【2022年5月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

マリオットボンヴォイアメックスの特典とメリット、デメリットを徹底解説!

マリオットボンヴォイアメックスの特典とメリット、デメリットを徹底解説!

マリオットボンヴォイアメックス(Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード)が2022年2月8日に発表になりました。SPGアメックスの後継と位置付けられているものの、通常カードとプレミアムカードの2種類のグレードが用意され、年会費や特典内容に大きな変更が入ることになりました。当記事では、マリオットボンヴォイアメックスの特典からメリット、デメリット、どのような方にオススメなのかも含めて詳しく解説していきたいと思います。

更新履歴(2022年4月26日):最新情報に更新しました!

目次

マリオットボンヴォイアメックス(Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード)とは

マリオット(Marriott)とアメリカン・エキスプレス・カード(American Express Card)が提携して発行するクレジットカード

マリオットボンヴォイアメックスは、正式名称を「Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード」と言います。

世界最大級のホテルチェーンである「マリオット(Marriott)」が米国のカード会社である「アメリカン・エキスプレス・カード(American Express Card)」と提携して発行するクレジットカードです。

 

マリオットの会員プログラムの名称が「マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)」であるため、「Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード」という名称となっています。

マリオットボンヴォイアメックスは「SPGアメックス」の後継の位置付け

日本では長らく「SPGアメックス(スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード)」が人気がありました。

このため、旧SPGが旧マリオットに吸収され新マリオットとなった後も、日本では「SPGアメックス」が発行されて続けていました。

海外では既にマリオットボンヴォイアメックスに切り替わっていたことを考えると、日本だけが特殊な状況にあったとも言えます。

それが今回、2022年2月8日になり、遂に「マリオットボンヴォイアメックス」が発表されました。そして、2022年2月24日から新規申込が開始となりました。

マリオットボンヴォイアメックスはSPGアメックスをリブランドしたもので、SPGアメックスの後継カードとの位置付けとなっています。

MEMO

2022年2月24日から「SPGアメックス」には申し込みできなくなっています。

 

マリオットボンヴォイアメックスには「通常カード」と「プレミアムカード」の2つのグレードがあり

マリオットボンヴォイアメックスには、「通常カード」と「プレミアムカード」の2種類が用意されています。SPGアメックスが1種類であったことを考えると大きな変化と言えますね。

<マリオットボンヴォイアメックスの2つのグレード>

  • 通常カード:Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード
  • プレミアムカード:Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

 

ただ、海外で既に発行されているマリオットボンヴォイアメックスも2つのグレードが用意されており、同じホテル提携カードである「ヒルトンアメックス」も2つのグレードが用意されていました。

このことから考えると、概ね予想どおりだったとも言えますね。

以下では、「通常カード」と「プレミアムカード」の特典と年会費やポイント還元率といった基本情報を確認していきたいと思います。

 

マリオットボンヴォイアメックスの特典と基本情報

通常カード(Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード)の特典と基本情報

通常カードである「Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード」の券面はこちらになります。グレーとブルーの中間といった感じでしょうか。

右上には「Marriott Bonvoy」、右下には「AMERICAN EXPRESS」のロゴマークがそれぞれ入っているのが特徴です。

 

特典と基本情報は以下になります。

<特典と基本情報(通常カード)>

  • 年会費(基本カード)は23,100円 (税込)
  • 家族カードは1枚目無料、2枚目以降は11,550円(税込)
  • 日々のカード利用で「100円につき2ポイント」のポイント還元
  • マリオットホテルでの利用で「100円につき4ポイント」のポイント還元
  • 継続特典(無条件)として5泊分の宿泊実績をプレゼント
  • 継続特典(年150万円以上)として無料宿泊特典(1泊35,000ポイントまで)をプレゼント
  • エリートステータス(無条件)としてシルバーエリートを付与
  • エリートステータス(年100万円以上)としてゴールドエリートを付与
  • 「ザ・リッツ・カールトン」または「セントレジス」にて2連泊以上の予約で100米ドルのプロパティクレジットを付与

 

