陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!

スポンサーリンク


<旅好き&陸マイラー注目記事!>

SPGアメックスとANAマイルで低コストで豪華なハワイ旅行を実現!

オノシーフードの行き方!バスを使ってポケ丼を堪能しよう!<ハワイ旅行記2017>

f:id:pipinobu:20170218100907j:plain

 

オノシーフードの行き方!バスを使ってポケ丼を堪能しよう!<ハワイ旅行記2017>

オノシーフードは数々のガイドブックにも掲載されているハワイ名物ポケ(ポキ)およびポケ丼の有名店。中でもマグロを使った「アヒポケ」や、タコをつかった「タコポケ」などが有名です。今回は、そんな有名店であるオノシーフードへの、バス(The Bus)を使った行き方をご紹介したいと思います。オノシーフードはホテルが立ち並ぶワイキキビーチエリアからは、距離が離れているため、徒歩で行くのはちょっと大変です。一方、ハワイの公共バスである、ザ・バス(The Bus)を利用すれば、たったの2.5ドルで行くことができます。とっても便利でお得ですよ!ちょっと足を伸ばしてみるのはいかがでしょうか。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

ハワイ旅行2017のスケジュール概要

今回のハワイ旅行2017のスケジュール概要は以下になります。今回の記事は、ハワイ旅行の1日目、ハワイ到着後の様子になります。

 

<スケジュール概要>

  • 1日目:成田からホノルルに移動(KE001便)、カパフル通り散策、年末カウントダウン <=今ここ!
  • 2日目:ワイケレでのアウトレットショッピング、ワイキキビーチ散策
  • 3日目:ダイヤモンドヘッド登山、チャイナタウン散策、ハワイ出雲大社での初詣
  • 4日目:カイルアビーチ散策、お土産調達
  • 5日目:ホノルルから成田に移動(KE002便)
  • 6日目:成田に到着

 

今回のハワイ旅行のツアー内容や料金、スケジュール概要はこちらでご参照ください。

 

オノシーフードの基本情報

オノシーフードの場所(地図)

オノシーフードは、グルメ通りとして有名な「カパフル通り」に位置しています。先日ご紹介した「レナーズ」と同じ通りにあります。レナーズからは、徒歩で5-6分といういう距離にあります。私たちは、これまた近くにあるカフェカイラから、レナーズ、オノシーフードという形で3件はしごしました(笑)。

 

地図はこちらになります。

 

オノシーフードの営業時間

オノシーフードの営業時間は以下になっています。火曜日はお休みになっていので要注意です。また、日曜日は10amから3pmまでと若干変則的になっていますで、こちらも気をつけましょう。

 

<営業時間>

  • 月曜日:9am - 6pm
  • 火曜日:Closed
  • 水曜日:9am - 6pm
  • 木曜日:9am - 6pm
  • 金曜日:9am - 6pm
  • 土曜日:9am - 6pm
  • 日曜日:10am - 3pm

 

f:id:pipinobu:20170218100913j:plain

 

オノシーフードの年末年始の営業時間

また、年末年始の営業時間は変則的になっていますので、年末年始に訪れる場合はさらに注意が必要です。我々が伺ったのは12月31日だったので、9amから5pmまでの営業でした。しかしながら、1月1日から3日まではお休みになっています。毎年こうなのかはわかりませんが、お正月の3日間はお休みの可能性があることを意識しておく必要がありますね。

f:id:pipinobu:20170218100918j:plain

 

オノシーフードの行き方:ワイキキ中心部からバス利用の場合

ハワイのバス(The Bus)を利用する際、便利なのが「Google Map」です。Google Mapのルート検索で、簡単に利用するバスのルートと所要時間を検索することができます。

 

こちらの画面例は、ハワイのワイキキエリアの中心部にある「DFSギャラリア(Tギャラリア)」から「オノシーフード」までのルートを検索した結果です。コツは、画面上部の電車マーク(公共交通機関のマーク)をクリックすることです。すると、バス(The Bus)を利用したルートが表示されます。

f:id:pipinobu:20170218094754p:plain

 

この検索結果では、「13番」バスを利用すれば、16分程度で、オノシーフードの最寄りのバス停まで行けることがわかります。

 

この例で言えば、乗車するバス停は「Kuhio Ave + Lewer St」、下車するバス停は「Kapahulu Ave + Mooheau Ave」になります。特に、下車するバス停の名前は、知っておくと降りる時に安心なので、メモしておくと良いと思います。

f:id:pipinobu:20170218094926p:plain

 

