陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!


< 旅好き&陸マイラー注目記事! >

SPGアメックスとANAマイルで格安で豪華なハワイ旅行を実現!

アメックスゴールドが年会費無料&30,000ボーナスポイント!

ポイントサイトの入会はここからがお得!入会特典ランキング!

スポンサーリンク

シドニー・ハーバー・マリオット:エグゼクティブラウンジを朝食からカクテルタイムまで徹底レポート!<SPG/Marriott>

f:id:pipinobu:20170618085956j:plain

 

シドニー・ハーバー・マリオット:エグゼクティブラウンジを朝食からカクテルタイムまで徹底レポート!<SPG/Marriott>

シドニー旅行の1泊目で利用した「シドニー・ハーバー・マリオット・ホテル・アット・サーキュラー・キー(Sydney Harbour Marriott Hotel at Circular Quay)」のエグゼクティブラウンジの様子をレポートします。エグゼクティブラウンジでは、時間帯によって様々なフードサービスを提供しています。今回の記事では、私が体験することができた、アフタヌーンティー、カクテルタイム、フルーツ&デザート、朝食の様子を、まるまるっとご紹介したいと思います。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

シドニー旅行2017のスケジュール

今回のシドニー旅行2017のスケジュール概要は以下になります。今回の記事は、シドニー旅行の2日目の様子になります。

 

<シドニー旅行2017のスケジュール概要>

  • 1日目:羽田からシドニーへ移動<NH879>、機内泊
  • 2日目:シドニー着、オペラハウス、ロックス&サーキュラー・キー観光 <=今ここ
  • 3日目:ハーバー・ブリッジ、ワイルドライフ・シドニー観光
  • 4日目:ブルーマウンテンズ、シドニー・タワー・アイ観光
  • 5日目:マンリー・ビーチ、シドニー・フィッシュマーケット、サリー・ヒルズ観光、シドニーから羽田へ移動<NH880>、機内泊
  • 6日目:羽田着

 

今回のシドニー旅行の計画の経緯についてはこちらにまとめております。こちらの記事では、今回のシドニー旅行で選択した航空会社、ホテルから、旅の目的、費用、スケジュールまでご紹介しております。合わせてご参照ください。

www.pipinobu.com

 

シドニー・ハーバー・マリオットとは

シドニー・ハーバー・マリオット」は、正式名称を「シドニー・ハーバー・マリオット・ホテル・アット・サーキュラー・キー(Sydney Harbour Marriott Hotel at Circular Quay)」と言います。とても長いです(笑)。

 

ですので、当記事では「シドニー・ハーバー・マリオット」と表記していきたいと思います。

 

シドニー・ハーバー・マリオットは、その名前のとおり、マリオット系列のホテルで、シドニーの観光名所の「サーキュラー・キー」という場所に位置しています。

 

ハーバー・ブリッジやオペラハウスなど、シドニーを代表する観光地に徒歩でアクセスできる場所に位置しており、観光にはとても便利なホテルです。

 

周辺の地図はこちらになります。

 

シドニー・ハーバー・マリオットで予約したお部屋

我々が、シドニー・ハーバー・マリオットで予約したお部屋は「オペラビュールーム、1キング」というものでした。

 

これはもともと、マリオットのベストレート保証という制度を利用して、434オーストラリアドル(約36,500円)で予約したものを、270オーストラリアドル(約22,140円)に割引してもらったものです。

 

これを、ゴールドエリート特典により、チェックインの際に「エグゼクティブレベル、オペラビュールーム、1キング」という高層階のお部屋にアップグレードしていただくことができました。

 

このあたりの詳細は前回の記事で詳しくまとめておりますので、合わせてご参照ください。

www.pipinobu.com

 

シドニー・ハーバー・マリオットのエグゼクティブラウンジとは

シドニー・ハーバー・マリオットのエグゼクティブラウンジは、エグゼクティブレベル宿泊者、もしくは、マリオットの会員制度のエリート会員(プラチナ、もしくは、ゴールド)のみが利用できる特別なラウンジです。

 