通常カードでも家族カードが1枚目無料というのは嬉しいですね。

無条件で付与されるエリートステータスは「シルバーエリート」で、「ゴールドエリート」を獲得するためには年100万円以上の決済が必要になります。

基本のポイント還元率は「100円につき2ポイント」、宿泊実績は「5泊分」と低めの設定になっています。

マリオットホテルでのポイント還元率は2倍の「100円につき4ポイント」となっています。

また、無料宿泊特典(1泊35,000ポイントまで)を獲得するには年150万円以上の決済が必要となっています。

MEMO

マリオットボンヴォイアメックス(通常カード)は紹介プログラム経由の入会で最大70,000ポイントを獲得することができます。これは年会費の3倍以上の価値で2022年4月25日までの期間限定です。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

また、紹介プログラムのお問合せはこちらのフォームからご連絡ください。

「紹介プログラム」のお問い合わせはこちらをクリック!

 

プレミアムカード(Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード)の特典と基本情報

プレミアムカードである「Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」の券面はこちらになります。

基本的なデザインは通常カードと統一されていますが、マットなブラックという感じで精悍な面構えが特徴となっています。

 

特典と基本情報は以下になります。

<特典と基本情報(プレミアムカード)>

  • 年会費(基本カード)は49,500円 (税込)
  • 家族カードは1枚目無料、2枚目以降は24,750円(税込)
  • 日々のカード利用で「100円につき3ポイント」のポイント還元
  • マリオットホテルでの利用で「100円につき6ポイント」のポイント還元
  • 継続特典(無条件)として15泊分の宿泊実績をプレゼント
  • 継続特典(年150万円以上)として無料宿泊特典(1泊50,000ポイントまで)をプレゼント
  • エリートステータス(無条件)としてゴールドーエリートを付与
  • エリートステータス(年400万円以上)としてプラチナエリートを付与
  • 「ザ・リッツ・カールトン」または「セントレジス」にて2連泊以上の予約で100米ドルのプロパティクレジットを付与

 

基本カードの年会費は「49,500円 (税込)」と通常カードの2倍ほどとなっています。

その分、無条件で付与されるエリートステータスは「ゴールドエリート」で、年400万円以上の決済で「プラチナエリート」を獲得できるのが最大の特徴です。

基本のポイント還元率は「100円につき3ポイント」、宿泊実績は「15泊分」と、通常カードよりもともに高い設定となっています。

マリオットホテルでのポイント還元率は2倍の「100円につき6ポイント」となっています。

ただし、無料宿泊特典(1泊50,000ポイントまで)を獲得するには、通常カードと同じく年150万円以上の決済が必要となっています。

MEMO

マリオットボンヴォイアメックス(プレミアムカード)は紹介プログラム経由の入会で最大45,000ポイントを獲得することができます。これは初年度の年会費負担をほぼ相殺できるお得さです。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

また、紹介プログラムのお問合せはこちらのフォームからご連絡ください。

「紹介プログラム」のお問い合わせはこちらをクリック!

 

スポンサーリンク

マリオットボンヴォイアメックスの特典を比較:通常カード vs プレミアムカード

マリオットボンヴォイアメックスを、「通常カード」と「プレミアムカード」で表にまとめて比較すると以下のようになります。

青字が優れている分、赤字が劣っている部分です。

マリオットボンヴォイアメックス:基本情報と特典の比較

まずは基本情報と特典の比較です。

プレミアムカードは年会費が高い分、ポイント還元率や特典で通常カードよりも優れた内容になっているのがわかりますね。

<基本情報と特典の比較>

  通常カード プレミアムカード
年会費(基本カード) 23,100円(税込) 49,500円(税込)
年会費(家族カード) 1枚目無料、2枚目以降11,500円(税込) 1枚目まで無料、2枚目以降24,750円(税込)
ポイントプログラム マリオットポイント マリオットポイント
ポイント還元(全般) 100円=2ポイント 100円=3ポイント
ポイント還元(マリオット) 100円=4ポイント 100円=6ポイント
ステータス(無条件) シルバーエリート ゴールドエリート
ステータス(利用条件クリア) 年100万円以上でゴールドエリート 年400万円以上でプラチナエリート
継続特典(無条件) 5泊分の宿泊実績 15泊分の宿泊実績
継続特典(条件クリア) 年150万円以上で無料宿泊特典(35,000ポイントまで 年150万円以上で無料宿泊特典(50,000ポイントまで
プロパティクレジット 「ザ・リッツ・カールトン」または「セントレジス」にて2連泊以上の予約で100米ドル 「ザ・リッツ・カールトン」または「セントレジス」にて2連泊以上の予約で100米ドル

