【2022年12月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

ハワイの夕日 穴場スポット:マジックアイランド&アラモアナビーチをレポート!

f:id:pipinobu:20170218164243j:plain

ハワイの夕日 穴場スポット:マジックアイランド&アラモアナビーチをレポート!

今回はハワイのおすすめ夕日鑑賞スポット、写真スポットとして有名な、マジックアイランド&アラモアナビーチをご紹介します。マジックアイランド、およびアラモアナビーチは、ハワイ最大のショッピングセンターである「アラモアナショッピングセンター」のすぐ近くに位置しています。便利な場所にあるのですが、意外と行ったことがないかたも多いのではないでしょうか?そこで今回は、そんな夕日の穴場スポットであるマジックアイランド&アラモアナビーチでの、夕日鑑賞の様子をレポートしたいと思います。ワイキキからみるのとは、また一味違った夕日の眺めることができました。

ハワイの夕日 穴場スポット:マジックアイランドとは

マジックアイランドの場所

マジックアイランドは、アラモアナ地区にあるビーチ沿いの半島です。ハワイ最大のショッピングセンターとして有名なアラモアナショッピングセンターの南側に位置しています。

マジックアイランドは海岸線から飛び出しており、西側には何も遮るものがないため、ハワイの夕日スポットとして有名です。

今回我々が夕日を鑑賞したのは、マジックアイランドの西側の、以下の地図で「ヨーガ・フローツ」と書かれた場所あたりになります。

 

スポンサーリンク

マジックアイランドへの行き方

マジックアイランドへの行き方は簡単です。

日本人であれば、ハワイ滞在中に必ず一度は足を運ぶであろう、アラモアナショッピングセンターから、道を挟んで一本の位置にしていますので、アラモアナショッピングセンターから徒歩で訪れることができます。

ただし、アラモアナショッピングセンターからマジックアイランド上の夕日が見えるスポットまで行くには、徒歩10分ぐらいかかりますので、夕日の始まる時間から、若干の余裕を見て移動を開始する必要があります。

海岸線に着いたら、夕日が終わってしまっていた・・、なんてことがないよう、あらかじめスケジューリングしておきましょう。

私は、自作のスケジュール表に、日の入りの時間を記入して、夕日を見逃さないように、いつも工夫しています(笑)。

ハワイの夕日時刻(日没時間)の調べ方

ハワイで夕日を楽しむためには、その日の日没時間を正確に把握しておくことが重要です。日没30分ぐらい前から、夕日が見える場所でスタンバイしていれば間違いありません。

今は、インターネットでハワイの日没時間は簡単に調べることができます。

たとえば、こちらの「Weather Underground」のサイトで調べてみると、この記事を書いている2017年2月18日の日の出は7:00am、日の入りは6:30pmであることがわかります。

f:id:pipinobu:20170218163832p:plain

Honolulu, HI (96801) Forecast | Weather Underground

 

ハワイの夕日をマジックアイランドで鑑賞レポート

ここからは、マジックアイランドでの夕日鑑賞レポートをお送りしたいと思います。この日は、2016年12月31日ですので、2016年最後の夕日ということになります。

今回のハワイ旅行では、アラモアナショッピングセンターに直結している「アラモアナホテル」に宿泊していたので、アラモアナホテルからマジックアイランドへの散策をスタートしました。

 

マジックアイランドの行き方

アラモアナショッピングセンターから向かう場合は、アラモアナショッピングセンターの南側の出口から外にでるといいと思います。ワイキキトロリーなど、トロリーバスのバス停が集中している方の出口です。

ワイキキからアラモアナセンターへの往路および復路でよくお世話になる、ピンクラインのバス停もありますので、おなじみの方も多いのではないでしょうか。

 

アラモアナショッピングセンターの南側の道路は、「Ala Moana Blvd」という名前ですが、こちらの道を渡ると、マジックアイランドはすぐです。

f:id:pipinobu:20170218164222j:plain

 

スポンサーリンク

アラモアナビーチパークの様子

「Ala Moana Blvd」を渡ると、こんな感じで公園が広がっています。このあたりは、アラモアナビーチパークと呼ばれている場所です。

マジックアイランドは、アラモアナビーチパークの南側の突端にあります。基本的には、太陽が見える方に進んでいけばOKです。そこに、夕日があるわけですから。

f:id:pipinobu:20170218164227j:plain

 

