陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!


< 旅好き&陸マイラー注目記事! >

SPGアメックスとANAマイルで格安で豪華なハワイ旅行を実現!

アメックスゴールドが年会費無料&30,000ボーナスポイント!

ポイントサイトの入会はここからがお得!入会特典ランキング!

スポンサーリンク

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ:クラブルーム(オーシャンビュー、12階)宿泊記!<SPG>

f:id:pipinobu:20170427220619j:plain

 

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ:クラブルーム(オーシャンビュー、12階)宿泊記!<SPG>

今回は、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル(シェラトングランデ東京ベイ、シェラトン舞浜)のクラブルーム宿泊記をお送りします。シェラトン・グランデ・トーキョーベイでは、11階および12階がクラブレベルフロアとなっており、クラブルームとクラブラウンジが配置されています。同じクラブフロアでも、11階と12階では仕様が若干異なっており、12階は改装されたばかりの新しい仕様、11階は改装前のちょっと古い仕様になっています。今回は、12階の海側、オーシャンビューのお部屋に宿泊しましたので、その様子をレポートします。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

シェラトン・グランデ・トーキョーベイとは

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ(シェラトングランデ東京ベイ、シェラトン舞浜)は、千葉県浦安市舞浜に位置するSPGグループのホテルです。その名前のとおり、ホテルブランドとしてはシェラトンになります。地下1階、地上12階建てで、客室数802室を誇る大型ホテルです。

 

こちらのシェラトン・グランデ・トーキョーベイは、東京ディズニーリゾートが隣接しており、東京ディズニーリゾートへのアクセスは抜群です。また、東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルにもなっていますので、オフィシャルホテルならではの特典を受けることもできます。

東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル特典|シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
 

シェラトン・グランデ・トーキョーベイの周辺地図はこちらになります。

 

シェラトン・グランデ・トーキョーベイで予約したお部屋

SPGでは、今年3月の下旬にアジア太平洋セールを実施しておりまして、そのタイミングで今回宿泊した、シェラトン・グランデ・トーキョーベイのお部屋の予約を行いました。

 

日曜日から1泊での宿泊、禁煙の「スタンダードルーム」が1室2名利用で、税込11,400円でした。

 

<予約したお部屋>

  • 日曜日から1泊での宿泊
  • 禁煙の「スタンダードルーム」
  • 1室2名利用で税込11,400円

 

その後、チェックイン時にSPGのスターポイントを1500ポイント利用し、クラブルームにアップグレードしていただきました。その時の経緯はこちらの記事ご参照ください。

 

 

シェラトン・グランデ・トーキョーベイのクラブルームとは

シェラトン・グランデ・トーキョーベイでは、11階および12階がクラブレベルフロアとなっており、クラブルームとクラブラウンジが配置されています。

 

同じクラブフロアでも、11階と12階では仕様が若干異なっており、12階は改装されたばかりの新しい仕様、11階は改装前のちょっと古い仕様になっています。

 

こうやって書いてしまうと「改装したてなら12階の方がいいのでは」と思ってしまいますが、そういうわけでもありません。

 

11階と12階ではバスルームの仕様が若干ことなっており、好みによって、11階のお部屋と12階のお部屋を選択することができます。ちなみに、11階と12階で料金は同じになっています。

 

<バスルームの仕様>

  • 11階のお部屋:お風呂とトイレで分割しており、お風呂に洗い場がある
  • 12階のお部屋:お風呂とトイレがバスルーム内の同じエリアにある(ユニットバス)

 

従いまして、「お風呂には洗い場が必要!」という方は11階が、「トイレとお風呂は一緒でもいいから改装したての方がいい」という方は12階がそれぞれオススメとなります。

 

ちなみに、クラブラウンジは最上階である12階にありますので、クラブラウンジへ行くには12階の方が便利と言えます。

 

今回、我々が宿泊したのは、改装後である12階のオーシャンビューのお部屋になります。

 

スポンサードリンク

 

 

クラブルーム(海側、オーシャンビュー、12階)宿泊記

それではここからは、シェラトン・グランデ・トーキョーベイの12階のクラブルーム(オーシャンビュー)のお部屋の宿泊記をお送りします。

 

クラブレベルフロアの雰囲気

今回宿泊したお部屋は12階ですので、まずはエレベーターで12階に移動します。

f:id:pipinobu:20170427220614j:plain

 

12階はお部屋だけでなく、フロア全体が改装されていますので、エレベーターホールもとても綺麗です。フロア全体のイメージは豪華客船です。

f:id:pipinobu:20170427220613j:plain

 

クラブルームの雰囲気

それでは、お部屋の中に入ってみましょう。今回のお部屋はオーシャンビューなので、部屋の扉を開けると、ぱあっと、明るい光が飛び込んできます。開放感抜群です。

f:id:pipinobu:20170427220617j:plain

f:id:pipinobu:20170427220624j:plain

 

お部屋の内装も、豪華客船をイメージしています。全体的には落ち着いた色調になっています。また、帆船のオブジェがかざってあったり、雰囲気が統一されています。

f:id:pipinobu:20170427220622j:plain

 

部屋の中には、テーブルと1人がけのチェアが2脚おいてあります。ルームサービスなんかを頼んだときは、便利そうですね。

f:id:pipinobu:20170427220630j:plain

 

クラブルームのオーシャンビュー(海側)の景色

窓からは、海を一望することができます。正にオーシャンビュー。何も遮るものはありません。

f:id:pipinobu:20170427220627j:plain

 

バルコニーもついているので、外にでることもできます。外にでると、さらに開放感が高まります。海風がさわやかでとっても気持ちよく、なんとなくリゾート気分です。

f:id:pipinobu:20170427220635j:plain

 