 

マリオットボンヴォイアメックス:トラベルサービスの比較

続いてはトラベルサービスの比較です。

トラベルサービスは通常カードとプレミアムカードでほぼ同等の内容(手荷物無料宅配の対象空港が一部異なる)となっています。

<トラベルサービスの比較>

  通常カード プレミアムカード
空港ラウンジ ◯(国内28・海外1) ◯(国内28・海外1)
手荷物無料宅配 ◯(国内3 ◯(国内4

 

空港ラウンジとしては、国内28・海外1の空港ラウンジを利用することができます。アメックスカードの場合、カード1枚で同伴者1名まで無料で利用することができます。

手荷物無料宅配としては、帰国時に空港から自宅まで1人様につきスーツケース1個を無料配送してもらうことができます。

対象は、通常カードが成田国際空港・中部国際空港・関西国際空港の3空港プレミアムカードは羽田空港を追加した4空港となっています。

 

マリオットボンヴォイアメックス:各種プロテクションの比較

最後は各種プロテクションの比較です。

まず、旅行保険は国内も海外もどちらも「利用付帯」となっています。補償を受けるためには旅行代金をカード決済する必要があるため注意が必要です。これは通常カードとプレミアムカードで共通です。

その上で、補償額についてはプレミアムカードの方が充実した内容となっています。ここはさすがプレミアムカードといったところですね。

<各種プロテクションの比較>

  通常カード プレミアムカード
旅行保険(国内) 最高2,000万円 最高5,000万円
旅行保険(海外) 最高3,000万円 最高1億円
ショッピング・プロテクション ◯(年間200万円まで) ◯(年間500万円まで)
オンライン・プロテクション
キャンセル・プロテクション ◯(年間10万円まで)
リターン・プロテクション ◯(1商品最高3万円まで)
スマートフォン・プロテクション ◯(最大3万円まで)

 

また、「キャンセル・プロテクション」「リターン・プロテクション」「スマートフォン・プロテクション」については、付帯するのはプレミアムカードのみとなっています。

新しい特典である「スマートフォン・プロテクション」では、画面割れや水濡れを含む最大3万円まで補償してもらえます。なかなか魅力的な補償ですね。

 

マリオットボンヴォイアメックスのメリット

ここでは、マリオットボンヴォイアメックスのメリットをまとめたいと思います。

エリートステータスをもれなく獲得

マリオットボンヴォイアメックスのメリットは、入会でもれなくエリートステータスを獲得できるところです。

通常カードで「シルバーステータス」、プレミアムカードで「ゴールドステータス」をもれなく獲得できます。

  通常カード プレミアムカード
ステータス(無条件) シルバーエリート ゴールドエリート

 

マリオットボンヴォイのステータス獲得基準は以下なります。通常であればシルバーエリートは「年間10泊」、ゴールドエリートで「年間25泊分」の宿泊実績が必要となっています。

これらの特典がそれぞれのカードを保有するだけでプレゼントされるというわけですね。

<マリオットボンヴォイのステータス獲得基準>

ステータス 達成基準
会員 なし
シルバー<=一般カード 年間10泊
ゴールド<=プレミアムカード 年間25泊
プラチナ 年間50泊
チタン 年間75泊
アンバサダー 年間100泊+20,000米ドル

 

ゴールドエリートの主な特典は以下になります。このうち、青字にした上5つの特典が特に重要なものになります。

<ゴールドエリートの主な特典>

  1. より望ましい客室へのアップグレード
  2. 午後2時までのレイトチェックアウト
  3. ウェルカムギフトとしてポイントを進呈(500もしくは250ポイント)
  4. アジア太平洋の直営レストラン&バーで15%割引
  5. 滞在ごとに25%のボーナスポイント
  6. 無料の客室内高速インターネット
  7. エリート専用予約ライン
  8. 会員限定料金の適用
  9. 完全予約保証

 

