【2024年2月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

Revolut(レボリュート)を徹底解説!メリットとデメリットは?

Revolut(レボリュート)とは?メリットとデメリットを徹底解説

Revolut(レボリュート)を徹底解説!メリットとデメリットは?<PR>

Revolut(レボリュート)とイギリス発の金融系スーパーアプリです。銀行口座を中心に多彩なサービスを提供しています。中でも外貨両替とリアルカードおよび海外ATMの3つはメリットが大きく海外旅行好きの間で人気を高めています。当記事では、メリットとデメリットの両面で解説していきたいと思います。

pipinobu

管理人の「ピピノブ」です。当記事を執筆しています。
記事の信頼性
2016年から陸マイラーブログをスタート。ポイントサイトを駆使して累計1,000万マイル以上を貯めました。「ポイ活の達人」として雑誌(日経トレンディ)への掲載、マイル関連書籍監修の経験あり。Marriottプラチナ、Hiltonダイヤ、ANA SFCなど各種ステータスを保有しています。

Revolut(レボリュート)とは

Revolut(レボリュート)はイギリス発の金融系スーパーアプリ

Revolut(レボリュート)は、イギリス発の金融系スーパーアプリです。2015年に創業し2020年に日本でサービスを開始しました。

Revolut(レボリュート)はイギリス発の金融系スーパーアプリ

 

2023年11月時点では世界150以上の国や地域で利用することができ、3,500万人以上の個人ユーザー、50万以上の法人ユーザーが利用しています。

Revolut(レボリュート)は3,500万人以上の個人ユーザーが利用中

 

Revolut(レボリュート)に登録すると、各アカウントごとに楽天銀行の口座が割り当てられます。その銀行口座を中心として、以下のような金融サービスを利用することができます。

<Revolutの主なサービス>

  • 外貨両替、リアルカード、バーチャルカード、海外ATM、国際送金、貴金属取引、予算管理など

 

この中でも特に注目を集めているのが「外貨両替」と「リアルカード」および「海外ATM」の3つのサービスです。海外利用でメリットが大きいため旅行好きの間で人気を高めています。

「Revolut」の入会はこちら!

 

Revolut(レボリュート)はプリペイドカードではなくデビットカード扱い

Revolut(レボリュート)のリアルカードやバーチャルカードでの決済は「デビットカード」の扱いとなります。

Revolut(レボリュート)はデビットカード扱いで国際ブランドは「VISA」

 

チャージした残高を利用するという観点では「プリペイドカード」と似ていますが、プリペイドカードよりもデビットカードの方が基本的には信用度が高くなっています。

そのため、プリペイドカードでは利用できななかった加盟店でもデビットカードなら利用できる場合が多くあります。

Revolut(レボリュート)はリアルカードもバーチャルカードも国際ブランドとしては「VISA」となっています。VISAの加盟店であればクレジットカードと同様、ほとんどの加盟店で利用することができます。

 

Revolut(レボリュート)の料金プランと主な違い

Revolut(レボリュート)には「スタンダード」「プレミアム」「メタル」の3つの料金プランがあります。このうち基本であるスタンダードは「月額無料」で利用することができます。

Revolut(レボリュート)の3つの料金プラン

 

各プランの違いは主に外貨両替と海外ATMでの引出可能額の「無料枠」の上限になります。具体的には以下になります。

<各プランの主な違い>

  スタンダード プレミアム メタル
外貨両替の上限 月75万円 上限なし 上限なし
海外ATMでの引出可能額の上限 月2万5千円 月5万円 月10万円

 

これは手数料無料となる枠の上限で、上限を超えた場合は手数料が必要になるものの取引自体は可能となっています。

外貨両替の上限は月75万円もあれば普通は十分ですし、海外ATMでの引出可能額についても、最近はカード決済可能な店舗が増えているため、現金の必要性は低下しています。

それを考えると、よほどハードは使い方をしない限りは無料で利用可能なスタンダードで十分と言えます。

無料の範囲内でサービスを十分に活用できるのもRevolut(レボリュート)の魅力と言えます。

「Revolut」の入会はこちら!