私の場合は、マリオット会員制度のエリート会員(ゴールド)ですので、宿泊する部屋のカテゴリーによらず利用することが可能です。

 

今回の宿泊で言えば、エグゼクティブレベルにアップグレードしていただいたので、そちらの基準でも利用できるということになりました。

 

ちなみに、エグゼクティブラウンジを利用できるのは、各部屋2名までです。それ以上の人数で利用したい場合は、一人あたり90オーストラリアドル(約7,400円)が追加で必要になります。結構高いですね・・。

 

また、エグゼクティブラウンジにはドレスコードが存在し「スマートカジュアル」が指定されています。ビーチサンダルやビーチウェア、トレーニングウェア、など極端にカジュアルな装いはNGになっていますので、気を付けましょう。

 

シドニー・ハーバー・マリオットのエグゼクティブラウンジ:営業時間と各フード&ドリンクサービス時間

エグゼクティブラウンジ利用資格者に対しては、チェックインの際に、以下のような利用ガイドが配布されていました(残念ながら英語のみ・・)。

f:id:pipinobu:20170618085938j:plain

 

記載内容をざっくりまとめると以下のようになります。営業時間の中で、終日、ソフトドリンクとスナックが提供されています。それにプラスアルファして、時間帯に応じて、朝食、アフタヌーンティー、カクテルタイム(イブニングアワー)、フルーツ&デザート、の各フード&ドリンクサービスが提供されているという形になります。

 

<エグゼクティブラウンジ基本情報>

  • 場所:2階
  • 営業時間:6:00から24:00まで
  • 朝食:6:30から12:30まで
  • アフタヌーンティー:14:00から16:00まで
  • カクテルタイム(イブニングアワー):17:30から19:30まで
  • フルーツ&デザート:19:30から21:30まで
  • ソフトドリンク&スナック:終日

 

ちなみに、アルコールが提供されているのは、上記でいうところの赤字の時間帯、17:30から21:30までになります。アルコール大好きな方は、この時間帯に狙って行きましょう(笑)。

 

シドニー・ハーバー・マリオットのエグゼクティブラウンジ:場所とアクセス、雰囲気

エグゼクティブラウンジの場所と行き方

シドニー・ハーバー・マリオットのエグゼクティブラウンジは2階に位置しています。エレベーターを2階でおりますと、こちらの写真のような案内板がお出迎えしてくれます。

f:id:pipinobu:20170618085956j:plain

 

案内板に従って進んでいくと、エグゼクティブラウンジの入り口を発見です。結構重厚な作りです。扉の右側の黒い丸型の装置がキーの読み取り機になっているので、部屋のキーをかざして入場します。

f:id:pipinobu:20170618090001j:plain

 

エグゼクティブラウンジの雰囲気

エグゼクティブラウンジの中に入るとこんな感じです。右側のカウンターが受付になっていますで、そちらでホテルの方に挨拶して入場します。部屋番号などを聞かれることもあります。

 

ラウンジの雰囲気としては、ナチュナルでモダン、シンプルな内装といった感じです。広さも、なかなかのものです。2階にあるので、眺望はよくありませんが、窓が大きく取られており、明るい空間になっています。

f:id:pipinobu:20170618090134j:plain

 

こちらは、冷蔵庫前のカウンター席。

f:id:pipinobu:20170618090009j:plain

 

こちらは、ちょっと奥の方のテーブル席。

f:id:pipinobu:20170618090124j:plain

 

奥の方には、テレビもありました。

f:id:pipinobu:20170618090116j:plain

 

シドニー・ハーバー・マリオットのエグゼクティブラウンジ:アフタヌーンティーの様子

それでは、ここからは、シドニー・ハーバー・マリオットのエグゼクティブラウンジを実際に利用してみた、体験レポートをお送りしていきたいと思います。

 

まずは、アフタヌーンティーの様子です。

 

アフタヌーンティーのドリンクの様子

アフタヌーンティーでは、アルコールの提供はなく、ソフトドリンクの提供のみとなります。コールドドリンクは、冷蔵庫の中にずらずらっと用意されています。自分で好きなものをピックアップして、好きなものをいただくシステムです。