客室のアップグレードやレイトチェックアウトが適用されると、ホテル滞在がより快適で楽しいものになります。

 

年間の決済額でもう一つ上のステータスも獲得

さらに、年間の決済額をクリアすることでもう一つ上のステータスを獲得することもできます。

特に、プレミアムカードの場合、年400万円と非常に高いハードルとなってはいるものの「プラチナエリート」を獲得できるというのは、年間の決済額が多い方にはとても大きなメリットです。

  通常カード プレミアムカード
ステータス(利用条件クリア) 年100万円以上でゴールドエリート 年400万円以上でプラチナエリート

 

マリオットボンヴォイにおける主なエリート特典を表でまとめると以下のようになります。ここではシルバーエリートからプラチナエリートまでを抜粋しています。

プラチナエリートになると「ラウンジへのアクセス」が可能になり、ウェルカムギフトから「無料朝食」が選択できるようになります。

また、客室アップグレードも「スイート」までが視野に入り、「ポイントボーナス(50%)」「レイトチェックアウト(16時)」「ポイントボーナス(50%)」も優遇幅がそれぞれ大きくなっています。

<主なエリート特典(シルバーからプラチナまで)>

  シルバー ゴールド プラチナ
客室での無料のインターネットアクセス
会員料金
モバイル チェックイン/サービス
完全予約保証
ポイントボーナス ◯(10%) ◯(25%) ◯(50%)
レイトチェックアウト ◯(14時) ◯(16時)
エリート専用予約ライン
レストラン割引 ◯(10%) ◯(15%) ◯(20%)
ウェルカムギフト   ◯(250 or 500ポイント) ◯(500 or 1,000ポイント、無料朝食、アメニティから選択)
客室のアップグレード   ◯(スイート含む)
ラウンジへのアクセス    
ルームタイプの保証    

 

MEMO

マリオットボンヴォイ」のエリートステータスの到達基準や特典の詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

宿泊実績加算でエリートステータスを獲得しやすく

マリオットボンヴォイアメックスは、継続特典として宿泊実績が加算されます。通常カードで「5泊」、プレミアムカードで「15泊」となっています。

  通常カード プレミアムカード
継続特典(無条件) 5泊分の宿泊実績 15泊分の宿泊実績

 

特に、プレミアムカードの場合は「15泊」加算されますので、プラチナステータス獲得まではあと「35泊(50泊-15泊)」でOKということになります。

年400万円の決済条件をクリアするのが難しい場合も、正攻法で残り35泊をクリアすることでプラチナステータスを獲得することができますね。

マリオットの場合、年初にダブルナイト(宿泊実績が2倍になるキャンペーン)を実施することも多いため、これと組み合わせればより容易にプラチナステータスを獲得することができます。

 

無料宿泊特典獲得で年会費負担を軽減

マリオットボンヴォイアメックスでは、継続特典として無料宿泊特典を獲得することができます。

年150万円という決済条件をクリアする必要はありますが、通常カードで「1泊35,000ポイントまで」、プレミアムカードで「1泊50,000ポイントまで」となっています。

  通常カード プレミアムカード
継続特典(条件クリア) 年150万円以上で無料宿泊特典(35,000ポイントまで) 年150万円以上で無料宿泊特典(50,000ポイントまで)

 

無料宿泊に必要なポイント数は以下になります。

1泊35,000ポイントでは「カテゴリー5(スタンダード&オフピーク)」まで、1泊50,000ポイントでは「カテゴリー6(スタンダード&オフピーク)」に加えて、「カテゴリー7(オフピーク)」までがそれぞれ対象となります。

<無料宿泊に必要なポイント数>

カテゴリー スタンダード オフピーク ピーク
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

 

日本国内におけるマリオットホテルをカテゴリーごとにまとめたものが以下になります。カテゴリー5およびカテゴリー6までを対象としても、かなり多くのホテルが存在することがわかりますね。

<日本におけるマリオットのホテル一覧(2022年1月1日時点)>

 