 

Revolut(レボリュート)のメリット

ここではまず、Revolut(レボリュート)のメリットを解説していきたいと思います。具体的には以下になります。

<Revolut(レボリュート)のメリット>

  • 世界29の通貨に銀行間レートで手数料なく両替可能
  • デビットカード決済は海外事務手数料がなく為替レートが有利
  • 海外ATMで現地通貨を引出可能
  • リアルカードを手数料無料で発行できる
  • 1度の利用で使い捨て可能なワンタイムバーチャルカードを発行可能
  • アプリで利用状況をリアルタイムに把握可能で柔軟に停止や再開が可能

 

世界29の通貨に銀行間レートで手数料なく外貨両替可能

Revolut(レボリュート)はアプリ内で世界の30を超える通貨に手数料なく両替することができます。しかも、この外貨両替には「銀行間レート」が適用されます。

Revolut(レボリュート)の外貨両替

 

日本でのサービスの場合、最初に日本円をチャージする形になりますが、その後は自由に通貨ペアを選択して外貨両替をすることができます。

 

通常、現金を両替する場合はこの「銀行間レート」に売りと買いでそれぞれ数%の両替手数料が乗せられています。国内大手都市銀行で2%前後です。

海外旅行前に現地通貨を買い、帰国時に売るとそれだけで往復で4%ほどの手数料が必要になってしまいます。

一方でRevolut(レボリュート)の場合はこの両替手数料が必要ないため、その分がお得になるという計算になります。気軽に両替することができます。

しかも、両替した外貨は現地でデビットカード決済できるほか、ATMから現金として引き出すこともできます。海外に行く頻度の多い方であればこれだけで大きなメリットと言えますね。

MEMO

両替手数料が無料になるのは月曜日から金曜日までの平日です。土曜日と日曜日は1%から2%の手数料が必要になります。この点はデメリットのパートであらためて解説します。

 

デビットカード決済は海外事務手数料がなく為替レートが有利

海外でクレジットカードやデビッドカードを利用すると2%前後の海外事務手数料が必要になるのが通例です。この海外事務手数料は両替に必要になるコストと捉えることができます。

一方でRevolut(レボリュート)のデビットカード決済では、この海外事務手数料が必要ありません。

海外でデビットカードを利用すると、そのタイミングで即時に日本円から現地通過への両替が実施されます。利用されるのは「銀行間レート」で約150種類の通貨に対応しています。

Revolut(レボリュート)に日本円をチャージしておけば、現地通貨に両替しておかなくても自動的に有利なレートで決済されるためとても便利です。

もちろん、あらかじめ現地通貨に両替しておけば日本円ではなく現地通貨が優先して利用されます。

為替レートに詳しい方であれば、海外旅行前の円高のタイミングで現地通貨に両替しておくことで、よりお得に現地でのショッピングを楽しむこともできますね。

 

海外ATMで現地通貨を引出可能

Revolut(レボリュート)は銀行口座を利用しているため、両替した現地通貨を旅行先にあるATMで引き出すことができます。

しかも、プランによって定められた無料枠の範囲内であれば手数料なく引き出すことができます。ATM手数料の無料枠を再掲すると以下のようになります。

この無料枠を超えた場合は2%の手数料が必要になります。手数料が必要になるものの引き出しができなくなるわけではないのは柔軟性が高くて助かりますね。

<各プランにおけるATM手数料の無料枠>

  スタンダード プレミアム メタル
海外ATMでの引出可能額の上限 月2万5千円 月5万円 月10万円

 

Revolut(レボリュート)で利用可能な海外ATMの場所はアプリから検索することができます。 「ハブ=>ATM」というように進みます。

Revolut(レボリュート)のATM検索(1)

 

こちらはワイキキ中心部で検索してみたものです。マップ表示されるためとても便利です。

Revolut(レボリュート)のATM検索(2)

 

こちらの記事ではシンガポール旅行時にRevolutを使って現地ATMから現金を引き出してみた結果をレポートしています。

日本の空港はもちろん、現地チャンギ空港の両替商よりもお得なレートで両替することができました。

 

リアルカードを手数料無料で発行できる

Revolut(レボリュート)のリアルカードは手数料無料で発行することができます。

他のプリペイドカードの場合、リアルカードの発行には1,000円前後の手数料を設定しているところが多い中、これが無料になっているのはメリットと言えますね。

リアルカードの実物はこちらになります。ブルーをベースにパープルのグラデーションがかったデザインがソリッドでおしゃれです。

国際ブランドは「VISA」でICチップ搭載です。4桁の暗証番号を設定可能で3DセキュアやVisaタッチにも対応しています。

Revolut(レボリュート)のリアルカードの券面(スタンダード会員)

 

ちなみに、ここで紹介しているのは無料のスタンダードプランで入手可能なリアルカードでプラチック製になっています。デザインは一択です。

一方で、有料のプレミアムプランの場合はプラスチック製でカラーを3色から選択可能になります。

Revolut(レボリュート)のリアルカードの券面(プレミアム会員)

 

また、最上位のメタルプランになると高級感のあるステンレス製でカラーを4色から選択可能になります。

Revolut(レボリュート)のリアルカードの券面(メタル会員)

 

こだわりのある方は検討してみても良いかもしれませんね。

「Revolut」の入会はこちら!

 

1度の利用で使い捨て可能なワンタイムバーチャルカードを発行可能

Revolut(レボリュート)では、リアルカードの他にも2種類のバーチャルカードを発行することができます。どちらも無料で何度でも発行することができます。

<バーチャルカードの種類>

  • バーチャルデビットカード
  • ワンタイムバーチャルカード

 

「バーチャルデビットカード」はオンライン決済などで利用できるものです。番号は基本的に固定となっています。頻繁に利用するような信頼性の高いオンラインショップに向いています。

一方で「ワンタイムバーチャルカード」はその名前のとおり一度のみ使用可能なものです。一度利用するとその番号は無効になりますので、万が一番号が流出しても安心です。

ちょっと怪しい海外の通販サイトなどで商品を購入したい場合などに活躍しますね。

Revolut(レボリュート)のワンタイムバーチャルカード

 

アプリで利用状況をリアルタイムに把握可能で柔軟に停止や再開が可能

Revolut(レボリュート)のアプリは非常に優秀です。デビッドカードでもバーチャルカードでも利用があるとリアルタイムに通知があがってきます。

即時通知があるというのは不正利用を把握しやすくなるためセキュリティ的にも有利に働きますね。

Revolut(レボリュート)のアプリ通知

 

また、デビッドカードでもバーチャルカードでも、アプリからすぐに利用停止(凍結)にすることができます。

不正利用が心配な場合は、通常時は利用停止(凍結)にしておき、海外旅行など利用するタイミングで利用開始(凍結解除)するというサイクルにしておくと良いですね。

Revolut(レボリュート)のセキュリティ

 

カードを利用停止(凍結)にしても銀行口座は生きているためチャージや両替は問題なくすることができます。

「Revolut」の入会はこちら!

 

Revolut(レボリュート)のデメリット

Revolut(レボリュート)は、海外旅行で特に大きなメリットを発揮することを確認できました。一方でデメリットがあるのも事実です。

ここでは、Revolut(レボリュート)のデメリットを解説していきたいと思います。具体的には以下になります。

<Revolut(レボリュート)のデメリット>

  • 土日は1%から2%の両替手数料が発生する
  • クレジットカードからのチャージは1.7%の手数料が発生する
  • 各種カードからのチャージはVISAとMastercardからのみ可能
  • 利用するATMによって手数料が別途発生する
  • チャージ残高はペイオフの対象外
  • ApplePayに非対応
  • ATMから引き出しできるのは銀行振込とデビットカードからチャージした分のみ
  • クレジットカードのような保険は適用されない

 

土日は1%から2%の両替手数料が発生する

Revolut(レボリュート)のメリットとして、両替手数料が無料である点を挙げさせていただきました。

しかしながら、この両替手数料が無料となるのは月曜日から金曜日までとなっています。土曜日と日曜日の場合は通貨によって1%から2%の両替手数料が発生するため注意が必要です。

これはアプリで両替する際だけでなく、デビットカード決済で両替が発生した場合も同様の扱いになります。

そのため、土日に海外旅行する日程が重なっている場合は、事前の平日に現地通貨にまとめて両替しておいた方がお得になります。

ちなみに、土曜日と日曜日というのはイギリス時間が基準になります。日本時間の場合は「土曜日の午前7時から月曜日の午前8時まで」が該当します(夏時間の場合は1時間前倒し)。

時差があるため注意が必要ですね。

 

クレジットカードからのチャージは1.7%の手数料が発生する

Revolut(レボリュート)でサービスを利用するたには銀行口座にあらかじめチャージする必要があります。チャージ可能な方法は以下のなります。

<チャージ可能な方法>

  • クレジットカードチャージ
  • プリペイドカードチャージ
  • デビットカードチャージ
  • 銀行振込

 

これまでは上記4つのチャージ方法のいずれも手数料が無料になっていました。

しかしながら、2023年5月17日から「クレジットカードチャージ」と「プリペイドカードチャージ」については1.7%の手数料が発生するようになりました。

Revolut(レボリュート)の各種カードチャージ手数料

 

1.7%と数字は小さいようで影響は大きため、2023年5月17日以降にクレジットカードチャージする際は注意が必要です。

「デビットカードチャージ」については2023年5月17日以降も手数料は無料ですが、利用可能なところは多くありません。

基本的には多少手間でも「銀行振込」をするのがおすすめです。

この際、振込元の銀行によっては振込手数料が別途発生する場合があります。振込手数料が無料となる銀行を利用するようにしましょう。

また、銀行振込から残高に反映されるのは最短でも翌営業日になるため海外旅行に行く際は日程に余裕をもってチャージするよう注意が必要です。

ちなみに、1回あたりのチャージ上限は以下のようになっています。

<チャージ上限>

  • 各種カードからのチャージ:2,000円から100万円
  • 銀行振込によるチャージ:最大100万円(最小額に制限なし)

 

Revolut(レボリュート)のアカウント全体のチャージ上限は100万円となっています。それを超えないようにこちらも注意しましょう。

MEMO

IDARE(イデア)」は海外事務手数料無料かつクレジットカードからのチャージ手数料無料となっています。海外利用でクレジットカードからチャージしたい方はこちらも併用するのがオススメです。

 

各種カードからのチャージはVISAとMastercardからのみ可能

Revolut(レボリュート)への各種カードからのチャージは「VISA」と「Mastercard」からのみ可能となっています。

2022年12月29日からMastercardからのチャージは一時停止されており、しばらく「VISA」からしかチャージできない状況がつずいていましたが、2023年6月8日から「Mastercard」からのチャージも再開されました。

Revolut(レボリュート)はMastercardからのチャージが再開

 

一方で「JCB」および「AMEX」からはチャージできないため注意が必要です。

 

利用するATMによって手数料が別途発生する

Revolut(レボリュート)は海外ATMでの引き出しに関して無料枠が設定されています。

ただし、無料になるのはRevolut(レボリュート)側のATM手数料で、現地の海外ATM側で手数料が別に設定されている場合があります。

この場合は手数料が徴収されますので注意が必要です。

例えば、ハワイのコンビニ(ABCマート)やホテルでよく見かけるこちら「パシフィック銀行」のATMで試してみたところ、アクセス料として別途「5.95ドル」が必要でした。

Revolut(レボリュート)で利用可能な国際ATM

 

現地の海外ATM側の手数料は画面操作の途中で表示されるはずです。利用する際は確認するようにしましょう。

 

ApplePayに非対応

Revolut(レボリュート)はApplePayに非対応となっています。一方でGooglePayには対応しています。

Revolut(レボリュート)はGooglePayに対応

 

Revolut(レボリュート)はリアルカードでVisaタッチに対応しているため現実的な不自由はありませんが、リアルカードを忘れてしまう場合もあります。

より利便性を高める上でもApplePayにも対応して欲しいところです。

 

チャージ残高はペイオフの対象外

Revolut(レボリュート)のサービスには銀行口座が利用されています。しかしながら、銀行口座そのものとしての契約ではないため、ペイオフの対象外となっています。

一方で、Revolut(レボリュート)では資金決済法に基づき顧客の資金保護をしているため安心です。

 

