陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!


< 旅好き&陸マイラー注目記事! >

SPGアメックスとANAマイルで格安で豪華なハワイ旅行を実現!

アメックスゴールドが年会費無料&30,000ボーナスポイント!

見逃し厳禁!ポイントサイトの入会特典ランキング!

スポンサーリンク

ヒルトン シドニー:エグゼクティブラウンジとプール&サウナを体験レポート!<シドニー旅行記2017>

f:id:pipinobu:20170716102948j:plain

 

ヒルトン シドニー:エグゼクティブラウンジとプール&サウナを体験レポート!<シドニー旅行記2017>

今回は、ヒルトン シドニー(Hilton Sydney)でのエグゼクティブラウンジとプール&サウナの体験レポートをお送りします。エグゼクティブラウンジでは、アフタヌーンティーとカクテルタイム、両方のサービスを利用することができましたので、それぞれの様子をレポートしたいと思います。後で詳しくご紹介しますが、カクテルタイムは味、品揃え、ボリュームともに充実しており、大満足できる内容でした。また、ヒルトン シドニーには、本格的なプール&サウナの設備もあり、こちらも利用してきましたので、合わせてレポートしたいと思います。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

シドニー旅行2017のスケジュール

今回のシドニー旅行2017のスケジュール概要は以下になります。今回の記事は、シドニー旅行の4日目の様子になります。

 

<シドニー旅行2017のスケジュール概要>

  • 1日目:羽田からシドニーへ移動<NH879>、機内泊
  • 2日目:シドニー着、オペラハウス、ロックス&サーキュラー・キー観光
  • 3日目:ハーバー・ブリッジ、ワイルドライフ・シドニー観光 
  • 4日目:ブルーマウンテンズ、シドニー・タワー・アイ観光 <=今ここ
  • 5日目:マンリー・ビーチ、シドニー・フィッシュマーケット、サリー・ヒルズ観光、シドニーから羽田へ移動<NH880>、機内泊
  • 6日目:羽田着

 

今回のシドニー旅行の計画の経緯についてはこちらにまとめております。こちらの記事では、今回のシドニー旅行で選択した航空会社、ホテルから、旅の目的、費用、スケジュールまでご紹介しております。合わせてご参照ください。

www.pipinobu.com

 

ヒルトン シドニーとは

ヒルトン シドニー基本情報

ヒルトン シドニー」はその名前のとおり、ヒルトン・グループのホテルです。シドニーの中心部であるタウン・ホールに位置しており、観光にもビジネスにも便利な場所にあります。

 

<ヒルトン シドニー基本情報>

  • 住所: 488 George Street,Sydney NW 2000
  • チェックイン: 3:00 PM
  • チェックアウト: 11:00 AM

 

ヒルトン シドニーへのアクセス

ヒルトン シドニーの最寄駅は、地下鉄の「タウン・ホール駅」です。タウン・ホール駅の出口からは徒歩5分ほどの場所に位置しています。ですので、地下鉄を使っても便利にアクセスできます。

 

ヒルトン シドニーの周辺地図はこちらになります。

 

ヒルトン シドニーで予約したお部屋と料金

今回、ヒルトン シドニーで宿泊したお部屋は「ジュニアスイート」でした。もともとは「キングリラクゼーションルーム」というお部屋を予約していたのですが、ヒルトンのダイヤモンド会員特典として「ジュニアスイート」に当日無償アップグレードしていただきました。

 

予約していたお部屋や当日チェックインの様子、ジュニアスイートのお部屋の様子などは、こちらの記事で詳しくまとめておりますので、合わせてご参照ください。


 

スポンサードリンク

 

 

ヒルトン シドニーのエグゼクティブラウンジとは

エグゼクティブラウンジの利用資格

ヒルトン シドニーのエグゼクティブラウンジは、ホテルの上層階である36階に位置しています。利用できるのは、エグゼクティブフロア宿泊者、および、ヒルトンの会員制度である「ヒルトンオナーズ」の最上級の資格である「ダイヤモンド会員」となります。

 

私はダイヤモンド会員となっていますし、かつエグゼクティブフロアにある「ジュニアスイート」に宿泊していましたので、両方の面で利用することができました。

 

エグゼクティブラウンジの利用対象者には、チェックインの際に、以下のような説明書きが渡されます(残念ながら英語版のみ)。

f:id:pipinobu:20170716101220j:plain

 