マリオットのポイントは無料宿泊特典に利用することで、「1ポイント=1円」以上の価値で利用することも難しくありません。

そう考えると、年150万円という決済条件をクリアできれば、二年目以降の年会費負担を相殺できるとも考えられます。

MEMO

マリオットボンヴォイアメックスでの無料宿泊特典では、自腹の最大15,000ポイントを加えて合算ポイントで利用できる機能が追加予定です。

通常カードで最大50,000ポイント(=35,000ポイント+15,000ポイント)、プレミアムカードで最大65,000ポイント(=50,000ポイント+15,000ポイント)までのホテルで利用できるという計算になります。

無料宿泊特典の利用の幅が広がるのは嬉しいですね。

 

家族カードが1枚無料で発行可能

マリオットボンヴォイアメックスでは、通常カードとプレミアムカードともに、家族カードが1枚無料で発行できます。

  通常カード プレミアムカード
年会費(基本カード) 23,100円(税込) 49,500円(税込)
年会費(家族カード) 1枚目無料、2枚目以降11,500円(税込) 1枚目まで無料、2枚目以降24,750円(税込)

 

特に年会費の安い通常カードでも1枚無料で発行できるというのは、家族でカードを利用したい方にとっては嬉しいポイントですね。

プレミアムカードの場合、SPGアメックスに比べて年会費が高くなったと考えられがちです。しかしながら、家族カード1枚分を加えると、SPGアメックスよりも年会費が安くなったとも言えますね。

<基本カード+家族カード1枚を加えた年会費>

  • SPGアメックス:51,150円
    • 基本カード(34,100円)+家族カード1枚(17,050円)
  • マリオットボンヴォイアメックス(プレミアムカード):49,050円
    • 基本カード(49,500円)+家族カード1枚(0円)

 

スポンサーリンク

シッピングで最大3%、マリオットホテルで最大6%と驚異的なポイント還元率

マリオットボンヴォイアメックスの基本的なポイント還元率は、通常カードで2%、プレミアムカードで3%となっています(マリオットポイントの価値を1ポイント=1円とした場合)。

ポイント還元率が高いと人気の「楽天カード」や「ペイペイカード」でも1%、「リクルートカード」で1.2%です。

マリオットボンヴォイアメックスの最大3%というポイント還元率は破格の高さというのがわかりますね。

  通常カード プレミアムカード
ポイントプログラム マリオットポイント マリオットポイント
ポイント還元(全般) 100円=2ポイント 100円=3ポイント
ポイント還元(マリオット) 100円=4ポイント 100円=6ポイント

 

しかも、マリオットのホテルで利用した場合のポイント還元率はそれぞれ2倍にアップします。さらに、ステータス特典である「ポイントボーナス」も加算されます。

例えば、マリオットのホテル宿泊代金3万円を、プレミアムカード(ゴールドエリート)で決済した場合に貯められるポイント数は以下になります。

<3万円のホテル宿泊で獲得できるポイント数(例)>

  • 滞在ポイント:約3,410ポイント(25%ボーナス加算)
  • 決済ポイント:1,800ポイント(2倍ポイント)
  • 合計:約5,210ポイン

 

これは、ポイント還元率としては17.3%にもなります。これは驚異的な数字ですよね。

ゴールドエリートであればウェルカムギフトの500ポイントも選択可能でさらに上乗せも可能です。

マリオットボンヴォイアメックスがあればマリオットのホテル宿泊でザクザクとポイントと貯められますね。

 

