陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!

スポンサーリンク


<旅好き&陸マイラー注目記事!>

SPGアメックスとANAマイルで低コストで豪華なハワイ旅行を実現!

アクセス成田の東京駅乗り場からの乗り方!トイレもあって安心な高速バスが1000円!

f:id:pipinobu:20170108074723j:plain

 

アクセス成田の東京駅乗り場からの乗り方!トイレもあって安心な高速バスが1000円!

今回は、東京駅・銀座から成田空港への便利でお得な移動方法をご紹介したいと思います。それは、「THEアクセス成田」という高速バスの利用です。東京駅・銀座から成田空港までの運賃は格安の1000円で、所要時間も約1時間で到着します。バスのシートピッチもゆったり目に設定されており、トイレもあります。WiFiも無料で利用でき。とっても快適です。安くて、早くて、快適、正に3拍子そろった移動手段ですね。これまで、成田空港への移動が億劫だったのですが、「THEアクセス成田」の利用により、かなり楽になりました。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

アクセス成田とは

「THEアクセス成田」は、JRバス関東、および、あすか交通・平和交通が運行する高速バスです。銀座駅および東京駅と、成田空港間を結んでいます。特徴は以下になります。

 

アクセス成田のお得な運賃設定

「THEアクセス成田」の運賃は大人1000円、子供(小学生)500円というお得な価格設定になっています。同じ経路を、電車で移動する場合は以下になります。成田エクスプレスは特急なのでともかく、普通電車と比べても、格安であることがわかりますね。

 

<THEアクセス成田の場合>

  • 大人:1000円
  • 子供(小学生):500円

 

<電車の場合>

  • 成田エクスプレス利用:3220円
  • 普通電車利用(JR総武線・成田線乗継):1320円

 

アクセス成田の便利な乗車場所

乗車場所は、銀座駅前と東京駅前の2箇所に設定されています。私は今回、東京駅ののりばを利用しましたが、すぐに見つけることができました。

 

1. 銀座駅(数寄屋橋)のりば

銀座駅前は、宝くじなどを売っている、銀座チャンスセンターの目の前。銀座のど真ん中、かつ、地下鉄銀座駅から地上へ出てすぐの、とっても便利な場所にあります。

 

2. 東京駅(八重洲南口)のりば

東京駅前は、東京駅正面、八重洲南口のJR高速バスのりばの7番です。新設されたグランルーフの真下で、東京駅直結、かつ、屋根もあるため、雨が降っても東京駅から濡れずに移動することができます。こちらも、とても便利な場所にあります。

 

バスのりばの詳細は、こちら公式HPをご参照ください。

バスのりば | 東京・銀座~成田空港 ラクラク安心1,000円高速バス THEアクセス成田

 

アクセス成田の短い所要時間

アクセス成田は高速バスのため、道が渋滞していなければという前提付きですが、東京駅から成田空港までの所要時間は以下になっています。成田エクスプレスは料金が高いだけ、やはり所要時間は短いですが、駅構内の移動時間なども考えると、トータルの所要時間はあまり変わらないのではないかと思います。東京駅や成田空港駅構内の移動はかなりの時間と体力を消耗しますからね・・。

 

<THEアクセス成田の場合>

  • 東京駅=>成田空港第2ターミナル(2番着):約1時間5分
  • 東京駅=>成田空港第2ターミナル(17番着):約1時間10分
  • 東京駅=>成田空港第1ターミナル(15番着):約1時間15分
  • 東京駅=>成田空港第3ターミナル(17番着):約1時間20分

 

<電車の場合>

  • 成田エクスプレス利用(第2ターミナルまで):約50分
  • 普通電車利用(JR総武線・成田線乗継、第2ターミナルまで):約1時間30分

 

アクセス成田は事前に予約の必要なし

ホームぺージから事前に予約することもできますが、基本は予約なしで、そのまま乗ることができることが「THEアクセス成田」の売りになっています。実際、私も今回予約なしで臨みましたが、すんなりと乗車することができました。

 

アクセス成田は事前に切符購入の必要なし

高速バスを利用する場合、普通はチケットセンターのようなところで、事前にチケットを購入する必要がありますが、「THEアクセス成田」の場合は、運転手さんに直接運賃を支払うことで乗車することができます。

 

これは、些細な違いのようにも思いますが、成田空港への移動の場合、スーツケースなどの大きな荷物を持っていることが多いので、体力温存と時間短縮という観点で、とっても便利だったりします。また、ICカード(Suica)での支払いにも対応していました。