エグゼクティブラウンジの営業時間

エグゼクティブラウンジの営業時間、および時間帯によって提供されるサービスは以下になります。

 

<エグゼクティブラウンジの営業時間>

  • 全体:6:30-21:00
  • 朝食:6:30-10:00(平日)、6:30-11:00(土日祝日)
  • アフタヌーンティー:15:00-18:00
  • カクテルタイム:18:00-20:00
  • ソフトドリンクの提供:終日

 

ソフトドリンクは終日提供されていますが、アルコールが提供されるのは、カクテルタイムの時間帯のみになります。

 

また、カクテルタイムの時間帯はドレスコードが「スマートカジュアル」に設定されています。この時間帯は、ビーチウェアやフィットネスウェア、ビーチサンダルなどの極度な軽装はNGになりますので注意しましょう。

 

今回利用できたのは、アフタヌーンティーとカクテルタイムになりますので、こちらの様子をレポートしていきたいと思います。

 

ヒルトン シドニーのエグゼクティブラウンジの利用レポート

エグゼクティブラウンジの雰囲気

ヒルトン シドニーのエグゼクティブラウンジは、前述のとおり、ホテルの36階に位置しています。エレベーターを36階で降りると、こちらの写真のように、エグゼクティブラウンジへの案内があります。

f:id:pipinobu:20170716102948j:plain

 

ヒルトン シドニーのエグゼクティブラウンジは、モダンな内装になっています。スタイリッシュな印象。

 

窓がたくさんあるので明るく解放的な雰囲気です。そして、とても広いです。写真だと広さが伝えにくいですが、部屋がいくつものエリアに分けられています。

 

こちらは、テーブル席のエリア。ダイニングのような雰囲気。

f:id:pipinobu:20170716102959j:plain

 

こちらは、ラウンジ中央部のエリア。パソコンなどの用意もあります。

f:id:pipinobu:20170716103004j:plain

 我々は景色の良い窓側の席を確保しました。

f:id:pipinobu:20170716103005j:plain

 

エグゼクティブラウンジのアフタヌーンティーの様子

ここでは、アフタヌーンティーの様子をご紹介したいと思います。

 

アフタヌーンティーでの食事の品揃え

まずは、食事の品揃えを確認していきましょう。こちらは、アフタヌーンティー定番のスコーン。

f:id:pipinobu:20170716103029j:plain

 

こちらは、スコーンに付け合わせのジャムはバター、はちみつなど。

f:id:pipinobu:20170716103040j:plain

 

マンゴーのプリンもありました。

f:id:pipinobu:20170716103034j:plain

 

あとは、ナッツやクッキーなどのちょっとしたスナック。

f:id:pipinobu:20170716103039j:plain

 

食事の品揃えは以上で、アフタヌーンティーとしては、ちょっと寂しい感じでした。

 

アフタヌーンティーでのドリンクの品揃え

ドリンクについては、アフタヌーンティーでは、ソフトドリンクのみの提供になります。こちらは、紅茶ですね。お部屋にあったのと同じ、LMDTのティーパックがたくさん用意されていました。この他にも、コーヒーメーカーもあります。

f:id:pipinobu:20170716103059j:plain

 

こちらは、レモン水。ちょっとおしゃれ。

f:id:pipinobu:20170716103045j:plain

 

アフタヌーンティーでいただいたもの

そんなこんなで、アフタヌーンティーでは、提供されていたスコーンとプリンをいただきました。味自体はとても美味しかったですし、物価の高いシドニーで、自由にソフトドリンクをいただけるのは、もちろんありがたいことではあります。ただ、ちょっと肩透かしの印象でしたね。

f:id:pipinobu:20170716103047j:plain

 

スポンサードリンク

 

 

エグゼクティブラウンジのカクテルタイムの様子

続いては、カクテルタイムの様子をご紹介したいと思います。アフタヌーンティーが期待外れだった分、期待をもって伺いました。

 

カクテルタイムでの食事の品揃え

カクテルタイムはアフタヌーンティーとは打ってかわって、大充実の品揃えでした。

 

こちらの写真はサラダですね。いろいろな種類のサラダがあります。

f:id:pipinobu:20170716103207j:plain

 

こちらもサラダの続き。野菜スティックや生ハムもります。

f:id:pipinobu:20170716103213j:plain

 

