陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!


< 旅好き&陸マイラー注目記事! >

SPGアメックスとANAマイルで格安で豪華なハワイ旅行を実現!

アメックスゴールドが年会費無料&30,000ボーナスポイント!

ポイントサイトの入会はここからがお得!入会特典ランキング!

スポンサーリンク

シドニー フィッシュマーケットの行き方と牡蠣(オイスター)の値段は?食べ歩きレポート!<シドニー旅行記2017>

f:id:pipinobu:20170725173804j:plain

 

シドニー フィッシュマーケットの行き方と牡蠣(オイスター)の値段は?食べ歩きレポート!<シドニー旅行記2017>

今回はシドニーのフィッシュマーケットをご紹介します。シドニーのフィッシュマーケットは世界第2の取引量を誇っている大規模な魚市場です。また、業者だけでなく、一般客でも、新鮮なシーフードを食べ歩きできるため、観光客に人気のスポットでもあります。今回の記事では、そんなシドニーのフィッシュマーケットの行き方から、気になる牡蠣(オイスター)の値段、食べ歩きの様子まで、詳しくレポートしていきます。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

シドニー旅行2017のスケジュール

今回のシドニー旅行2017のスケジュール概要は以下になります。今回の記事は、シドニー旅行の5日目の様子になります。シドニー旅行もついに現地での最終日になりました。

 

<シドニー旅行2017のスケジュール概要>

  • 1日目:羽田からシドニーへ移動<NH879>、機内泊
  • 2日目:シドニー着、オペラハウス、ロックス&サーキュラー・キー観光
  • 3日目:ハーバー・ブリッジ、ワイルドライフ・シドニー観光 
  • 4日目:ブルーマウンテンズ、シドニー・タワー・アイ観光
  • 5日目:マンリー・ビーチ、シドニー・フィッシュマーケット、サリー・ヒルズ観光、シドニーから羽田へ移動<NH880>、機内泊 <=今ここ
  • 6日目:羽田着

 

今回のシドニー旅行の計画の経緯についてはこちらにまとめております。こちらの記事では、今回のシドニー旅行で選択した航空会社、ホテルから、旅の目的、費用、スケジュールまでご紹介しております。合わせてご参照ください。

www.pipinobu.com

 

シドニー フィッシュマーケットとは

シドニーのフィッシュマーケットは、築地に次いで世界第2位の漁獲量を誇る魚市場です。シドニーは港町ですから、新鮮な魚介は一度ここに集まり、市内などのレストランに出荷されていきます。ですから、シドニーのフィッシュマーケットに行けば新鮮な魚介類が味わえるということで、観光客にも人気のスポットになっています。

 

シドニーのフィッシュマーケットの公式HPはこちらになります。

Sydney Fish Market > Home

 

また、シドニーのフィッシュマーケットの周辺地図はこちらになります。

 

シドニー フィッシュマーケットの行き方

電車を利用する場合

シドニーのフィッシュマーケットの最寄駅は、ライトレールの「フィッシュマーケット駅」です。シドニーのターミナル駅であるセントラル駅(Central Station)」からは、乗車時間約20分で到着します。

f:id:pipinobu:20170725165018j:plain

f:id:pipinobu:20170725165024j:plain

「フィッシュマーケット駅」からフィッシュマーケットへは、徒歩2-3分の距離にあり、とても便利です。

 

ただし、ライトレールはちょっとアクセスしにくい場所を走っているため、観光客の多いサーキュラキー駅やタウンホール駅周辺から利用するには、一度セントラル駅まで出る必要があります。これが、ちょっとめんどくさいです。

 

<電車の場合のルート>

  • 乗車駅:セントラル駅
  • 下車駅:フィッシュマーケット駅
  • 乗車時間:約20分

 

Uber(ウーバー)を利用する場合

シドニーではタクシー配車サービスのUber(ウーバー)が浸透しています。今回のシドニー旅行でも、私はUber(ウーバー)を多用しており、フィッシュマーケットに向かう際も利用しました。

 

私はこの日、「シェラトン・オンザパーク」というホテルに宿泊しており、そちらのホテルからフィッシュマーケットまでUber(ウーバー)を利用しました。

 

こちらがその時のUber(ウーバー)の利用履歴になります。料金としては8.21オーストアリアドル(=約670円)でした。

f:id:pipinobu:20170725165743j:plain

 

Uber(ウーバー)は値段も手頃でとても便利です。一方、ライトレールは、ちょっとアクセスしにくい場所にありますので、フィッシュマーケットに向かう際には、Uber(ウーバー)の利用も検討されることをオススメします。

