【7月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

SPGとマリオット 統合後の新カテゴリーが発表!8月以降のポイント宿泊でお得なホテルは?

SPGとマリオット 統合後の新カテゴリーが発表!8月以降のポイント宿泊でお得なホテルは?

SPGとマリオットのプログラム統合の詳細が先日発表になりましたが、統合後にどのホテルがどのカテゴリーに再編されるかの詳細は含まれていませんでした。これについては、今後順次発表というステータスだったのですが、今回プレビューということで、一部地域について新カテゴリーが発表になりました。当記事では、この発表になった内容を確認するとともに、8月以降のポイントを利用した無料宿泊でお得なホテルはどこかをご紹介していきたいと思います。

更新履歴(2018年7月28日):統合後の新プログラムのスタート日が2018年8月18日からと発表されました。これに伴い、記事中の日付を修正しました。

 

注意

当記事では、2018年4月23日に発表された一部地域のプレビュー版を扱ってました。その後、2018年6月29日に、全世界分の新カテゴリーが一気に公開になりました。もちろん、日本の分も含まれています。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

SPGとマリオット統合:新プログラムの概要

これまで別々のプログラムであった、「マリオット リワード」、「ザ・リッツ・カールトン・リワード」、「スターウッドプリファードゲスト (SPG) 」が、2018年8月に1つのプログラムに統合されることになりました。

これまでも、3つのプログラム間でステータスリンクや、ポイントの移行など、プログラム間をシームレスに連携する仕組みは提供されていました。しかしながら、アカウント(ID)はそもそも別でしたし、ステータスを獲得するには、各プログラムで個別のステータス基準を満たす必要がある、会員特典にバラツキがあるなど、いくつかの欠点が指摘されていました。

今回のプログラム統合ではこれらの欠点を解消し、完全に1つのアカウント(ID)で管理できるようになります。

 

統合後の新プログラムの特徴は以下になります。

<新プログラムの特徴>

  • ポイントの獲得および交換が、29ブランド、6,500軒のホテルで可能になり、各地でご利用いただけるホテルが増えました。
  • エリート特典の内容が一層充実したのに加え、29ブランドのホテルでエリート会員特典が適用されます。
  • お手続きがシンプルに — プロフィール、ログイン、ポイント残高、エリートナイト残高がすべて1つのアカウントに統合されます。
  • ウェブサイトやアプリを使ったアクセスでも、会員サポートへのお電話でも、情報へのアクセスが一元化され、スムーズに処理できます。​

 

プログラム統合の詳細については、こちらの記事をご参照ください。

 

MEMO

マリオットボンヴォイでは入会キャンペーンを実施しています。2滞在で1泊分の無料宿泊特典が得られるというとってもお得な内容です。マリオットボンヴォイは一切無料で利用できますので、入会がまだという方はぜひご利用ください。最新情報は以下の記事でまとめております。

 

SPGとマリオット統合:ポイントを利用した無料宿泊

ポイントを利用した無料宿泊の特徴

SPGのスターポイントおよびマリオット・リワード間のリワード・ポイントは、ホテルの無料宿泊として利用できました。これは、統合後の新プログラムでも利用でき、特典除外日がない、4泊分のポイントで5泊目無料などの特徴は継続されています。

統合後の新プログラムにおける、ポイント利用での無料宿泊の特徴は以下になります。

<統合後の新プログラム:ポイント利用での無料宿泊の特徴>

  • 世界各地の6,500軒以上のホテルでの無料宿泊。
  • 不便な特典除外日はありません。
  • キャッシュ+ポイントで現金とポイントを組み合わせると、さらに活用範囲が広がります。
  • 4泊分のポイントで5泊滞在:ポイント交換で5泊分予約すると1泊が無料になります。
  • スイートへのアップグレード スイートや眺めのいいお部屋にポイントを使ってアップグレードできます。

 

スポンサーリンク

無料宿泊に必要なポイント数

統合後の新プログラムでは、ホテルのカテゴリーと、各カテゴリーの無料宿泊に必要なポイントに変更がある予定となっています。

カテゴリーごとの無料宿泊に必要なポイント数は既に発表されおり、以下のようになっています。

8月18日から有効になるのは、カテゴリー1から7までの「スタンダード」と呼ばれる部分のみです(青字部分)。カテゴリー8および「オフピーク」と「ピーク」については2019年初旬から追加になる予定となっています。

 