左手方向には、ハワイプリンスホテル前の、ヨットハーバーも見えます。こちらの景色もなかなか綺麗ですね。

f:id:pipinobu:20170218164233j:plain

 

マジックアイランド&アラモアナビーチの様子

しばらく進んで行くと、ビーチ沿いのエリアに出ました。こちらは、マジックアイランドの西側、アラモアナビーチの一番南側の端っこあたりにあります。

太陽がちょうど正面に見えますので、この日はこの辺りがベストスポットのようです。

f:id:pipinobu:20170218164238j:plain

 

ビーチ沿いは、夕日を待つ人で賑わっています。ただ、ワイキキビーチのように人は多くはありませんし、ローカルの方が多い印象です。

みなさん、思い思いのスタイルで、リラックスして夕日を待っているような感じを受けます。

f:id:pipinobu:20170218164252j:plain

 

マジックアイランド&アラモアナビーチでの夕日鑑賞の様子

我々もリラックスした気分で、ビーチでゴロゴロしながら夕日を鑑賞しました。夕日がまさに真正面。ベストポジションですね。

あと、くれぐれも、サングラスは忘れないように。この日はあまり雲もなかったので、サングラスがないと、とても直視できません。

f:id:pipinobu:20170218164243j:plain

 

だんだんと、夕日の色が濃くなってきましたね。クライマックスです。

f:id:pipinobu:20170218164304j:plain

f:id:pipinobu:20170218164308j:plain

 

夕日が沈む瞬間の、一番綺麗なタイミング。最後はちょっと雲がかかってきてしまいましたが、それでも、ほぼ100点の素晴らしい夕日でした。パチパチ(拍手)。

f:id:pipinobu:20170218164312j:plain

 

夕日が沈んだあとは、周りからも拍手もあがっていました。綺麗な夕日をみると、不思議なことに、誰かにお礼を言いたい気分になります。

2016年最後のとっても綺麗な夕日を、ハワイで鑑賞することが大満足。感動しました。

f:id:pipinobu:20170218164318j:plain

 

スポンサーリンク

ハワイの夕日 穴場スポット:マジックアイランド&アラモアナビーチで夕日を楽しむ場合の注意点

マジックアイランドおよびアラモアナビーチは、ワイキキビーチに比べてローカル色が強く、観光客の割合が少なくなっています。

ワイキキビーチの喧騒から離れて、ゆったりと夕日を鑑賞できるのはメリットですが、暗くなると、急速に人出が少なくなるというデメリットもあります。

夕日を鑑賞し終わったら、暗くなる前にアラモアナショッピングセンターに戻ることを心がけましょう。比較的安全と言われるハワイでも、用心することに越したことはありません。

 

ハワイ旅行はANAマイルとマリオットポイントで格安に実現可能!

私は2017年から年1回のペースでハワイ旅行に出掛けています。

それも、ANAのビジネスクラスやファーストクラスを利用して、ロイヤルハワイアンモアナサーフライダーといった高級ホテルを渡り歩くという豪華なプランです。

ロイヤルハワイアンの外観

 

これを実現するための秘密はANAマイルとマリオットポイントです。

陸マイラー活動を通して貯めたANAマイルと、マリオットアメックスを活用して貯めたマリオットポイントをで、ほぼ無料(=燃油代の出費のみ)で実現することができています。

2022年のハワイ旅行の費用はこちらの記事でまとめています。

 

陸マイラーのANAマイルの貯め方、およびマリオットアメックスの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ

今回は、夕日の穴場スポットであるマジックアイランド&アラモアナビーチでの、夕日鑑賞の様子をレポートしました。

ワイキキビーチよりも人も少なく、ビーチも視界がひらけているので、リラックスした状態で、何も遮るものがない大迫力の夕日を楽しむことができました。

アラモアナショッピングセンターからも徒歩で向かうことができますので、ハワイ滞在中に一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

<==前の記事

オノシーフードの行き方!バスを使ってポケ丼を堪能しよう!

==>次の記事

ライアンズグリルのハッピーアワーをレポート!気になるメニューは?

<ハワイ旅行記2017:全体の目次、記事一覧>

ハワイ旅行記2017:全体の目次、記事一覧

 

それでは、また!