サラダは、生野菜だけでなく、温野菜もありました。サラダだけでも、かなり種類豊富です。

f:id:pipinobu:20170716103141j:plain

 

こちらは、カクテルタイムの定番の各種チーズ。オリーブやジャムなど付け合わせも用意されているのは嬉しいポイントですね。

f:id:pipinobu:20170716103146j:plain

 

パンの用意もありました。

f:id:pipinobu:20170716103156j:plain

 

こちらは、エビのボイル。港町シドニーならではのシーフードは嬉しいですね。みなさん、大量にいただいていました。

f:id:pipinobu:20170716103232j:plain

 

こちらもシーフードで、イカのフリット。

f:id:pipinobu:20170716103242j:plain

 

続いてもシーフードで、白身魚のフリット。

f:id:pipinobu:20170716103151j:plain

 

こちらは、ミートボール。

f:id:pipinobu:20170716103220j:plain

 

ピザなんかもありました(あまり綺麗な写真でなくてすみません・・)。

f:id:pipinobu:20170716103202j:plain

 

カクテルタイムでは、デザートもなかなか充実していました。こちらはクレームブリュレ。大皿での提供なので、好きなだけいただくことができます。

f:id:pipinobu:20170716103227j:plain

 

こちらは、チョコレートのタルト。

f:id:pipinobu:20170716103237j:plain

 

カクテルタイムでのドリンクの品揃え

カクテルタイムでは、ドリンクバーのところに係の方がいらっしゃって、アルコールはその係の方からいただくシステムでした。

 

ビールやワインは、オーストラリアのもの含めて数種類提供されていましたし、カクテルなども好みに合わせて作っていただけるようでした。

 

英語だと、なかなか好みを伝えるのは大変ですが、その係の方は、昔ヒルトン東京にいらっしゃったそうで、片言の日本語と英語を交えた会話で、楽しくオーダーすることができました。

f:id:pipinobu:20170716103135j:plain

 

カクテルタイムでいただいたもの

カクテルタイムで特に美味しかったのは、こちらのエビのボイルですね。新鮮でプリプリな感じで、お酒とともに、大量にいただきました(笑)。

f:id:pipinobu:20170716103120j:plain

 

その他にも、イカや白身魚のフリット、ピザなどのホットミールも充実していましたので、カクテルタイムとしては珍しく、お腹いっぱいになりました。

f:id:pipinobu:20170716103125j:plain

 

アフタヌーンティーでは料理の品揃えが寂しくちょっと残念な感じでしたが、カクテルタイムで見事、完全に挽回した感じです。

 

ヒルトン シドニーのカクテルタイムは味も良く、種類豊富でボリューム満点ですので、ぜひお腹をすかせてから挑みましょう。

 

 

さて、エグゼクティブラウンジでの夕食の後は、ヒルトン シドニーのプール&サウナもちょっと覗いて見ましたので、こちらも合わせてご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

ヒルトン シドニーのプール&サウナとは

ヒルトン シドニーのプール&サウナは、ホテルの地下に位置しています。「リビングウェル・プラチナ・ヘルスクラブ」として、ホテルの宿泊者だけでなく、会員向けのサービスを提供しています。

 

私は受付で、無料で利用できることを確認してから利用しましたが、それは、私がダイヤモンド会員であるから無料なのか、それとも宿泊者であれば誰でも無料であるのかはわかりませんでした。すみません・・。

 

ヒルトン シドニーのプール&サウナの利用レポート

リビングウェル・プラチナ・ヘルスクラブの雰囲気

ヒルトン シドニーの「リビングウェル・プラチナ・ヘルスクラブ」の入り口はこんな感じです。

f:id:pipinobu:20170716103316j:plain

 

入り口の脇には、タオルが用意されていますので、こちらで必要分をピックアップしてから中に入りましょう。

f:id:pipinobu:20170716103320j:plain

 

中には、フィットネスのマシンなども用意されています。今回はプールとサウナの利用が目的だったので、私はスルー。

f:id:pipinobu:20170716103409j:plain

 

奥に進むと、ロッカールームがあります。かなり広いです。

f:id:pipinobu:20170716103326j:plain

 

ロッカールームの中には、シャワーの用意もありました。

f:id:pipinobu:20170716103334j:plain

 

