陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!

スポンサーリンク

ヒルトン シドニー宿泊記:チェックインとジュニアスイートのお部屋をレポート!<シドニー旅行記2017>

f:id:pipinobu:20170715104006j:plain

 

ヒルトン シドニー宿泊記:チェックインとジュニアスイートのお部屋をレポート<シドニー旅行記2017>

今回は、ヒルトン シドニー(Hilton Sydney)宿泊記をお送りします。今回のシドニー旅行では、マリオット、シェラトンと続いて、3軒目のホテルになります。もともとは、2017年3月に実施していたヒルトンのタイムセールを利用して「キングリラクゼーションルーム」という、なかなか良いお部屋を予約していました。最初から良いお部屋を予約すると、アップグレードされる確率は減りますが、今回はアップグレード成功できたでしょうか?今回の記事では、ヒルトン シドニーでのチェックインから、宿泊したお部屋の様子まで、詳しくレポートしていきます。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

シドニー旅行2017のスケジュール

今回のシドニー旅行2017のスケジュール概要は以下になります。今回の記事は、シドニー旅行の4日目の様子になります。

 

<シドニー旅行2017のスケジュール概要>

  • 1日目:羽田からシドニーへ移動<NH879>、機内泊
  • 2日目:シドニー着、オペラハウス、ロックス&サーキュラー・キー観光
  • 3日目:ハーバー・ブリッジ、ワイルドライフ・シドニー観光 
  • 4日目:ブルーマウンテンズ、シドニー・タワー・アイ観光 <=今ここ
  • 5日目:マンリー・ビーチ、シドニー・フィッシュマーケット、サリー・ヒルズ観光、シドニーから羽田へ移動<NH880>、機内泊
  • 6日目:羽田着

 

今回のシドニー旅行の計画の経緯についてはこちらにまとめております。こちらの記事では、今回のシドニー旅行で選択した航空会社、ホテルから、旅の目的、費用、スケジュールまでご紹介しております。合わせてご参照ください。

www.pipinobu.com

 

ヒルトン シドニーとは

ヒルトン シドニー」はその名前のとおり、ヒルトン・グループのホテルです。

 

シドニーの中心部であるタウン・ホールに位置しており、観光にもビジネスにも便利な場所にあります。

 

<ヒルトン シドニー基本情報>

  • 住所: 488 George Street,Sydney NW 2000
  • チェックイン: 3:00 PM
  • チェックアウト: 11:00 AM

 

ヒルトン シドニーの周辺地図はこちらになります。

 

ヒルトン シドニーへのアクセス

ヒルトン シドニーの最寄駅は、地下鉄の「タウン・ホール駅」です。タウン・ホール駅の出口からは徒歩5分ほどの場所に位置しています。ですので、地下鉄を使っても便利にアクセスできます。

 

また、シドニーではUber(ウーバー)も普及していますので、Uber(ウーバー)の利用も便利です。

 

ヒルトン シドニーで予約したお部屋と料金

今回、利用した「ヒルトン シドニー」ですが、ヒルトンのタイムセールを利用して予約しました。

 

こちらの記事でご紹介していた、太平洋地域が対象の最大35%オフのセールです。こちらの対象地域に、オーストラリアが含まれていたので、ちゃっかり活用していました。

 

予約したお部屋は「キングリラクゼーションルーム」というお部屋です。値段は331オーストラリアドル(=約27,000円)でした。

f:id:pipinobu:20170715095659p:plain

 

こうやって書くと、高いのか安いのかわかりづらいと思いますが、こちらのお部屋は通常だと900オーストラリアドル(=75,000円)程するお部屋ですので、かなりお得だったと言えます。

 

こちらは、9月のある平日の価格です。週末だともうちょっと高くなります。ちなみに、「キングリラクゼーションルーム」は「キングエグゼクティブルーム」より上のカテゴリーのお部屋なので、エグゼクティブラウンジへのアクセス権が付いています。

f:id:pipinobu:20170715100201j:plain

 

スポンサードリンク

 

 

ヒルトン シドニーでのチェックインの様子をレポート

さて、それでは前置きが長くなりましたが、ヒルトン シドニーの宿泊記をお送りしていきたいと思います。

 

まずは、チェックインの様子です。

 

ヒルトン シドニーの外観

ヒルトン シドニーの外観はこちらになります。こちらの写真の中央の白いビルがヒルトン シドニーです。みてのとおり、都会の中に位置する高層ホテルです。

f:id:pipinobu:20170715101040j:plain

 

ヒルトン シドニーのロビー

ヒルトン シドニーの入り口はこんな感じです。近代的なホテルといった印象です。

f:id:pipinobu:20170712144324j:plain

 

レセプションはこんな感じです。スタイリッシュな印象。

f:id:pipinobu:20170715101055j:plain

 

ヒルトン シドニーのロビーは、高い吹き抜けが特徴です。モダンで解放感があります。

f:id:pipinobu:20170715101103j:plain

 