 

各種フルーツ系ドリンクから、ミルクなどなど。

f:id:pipinobu:20170618090051j:plain

 

炭酸系ももちろんあります。缶ではなく、瓶での品揃えが中心ですね。

f:id:pipinobu:20170618090101j:plain

 

コーヒーはコーヒーメーカーが用意されています。液晶画面で好きなものをチョイスすると自動で作ってくれるものです。かなり新しい感じ。メニューにフラットホワイトなどの表記があり、シドニーっぽさを感じました。

f:id:pipinobu:20170618090014j:plain

 

紅茶に関しては、ディルマーのエクセプショナルシリーズのものがずらずらっと用意されています。

f:id:pipinobu:20170618090021j:plain

 

お水に関しては、サーバーから炭酸あり、無しをチョイスしていただくシステムです(最初、ビールかと思いました・・)。

f:id:pipinobu:20170618090034j:plain

 

スポンサードリンク

 

 

アフタヌーンティーの食事の様子

続いては、アフタヌーンティーの食事の様子です。食事といっても、ちょっとしたケーキの提供のみでした。

 

用意されていたのはこちらの2品。チョコブラウニーと、バナナブレッドです。アフタヌーンティーというと、サンドイッチやスコーンなどをイメージしますが、それらの用意は残念ながらありませんでしたね・・。

f:id:pipinobu:20170618090042j:plain

 

あとは、クッキーやチョコ、グミやドライフルーツの用意もありました。ただ、これらは、アフタヌーンティー用ではなく、常設のスナックなので、いつでもいただけるものです。

f:id:pipinobu:20170618090046j:plain

 

あとは、冷蔵庫の中に、ちょっとしたフルーツ(まるごとリンゴ)もありました。

f:id:pipinobu:20170618090056j:plain

 

アフタヌーンティーでいただいたもの

ということで、アフタヌーンティーとしての品揃えはちょっと拍子抜けするものでしたね・・。

 

せっかくなので、コーヒーとソフトドリンクとともに、チョコブラウニーと、バナナブレッドをいただきました。

f:id:pipinobu:20170618090129j:plain

f:id:pipinobu:20170618090108j:plain

 

味の方は、可もなく不可もなく、といった感じでした(笑)。

 

このアフタヌーンティーのために、観光を切り上げてまで戻ってくる必要はないと思いましたが、近くを観光していて、観光の合間の休憩に利用できるのなら良いかなあ、と思いました。シドニーは結構物価が高いので、ちょっとした休憩にラウンジを利用できるのはありがたいことです。

 

シドニー・ハーバー・マリオットのエグゼクティブラウンジ:カクテルタイム(イブニングアワー)の様子

さて、続いては、カクテルタイム(イブニングアワー)の様子です。

f:id:pipinobu:20170618090201j:plain

 

カクテルタイム(イブニングアワー)のドリンクの様子

カクテルタイム(イブニングアワー)になると、待望のアルコールの提供が開始されます。

 

冷蔵庫の中には、いろいろなビールが並べられています。缶ではなく、瓶での提供になっているのが、ちょっと高級感があって嬉しいポイントです。

f:id:pipinobu:20170618090239j:plain

 

また、冷蔵庫の中には、スパークリングワインと白ワインも用意されています。

 

そして、赤ワインは常温が基本なので、冷蔵庫の外に用意されていました。スパークリングワイン、赤ワイン、白ワインについては、それぞれ1種類ずつの提供となっています。

f:id:pipinobu:20170618090234j:plain

 

カクテルタイム(イブニングアワー)の食事の様子

アフタヌーンティーの食事の品揃えが不発だったので、カクテルタイム(イブニングアワー)の方もどうかなあ、とちょっと不安だったのですが、カクテルタイム(イブニングアワー)になると、料理の品揃えはかなり充実しました。

 

まずは前菜系。レタスやトマトなどの生野菜と、チーズやサラミなどなど。

f:id:pipinobu:20170618090244j:plain

 