 

Uber(ウーバー)に関する詳細はこちらご参照ください。

 

また、シドニーでのUber(ウーバー)の利用実績はこちらご参照ください。こちらの記事では、シドニー空港から市街への移動にUber(ウーバー)を利用しました。

 

スポンサードリンク

 

 

シドニー フィッシュマーケットの牡蠣(オイスター)の値段と食べ歩きレポート

さて、ここからは、シドニー フィッシュマーケットの牡蠣(オイスター)の値段と食べ歩きの様子をレポートしたいと思います。

 

シドニー フィッシュマーケットの外観

シドニー フィッシュマーケットは、業者の方がせりを行うエリアと、一般客が買い物や食事などを行うエリアに分かれています。私が訪れたのは、一般客が買い物や食事などを行うエリアになります。

 

シドニー フィッシュマーケットの外観はこんな感じです。爽やかなブルーの色合いです。

f:id:pipinobu:20170725173612j:plain

 

建物の外には、テラス席もあり、海の景色を見ながら食事できるようになっています。とても気持ち良さそうです。

f:id:pipinobu:20170725173759j:plain

 

それでは、早速中に入って見ましょう。

f:id:pipinobu:20170725173624j:plain

 

シドニー フィッシュマーケットの中の様子

シドニー フィッシュマーケットの中の様子はこんな感じです。アーケードのショッピング街のようになっており、通りの左右にお店が並んでいるような感じになります。並んでいるお店は、魚屋さんか、シーフードのカフェやレストランになります。

f:id:pipinobu:20170725173731j:plain

 

そして、シドニーのフィッシュマーケットの中は、観光客でめちゃくちゃ混んでいます。写真の様子でもその様子がわかりますね・・。我々が訪れたのは、確かお昼をちょっと外した14時ぐらいだっと思いますが、それでもかなりの混雑具合でした。あまり混雑が好きでない方は、もっと時間をずらしたほうがいいかもしれません。

 

さて、シドニーのフィッシュマーケットの中には、魚屋さんやレストラン、カフェなどが、大きなものから小さいものまで、いくつも入っています。

 

特に大きな魚屋さんは4軒ぐらいあり、かなり広いお店に、ところ狭しとシーフードが並んでいます。こちらの写真のような感じです。

f:id:pipinobu:20170725173708j:plain

 

並んでいるのは、調理してないものから、調理してあるものまでいろいろです。こちらの写真は調理をしていない、生のシーフードですね。

f:id:pipinobu:20170725173755j:plain

f:id:pipinobu:20170725173644j:plain

 

こちらの写真は調理してあるもので、エビのボイルと牡蠣(オイスター)の盛り合わせですね。おいしそうです。これらは、その場で買って、すぐ近くのテーブルですぐに食べることができます。

f:id:pipinobu:20170725173628j:plain

 

こちらの写真は、シーフード盛り合わせの豪華バージョン。ロブスターも入っていますね。とても美味しそうです。

f:id:pipinobu:20170725173633j:plain

 

こんな感じのお寿司なんかもありますので、お米の恋しい日本人も安心です。

f:id:pipinobu:20170725173640j:plain

 

中には、こんな感じで炙ったホタテなんかも販売しています。この辺りは、築地の場外市場みたいですね(笑)。

f:id:pipinobu:20170725173717j:plain

f:id:pipinobu:20170725173722j:plain

 

シドニー フィッシュマーケットの牡蠣(オイスター)の値段

港町シドニーの名物といえば、やっぱり生牡蠣(オイスター)です。フィッシュマーケットでも、いたるところで、たくさんの種類が販売されています。

 

大きめのお店の店頭では、こんな感じのお兄さん(もしくは、お姉さん)が、その場で生牡蠣(オイスター)の殻を外して、その場に並べています。見た目も新鮮ですし、とても美味しそうな演出でもあります。

f:id:pipinobu:20170725173744j:plain

 

生牡蠣(オイスター)の値段は、牡蠣そのものの大きさによっても違いますし、お店によっても、多少の高い安いはあるようです。

 

こちらのお店では、生牡蠣(オイスター)が1ダース(12個)で24.99オーストアリアドル(=2,100円)で販売されていました。

f:id:pipinobu:20170725173652j:plain

 

こちらのお店では、さきほどのお店よりもちょっと安くて、生牡蠣(オイスター)が1ダース(12個)で19.99オーストアリアドル(=約1,650円)となっています。

f:id:pipinobu:20170725173659j:plain

 