<新プログラムでの無料宿泊に必要なポイント数>

カテゴリー スタンダード
8月18日有効
オフピーク
2019年予定
ピーク
2019年予定
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8(2019年予定 85,000 70,000 100,000

 

マリオット・リワードではカテゴリー9まで、SPGではカテゴリー7まで存在していました。2018年に限っては、これを一旦カテゴリー7までに整理されるということになります。

そうなった場合、SPGのホテルの一部については、無料宿泊に必要なポイント数がスターポイント換算で減る計算になるため、2018年8月18日から2019年初旬までは、ある意味ボーナスタイムになることが予想されていました。

 

注意

カテゴリー8およびオフピーク、ピーク料金が導入されるのは、公式HPでは「early 2019」と表現されています。これは「2019年初旬」を意味するもので、「2019年1月1日」を意味するものでありません。したがって、ボーナスタイムは2018年末までではなく、2019年1月末、もしくは2月末まで続く可能性もあります。

 

現行のSPGのカテゴリーと無料宿泊に必要なポイント数は以下になります。カテゴリー6のピーク時と、カテゴリー7(赤字の部分)が新プログラムではお得になることが予想されるエリアです(赤字部分)。

 

<SPGでの無料宿泊に必要なポイント数>

カテゴリー ポイント数
(スターポイント)
ポイント数
(リワード・ポイント換算)
1 3,000 9,000
2 4,000 12,000
3 7,000 21,000
4 10,000 30,000
5 12,000~16,000 36,000~48,000
6 20,000~25,000 60,000~75,000
7 30,000~35,000 90,000~105,000

 

どのカテゴリーにどのホテルが入るのかは、近日発表というステータスになっており、4月16日の時点では、詳細はまだ不明となっていました。

そのため、どのホテルがどのカテゴリーに再編されるのかが注目となっていたのですが、4月23日にプレビューという形で、一部地域について先行して発表されました。

SPGとマリオット:統合後の新カテゴリー

今回(4月23日)、統合後の新カテゴリーがプレビューになったのは、以下5つの地域になります。

<新カテゴリーが発表になった5つの地域>

  • ニューヨーク(New York)
  • パリ(Paris)
  • バリ(Bali)
  • ドバイ(Dubai)
  • カリブ海&メキシコ(Caribbean & Mexico)

 

以下では、今回発表になった内容を確認していきたいと思います。

ニューヨーク(New York)

まずは、ニューヨークからです。「現ポイント数」および「新ポイント数」と書かれた部分が、それぞれのホテルで無料宿泊に必要なポイント数です。「新ポイント数」が2018年8月18日以降のポイント数です。

「差額」のところを「赤字」にしたものが、新ポイント数に移行するにあたってお得になるホテルです。

また、ホテル名を「青字」にさせていただいた3つホテルは、新カテゴリーの「カテゴリー8」が予定されているもので、2018年中は暫定的に「カテゴリー7」となるものです。つまり、2018年8月18日から2019年初旬までがボーナスタイムとなるホテルですね。

この3つのホテルが「差額」的にもお得で、30,000ポイントもお得になります。

<2018年度中の宿泊が特にお得なホテル:ニューヨーク>

  • 11 Howard, New York, a Member of Design Hotels™
  • The Chatwal, a Luxury Collection Hotel, New York City
  • The St. Regis New York

 

この30,000ポイントは、新プログラムでのポイント数ですので、スターポイント的には3分の1の10,000ポイント分お得だということになります。

意外なのは、新ポイント数になることで、ポイント数が多くなるものも存在するところです。プラスマイナスで全体的にバランスをとっているのでしょうか・・。

 

<無料宿泊に必要な新ポイント数:ニューヨーク>

  現ポイント数 新ポイント数 差額 新カテゴリー
Courtyard New York Manhattan/Central Park 40,000 35,000 -5,000 5
Element New York Times Square West 36,000 35,000 -1,000 5
Four Points by Sheraton Manhattan Midtown West 36,000 35,000 -1,000 5
Residence Inn New York Manhattan/Central Park 40,000 35,000 -5,000 5
New York Marriott East Side 45,000 50,000 5,000 6
New York Marriott Marquis 45,000 50,000 5,000 6
Renaissance New York Times Square Hotel 45,000 50,000 5,000 6
Sheraton New York Times Square Hotel 36,000 50,000 14,000 6
The Algonquin Hotel Times Square, Autograph Collection 45,000 50,000 5,000 6
The Westin New York at Times Square 60,000 50,000 -10,000 6
The Westin New York Grand Central 60,000 50,000 -10,000 6
Gramercy Park Hotel, New York, a Member of Design Hotels™ 60,000 60,000 0 7
Hotel Americano, New York, a Member of Design Hotels 60,000 60,000 0 7
The New York EDITION 60,000 60,000 0 7
W New York – Times Square 60,000 60,000 0 7
W New York – Union Square 60,000 60,000 0 7
11 Howard, New York, a Member of Design Hotels 90,000 60,000 (8月から)
85,000 (2019年から)
-30,000
-5,000
8
The Chatwal, a Luxury Collection Hotel, New York City 90,000 60,000 (8月から)
85,000 (2019年から)
-30,000
-5,000
8
The St. Regis New York 90,000 60,000 (8月から)
85,000 (2019年から)
-30,000
-5,000
8