こちらは、オリーブと野菜のマリネや、焼きナス、ブルスケッタなど。

f:id:pipinobu:20170618090249j:plain

 

ホットミールは、こんな感じでフライパンに乗って提供されています。なんとなくおしゃれです。こちらは、ミニピザ。

f:id:pipinobu:20170618090227j:plain

 

餃子もありました。

f:id:pipinobu:20170618090256j:plain

 

カクテルタイム(イブニングアワー)でいただいたもの

まずはビールで乾杯ということで、オーストラリアのビールを。瓶だと雰囲気があがります。

f:id:pipinobu:20170618090212j:plain

 

こちらは、サラダもりもり。

f:id:pipinobu:20170618090207j:plain

 

前菜もりもり。

f:id:pipinobu:20170618090222j:plain

 

ホットミールもりもり。

f:id:pipinobu:20170618090217j:plain

 

ピザや餃子もあるので、そこそこお腹を満たすことができます。ただ、メインっぽい料理がないので、カクテルタイム(イブニングアワー)だけだと、男性の場合はちょっと物足りないかもしれませんね・・。

 

カクテルタイム(イブニングアワー)で軽くつまんで、その後、レストランに出かける、というのが正しい使い方かもしれません。

 

スポンサードリンク

 

 

シドニー・ハーバー・マリオットのエグゼクティブラウンジ:デザート&フルーツの様子

カクテルタイム(イブニングアワー)の後、我々は夜のサーキュラー・キーをぶらぶら散策しました。ホテルと観光地(この場合は、サーキュラー・キー)が近いと、夜も気軽に散策できるので便利です。

f:id:pipinobu:20170618105203j:plain

 

その後は、目新しい響きの「デザート&フルーツ」に惹かれて、エグゼクティブラウンジに寄ってみました。

 

デザート&フルーツのドリンクと食事の様子

「デザート&フルーツ」では、その名前のとおり、デザートとフルーツが提供されていました。デザートは「アフタヌーンティー」で提供されていたのと同じ、チョコブラウニーが用意されていました。フルーツに関しては、いちご、メロン、スイカ、ぶどう、などが、色とりどりに用意されていました。

f:id:pipinobu:20170618090332j:plain

 

ドリンクについては、カクテルタイム(イブニングアワー)のアルコールが、まだそのまま提供されていましたね。

 

デザート&フルーツでいただいたもの

カクテルタイム(イブニングアワー)では、デザートやフルーツの提供はありませんでしたので、なかなか良いサービスですね。

f:id:pipinobu:20170618090336j:plain

 

シドニー・ハーバー・マリオットのエグゼクティブラウンジ:朝食の様子

最後に、朝食の様子のレポートです。

f:id:pipinobu:20170618090352j:plain

 

朝食の時間帯には、テーブルにクロスとカトラリーが準備されています。良い雰囲気です。

f:id:pipinobu:20170618090357j:plain

 

朝食のドリンクと料理の様子

ドリンクについては、基本はアフタヌーンティーの時と同じ品揃えでしたので省略します。食事については、カクテルタイム(イブニングアワー)とは、ガラッと品揃えが変わっていました。

 

朝食ということで、パンがたくさん並んでいます。ドーナツなんかもありますね。写真を撮り忘れてしまいましたが、クロワッサンや、バゲット、食パン、パンケーキなんかもありました。

f:id:pipinobu:20170618090409j:plain

 

こちらは、ホットミール。スクランブルエッグやソーセージ、トマトなどなど。

f:id:pipinobu:20170618090403j:plain

 

チーズなんかもありました。

f:id:pipinobu:20170618090421j:plain

 

サラダやハム、サラミなんかは、冷蔵庫の中に用意されています。なかなか斬新。

f:id:pipinobu:20170618090430j:plain

f:id:pipinobu:20170618090425j:plain

 

朝食の定番、シリアルも各種用意されていました。

f:id:pipinobu:20170618090438j:plain

 

