【4月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

ECナビ 入会キャンペーン!紹介で最大1,350円相当の特典獲得の大チャンス!<4月最新>

ECナビでお得な入会キャンペーンがスタートしました。既存会員からの紹介と条件クリアで最大1,350円相当のポイントを獲得できるというものです。ECナビは無料できるポイントサイトです。入会特典で1,350円相当の特典を獲得できるというの脅威的です。内訳としては、当ブログはECナビと協業させていただいており、当ブログ経由で入会いただいた場合のブログ限定特典350円に、キャンペーン特典1,000円、合計で1,350円という計算になります。当ブログ限定の驚きのお得さとなっています。ECナビへの入会がまだという方は、このチャンスをお見逃しなく!

更新履歴(2020年4月1日):最新のキャンペーン情報に更新!

ポイントサイトの「ECナビ」とは

「ECナビ」とは、ポイントサイトの名称です。陸マイラー界で有名な「ハピタス」や「モッピー」と同じポイントサイトです。登録無料で利用することができます。

「ECナビ」の運営会社は「株式会社VOYAGE GROUP」という東証一部上場の企業です。ポイントサイトの運営会社は比較的小規模で、上場していない企業も多い中、東証一部上場というのは安心感がありますね。

個人投資家の皆様へ | 株式会社VOYAGE GROUP

また、「株式会社VOYAGE GROUP」は、ポイント中継サイトとして陸マイラー界では有名な「PeX」の運営会社でもあります。

 

ECナビの特徴とは

ECナビの特徴は、ポイントサイト界における最高ポイント還元となる案件を多く提供していること、陸マイラーにメリットが大きいキャンペーンを連発していることです。これにより、陸マイラー界でECナビの存在感が日に日に高まりつつあります。

また、もちろん、ANA陸マイラーにとって重要な、LINEポイントルートにも対応しています。

<ECナビの特徴>

  1. ポイントサイト界における最高ポイント還元となる案件の提供をしている
  2. 陸マイラーにメリットが大きいキャンペーンを連発している
  3. ANAマイルに高効率で交換するルートに対応

 

ECナビの特徴①:ポイントサイト界における最高ポイント還元となる案件の提供

ECナビは、「EPARKからだリフレ」案件を提供していたことでも有名です。

こちらの案件は、陸マイラーにとっては繰り返し利用可能な貴重な案件です。獲得できるポイントは時期によって多少の変動はありますが、4,000円から6,000円の高額案件として提供されています。私も、こちらの「EPARKからだリフレ」をきっかけにECナビのユーザーになりました。

 

その他にも、ECナビではポイントサイト界における最高ポイント還元となる案件を定期的に提供しており、陸マイラーにとって、とても利用価値の高いポイントサイトになっています。

 

ECナビの特徴②:陸マイラーにメリットが大きいキャンペーンを連発

ECナビでは、2020年2月1日から5月31日まで、「JALマイル交換キャンペーン」を実施しています。

こちらのキャンペーンを利用すると、JALマイルへの交換レートが、実質「71.4%」となります。JALマイルの通常の交換レートは50%ですので、20%以上もお得になるという計算になります。

陸マイラーにとってはグットニュースとも言える嬉しいキャンペーンですね。

 

ECナビの特徴③:ANAマイルに高効率で交換するルートに対応

ECナビで獲得したポイントは「Tポイント」と「nimocaポイント」に等価交換することが可能です。

「Tポイント」からは「JQみずほルート」を利用することで70%、「Tポイントルート」を利用することで50%、「nimocaポイント」からは「nimocaルート」を利用することで70%という高効率で、それぞれANAマイルに交換することができます。

<ECナビで利用できるANAマイルへの交換ルート>

  • JQみずほルート(交換レート70%):PeX=>Tポイント=>JRキューポ=>永久不滅ポイント=>ANAマイル
  • nimocaルート(交換レート70%):PeX=>nimocaポイント=>ANAマイル
  • Tポイントルート(交換レート50%):PeX=>Tポイント=>ANAマイル

 

「JQみずほルート」および「nimocaルート」「Tポイントルート」の詳細は以下をそれぞれご参照ください。

 

MEMO

2019年12月27日で「新ソラチカルート(LINEルート)」が封鎖されました。「ECナビ」はドットマネーへの交換に対応していませんので、新ソラチカルートの後継となる「TOKYUルート」を利用することはできません。