 

パリ(Paris)

続いてはパリです。同じように確認していくと、特にお得なボーナスタイムが存在するホテルは以下の1つだけになります。

<2018年度中の宿泊が特にお得なホテル:パリ>

  • Prince de Galles, a Luxury Collection Hotel, Paris

 

お得となる「差額」はこちらも30,000ポイント(スターポイント換算で10,000ポイント)となります。

 

<無料宿泊に必要な新ポイント数:パリ>

  現ポイント数 新ポイント数 差額 新カテゴリー
Le Dokhan’s, a Tribute Portfolio Hotel, Paris 36,000 35,000 -1,000 5
Le Méridien Etoile 36,000 35,000 -1,000 5
Paris Marriott Rive Gauche Hotel & Conference Center 35,000 35,000 0 5
Renaissance Paris Republique Hotel 40,000 35,000 -5,000 5
Sheraton Paris Airport Hotel & Conference Centre 36,000 35,000 -1,000 5
Le Metropolitan, a Tribute Portfolio Hotel, Paris 36,000 50,000 14,000 6
Paris Marriott Opera Ambassador Hotel 40,000 50,000 10,000 6
Renaissance Paris Arc de Triomphe Hotel 45,000 50,000 5,000 6
Renaissance Paris Le Parc Trocadero Hotel 40,000 50,000 10,000 6
Renaissance Paris Vendome Hotel 45,000 50,000 5,000 6
Hotel Bel Ami, Paris, a Member of Design Hotels 60,000 60,000 0 7
Hotel de NELL, Paris, a Member of Design Hotels 60,000 60,000 0 7
Hotel Vernet, Paris, a Member of Design Hotels 60,000 60,000 0 7
La Maison Champs Elysées, Paris, a Member of Design Hotels 60,000 60,000 0 7
Le Roch Hotel and Spa, Paris, a Member of Design Hotels 60,000 60,000 0 7
Les Bains, Paris, a Member of Design Hotels 60,000 60,000 0 7
Paris Marriott Champs Elysees Hotel 45,000 60,000 15,000 7
The Westin Paris – Vendôme 60,000 60,000 0 7
W Paris – Opéra 60,000 60,000 0 7
Prince de Galles, a Luxury Collection Hotel, Paris 90,000 60,000 (8月から)
85,000 (2019年から)
-30,000
-5,000
8

 

バリ(Bali)

続いてはバリです。同じように確認していくと、特にお得なボーナスタイムが存在するホテルは以下1つになります。

<2018年度中の宿泊が特にお得なホテル:パリ>

  • The St. Regis Bali Resort

 

お得となる「差額」はこちらも30,000ポイント(スターポイント換算で10,000ポイント)となります。

「W Bali – Seminyak」についても、お得となる「差額」は30,000ポイントですが、2019年もカテゴリー変更はなさそうですので、ボーナスタイムというわけではありません。

 

<無料宿泊に必要な新ポイント数:バリ>

  現ポイント数 新ポイント数 差額 新カテゴリー
Courtyard Bali Seminyak Resort 25,000 17,500 -7,500 3
Fairfield by Marriott Bali Legian 20,000 17,500 -2,500 3
Four Points by Sheraton Bali, Kuta 12,000 17,500 5,500 3
Four Points by Sheraton Bali, Seminyak 12,000 17,500 5,500 3
Courtyard Bali Nusa Dua Resort 30,000 25,000 -5,000 4
Le Méridien Bali Jimbaran 30,000 25,000 -5,000 4
Renaissance Bali Uluwatu Resort & Spa 30,000 25,000 -5,000 4
Sthala, a Tribute Portfolio Hotel, Ubud Bali 30,000 25,000 -5,000 4
The Stones Hotel – Legian Bali, Autograph Collection 30,000 25,000 -5,000 4
Sheraton Bali Kuta Resort 36,000 35,000 -1,000 5
The Westin Resort Nusa Dua, Bali 36,000 35,000 -1,000 5
The Laguna, na Luxury Collection Resort & Spa,
Nusa Dua, Bali
36,000 50,000 14,000 6
The Ritz-Carlton, Bali 40,000 50,000 10,000 6
W Bali – Seminyak 90,000 60,000 -30,000 7
The St. Regis Bali Resort 90,000 60,000 (8月から)
85,000 (2019年から)
-30,000
-5,000
8