ATMから引き出しできるのは銀行振込とデビットカードからチャージした分のみ

ATMから引き出しできるのは銀行振込とデビットカードからチャージした分のみとなります。

クレジットカードおよびプリペイドカードからチャージした分に関してはショッピング枠の現金化にもつながるためATMからは引き出しすることはできません。

これはRevolut(レボリュート)のデメリットというよりは注意点といった方が正しいですね。

ATMからの引き出しは海外旅行で計画される方が多いと思いますが、いざ現地に行ってみたらできなかったという事態に陥らないように注意しましょう。

ちなみに、日本国内ではイオン銀行ATMから手数料無料で引き出すことができます。1,000円から1,000円単位なので、端数が残った場合はAmaoznギフト券の購入で消費すると便利です。

この際、端末操作で「International Cards」を選択しないとうまくいかない場合がありますのでご注意ください(この場合、英語など外国語での操作になります)。

 

クレジットカードのような保険は適用されない

クレジットカードの場合、航空券の購入時に決済することで「海外旅行傷害保険」が適用されるものがあります。

また、海外での購入した商品に「盗難保険」が適用されるものもあります。

ものにもよりますが、保険関係が充実しているのがクレジットカードのメリットです。

一方でRevolut(レボリュート)にはこれら保険が用意されていません。デビットカードなのでしょうがないといえばそれまでですが、注意点として覚えておきましょう。

私の場合、航空券の購入やホテルの支払い、ブランド品の購入には保険が充実していて信用度の高い「アメックスカード」を利用しています。

アメックスプラチナマリオットアメックスなどです。

一方で、タクシーやコンビニ、売店、テーマパークや美術館のチケットなどの少額決済には積極的にRevolut(レボリュート)を利用しています。

アメックスカードを利用する場合に比べて2%ほどの海外事務手数料を節約することができます。

高額決済にはアメックスカード、少額決済にはRevolut(レボリュート)というように、うまく使い分けるのが賢い使い方と思います。

MEMO

旅行好きの方に絶大な人気を誇ってるのがマリオットアメックスです。まだご存知ない方はこちらの記事をぜひ併せてご参照ください。マリオットアメックスの特典からメリット、デメリットまで詳しく解説しています。

 

まとめ

当記事では、Revolut(レボリュート)とは?という基本からメリットとデメリットの両面で解説していきました。

Revolut(レボリュート)のメリットをまとめると以下のようになります。

海外両替やデビットカード決済で為替レートが有利で手数料が基本的には無料なため、海外旅行でのメリットが特に大きくなっています。

また、アプリの使い勝手が良くセキュリティ面にも配慮されていることが確認できました。

<Revolut(レボリュート)のメリット>

  • 世界29の通貨に銀行間レートで手数料なく両替可能
  • デビットカード決済は海外事務手数料がなく為替レートが有利
  • 海外ATMで現地通貨を引出可能
  • リアルカードを手数料無料で発行できる
  • 1度の利用で使い捨て可能なワンタイムバーチャルカードを発行可能
  • アプリで利用状況をリアルタイムに把握可能で柔軟に停止や再開が可能

 

Revolut(レボリュート)のデメリットをまとめると以下のようになります。

土日の利用やクレジットカードからのチャージ、ATM手数料には注意が必要です。一方でそれぞれ回避策もあるため大きなデメリットではないことが確認できました。

<Revolut(レボリュート)のデメリット>

  • 土日は1%から2%の両替手数料が発生する
  • クレジットカードからのチャージは1.7%の手数料が発生する
  • 各種カードからのチャージはVISAからのみ可能
  • 利用するATMによって手数料が別途発生する
  • チャージ残高はペイオフの対象外
  • ApplePayに非対応
  • ATMから引き出しできるのは銀行振込とデビットカードからチャージした分のみ
  • クレジットカードのような保険は適用されない

 

クレジットカードからのチャージで手数料が発生するようになってしまったのは残念ですが、海外旅行で大活躍すること間違いなしです。

海外旅行のお供として確保しておきたい1枚です。

メリットを活かしつつデメリットを回避してうまく活用するようにしたいですね。

「Revolut」の入会はこちら!

 

それでは、また!