 

ECナビの入会キャンペーン:キャンペーン概要

さて、そんな注目のポイントサイトである「ECナビ」で実施中の入会キャンペーンをご紹介したいと思います。今回のキャンペーンは2階建てになっています。

当ブログとECナビが協業することでご提供している「ブログ限定特典」で350円分のポイント、ECナビ本体で実施している「秋の紹介キャンペーン」の利用条件クリアで1,000円分のAmazonギフト券、合計で1,350円分の特典を獲得できるという内容になります。

<キャンペーン概要>

  • ①ブログ限定特典:350円分のポイント(登録ボーナス150円分を含む)
  • ②紹介キャンペーン:1,000円分のAmazonギフト券
  • 合計(①+②):最大1,350円分の特典!

 

「ブログ限定特典」の方は、今のところは終了時期は決まっておりませんが、ECナビ本体で実施している「紹介キャンペーン」は期間限定となっています。

キャンペーン期間は「2020年4月1日~2020年4月30日まで」の約1ヶ月となります。

以上から、最大の1,350円相当の特典を獲得するためには、当ブログ経由で「2019年4月30日まで」にECナビにご入会いただく必要があるということになります。

 

ポイントサイトの入会特典で最大1,350円分のポイントを獲得できるというのは、過去の例も見ても最高水準で脅威的なお得さです。「ECナビにはまだ入会していなかった」という方は、このチャンスをお見逃しなく!

 

以下のバナーからの入会でキャンペーン対象となります。ぜひご利用ください。

 

「ブログ限定特典」の詳細はこちらでもご紹介しております。

 

ECナビの入会キャンペーン:キャンペーン詳細

キャンペーンの概要により、今回のキャンペーンのお得度がご理解いただけたと思います。続いては、キャンペーンの詳細をご紹介したいと思います。

①入会キャンペーン:ブログ限定特典

まず、当ブログとECナビが協業することでご提供している「ブログ限定特典」の内容を確認したいと思います。

こちらのキャンペーンはいたってシンプルで、当ブログ経由でECナビに入会いただくと、350円相当のポイントを獲得できるという内容になっておりまし。

ただし、350円分の特典を獲得するには、ひとつだけ条件が設定されています。それは、入会後90日以内にポイント交換を行っていただくというものです。この条件をクリアしないと、獲得できるポイントは150円分だけになってしまいますのでご注意ください。

<特典獲得条件>

  • 当ブログ経由で新規登録をした際に1,500ポイント(=150円相当)をプレゼント
  • 1ヶ月以内にポイント交換を行った場合に2,000ポイント(=200円相当)をプレゼント
  • 合計:3,500ポイント(=350円相当)をプレゼント!

 

以下のバナーからの入会でキャンペーン対象となります。ぜひご利用ください。

 

MEMO

2019年4月1日から、登録ボーナスである1,500ポイントを獲得するためには、登録日を含めた90日以内に「本人認証」することが条件として加わりました。ポイント交換するためには「本人認証」する必要がありますので、必要な作業が前倒しになった形になります。「本人認証」といっても電話番号の登録を行うだけですので難しくありません。入会後はすぐに「本人認証」まで済ませておきましょう!

 

②入会キャンペーン:ECナビ本体

続いては、ECナビ本体でスタートした「紹介キャンペーン」の内容を確認したいと思います。

こちらのキャンペーンの概要は以下になります。会員登録とポイント交換で1,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされるという内容になります。キャンペーン期間は2020年4月1日から2020年4月30日までの1ヶ月間となっています。

 

こちらのキャンペーンで獲得できるのはAmazonギフト券ということで、通販サイトのAmazonで現金と同等の価値として利用することができます。

何かと買い物が多い新年のこの時期に1,000円分のギフト券がもらえるというは、とってもありがたい特典ですね。

 

こちらのキャンペーンで特典を獲得するためには、以下2つの条件が設定されています。

<特典獲得条件>

  • 【条件1】キャンペーン期間中にお友達紹介でECナビに初めて会員登録すること
  • 【条件2】キャンペーン期間中に、ポイント交換すること

 

重要なのは「キャンペーン期間中にポイント交換する」というところです。これをクリアしないと追加の1,000円分のAmazonギフト券を獲得することはできません。

ECナビでは、3,000ポイント(=300円相当)からポイント交換することができます。つまり、キャンペーン期間中に300円分のポイントを貯めて、ポイント交換すれば、1,000円分のAmazonギフト券を獲得できるということになります。