チェックインでお部屋のアップグレードに挑戦

私はヒルトンの会員制度である「ヒルトンオナーズ」で「ダイヤモンド」会員となっています。ダイヤモンド会員は、ヒルトンオナーズの中で、最上位の資格です。

 

ダイヤモンド会員の場合、当日の空室状況に応じて、宿泊するお部屋のアップグレードを受けることができます。ですので、チェックインの時は、いつもドキドキです。

 

この日、チェックイン時にアップグレード可能かどうか確認してみると、「ジュニアスイート」であれば無料でアップグレード可能ということでした。それより上のスイートの場合は、追加費用が必要とのこと・・。

 

追加費用を払ってまで、アップグレードしたいとは思わなかったので、無料でアップグレード可能だった「ジュニアスイート」へのアップグレードをお願いしました。

 

ジュニアスイートとは言え、スイートと名がつくお部屋に泊まれることができるのは、やっぱりテンションあがりますね。

 

スイートと名がつくお部屋に宿泊できるのは、こちらの「コンラッド東京」および「ヒルトン福岡シーホーク」以来です。

 

ちなみに、ヒルトン シドニーのお部屋のカテゴリーは以下のようになっています。

 

<ヒルトン シドニーの部屋のカテゴリー>

  • キングヒルトンルーム
  • キングヒルトンデラックスルーム
  • キングヒルトンデラックスルームプラス
  • キングヒルトンエグゼクティブルーム
  • キングリラクゼーションルーム <=予約
  • キングジュニアスイート <=アップグレード
  • キングリラクゼーションスイート
  • キングスイート
  • キングマスタースイート

 

ですので、1段階のアップグレードという結果になります。キングリラクゼーションルームと、キングジュニアスイートの差額は、日程にもよりますが、約100から200オーストラリアドル(=約8,200円から16,400円)程になりますので、かなりお得ですね。

 

いつもありがとうございます(笑)。

 

ヒルトン シドニーの「ジュニアスイート」のお部屋の仕様

今回アップグレードしていただいた、ヒルトン シドニーの「ジュニアスイート」のお部屋の仕様は以下になります。

 

<ジュニアスイートの仕様>

  • ホテル上層階にある52m²のスイート、エグゼクティブフロアの特典、朝食無料サービス、デスク、アクアビジョンテレビ。

 

お部屋の広さは52平米ということで、かなりゆとりのある広さになっています。また、ホテルの上層階に位置しているということで、眺望も楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

 

ヒルトン シドニーの「ジュニアスイート」のお部屋の様子をレポート

それでは、ヒルトン シドニーで宿泊したお部屋、つまりは、ジュニアスイートのお部屋の様子をレポートしたいと思います。

 

 お部屋の雰囲気

今回アサインされたのは33階の角部屋でした。52平米ということで、お部屋はとても広いです。そして、角部屋ということで、窓が2面に渡って配されているので、とても明るいです。

 

こちらは、ベッドコーナーの方を写した写真です。キングサイズのベッドが、ゆとりを持って配置されています。その横には、ソファーもありますね。

f:id:pipinobu:20170715104006j:plain

 

ベッドはもちろん、完璧にメイキングされています。

f:id:pipinobu:20170715104021j:plain

 

ベッドから向かって反対側のサイドには、ソファーセットがあります。ベッドサイドにあったのとは、また別のソファーです。ソファーがいくつあるんだって感じですね。完全に持て余し気味(笑)。

f:id:pipinobu:20170715104011j:plain

 

部屋の中央には、テレビセットがあります。部屋の広さに比べると小さ目ですね。どとーんと、大きなテレビが欲しいところです(といっても、あまり見ませんが)。

f:id:pipinobu:20170715104016j:plain

 

 なぜか写真を撮り忘れましたが、部屋の中央付近には、かなり大きめのビジネスデスクもあります。ビジネスデスクの上には、無料のミネラルウォーターが用意されていました。これは、エグゼクティブフロアおよびダイヤモンド会員の特典ですね。

f:id:pipinobu:20170715104029j:plain

 

ミニバーの様子

テレビセットの脇には、ミニバーが用意されています。コーヒーメーカーと、スナック、ワインなどなど。コーヒーメーカーの利用は無料ですが、それ以外は有料です。

f:id:pipinobu:20170715104132j:plain

 

こんな感じで、扉を開けると冷蔵庫があります。冷蔵庫の中には、ドリンクがぎっしり詰まっていますが、こちらも当然有料なので注意しましょう。こちらの冷蔵庫は、物をピックアップすると、自動で課金されるタイプなので、本気の場合以外はアンタッチャブルです。

f:id:pipinobu:20170715104148j:plain

 

テレビ台の下には、ティーセットも一式用意されています。

f:id:pipinobu:20170715104154j:plain

 

用意されていた紅茶は、LMDTのもの。どこかで見たことあります。

f:id:pipinobu:20170715104200j:plain

 

バスルームの様子

続いては、気になるバスルームの様子を確認してみましょう。

 

洗面台はダブルボールです。さすが、ジュニアスイート。バスルームの中にトイレもあります。

f:id:pipinobu:20170715104108j:plain

 

バスタブはこんな感じ。ゆとりのあるフルサイズです。液晶テレビもあり、テレビを見ながらバスタイムなんてこともできます。

f:id:pipinobu:20170715104104j:plain

 

バスタブとシャワーは完全な独立型です。

f:id:pipinobu:20170715104113j:plain

 

バスルームの中には、タオルも豊富に用意されており、また、バスローブの用意もありました。

f:id:pipinobu:20170715104100j:plain

 

アメニティーの様子

アメニティーは、世界のヒルトンで共通の、ピータートーマスロスです。

f:id:pipinobu:20170715104118j:plain

 

わさわさっと用意してあります。

f:id:pipinobu:20170715104123j:plain

 

クローゼットの様子

クローゼットもゆとりのサイズです。クローゼットの中にも、バスローブの用意がありますね。

f:id:pipinobu:20170715104043j:plain

 

反対側の扉には、無料で利用できるセーフティーボックスもあります。

f:id:pipinobu:20170715104049j:plain

 

使い捨てのスリッパもあります。使い捨てにするにはもったいないぐらい、ふわふわでした。

f:id:pipinobu:20170715104056j:plain

 

トイレの様子

バスルームの中にもトイレがありましたが、部屋の入り口の近くにも別のトイレがあります。

f:id:pipinobu:20170715104034j:plain

 

こちらのトイレには、独立型の洗面台まで付いています。さすがジュニアスイート。

f:id:pipinobu:20170715104038j:plain

 

眺望の様子

最後に、部屋からの眺望をご紹介します。こちらのお部屋は角部屋で2面に窓が配されているので、いろいろな景色を楽しむことができます。

 

こちらは、シドニーの有名なショッピングアーケードである「QVB(クイーン・ビクトリア・ビルディング)」です。歴史のある趣のある建物です。

f:id:pipinobu:20170715104219j:plain

 

こちらは、シティーのビル群を見たもの。

f:id:pipinobu:20170715104226j:plain

 

すぐ隣には、シドニーのシンボルの一つである「タワー・アイ」がありますので、それを間近に眺めることもできます。なかなか良い景色です。

f:id:pipinobu:20170715104227j:plain

 

ヒルトン シドニーの「ジュニアスイート」のウェルカムギフト

今回宿泊したお部屋は、チェックイン時にアップグレードしていただいたので、最初お部屋に入った時には、ウェルカムギフトが置いてありませんでした。

 

急なアップグレードなのでしょうがないよね、と思っていたのですが、翌朝、朝食から帰ってくると、部屋のリビングエリアのデスクの上に、チョコレートがいくつか置かれていました。きっと、こちらがウェルカムギフトと思われます。

f:id:pipinobu:20170718105317j:plain

 

リンツのチョコレートが、わさわさと置かれていました。せっかくなら、お皿にでも入れてくださればいいのに、と思ったりしましたが、まあ、それはそれとして。これもいちおう、ダイヤモンド会員の特典ですね(笑)。

 

ヒルトンオナーズのダイヤモンドステータスを手に入れた経緯

私は「SPGアメックスカード」というクレジットカードをメインカードにしています。 「SPGアメックスカード」は、SPG(シェラトンやウェスティンなど)のゴールド会員資格や、2年目以降の無料宿泊(1泊)など、様々な特典が用意された非常に優秀なクレジットカードです。

 

SPGアメックスカードにはSPGのゴールド会員資格が付いてくるので、せっかくなのでとヒルトンにステータスマッチをしてみたところ、ヒルトンのダイヤモンド会員資格を獲得できてしまいました。

 

ということで、私がヒルトンでお得なホテルライフを送れているのは全て「SPGアメックス」のおかげです。詳しい経緯はこちらご参照ください。

 

ヒルトン シドニー宿泊記:まとめ

今回は、シドニー旅行の3泊目に利用した「ヒルトン シドニー」の宿泊記をお送りしました。今回は、最初からなかなか良いお部屋を予約してしまったので、アップグレードは難しいかなあ、と思っていたのですが、無事アップグレードに成功し、ジュニアスイートのお部屋に宿泊させていただきました。ジュニアスイートのお部屋は、さすがの広さとゆとりのある作りで、持て余してしまうほどでした。また、角部屋および高層階ならではの眺望を楽しむことができる素晴らしいお部屋でした。シドニー旅行の良い思い出になりました。

 

次の記事では、エグゼクティブラウンジの様子をご紹介していきたいと思います。
 

次の記事==>

ヒルトン シドニー:エグゼクティブラウンジとプール&サウナを体験レポート!<シドニー旅行記2017>
 

<==前の記事

世界遺産ブルーマウンテンズ&シーニックワールド観光:日本語ツアーに参加レポート!<シドニー旅行記2017>

 

<全体の目次、記事一覧>

シドニー旅行記2017:全体の目次、記事一覧はこちら!

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事