バス(The Bus)の使い方については、こちらの記事で詳しくご紹介していますので、合わせてご参照ください。

 

オノシーフードの行き方:レナーズから徒歩の場合

さきほどご紹介したように、我々は、カフェカイラから、レナーズ、オノシーフードという感じで、3件はしごしました。レナーズからは、徒歩で5-6分の距離にあります。


 

今回、私たちが歩いたルートはこんな感じです。ワイキキ方面にまっすぐ直進するだけなので、とても簡単なルートです。

f:id:pipinobu:20170218095258p:plain

 

道筋もとっても簡単なので、せっかくカフェカイラやレナーズまで行ったのであれば、オノシーフードもハシゴするのがお勧めです。ただし、カフェカイラとレナーズにはしごした時点で、お腹いっぱいになっている可能性大なので、胃袋管理はちゃんとする必要があります(笑)。

 

また、同じ通り沿いには、ハワイのスーパーマーケットである「Safeway」もありますので、お土産調達しながら、腹ごなしするという手もあります。

 

ポケ(ポキ)とは?アヒポケ丼の意味

ポケとは、ハワイ語で「切身」を意味する言葉だそうです。マグロはハワイ語で「アヒ」ですので、アヒポケ丼とは「マグロの切身丼」という意味になりますね。

 

Googleで検索すると、「ポケ」という表記と「ポキ」という表記が両方ひっかかりますが、文字で書く場合は「ポケ(Poke)」というのが一般的で、英語での発音風が「ポキ」となるそうです。まあ、どっちでもいいという感じですかね。

ポケとはハワイ語で「切身」を意味する言葉で、現在では魚介類の切身に、塩、醤油、食用油、海藻、香味野菜などを混ぜ込んで調味した料理を指す。ハワイ人には生魚を食べる習慣があり、獲れたての魚を捌き、塩で味付けして海藻などと共に食べるということが昔から行われていたようである。そして19世紀に海外からの移民が持ち込んだタマネギ・青ネギ・トマトなどが取り入れられ、日本からの移民などアジア系移民が増えるに従って、徐々に新たな食材や調味料が加わってバリエーションも増え、1970年代にハワイ料理を代表する一品となり、次第に観光客にも親しまれるようになった。類似の料理として、鮭をトマトとタマネギで和えたロミロミ・サーモンがある。

ポケ - Wikipedia

 

スポンサードリンク

 

 

オノシーフードのアヒポケ丼をレポート

さて、ここからは、実際に私がオノシーフードに行って、アヒポケ丼を頂いてきた様子をレポートしたいと思います。

 

オノシーフードのお店の外観

お店の外観はこんな感じです。手前には駐車場スペースがあり、奥にお店があります。非常にコンパクトなお店です。店内にはイートインスペースはなく、お店の外にテーブルが2セット用意されていますで、お店で食べたい場合はこちらでいただく形になります。ただ、テーブルスペースは広くありません(最大で8人ぐらい)ので、基本はテイクアウトされる方が多いようです。

f:id:pipinobu:20170218102341j:plain

 

それでは、お店の中に入ってみましょう。

f:id:pipinobu:20170218100907j:plain

 

オノシーフードのお店の中の様子

お店の入り口には、どどーんと、福の神様が鎮座。

f:id:pipinobu:20170218100850j:plain

 

お店の壁には、いろいろな受賞暦が掲示されています。さすが、老舗の有名店です。

f:id:pipinobu:20170218100856j:plain

 

お店の中は、スムーズに注文から受け取りまでが流れるように、列がしかれています。

 

列に従って進んでいくと、まず、ドリンクやお惣菜が入った冷蔵庫があります。興味があるものがある場合は、このタイミングでピックアップします。

f:id:pipinobu:20170218100839j:plain

 

オノシーフードのメニューと注文の仕方

その後は、注文カウンターで注文します。注文カウンターの前には、親切なことに、日本語での解説文が掲示されています。ポケとしては、アヒポケ(まぐろ)とタコポケの2種類があり、それぞれに味付けが数種類用意されています。

f:id:pipinobu:20170218100834j:plain

 

「ポケ」だけだと、マグロやタコのおさしみ(切身)だけになりますので、丼にしたい場合は、「ポケボール」を選択します。ポケボールにする場合は、大きさを普通サイズ(Regular)か、特大サイズ(Large)か、ご飯を白米(White)か、玄米(Brown)かを選択できます。あらかじめ考えておきましょう。

 

値段に関しては、ポケは時価になっています。時価、怖いですね(笑)。ですが、こちらはリーズナブルなお店で、ぼったくられることはありませんので心配無用です。量り売りになっています。ポケボールの場合は時価ではなく、通常サイズ(Regular)が7.5ドル、特大サイズ(Large)が9.5ドルとなっていました。

 

<アヒポケ  or アヒポケボール>

  • 醤油
  • ハワイアンスタイル
  • みそ味
  • スパイシー
  • わさび味

 

<タコポケ  or タコポケボール>

  • 醤油
  • ハワイアンスタイル
  • みそ味

 

<ポケボールの選択肢>

  • サイズ:普通(Regular) or 特大(Large)
  • ご飯:白米(White) or 玄米(Brown)

 

<価格>

  • ポケ:時価(量り売り)
  • ポケボール:通常サイズ(Regular)7.5ドル、特大サイズ(Large)9.5ドル

 

ちなみに、ポケボールには、ドリンクがセットになっています。お水かジュースが無料でセットになります。ですので、必要な場合は、先ほどの冷蔵庫でピックアップしておきます。(注:ただし、ジュースの中には、追加料金がかかるものもあります。冷蔵庫に掲示がありますので確認しましょう)

 

商品の注文後は、隣のカウンターで料金の支払いと商品のピックアップを行います。

f:id:pipinobu:20170218100845j:plain

 

いろいろステップがあるので、ちょっと難しそうですが、営業時間中は店内には数名並んでいると思いますので、前の人の様子を見ていれば、だいたい何をすれば良いかわかると思います。お店の方は、基本、英語しか話せませんが、そんなに心配は無用です。最悪は写真指差しで乗り切れます。

 

オノシーフードのポケボール!

そんなこんなで、今回注文したのは、こちらです。スパイシーアヒポケボールです。ご飯は白米を選択しています。サイズは普通(Regular)です。

f:id:pipinobu:20170218100901j:plain

 

スパイシーはその名前のとおり、ピリ辛味。唐辛子とマヨネーズ、生姜をミックスしたようなクリーミーなマヨソースに、とびっこが混ぜられています。このピリ辛具合とマグロ、ご飯とのコンビネーションが絶妙で、いつも、あっという間になくなってしまいます。

 

王道の醤油味ももちろん美味しいのですが、日本で食べるマグロ丼との違いはそれほど大きくありません。ですので、せっかくハワイへ行ったなら、ハワイならでは感を味わいたくて、私は最近はもっぱら、スパイシーを注文してしまいます。

 

ちなみに、食事中は、おこぼれをもらおうと、テーブル付近には鳥さんたちが襲って遊びにきますので、注意しながら食べましょう(笑)。

f:id:pipinobu:20170218102357j:plain

 

オノシーフードの行き方!バスを使ってポケ丼を堪能のまとめ

今回は、ポケ丼の有名店であるオノシーフードへの、バス(The Bus)を使った行き方をご紹介しました。オノシーフードはホテルが立ち並ぶワイキキビーチエリアからは、距離が離れているため、徒歩で行くのはちょっと大変ですが、ザ・バス(The Bus)を利用すれば、たったの2.5ドルで行くことができます。とっても便利でお得ですので、ぜひ、バスを使ってハワイ名物のポケ丼を味わって見てください。スパイシーポケ丼は、日本のマグロ丼とはまた違った美味しさで、きっとやみつきになりますよ。

 

<==前の記事

アラモアナホテル宿泊記:格安ツアー利用の眺望指定なしのお部屋を紹介!

 

==>次の記事

マジックアイランド&アラモアナビーチは夕日の穴場スポット!

 

<ハワイ旅行記2017:全体の目次、記事一覧>

ハワイ旅行記2017:全体の目次、記事一覧

 

ハワイ好きの方はこちらの記事も注目です。SPGアメックスとANAマイルを利用することで、低コストで豪華なハワイ旅行を実現しています。夫婦でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円だけの現金持ち出しだけで実現しています。しかも、部屋の超絶アップグレードも受けられたというおまけ付きです。ぜひ合わせてご参照ください。

 

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

おすすめ記事