低いハードルとなっており、とても良心的なキャンペーンですね!ECナビのオススメの案件については記事の後半でもご紹介していきます。

 

キャンペーンの詳細については以下になります。合わせてご確認ください。

<キャンペーン内容>

  • キャンペーン名:
    • おトク満開!春のお友達紹介キャンペーン
  • キャンペーン期間:
    • 2020年4月1日(水) 00:00:00 ~ 2020年4月30日(木) 23:59:59
  • キャンペーン概要:
    • キャンペーン期間中に、ポイント交換すると1000円分のAmazonギフト券をプレゼント!
  • プレゼント発送時期:
    • 2020年5月中旬ごろに、ECナビ登録済みログイン用メールアドレスへご連絡いたします。
    • 特典確定メールに記載されているURLをクリックした方に、Amazonギフト券をメールにてお送りいたします。
  • 注意事項:
    • 下記にあてはまる場合は、プレンゼント対象外となります。
      • 現在すでにECナビの会員の方およびお友達紹介以外で会員登録された方が条件を達成された場合
      • 不正、いたずらによる登録・利用であると判断された場合
      • ECナビを利用停止、退会となった場合

 

キャンペーン内容の詳細は、こちらECナビの公式HPでもご確認いただけます。

ECナビ「お友達紹介キャンペーン」の詳細はこちら!

 

ECナビのポイント交換先:PeXがオススメ

入会キャンペーンでポイントを獲得するための条件は、どちらも「ポイント交換すること」でした。現在、ECナビのポイント交換先は「PeX」「Amazonギフト券」「iTunesギフト券」の3つとなっています。

 

個人的には、この中でも特にオススメなのは「PeX」です。

「PeX」はポイント交換サイトですので、ECナビのポイントを「PeX」に交換することで、その先で、様々なポイントに交換することが可能となります。

もちろん、銀行口座に入金して、ポイントを現金化するということも可能になっています。

また、最小交換ポイントも「3,000ポイント」となっていますので、「ポイント交換」という条件を満たすためには300円分のポイントを貯めれば良いということになります。使い勝手が良いですね。

 

ECナビのオススメ案件:ポイント交換条件をクリアするために

「ポイント交換」という条件を満たすためには300円分のポイントを貯めれば良いということでした。この条件をクリアするたのオススメは、動画配信サービスのお試し案件です。

以下は、動画配信サービスの「U-NEXT」案件ですが、無料体験の登録で700円分のポイントを獲得することができます。

 

ポイント加算時期は「3日前後」となっていますので、短期間でポイントを獲得できるのが特徴となっています。サクッと300円分のポイントを獲得するという目的をクリアすることができますね。

 

ECナビのオススメ案件:大量ポイントを獲得するために

ECナビでは大量ポイントを獲得できる案件がたくさんあります。例えば、ECナビには、「クレジットカード」案件が多く紹介されています。

2020年4月1日時点では、以下のような高額案件が募集されています。どちらも年会費が有料ですが、1案件で数万円のポイントを獲得できるというのは、とても魅力的ですよね。

 

ポイント加算までの時間が長いため、ポイント交換の条件クリアに利用するのは難しいですが、条件クリア後にはこれらの案件を活用して、大量ポイントを稼いでいきましょう!

 

ECナビのお得案件は、当ブログでも随時ご紹介していきます。ぜひ当ブログを定期的にご参照ください。また、記事更新の最新情報はTwtterで配信していますので、こちらもフォローいただけると嬉しいです。

 

「ECナビ 入会キャンペーン!紹介で最大1,350円相当の特典獲得の大チャンス!」のまとめ

今回は、ECナビでスタートした「入会キャンペーン」の最新情報をご紹介しました。

当ブログ経由でECナビにご入会後、条件をクリアしていただくことで最大1,350円相当のポイントを獲得することができます。

ポイントサイトの入会特典で1,350円相当のポイントを獲得できるというのは、過去の例も見ても最高水準で脅威的なお得さです。

「ECナビにはまだ入会していなかった」という方は、このチャンスをお見逃しなく!

 

以下のバナーからの入会でキャンペーン対象となります。ぜひご利用ください。

 

それでは、また!

 

error: