:20170712144711j:plain

 

乗り物の中は意外と広いです。席は用意されておらず、立ったままの状態で移動します。

f:id:pipinobu:20170712144721j:plain

 

床はガラス張りになっていて、下が覗けるようになっています。ですが、曇っていてあまり見えませんね(笑)。

f:id:pipinobu:20170712144725j:plain

 

こんな感じで、対岸の崖まで移動します。

f:id:pipinobu:20170712144717j:plain

 

乗り物の周りは、ブルーマウンテンズの大自然です。ブルーマウンテンズのユーカリの森の上を、ゆっくり移動していきます。

f:id:pipinobu:20170712144730j:plain

 

時間にすると10分もないぐらいだと思いますが、空中を散歩している気分で、なかなか楽しめます。

f:id:pipinobu:20170712144735j:plain

 

シーニックワールドのアトラクション②:Railway

続いては、「Railway」です。「Railway」はその名前のとおり、鉄道のアトラクションです。

f:id:pipinobu:20170712144741j:plain

 

急勾配の坂道を、トロッコ鉄道で下っていきます。

f:id:pipinobu:20170712144747j:plain

 

こんな感じの乗り物に乗り込みますよ。

f:id:pipinobu:20170712144759j:plain

 

かなりの急勾配の坂道を、トロッコ鉄道で一気に下っていきます。意外なことに、シートベルトの用意がないので、自分の手で支えていないと、結構あぶない感じです。片手で写真とか撮っていると、ぐらぐらしますよ。

f:id:pipinobu:20170712144804j:plain

 

乗り終わったあと、下ってきた線路を眺めると、その急勾配具合が良くわかります。

f:id:pipinobu:20170712144810j:plain

 

イメージ的には、ゆっくり下って行く、スプラッシュマウンテンみたいな感じです(笑)。スピードは遅いのですが、なかなかスリルがあります。

 

スポンサードリンク

 

 

シーニックワールドのアトラクション③:Walkway

続いてのアトラクションは「Walkway」です。こちらは、別名「Bushwalk」となっていて、ユーカリの森の中の散策コースです。「Railway」から次のアトラクションである「Cableway」間を移動するためのルートです。

f:id:pipinobu:20170712144820j:plain

 

基本はユーカリの森の中の移動しつつ、散策を楽しむのですが、ところどころに、見学スポットが用意されています。こちらは、昔の炭鉱ですね。ちょっとだけ中に入ることができます。

f:id:pipinobu:20170712144829j:plain

 

こちらは、昔の炭鉱夫のレプリカ。

f:id:pipinobu:20170712144835j:plain

 

こちらも、昔の炭鉱ですね。線路の跡が残っています。

f:id:pipinobu:20170712144843j:plain

 

ユーカリの森の中の散策は、とても気持ちが良かったです。

f:id:pipinobu:20170712144848j:plain

 

シーニックワールドのアトラクション④:Cableway

最後のアトラクションは、「Cableway」です。こちらも「Skyway」と同じ、ロープウェイのアトラクションになります。

f:id:pipinobu:20170712144854j:plain

 

こちらの写真のように、上の方から乗り物がやってきます。

f:id:pipinobu:20170712144900j:plain

f:id:pipinobu:20170712144905j:plain

 

中に入るとこんな感じです。こちらも「Skyway」と同じく、立った状態での移動になります。

f:id:pipinobu:20170712144911j:plain

 

崖の下から上へと登って行く形になりますが、スピードは意外と早いです。

f:id:pipinobu:20170712144916j:plain

 

かなりの高度があるので、窓からは、ブルーマウンテンズの大自然の絶景を楽しむことができます。遠くには、「スリー・シスターズ」も見えますね。

f:id:pipinobu:20170712144921j:plain

 

シーニックワールドのお土産屋さん

最後は、ツアーの集合時間までお土産屋さんの探索です。こちらは、シーニックワールドの各アトラクションの起点の駅にもなっているので、たくさんの人で賑わっています。

f:id:pipinobu:20170712144938j:plain

 

「シーニックワールド」のお土産屋さんには、こちらの写真のように、オーストラリアならではのお土産がたくさん販売されています。コアラやカンガルーなどのクリスマスオーナメントなんて、なかなか可愛いですね。

f:id:pipinobu:20170712144931j:plain

 

こちらはコアラのマペット。ちょっとブサかわな感じ?

f:id:pipinobu:20170712144943j:plain


ルーラの街 (20分):12:00 

今回参加した「世界遺産ブルーマウンテンズ&シーニックワールド&ルーラ:日本語ツアー」も最後の観光スポットになりました。最後は、ブルーマウンテンズで人気のローカルタウンである「ルーラ」の散策です。

f:id:pipinobu:20170712145037j:plain

 

この日は、運がいいのか悪いのか、年1回のお祭りの日にあたってしまったそうで、ものすごい人で賑わっていました。普段は、アンティークやインテリアなどのショップが立ち並ぶ、静かな街なのだそうですが、この日は、街の中心部にたくさんの屋台が出ています。

f:id:pipinobu:20170712145043j:plain

 

屋台には、美味しそうな食べ物も売っていたので、何か頂こうかと思ったのですが、どこも長蛇の列で、20分の滞在時間では難しそうだったので断念・・。代わりに、街をブラブラすることにしました。

 

この時は、南半球であるオーストラリア的には秋になるので、秋の風景がとても素敵です。

f:id:pipinobu:20170712145054j:plain

 

ルーラの街には、こちらの写真のような、レトロな建物があって、とても雰囲気が良いです。

f:id:pipinobu:20170712145049j:plain

 

ルーラは小さな街なので、ゆっくりとブラブラしていると、ちょうど20分の滞在時間ビッタリぐらいでした。

f:id:pipinobu:20170712145100j:plain

 

指定ホテルお送り:14:00 

そんなこんなで、ルーラの街を後にすると、ツアーの車は、一路シドニーに向けて引き返しました。乗車時間は、行きと同じで約1時間50分です。ベルトラの申し込み画面では、最後は指定ホテルへお送りとなっていましたが、実際は「ダーリング・ハーバー」で解散となりました。

f:id:pipinobu:20170712145120j:plain

 

ダーリング・ハーバーは「ワイルドライフ・シドニー動物園」を始め、たくさんの観光スポットがありますので、ホテルへのお送りよりも、便利といえば便利です。

 

ジャックさんの楽しい日本語ツアー「世界遺産ブルーマウンテンズ」:参加した感想

ツアー参加のメリットとデメリット

今回、こちらの「世界遺産ブルーマウンテンズ&キングステーブル&ルーラ by ジャックさんの楽しい日本語ツアー」に実際に参加してみて感じたメリットとデメリットは以下になります。

 

<メリット>

  • 主要観光スポットを効率的に周ることができるため、時間を有効に使える。解散時間も14:00と早いため、終了後に別の観光を入れることも可能
  • 日本語のできるガイドさんの引率があるので、トラブルに巻き込まれる可能性が低い
  • 個人では行くことが難しい「キングス・テーブルランド」にも行くことができる

 

<デメリット>

  • 自分のペースで観光スポットを鑑賞できない。特に、「エコー・ポイント」で「スリー・シスターズ」までのトレッキングをしたい方には不向き
  • 鉄道などを使って個人で向かう場合に比べてコストが高い
  • 常時、ミニバスでの移動になるので、車酔いする方は要注意

 

メリットで一番大きいのは、時間を有効に使えるところですね。個人で鉄道を使って向かう場合、乗り物感の待ち時間が長くなるので、まる1日の日帰り旅行になることが予想されます。ですが、こちらのツアーの場合は、解散時間も14:00と早いため、終了後に別の観光を入れることも可能です。

 

あとは、日本語ができるガイドさんの引率があるので、安心感がやはり高いです。特に、英語などが得意でない方や、海外旅行に慣れていない方には、大きなメリットになると思います。

 

デメリットとしては、自分のペースで観光できないところですね。もちろん、何を目的にするかにもよりますが、その時その時で、自分の心の赴くままに、自由に見て回りたい、という方には向きません。また、コストも高くなります。

 

ツアーに参加した感想

この辺り、何を優先するかによると思いますが、私自身、今回ツアーに参加したのは、時間のない海外旅行の中で、時間を優先することを考えた結果でした。ですので、今回、ツアーに参加してよかったと思っています。大満足です。

 

ただ、注意点としては、お昼ご飯を食べる時間がほとんどありませんので、カロリーメイトとか、パンとか、小腹対策になるようなものを持参したほうがよさそうです(笑)。

 

ジャックさんの楽しい日本語ツアー「世界遺産ブルーマウンテンズ」:まとめ

今回は、私が実施に参加した「世界遺産ブルーマウンテンズ&キングステーブル&ルーラ by ジャックさんの楽しい日本語ツアー」のレポートをお送りしました。こちらのツアーに参加することで、ブルーマウンテンズにおける主要な観光スポットである、エコー・ポイントやスリー・シスターズ、キングス・テーブルランド、シーニック・ワールドなどを効率的に観光することができました。

 

念願であったブルーマウンテンズを訪れることができ、その大自然を十分に満喫することができました。シドニーはシドニーで楽しいのですが、シドニーは都市なので、オーストラリアならではの大自然を楽しむという感じではありません。せっかくオーストラリアを訪れたのであれば、ぜひブルーマウンテンズにも足を伸ばして、オーストラリアならではの大自然を味わってみることをオススメします。とっても気持ちよいですよ。

 

それでは、また!

 

次の記事==>

ヒルトン シドニー宿泊記:チェックインとジュニアスイートのお部屋をレポート!<シドニー旅行記2017>

 

<==前の記事

ブルーマウンテンズ国立公園の行き方!鉄道とツアーを利用した場合の比較とオススメは?<シドニー旅行2017>

 

<全体の目次、記事一覧>

シドニー旅行記2017:全体の目次、記事一覧はこちら!

 

海外旅行好きの方はこちらの記事も注目です。SPGアメックスとANAマイルを利用することで、低コストで豪華なハワイ旅行を実現しています。夫婦でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円だけの現金持ち出しだけで実現しています。しかも、部屋の超絶アップグレードも受けられたというおまけ付きです。ぜひ合わせてご参照ください。

 

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事