陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!

スポンサーリンク

シンガポール・チャンギ国際空港の手荷物預かり所の体験レポート!

f:id:pipinobu:20170323225635j:plain

 

シンガポール・チャンギ国際空港の手荷物預かり所の体験レポート!

今回のシンガポール旅行は滞在時間約18時間の無宿泊旅行です。シンガポールのチャンギ国際空港に到着後は、そのまま街に観光に出かける計画になっています。その際問題になるのが「手荷物をどうするか」です。弾丸旅行とは言え、機内で時間を潰す為の本や雑誌、ちょっとした着替え、南国であるシンガポールでは必要のない厚手のジャケットやコートなどなど、意外とかさばります。それらをもったまま観光に出かけるのはちょっと辛いですよね。そんな方のために、シンガポール・チャンギ国際空港には、ロッカーはありませんが、手荷物預かり所が複数用意されています。料金も良心的なので、これを利用しない手はないですよ。身軽になって観光に出かけましょう!

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

ANA SFC修行5回目:フライトスケジュールとPP単価

SFC修行(5回目):フライトスケジュール

ANA SFC修行5回目となる今回は、エアチャイナのビジネスクラスの、シンガポール路線を利用しました。往路および復路のフライトスケジュールは以下になります。シンガポールでの滞在時間は、約18時間となっています。

 

<往路>

  • CA168:羽田(金曜19:30)=>北京(金曜22:30)
  • CA975:北京(土曜00:10)=>シンガポール(土曜6:30)

 

<復路>

  • CA970:シンガポール(日曜00:15)=>北京(日曜06:20)
  • CA181:北京(日曜08:35)=>羽田(日曜12:50)

 

SFC修行(5回目):運賃と獲得できるプレミアムポイント(PP)、PP単価

この回の運賃と獲得できるプレミアムポイント(PP)、PP単価は以下になります。

  • 運賃:85,860円
  • 獲得PP:11,858pp
  • PP単価:7.24円

 

PP単価は、驚異の7.24円です。早朝に到着して、夜に帰国するプランなので、宿泊代が必要ないところがいいですね。純粋に、上記のPP単価を実現することができます。

 

今回利用したエアチャイナのビジネスクラスの詳細については、こちらの記事でもまとめております。合わせてご参照ください。

 

シンガポール・チャンギ国際空港の手荷物預かり所の場所は?

シンガポールのチャンギ国際空港には、ロッカーがありません。多分、セキュリティ的な理由だと思います。その代わり、チャンギ国際空港には、手荷物預かり所が複数箇所用意されています。

 

各ターミナルごとの場所は以下になっています。私が利用したエアチャイナはターミナル1の発着だったので、ターミナル1のパブリックエリアにある手荷物預かり所を実際に利用してみました。

 

<Terminal 1>

  • Level 3, Public Area <=私が利用したのはこちら
  • Departure Transit Lounge, Level 2, Transit Area

 

<Terminal 2>

  • Arrival Hall North, Level 1, Public Area
  • Departure Transit Lounge, Level 2, Transit Area

 

<Terminal 3>

  • Level 1, Public Area
  • Departure Transit Lounge, Transit Area

 

シンガポール・チャンギ国際空港の公式HPはこちらになります。

Airport Attractions - Singapore Changi Airport

 

シンガポール・チャンギ国際空港の手荷物預かり所の料金は?

シンガポール・チャンギ国際空港の公式HPには、料金は以下のように記載されています。

f:id:pipinobu:20170323224359p:plain

 

サイズおよび大きさによって異なりますが、小さなものは4シンガポールドルから、大きなもので12シンガポールドルとなっています。その後は、24時間ごとに料金が加算されるシステムです。

 

シンガポールドルは、1ドル=約80円なので、円換算すると、約320円から960円ということになります。意外と良心的な料金だと思いませんか?

 

この値段で思い荷物から解放されるのであれば、お金を払う価値ありだと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

シンガポール・チャンギ国際空港の手荷物預かり所の利用レポート

それではここからは、私が実際に、シンガポール・チャンギ国際空港で手荷物預かり所を利用してみたレポートをお送りしたいと思います。

 

繰り返しになりますが、私が利用したエアチャイナはターミナル1の発着だったので、ターミナル1のパブリックエリアにある手荷物預かり所を実際に利用してみました。

 

場所は、「Level 3, Public Area」です。地図は以下になります。エスカレーターで3階まで上がり、左手に進んだところにあります。

f:id:pipinobu:20170323225438p:plain

 

こちらの写真はターミナル1の1階の様子です。案内板に青い文字で「Left Baggage」と書かれていますが、これが「手荷物預かり所」を意味しています。ですので、その案内にしたがい、上の階(3階)に移動します。

f:id:pipinobu:20170323225635j:plain

 

こちらの写真は3階に上がったところです。案内板には同じく青い文字で「Left Baggage」と書かれていますね。ですので、この案内に従って、左手の方に移動しましょう。

f:id:pipinobu:20170323225639j:plain

 

すると、目指す「手荷物預かり所」に到着します。お店の前には「Baggage Storage」という看板がありますね。こちらで大丈夫そうです。

f:id:pipinobu:20170323225642j:plain

 

お店の前には、料金表が貼られていますね。再度確認しましょう。

f:id:pipinobu:20170323225647j:plain

 

私の場合、日本から着ていた厚手のジャケットと、着替えや本などを入れた布袋(50センチ四方ぐらい)を預けましたが、24時間以内の預け時間ということで、4シンガポールドルでした。この料金表でいうところの、一番上のカテゴリーである「Loose Items」というのが適用された形ですね。

 

実際の利用ステップは以下のようでした。

 

<利用ステップ(預ける時)>

  • 受付に進む(お店の前に並んでいる場合あり)
  • 受付で荷物を預けたい旨を申告(指差しなどでOK)
  • パスポートの提示(お店側でコピーも取られます)
  • 荷物の計量(Loose Itemsの場合は目視のみ)と引き渡し
  • ピックアップ時刻の申請
  • 料金の支払い(前払いで、時間超過した時は追加分を後払い。現金およびクレジットカードの利用もOK)
  • 伝票と受け取り

 

<利用ステップ(受け取る時)>

  • 受付に進む(お店の前に並んでいる場合あり)
  • 伝票とパスポートの提示
  • (前払い分の料金を超過した場合は、追加分の支払い)
  • 荷物の受け取り

 

所要時間は混雑具合に大きく依存しますが、空いてれば、預けるのも受け取るのも、5分程度で終了します。

 

まとめ

今回は、シンガポールのチャンギ国際空港での手荷物預かり所をご紹介させていただきました。最初は、ロッカーがなくて不便だなあ、と思っていたのですが、人を介して預かっていただけると安心感があるので、これはこれで良いサービスだと思いました。料金も良心的ですしね。シンガポールはとにかく暑いので、空港で夏の装いに着替えてしまうのがオススメです。邪魔な荷物はさっさと預けて、身軽になってシンガポール観光に出かけましょう。

 

それでは、また!

 

<===前の記事

エアチャイナ・ビジネスクラス搭乗記:羽田-北京-シンガポール<ANA SFC修行記5-1>

 

==>次の記事

シンガポール弾丸旅行記:おすすめ観光スポットとコースは?

 

 <SFC修行全体の目次、記事一覧>

SFC修行2017:全体の目次、記事一覧はこちら!

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事