 

スポンサーリンク

ドバイ(Dubai)

続いてはドバイです。ドバイの場合は、ボーナスタイムが存在するホテルはありません。プラスマイナスが入り混じっていて、特別どこかがお得ということもないですね。

強いて言えば、10,000ポイントお得な「The Ritz-Carlton, Dubai」でしょうか。ただ、こちらのホテルは、2019年もカテゴリー変更はなさそうなので、急ぐ必要はないですね。

 

<無料宿泊に必要な新ポイント数:ドバイ>

  現ポイント数 新ポイント数 差額 新カテゴリー
Dubai Marriott Harbour Hotel & Suites 40,000 35,000 -5,000 5
Four Points by Sheraton Sheikh Zayed Road, Dubai 30,000 35,000 5,000 5
Grosvenor House, a Luxury Collection Hotel, Dubai 36,000 35,000 -1,000 5
JW Marriott Marquis Hotel Dubai 35,000 35,000 0 5
La Ville Hotel & Suites CITY WALK, Dubai, Autograph Collection 35,000 35,000 0 5
Lapita, Dubai Parks and Resorts, Autograph Collection 35,000 35,000 0 5
Le Méridien Dubai Hotel & Conference Centre 30,000 35,000 5,000 5
Renaissance Downtown Hotel, Dubai 35,000 35,000 0 5
Sheraton Dubai Creek Hotel & Towers 30,000 35,000 5,000 5
Sheraton Jumeirah Beach Resort 36,000 35,000 -1,000 5
Sheraton Mall of the Emirates Hotel, Dubai 36,000 35,000 -1,000 5
Le Méridien Mina Seyahi Beach Resort & Marina 36,000 50,000 14,000 6
Le Royal Méridien Beach Resort & Spa 36,000 50,000 14,000 6
The Ritz-Carlton, Dubai 70,000 60,000 -10,000 7
The Westin Dubai Mina Seyahi Beach Resort & Marina 60,000 60,000 0 7

 

カリブ海&メキシコ(Caribbean & Mexico)

最後はカリブ海&メキシコです。カリブ海&メキシコの場合も、ボーナスタイムが存在するホテルはありません。逆に「The Westin Grand Cayman Seven Mile Beach Resort & Spa」は8月以降、大幅に必要ポイントが上がるので、もし宿泊する予定がある場合は、2018年7月31日までの予約がお得です。

 

<無料宿泊に必要な新ポイント数:カリブ海&メキシコ>

  現ポイント数 新ポイント数 差額 新カテゴリー
JW Marriott Hotel Santo Domingo 30,000 25,000 -5,000 4
The Westin Resort & Spa, Puerto Vallarta 21,000 25,000 4,000 4
Hacienda Puerta Campeche, a Luxury Collection Hotel, Campeche 36,000 35,000 -1,000 5
Hacienda Santa Rosa, a Luxury Collection Hotel, Santa Rosa 36,000 35,000 -1,000 5
Hacienda Temozon, a Luxury Collection Hotel, Temozon Sur 36,000 35,000 -1,000 5
JW Marriott Hotel Mexico City 35,000 35,000 0 5
La Concha Renaissance San Juan Resort 40,000 35,000 -5,000 5
Marriott Cancun Resort 40,000 35,000 -5,000 5
Marriott Puerto Vallarta Resort & Spa 35,000 35,000 0 5
San Juan Marriott Resort & Stellaris Casino 40,000 35,000 -5,000 5
Sheraton Grand Los Cabos Hacienda del Mar 36,000 35,000 -1,000 5
The Westin Cozumel 36,000 35,000 -1,000 5
The Westin Puntacana Resort & Club 30,000 35,000 5,000 5
The Westin Resort & Spa, Cancun 21,000 35,000 14,000 5
W Mexico City 36,000 35,000 -1,000 5
Hacienda Uayamon, a Luxury Collection Hotel, Uayamon 60,000 50,000 -10,000 6
JW Marriott Cancun Resort & Spa 45,000 50,000 5,000 6
The Ritz-Carlton, Cancun 50,000 50,000 0 6
The St. Regis Mexico City 60,000 50,000 10,000 6
The Ritz-Carlton, Aruba 60,000 60,000 0 7
The Westin Grand Cayman Seven Mile Beach
Resort & Spa
36,000 60,000 24,000 7
W Punta de Mita 60,000 60,000 0 7

 

SPGとマリオット統合:ボーナスタイムが存在するホテル一覧

以上の確認結果から、2018年8月18日から2019年初旬までにボーナスタイムが存在するホテルは以下となっていました。これらのホテルに関しては、この期間での宿泊が特にお得になります。夏休みや年末の旅行に組み込むことができれば、お得を実感できますね。

<2018年度中にボーナスタイムが存在するホテル>

  • ニューヨーク
    • 11 Howard, New York, a Member of Design Hotels™
    • The Chatwal, a Luxury Collection Hotel, New York City
    • The St. Regis New York
  • パリ
    • Prince de Galles, a Luxury Collection Hotel, Paris
  • バリ
    • The St. Regis Bali Resort

 

もし、これらのホテルに対して、既にポイントでの無料宿泊をしている場合は、8月18日以降に予約を取り直すことで、差額のポイントを取り返すことができます。

今回のプレビューのWebサイトにも、以下のように言及されています。

We’ll of course honor all redemptions made at current rates even if your stays occur after the new rates take effect. If your hotel is going to a lower redemption rate, you’ll want to rebook in August when the lower rate becomes effective.

 

今回の新カテゴリーのプレビューの詳細についは、こちらの公式Webサイトもご確認ください。

 

SPGの20,000スターポイントを短期間で獲得する方法

ボーナスタイムに参加するために必要になるポイント数は、新プログラムの60,000ポイントであり、現行のSPGで言えば20,000スターポイントです。

この20,000スターポイントを短期間で獲得するためには、以下の方法がオススメです。

SPGアメックスをお持ちでない場合

SPGアメックスをお持ちでない場合は、SPGアメックスへの入会がオススメです。アメックスの紹介プログラムを利用することで、入会後3ヶ月以内に10万円利用することで、13,000スターポイントを獲得することができます。

 

また、SPGは定期的にスターポイントの購入が35%割引になるセールを実施しています。直近では、2018年7月20日までの期間限定となっています。残りの7,000ポイントは、159.25ドル(=約17,400円)で購入することができます。

 

SPGアメックスの詳細はこちらにまとめておりますので、ぜひご参照ください。

 

スポンサーリンク

SPGアメックスをお持ちの場合

SPGアメックスをお持ちの場合は、先ほどのスターポイントの購入セールの利用がオススメです。20,000スターポイントは、455ドル(=約49,600円)で購入することができます。

宿泊する時期にもよると思いますが、ボーナスタイムが存在する本来カテゴリー8のホテルへの宿泊に利用すれば、十分に元が取れるのではないかと思います。

特に、夏休みシーズンのニューヨークのホテルの価格は想像を絶する高額になりますので、この辺りが狙い目ですね。

 

SPGとマリオット統合後の新カテゴリーが発表!8月以降のポイント宿泊でお得なホテルは?のまとめ

今回の新カテゴリーのプレビューで発表になったのは、ニューヨークを始めとした5つの地域に限ったものでした。今後は、他の地域の情報も順次発表されていくのではないかと思います。気になるのは、やはり日本のホテルですよね。

今回の新カテゴリーのプレビューで、将来最高カテゴリーである「カテゴリー8」に仕分けられる予定であるホテルも、2018年8月18日から2019年初旬までは、暫定的に「カテゴリー7」に仕分けられ、ボーナスタイムが存在することがわかりました。

日本のホテルであれば、SPGのカテゴリー7となっている以下の3つのホテルが注目です。これらのホテルの無料宿泊が20,000スターポイントで実現されれば、お得度は計り知れません(現行は30,000から35,000スターポイントが必要です)。

<日本のSPGカテゴリー7のホテル>

  • セントレジスホテル大阪
  • ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル
  • 翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都

 

あとは、「ボーナスタイム中は無料宿泊の対象外」なんておちがつかないように、祈るのみです。

 

日本における新プログラムでの必要ポイント一覧はこちらをご参照ください。

 

それでは、また!

 

SPG&マリオットで実施中のキャンペーン情報

 

SPGアメックス関連記事