プール&サウナの様子

ヒルトン シドニーのプールの様子はこんな感じです。ヘルスクラブ内のプールということで、結構本格的なスイミングプールです。リゾート向けという感じはまったくなく、泳ぐためのもの、という雰囲気です。また、写真の奥、突き当り部分にはジャグジーもありました。

f:id:pipinobu:20170716103339j:plain

 

サウナに関しても本格的で、4種類の用意がありました。ドライサウナが1種類、スチームサウナが3種類の計4種類です。スチームサウナは、たぶん、湿度の違いによるバリエーションのようです。試しに4種類全部試してみましたが、どれもとても気持ちよかったです。

f:id:pipinobu:20170716103344j:plain

 

サウナはプールサイドにありますので、水着を着用したままの利用になります。逆に言えば、水着がないと、サウナは利用できません。 ヒルトン シドニーでサウナを利用したい方は、水着を忘れないように注意しましょう。

 

ヒルトンオナーズのダイヤモンド会員資格を手に入れた経緯

私は「SPGアメックスカード」というクレジットカードをメインカードにしています。 「SPGアメックスカード」は、SPG(シェラトンやウェスティンなど)、マリオット、リッツ・カールトンの3つのホテルグループのゴールド会員資格の獲得や、2年目以降の無料宿泊(1泊)など、様々な特典が用意された非常に優秀なクレジットカードです。

 

SPGアメックスカードにはSPGのゴールド会員資格が付いてくるので、せっかくなのでとヒルトンにステータスマッチをしてみたところ、ヒルトンのダイヤモンド会員資格を獲得できてしまいました。

 

ヒルトンのダイヤモンド会員の特典は多岐に渡りますが、特に有用な特典は以下となります。世界中のヒルトンホテルで、このような特典が受けられるのは素晴らしい体験です。

 

<ヒルトンのダイヤモンド会員特典>

  • レイト・チェックアウト
  • 2人目のお客様はご宿泊無料
  • フィットネスセンターとヘルスクラブのご利用
  • 1滞在につき無料のボトルウォーター2本
  • 空室状況に基づくプリファードルームへのアップグレード
  • 1滞在につき1,000 Hオナーズ・ボーナスポイント
  • ご滞在中に毎日無料でご提供するコンチネンタルブレックファスト(会員様および同室にご宿泊のお客様1名様まで)
  • エグゼクティブフロア・ラウンジのご利用(一部のホテル)

 

SPGアメックスの特典およびメリット・デメリットについてはこちらの記事にまとめておりますので、合わせてご参照ください。以下の記事でもご紹介しておりますが、SPGアメックスでは、現在、入会紹介キャンペーンを実施しています。私からの紹介でのご入会で17,000ポイントを獲得できます。SPGアメックスの公式HPからご入会するより、7,000ポイント分もお得となっておりますで、ご興味の方はぜひご利用ください。

 

ヒルトン シドニー:エグゼクティブラウンジとプール&サウナを体験レポートのまとめ

今回は、ヒルトン シドニー(Hilton Sydney)でのエグゼクティブラウンジとプール&サウナを利用した様子をご紹介しました。エグゼクティブラウンジのアフタヌーンティーはちょっと期待外れでしたが、カクテルタイムは味、品揃え、ボリュームともに充実した内容で、名誉挽回といった感じでした。両方利用する時間のない方は、カクテルタイムの方を優先されることをお勧めします。プール&サウナについては、サウナの充実ぶりがすばらしいものでした。サウナ好きの方は、水着持参の上、ぜひ利用してみてください。きっと満足されると思います。
 

次の記事==>

シドニータワー:行き方からチケットの値段と割引、展望台からの眺望まで徹底レポート!<シドニー旅行記2017>


 

<==前の記事

ヒルトン シドニー宿泊記:チェックインとジュニアスイートのお部屋をレポート!<シドニー旅行記2017>

 

<全体の目次、記事一覧>

シドニー旅行記2017:全体の目次、記事一覧はこちら!

 

海外旅行好きの方はこちらの記事も注目です。SPGアメックスとANAマイルを利用することで、低コストで豪華なハワイ旅行を実現しています。夫婦でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円だけの現金持ち出しだけで実現しています。しかも、部屋の超絶アップグレードも受けられたというおまけ付きです。ぜひ合わせてご参照ください。

 

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事