貯めたポイントは世界40以上の航空会社のマイルに交換可能

貯めたマリオットポイントはホテルの無料宿泊特典の他、世界40以上の航空会社のマイルに交換することも可能です。

交換先と交換レートはは以下のようになっています。日系の大手航空会社である「ANA」や「JAL」が含まれているのが確認できますね。

また、ブリティッシュエアウェイズ(BA)やユナイテッド航空(UA)、シンガポール航空など、日本人に人気の高い海外の大手航空会社も網羅されています。

マイル交換先の選択肢が多く、柔軟性が高いのは大きなメリットになりますね。

<マイルに交換できる航空会社と交換レート>

航空会社のマイレージプログラム ポイント : マイル
エーゲ航空 3:1
アエロフロート ボーナス 3:1
エアロメヒコ クラブプレミエ 3:1
エアカナダ アエロプラン 3:1
エアチャイナ フェニックスマイル 3:1
エールフランス/KLM フライングブルー 3:1
ニュージーランド航空Airpoints™ 200:1
アラスカ航空 Mileage Plan® 3:1
アリタリア航空ミッレミリア 3:1
ANAマイレージクラブ 3:1
アメリカン航空 3:1
アシアナ航空アシアナクラブ 3:1
アビアンカ航空 LifeMiles 3:1
ブリティッシュ エアウェイズExecutive Club 3:1
アジアマイル 3:1
中国東方航空イースタンマイルズ 3:1
中国南方航空 3:1
コパ航空 ConnectMiles 3:1
デルタスカイマイル 3:1
エミレーツスカイワーズ 3:1
エティハド ゲスト 3:1
フロンティア航空EarlyReturns® 3:1
海南航空 3:1
ハワイアン航空 HawaiianMiles® 3:1
Iberia Plus 3:1
InterMiles 3:1
日本航空 (JAL) マイレージバンク 3:1
ジェットブルー航空TrueBlue™ 6:1
大韓航空スカイパス 3:1
LATAM航空 LATAMPASS 3:1
ルフトハンザ Miles & More 3:1
Multiplus 3:1
カンタス フリークエントフライヤー 3:1
カタール航空プリビレッジクラブ 3:1
サウディア航空 3:1
シンガポール航空クリスフライヤー 3:1
南アフリカ航空 Voyager 3:1
サウスウエスト航空 Rapid Rewards 3:1
TAPポルトガル航空 3:1
タイ国際航空 3:1
ターキッシュエアラインズ Miles&Smiles 3:1
ユナイテッド航空マイレージプラス 3:1.1
ヴァージンアトランティック航空Flying Club 3:1
ヴァージンオーストラリア Velocity Frequent Flyer 3:1

 

マイル還元率は最大1.25%とマイルを貯めるクレジットカードとしても優秀

マリオットポイントからマイルへの交換レートは基本的には「3マリオットポイント:1マイル」ですが、60,000ポイントをまとめて交換することで5,000マイルのボーナスが加算されます(25,000マイルに交換可能)。

そのため、60,000ポイントをまとめて交換した場合の交換レートは「3マリオットポイント:1.25マイル」となります。

これを考慮すると、マリオットボンヴォイアメックスのマイル還元率は以下のようになります。

プレミアムカードでシッピング決済で最大1.25%、マリオットホテルでの決済で最大2.5%という数字になります。

  通常カード プレミアムカード
マイル還元(全般) 100円=最大0.83マイル 100円=最大1.25マイル
マイル還元(マリオット) 100円=最大1.67マイル 100円=最大2.5マイル

 

ANAカードやJALカードといった、マイルを貯めることに特化したクレジットカードのマイル還元率は「1.0%」というのが平均的な値になっています。

そのため、マリオットボンヴォイアメックスのマイル還元率が最大1.25%というのは、マイルを貯めるクレジットカードとしても非常に優秀であることがわかりますね。

 

マリオットボンヴォイアメックスのデメリット

ここでは、マリオットボンヴォイアメックスのデメリットをまとめたいと思います。

無料宿泊特典獲得のためには年150万円の決済条件をクリアする必要あり

マリオットボンヴォイアメックスの最大のデメリットは、無料宿泊特典獲得のためには年150万円の決済条件をクリアする必要があるという点です。

これは、通常カードとプレミアムカードで共通です。

さきほどご紹介したとおり、継続で獲得できる無料宿泊特典は、二年目以降の年会費負担を軽減するのに大きく貢献します。

逆を言えば、無料宿泊特典を獲得できなれば、特典やメリットよりも年会費負担の方が大きいと感じる方が増えるということを意味します。

少なくとも、年会費の高いプレミアムカードの方だけでも、無料宿泊特典の獲得は無条件にしてもらいたかったところですね。

家族カードにはステータス付与の特典が得られない

マリオットボンヴォイアメックスの場合、家族カードではステータス付与の特典は提供されません

そのため、無料で発行できる1枚目はさておき、2枚目以降を「有料」で発行する意味はあまりありませんのでご注意ください(メリットは決済をまとめられるぐらい)。

特定の加盟店ではポイント加算されない/還元率が下がる

マリオットボンヴォイアメックスのメリットの一つに高いポイント還元率(マイル還元率)がありました。

しかしながら、特定の加盟店ではポイント還元率が下がったり、場合によってはポイント加算されないため注意が必要です。

 

こちらは、ポイント加算されない加盟店です。NHKや電子マネー、寄付団体がこれに該当します。

 

こちらは、ポイント還元率が半分になる加盟店です。電力会社やガス会社、水道局といった公共料金や、税金・公金などがこれに該当します。

 

マリオットボンヴォイアメックスをオススメする方、しない方

最後に、マリオットボンヴォイアメックスの通常カードとプレミアムカードは、どのような方がオススメなのかをまとめたいと思います。

前述のとおり、マリオットボンヴォイアメックスは年間の決済金額によって得られる特典が変化します。

そのため、ここでのケース分けも決済額がポイントになります。

年間の決済額が150万円以下の方の場合

年間の決済額が150万円以下の場合、通常カードでもプレミアムカードでも継続での「無料宿泊特典」を獲得することができない、ということになります。

また、通常カードの場合、年100万円で「ゴールドステータス」を獲得するという条件もクリアできずエリートステータスは「シルバーステータス」どまりとなる可能性が高まります。

これでは、マリオットボンヴォイアメックスの特典を十分に活用することはできません。

この場合は、決済額によらずゴールドステータスを獲得できる「ヒルトンアメックス(通常カード)」がオススメです。

 

ヒルトンの場合はゴールドステータスでも「客室アップグレード」や「レイトチェックアウト」に加えて「朝食無料」の特典があるためメリットが大きくなります。年会費も通常カードで「16,500円(税込)」と割安です。

MEMO

年会費は高くてもいいから利用条件がないカードが欲しいという方には「アメックスプラチナ」もオススメです。マリオットとヒルトンの両方でゴールドステータスを獲得できることに加えて、系列によらず上級会員級の特典を享受可能な「FHR(ファインホテルリゾート)」を利用可能です。

 

年間の決済額が150万円以上、400万円未満の方

年間の決済額が150万円以上の場合、二年目以降の年会費は「無料宿泊特典」の価値で相殺できるはずです(これは年1回以上マリオットホテルでの宿泊を楽しめる方という条件付き)。

その場合、将来的にプラチナステータスを目指す方は「プレミアムカード」、ゴールドステータスのままで良いという方は「通常カード」がオススメです。

前述のとおり、プレミアムカードであれば継続で宿泊実績が「15泊分」加算されますので、自力でのプラチナステータス獲得が容易になるというのもメリットです。

自力で宿泊実績50泊を達成できれば、年間チョイス特典を獲得できるのも良いですね。

 

スポンサーリンク

年間の決済額が400万円以上の方

年間の決済額が400万円以上の場合、決済条件クリアでプラチナステータスを獲得できる「プレミアムカード」が圧倒的にオススメです。

ホテル修行みたいな面倒なことはしたくないけど決済額には自信があるというような方とプレミアムカードは相性抜群ですね。

また、このレベルの決済額がある方であれば、チタンエリート、もしくはアンバサダーエリートを目指す方も多いと思います。その場合にも継続で獲得できる15泊分の宿泊実績は助かります。

通常カードとの年会費との差額(=26,400円)で10泊分の宿泊実績を買っていると考えれば安いものかもしれません。

加えて、ポイント還元率の高さも決済額が多いと有利に働きますので、そういう意味でも「プレミアムカード」が良いですね。

MEMO

年400万円は無理だけど年200万円なら可能という方は「ヒルトンアメックスプレミアム」に乗り換えるという選択も良いですね。年200万円の決済でダイヤモンドステータスを獲得できますので「ラウンジアクセス」も可能になります。

 

マリオットボンヴォイアメックスのお得な入会方法

マリオットボンヴォイアメックスの入会は「紹介プログラム」利用が一番お得

さて、そんな「マリオットボンヴォイアメックス」ですが、入会するなら「紹介プログラム」の利用が一番お得です。

紹介プログラムとは、既存アメックスカード保有者から入会を紹介してもらうもので、公式サイトよりも特典が上乗せになるため、その分がお得になっています。

マリオットボンヴォイアメックスの場合、紹介プログラムを利用すると、通常カードで最大19,000ポイント、プレミアムカードで最大45,000ポイントを獲得することができます。