シドニー フィッシュマーケットでのオイスターの値段の相場は、1ダース(12個)でだいたい20オーストアリアドルから25オーストアリアドル(=約1,640円から2,050円)程度と考えてよさそうです。

 

日本で食べるよりは、かなりお手頃な感じでしょうか。

 

販売数量に関しては、ほぼ全てのお店が1ダース単位となっていました。わたしは、生牡蠣(オイスター)があまり得意ではないので、ハーフサイズの6個入りのものを探したのですが、最後まで見つけることができませんでした・・。

 

ただ、生牡蠣(オイスター)のバリエーションとして、味付きのものも販売されており、そちらは、6個入りのものが販売されていました。写真はこんな感じです。味付けはお店によって違いますが、ポン酢やわさび、チリソースなどで味付けがなされているものです。こちらの写真のお店では、6個で10.50(=約870円)で販売されていました。味付けが追加になっても、そんなに高くなるわけではなさそうです。

f:id:pipinobu:20170725173703j:plain

 

シドニー フィッシュマーケットでいただいたもの

そんなこんなで、我々がフィッシュマーケットでいただいたものはこちらになります。味付きの生牡蠣(オイスター)、6個入りです。前述のとおり、私は生牡蠣(オイスター)がそれほど得意ではないのですが、せっかくシドニー、それもフィッシュマーケットに来たなら、生牡蠣(オイスター)を食べなきゃね、ということでチャレンジしました。

f:id:pipinobu:20170725173712j:plain

 

味の感想はというと、これが最高においしかったです。絶品でした。

 

ポン酢やサーモン、チリソースなどであらかじめ味付けがなされているので、生牡蠣(オイスター)がちょっと苦手な私でも、ペロッといただくことができました。味付きといっても、生牡蠣(オイスター)の生臭さをちょっと消しているぐらいで、生牡蠣(オイスター)の美味しさを消しているわけではないので、私には絶妙のバランスに感じました。

 

ということで、2皿目おかわり(笑)。とっても気に入ってしまいました。

f:id:pipinobu:20170725173736j:plain

 

多分、フィッシュマーケットの生牡蠣(オイスター)はとっても新鮮でおいしかったので、私でも味付きじゃないほうの1ダース(12個入り)の方でも、余裕でいけたんではないかと思っています。

 

次回、もしまたシドニーのフィッシュマーケットを訪れるチャンスがあれば、今度はベーシックな方の生牡蠣(オイスター)の方を1ダース(12個入り)、チャレンジしてみたいと思います。

 

生牡蠣(オイスター)の後は、ちょっと火が通ったものが恋しくなって、こちらの炙りホタテの方もチャレンジしてみました。炙りホタテの上に、チーズとちょっと甘めのソースがのっています。

f:id:pipinobu:20170725173727j:plain

 

こちらのお味といえば、こちらも絶品。この組み合わせでまずいはずがありません。見た目と想像どおりの、焼きたて熱々でジューシーな仕上がりです。こちらもペロッといただきました。

 

ということで、以上、シドニー フィッシュマーケットでの牡蠣(オイスター)の値段と食べ歩きレポートでした。

f:id:pipinobu:20170725173804j:plain

 

シドニー フィッシュマーケット:まとめ

今回はシドニーのフィッシュマーケットをご紹介しました。シドニーのフィッシュマーケットで食べる生牡蠣(オイスター)は最高の味でした。本当はレストランでいただいても、味は変わらないのかもしれませんが、活気のあるフィッシュマーケット内でいただくと、その雰囲気もあいまって、旅の思い出になることは間違いないと思います。オススメの観光スポットです。シドニーのフィッシュマーケットはとても混雑しているので、混雑が気になる方は、時間をずらして訪れましょう。

 

次の記事==>

ビルズ シドニー:名物リコッタパンケーキを堪能!サリーヒルズ店の行き方とメニューは?<シドニー旅行記2017>

 

<==前の記事

シドニーのお土産はスーパーが安くてお得!ウールワース(woolworths)をレポート!<シドニー旅行記2017>

 

<全体の目次、記事一覧>

シドニー旅行記2017:全体の目次、記事一覧はこちら!

 

海外旅行好きの方はこちらの記事も注目です。SPGアメックスとANAマイルを利用することで、低コストで豪華なハワイ旅行を実現しています。夫婦でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円だけの現金持ち出しだけで実現しています。しかも、部屋の超絶アップグレードも受けられたというおまけ付きです。ぜひ合わせてご参照ください。

 

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事