 

アクセス成田の充実の運行本数

毎日運行で、1日に129便運行されています。ピーク時には、15分間隔で運行されているため、待ち時間を短縮でき、時間を有効に利用できます。実際、私が今回利用したときも、バスに乗車後、待ち時間をほとんど意識することなく、すぐに出発していました。

 

時刻表の詳細は、こちら公式HPをご参照ください。

東京・銀座~成田空港 ラクラク安心1,000円高速バス THEアクセス成田

 

アクセス成田は安心のトイレ付き

成田空港への高速バスの中には、トイレが付いていないものがあるようですが、「THEアクセス成田」の場合は、基本トイレ付きとなっているので、万が一の場合、やっぱり安心です。

 

THEアクセス成田の公式HPはこちらになります。あわせてご参照ください。

accessnarita.jp

 

東京駅への移動にはUberを利用

「THEアクセス成田」は、銀座駅もしくは東京駅から出発しますので、利用するには、まずはそこまで移動する必要があります。私は今回、東京駅発の「THEアクセス成田」を利用したわけですが、この、自宅から東京駅までの移動には「Uber」を利用しました。

 

Uberは、スマホのアプリを利用することで、簡単に指定の場所までハイヤーを呼ぶことができます。今回私は、自宅の玄関前までUberに来てもらい、「THEアクセス成田」の東京駅のりばに近い、八重洲南口まで送っていただきました。

 

これにより、スーツケースをガラガラと転がす時間と体力を、圧倒的に削減することができました。これは本当に楽ちんでしたね。

 

私の自宅から、八重洲南口まで、料金は2000円弱で、私はたまたまUberの2000円オフクーポンを持っていたため、今回は無料で利用することができました。Uberは本当に最高です!

 

Uberについての詳細は、こちらの記事もご参照ください。


 

スポンサードリンク

 

 

アクセス成田の東京駅乗り場からの利用レポート

アクセス成田の東京駅乗り場の場所は?

それでは、前置きが長くなりましたが、今回利用した「THEアクセス成田」の利用レポートをお送りしたいと思います。

 

今回は「THEアクセス成田」の東京駅のりばから利用します。場所は、東京駅の八重洲南口のJR高速バス乗り場です。新しくできたグランルーフのところですね。JRの八重洲南口の真正面の、超絶便利な場所にあります。このあたりは、「THEアクセス成田」の運行にJRバスが参画していることが大きいのでしょうね。

f:id:pipinobu:20170108074717j:plain

 

「THEアクセス成田」の乗り場は、JR高速バスの7番のりばになります。こんな感じで、とても綺麗な乗り場です。時刻表が電子掲示板になっており、最新情報が表示されています。我々は17:00ちょっと前に到着したのですが、次のバスが17:00発、その次が17:10発ということで、この時間帯は10分間隔で運行しているようです。

f:id:pipinobu:20170108074723j:plain

 

アクセス成田のバスへの乗り方は?

ちょっと引きで見てみるとこんな感じになっています。この「THEアクセス成田」に乗りたい人は、直接こちらの7番のりばに向かい、バスを待つ列に並びます。事前にチケットの購入は必要ありません。バス乗車時に、バスの運転手さんに運賃を直接支払います。

f:id:pipinobu:20170108074711j:plain

 

アクセス成田は事前予約の必要ない?

この写真には写っていませんが、係りの方が待機しており、予約のありなし、と、預け荷物のありなしを確認しています。予約ありとなしでは、並ぶ列が分けられており、予約ありの方がまず優先して乗り込むシステムになります。ただ、多くの方は予約なしで並んでいるので、予約は必ずしも必要ありません。

 

我々も予約なしで今回臨みましたが、全く問題ありませんでした。10人ぐらいしか並んでいなかったので、並び始めて最初に来たバスに、そのまま乗車することができました。また、トランクなどの預け荷物がある場合は、係りの方が、バスの荷物庫に入れてくれます。その際、荷物の預かり証が渡されます。

f:id:pipinobu:20170108074728j:plain

 

アクセス成田の運賃の払い方は?

さきほどご紹介したように、運賃はこの乗車時に運転手さんに支払いします。おとなひとり1000円です。消費税混みで1000円ぽっきりです。おつりのないよう、人数分の1000円札を用意しておくといいと思います。または、ICカード(Suica)も利用できましたので、Suicaでの決済も便利ですね。

 

アクセス成田のバスの内部の様子は?

バスの内部はこんな感じです。一般的な高速バスといった感じで、2列ー2列のシート配置になっています。シートピッチは、心なしかゆったりとられており、詰め詰めといった感じはせず、ゆったりした印象を持ちました。

f:id:pipinobu:20170108074738j:plain

 

我々が乗車した際は10分間隔での運行だったので、乗車してしばらくすると、すぐにバスは発車しました。バス乗り場に直接行って、すぐに乗れて、すぐに出発というのは、時間のない旅行者にとっては、とってもありがたいことですね。

f:id:pipinobu:20170108074734j:plain

 

また、シートの脇には電源も確保されており、移動中にスマホやパソコンなどの充電に利用することもできました。電源があると、何かと安心、便利です。

 

アクセス成田にトイレはある?

バスの一番後方にはトイレも用意されています。1時間ちょっとの乗車時間なので、あまり利用する機会はないかもしれませんが、有ると無いとでは安心感が違います。トイレがあると何かと安心できます。

f:id:pipinobu:20170206101334j:plain

 

アクセス成田は無料でWiFiは利用できる?

バスの車内では、WiFiの無料サービスも提供されています。実際私も利用してみましたが、意外とスピードは快適でした。

f:id:pipinobu:20170206101338j:plain

 

一点残念だったのは、車内に電源が用意されいなかったことですね。旅行前に、スマホなど、ちょっとしたものの充電ができると安心なんですけどね。この部分は今後の改善に期待する部分です。

 

アクセス成田の成田空港での降車場所は?

この日、我々が利用したのは、12月31日の夕方。道も空いていたようで、予定到着時刻よりも若干早く成田空港に到着しました。今回利用するエアーは大韓航空なので、第1ターミナルで下車します。降車場所は第1ターミナルの15番のりば(降り場)になります。

f:id:pipinobu:20170108074748j:plain

 

こちらの降り場にも、係りの方がいらっしゃって、預け荷物をバスの荷物庫から出してくれます。乗車時にもらった荷物の預かり証を確認して、荷物の受け取り間違いしないように注意しましょう。

f:id:pipinobu:20170108074743j:plain

 

アクセス成田に乗ってみた感想は?

そんなこんなで、荷物を受け取ったら、「THEアクセス成田」のバスの旅は終了です。電車と違って、成田空港の入り口すぐ近くまで運んでくれるのがいいですね。電車の場合は地下に駅があるため、駅のコンコースやエスカレーター(もしくはエレベータ)を、トランクを転がしながら延々と移動する必要があります。体力的にも時間的にも、バスの利用は非常に合理的に感じました。

f:id:pipinobu:20170108074753j:plain

f:id:pipinobu:20170108074800j:plain

 

アクセス成田の東京駅乗り場からの乗り方:まとめ

今回は、東京駅・銀座から成田空港への移動方法として、「THEアクセス成田」をご紹介しました。今回利用して、最大のメリットと感じたのは、スーツケースを転がしながら移動する距離と時間の短縮でした。これまで私は電車を利用していたのですが、電車の場合、自宅から最寄駅までの移動や、駅のコンコース内の移動、電車の乗り換え、成田空港内の移動、等々を、スーツケースを転がしながら行う必要があります。これって結構体力を消耗するんですよね。

 

ですが、今回は、Uberと「THEアクセス成田」を組み合わせて利用することで、このスーツケースを転がしながら移動する距離と時間を大幅に削減することができました。これにより、体力をほとんど使うことなく、成田空港まで移動することができました。

 

今年はANA SFC修行で成田空港の利用も増えますが、私は成田空港への移動は「THEアクセス成田」が定番になりそうです。

 

<==前の記事

ハワイでの年末年始の過ごし方:利用したツアーと料金、スケジュールを公開!<ハワイ旅行記2017>

 

次の記事==>

成田空港でメガネを20分で作ってみました!海外旅行に忘れてしまった場合の救世主!

 

<ハワイ旅行記2017:全体の目次、記事一覧>

ハワイ旅行記2017:全体の目次、記事一覧

 

ハワイ好きの方はこちらの記事も注目です。SPGアメックスとANAマイルを利用することで、低コストで豪華なハワイ旅行を実現しています。ANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円だけの現金持ち出しだけで実現しています。しかも、部屋の超絶アップグレードも受けられたというおまけ付きです。ぜひ合わせてご参照ください。

 

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

おすすめ記事