そのため、公式サイトと比較すると、通常カードで3,000ポイント、プレミアムカード6,000ポイントもお得という計算になりますね。

<入会キャンペーンの特典比較>

  通常カード プレミアムカード
①公式サイト 最大16,000ポイント 最大39,000ポイント
②紹介プログラム 最大19,000ポイント 最大45,000ポイント
お得度(②-①) 3,000ポイント 6,000ポイント

 

通常カードの紹介プログラム内容

マリオットボンヴォイアメックスの紹介プログラムで獲得できる入会特典は以下になります。入会後3ヶ月以内の30万円の利用で最大19,000ポイントを獲得できます。

 

入会特典の内訳は以下になります。

<入会特典(通常カード)>

  • 入会特典:入会後3ヶ月以内に合計30万円以上の利用で13,000ポイント
  • 利用ポイント:30万円のクレジットカード利用で6,000ポイント
  • 合計:19,000ポイント!

 

通常カードの年会費は「23,100円」です。獲得できるマリオットポイントの価値を「1ポイント=1円」と仮定すると、

年会費の約82%の価値を獲得できるということになります。

入会特典を満額獲得できれば初年度は年会費負担をほぼ相殺してサービスを体験できるというイメージになりますね。

また、19,000ポイントを獲得するには通常95万円の決済が必要です。それを30万円の決済で獲得できるということで、通常の約3.2倍の効率でポイントを獲得できるとも言えます。

 

プレミアムカードの紹介プログラム内容

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムの紹介プログラムで獲得できる入会特典は以下になります。入会後3ヶ月以内の30万円の利用で最大45,000ポイントを獲得できます。

マリオットボンヴォイアメックスの入会キャンペーン:紹介プログラム(プレミアムカード)

 

入会特典の内訳は以下になります。

<入会特典(プレミアムカード)>

  • 入会特典:入会後3ヶ月以内に合計30万円以上の利用で36,000ポイント
  • 利用ポイント:30万円のクレジットカード利用で9,000ポイント
  • 合計:45,000ポイント!

 

プレミアムカードの年会費は「49,500円」です。獲得できるマリオットポイントの価値を「1ポイント=1円」と仮定すると、

年会費の約90%の価値を獲得できるということになります。

入会特典を満額獲得できれば初年度は年会費負担をほぼ相殺してサービスを体験できるというイメージになりますね。

また、39,000ポイントを獲得するには通常130万円の決済が必要です。それを30万円の決済で獲得できるということで、通常の約4.3倍の効率でポイントを獲得できるとも言えます。

 

紹介プログラムは当ブログからもご提供可能

紹介プログラムの利用をご希望の方は、こちらのフォームからお問合せください。追ってメールでご連絡させていただきます。

「紹介プログラム」のお問い合わせはこちらをクリック!

 

ちなみに、このメールフォームでのやりとりは匿名(ニックネーム)でのやりとり可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせいただければと思います。

また、私からご返信するのは、アメックス社が発行する紹介プログラム専用のURLです。今回のご紹介によって、私に申込者の個人情報が伝わるというとは一切ありませんのでご安心いただければと思います。

 

まとめ:マリオットボンヴォイアメックスは決済額や目指すステータスによってグレード選択を!入会はポイントアップ中の今がチャンス!

当記事では、マリオットボンヴォイアメックスの特典からメリット、デメリット、そして、どのような方にオススメのカードなのかも含めて詳しく解説していきました。

マリオットボンヴォイアメックスは年間の決済額によって特典が変わってきます。ご自身の決済額や目指すステータスに応じてグレードを選択していただければと思います。

また、マリオットボンヴォイアメックスにこれから入会しようという方は一番お得な入会方法である「紹介プログラム」をぜひご利用ください。

通常カードで最大19,000ポイント、プレミアムカードで最大45,000ポイントを獲得できるとことで初年度の年会費負担をほぼ相殺できるお得さとなっています。

ご興味の方はこのチャンスをご活用いただければと思います。

「紹介プログラム」のお問い合わせはこちらをクリック!

 

それでは、また!

 

マリオットボンヴォイ関連記事