朝食でいただいたもの

朝食でいただいたものはこちらになります。フルーツジュースがいろいろあったので、とてもおいしそうだった、こちら2品をチョイス。隣はミューズリーです。

f:id:pipinobu:20170618090442j:plain

 

こちらは、いかにも朝食な、クロワッサンとスクランブルエッグ、ソーセージ、トマト。

f:id:pipinobu:20170618090447j:plain

 

こちらは、パンケーキとハム、サラミなどなど。

f:id:pipinobu:20170618090452j:plain

 

朝食に関しては、ホテルでいただく、典型的なコンチネンタルブレックファースト、という感じ。その場で作っていただくようなシステムはありませんが、満足できる内容でした。

 

シドニー・ハーバー・マリオットのエグゼクティブラウンジ:利用した感想

シドニー・ハーバー・マリオットのエグゼクティブラウンジを利用した全体的な感想としては、「大満足でもないけど、不満というほどでもない」という感じでした。

 

アフタヌーンティーに関しは、料理の品揃えの少なさに、正直がっかりしました・・。ただ、カクテルタイム(イブニングアワー)に関しては、ドリンク、食事ともに、品揃えも味も、なかなかのものでした。特に、アルコールは飲み放題ですから、これだけで満足度はかなり上がりますよね。

 

朝食に関しても、ホテルの豪華な朝食というイメージではありませんが、無料でいただけるということを考えれば、充実した内容であるいうことが言えます。

 

シドニーは物価が高いので、食事もドリンクも、値段のことを考えなくてよい、気軽に利用できるラウンジがホテルにあるというのは、何かと便利で心強いです。

 

同じマリオットの「東京マリオット」のエグゼクティブラウンジの内容がとてもよかったので、それをイメージしてしまうと、期待が高くなりすぎてしまいます。

www.pipinobu.com

 

シドニー・ハーバー・マリオットのエグゼクティブラウンジを利用する際は、エグゼクティブラウンジの利用は無料のサービスであるということを意識して、期待感を高くしすぎないようにしましょう(笑)。

 

まとめ

今回は、シドニー旅行の1泊目で利用した「シドニー・ハーバー・マリオット・ホテル・アット・サーキュラー・キー(Sydney Harbour Marriott Hotel at Circular Quay)」のエグゼクティブラウンジの様子をレポートしました。時間帯によって、サービスの内容にばらつきはありましたが、物価の高いシドニーで、料金を気にしないで気楽に利用できるラウンジがホテルにあるというのは、なかなか心強いものです。特に、カクテルタイム(イブニングアワー)のアルコール飲み放題は、種類豊富なビールが飲み放題で、大満足できるものでした。

 

ちなみに、私がマリオットの「ゴールドメンバー」になり、ホテルから特典を受けられるのは「SPGアメックス」のおかげです。SPGアメックスを保有していると、SPG、マリオット、リッツ・カールトン、3つのホテルブランドのゴールドメンバーの資格を得ることができます

 

SPGアメックスについては、特典からメリット・デメリット、お得な入会方法まで、こちらの記事で詳しくご紹介しております。記事の中でもご説明していますが、SPGアメックスでは、現在、入会紹介キャンペーンを実施しています。私からの紹介でのご入会で17,000ポイントを獲得できます。SPGアメックスの公式HPからご入会するより、7,000ポイント分もお得です。SPGアメックスをお持ちでない方は、ぜひこちらの記事もご参照ください。

 

 

次の記事==>

ロード・ネルソン・ブリュワリー:シドニー最古のパブで地ビールを堪能!<シドニー旅行記2017>

 

<==前の記事

シドニー・ハーバー・マリオット宿泊記:オペラビュールームのチェックインから眺望まで!

 

<全体の目次、記事一覧>

シドニー旅行記2017:全体の目次、記事一覧はこちら!

 

海外旅行好きの方はこちらの記事も注目です。SPGアメックスとANAマイルを利用することで、低コストで豪華なハワイ旅行を実現しています。夫婦でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円だけの現金持ち出しだけで実現しています。しかも、部屋の超絶アップグレードも受けられたというおまけ付きです。ぜひ合わせてご参照ください。

 

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事