クラブルームのベット

ベットは、セミダブルサイズが2台。余裕がありますね。こちらのベットは、シェラトンご自慢の「シェラトン シグネチャー スリープエクスペリエンス」という、シーリー社製の、シェラトンブランド特注のものです。

f:id:pipinobu:20170427220619j:plain

 

<シェラトン シグネチャー スリープエクスペリエンス>

ご滞在のゲストのみなさまに快適な眠りをご体験いただけるこのベッドは、アメリカシェアNo,1のシーリー社が開発した、約30cmの幾層にもなる特製マットレス。
体型や体重を問わず、背骨を正しくサポートし、揺りかごのような包み込む快適さが特徴です。
ふんわりとしたデュヴェ(羽毛布団)とフェザーダウンの枕、パリッとしたコットンシーツの敷かれたベッドは、お客様を極上の眠りへとご案内いたします。

 

雲の上に寝ているような、ふわふわと体が浮くような不思議な感覚。おおげさではなく、素晴らしい寝心地でした。

 

クラブルームのドリンクコーナー

無料のドリンクとして、お水(いろはす)が3本用意されていました。また、コーヒーや紅茶、緑茶などのティーセットも用意されていました。ネスプレッソなど、コーヒーメーカーが用意されていなかったのは、ちょっと残念ですね。クラブラウンジで飲んでくださいということかな。

f:id:pipinobu:20170427220642j:plain

f:id:pipinobu:20170427220646j:plain

f:id:pipinobu:20170427220714j:plain

 

ちなみに、冷蔵庫の中身は空でした。空きスペースはいっぱい。好きなものを入れることができます。

f:id:pipinobu:20170427220648j:plain

 

クラブルームのバスルーム

バスルームは、事前の説明のとおり、お風呂とトイレが一体型のユニットバスです。今時のレイアウトですね。トイレはもちろん、ウォシュレット付きです。

f:id:pipinobu:20170427220651j:plain

 

バスは余裕のある広々タイプです。

f:id:pipinobu:20170427220657j:plain

 

シャワーは可動式でした。

f:id:pipinobu:20170427224042j:plain

 

シャンプーとコンディショナー、ボディソープは固定式のものでした。高級ホテルでは珍しいタイプですね。便利といえば便利です。

f:id:pipinobu:20170427220659j:plain

 

シャンプーとコンディショナー、ボディソープが固定式なので、アメニティーは、ちょっと少なく感じてしまいます。

 

歯ブラシやヘアブラシ、カミソリや乳液、などなど。必要なものは過不足なく、といった感じですね。

f:id:pipinobu:20170427220655j:plain

f:id:pipinobu:20170427220653j:plain

 

クラブルームのクローゼット

クローゼットはなかなか大きめです。ゆったりした作りになっています。

f:id:pipinobu:20170427220701j:plain

 

クローゼットの中には金庫がありました。もちろん、無料で利用することができます。

f:id:pipinobu:20170427220704j:plain

 

クローゼットの中には、室内用のスリッパもありました。ちゃんと、2名分があります。

f:id:pipinobu:20170427220707j:plain

 

チェストの中には、浴衣が用意されていました。シティーホテルの場合、ワンピース型のパジャマが定番ですので、浴衣というのは意外と珍しいですね。

f:id:pipinobu:20170427220709j:plain

 

クラブルームのウェルカムギフト

最後に、部屋の写真をパシパシと取っていると、ウェルカムギフトが届きました。正確には、「クラブキット」とホテルの方はおっしゃっていました。一応、SPGのゴールド会員特典だそうです。

 

まずこちらは、テーブルの上にセッティングされたお花とウェルカムメッセージです(お花は写真撮り忘れました・・)。ちょっとした気遣いですが、嬉しいですね。

f:id:pipinobu:20170427220712j:plain

 

次に、こちらは、バスローブと謎の小袋です。小袋の中には、シャワージェルが入っていました。バスルームの中に固定式のボディソープがあるのに、なぜわざわざシャワージェルを届けていただけたのかは、今でも謎です(笑)。

f:id:pipinobu:20170427220640j:plain

 

まとめ

今回は、シェラトン・グランデ・トーキョーベイのクラブルーム宿泊レポートをお送りしました。今回宿泊したのは、12階のオーシャンビューのお部屋でしたが、12階は改装されたばかりということで、どこをみても新しく、清潔で気持ちの良いお部屋でした。また、最上階である12階からのオーシャンビューも絶景で、とても素晴らしい宿泊となりました。パークビューのお部屋と、どちらにしようか迷いましたが、オーシャンビューにして良かったと思います。

 

次回は、クラブラウンジの様子をご紹介したいと思います。

 

==>次の記事

シェラトングランデトーキョーベイ:クラブラウンジでのカクテルタイムと花火鑑賞をレポート!

 

<==前の記事

シェラトングランデトーキョーベイ宿泊記:SPGのポイントでクラブルームにアップグレード!

 

<ホテル宿泊記:全体の目次>

ホテル宿泊記:全体の目次、記事一覧はこちら

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

SPGアメックスの特典によりSPGのゴールド会員に

私はSPGアメックスをメインカードに利用しておりまして、その特典として、SPGのゴールド会員となっております。

 

SPGのゴールド会員特典としては、以下が挙げられます。

 

<SPGのゴールド会員特典>

  • 宿泊料金1ドルあたり、3スターポイントを獲得(通常レベルの会員の場合は1ドルあたり、2スターポイント)
  • チェックアウト時間の延長(16:00まで)
  • チェックイン時の空室状況により、部屋のアップグレード
  • チェックイン時に特典の選択(ウェルカムギフト、ボーナススターポイント、無料インターネット、ドリンクサービス(1杯)のいずれかひとつを選択)

 

今回のシェラトングランデトーキョーベイの宿泊でも、上記全てのゴールド会員特典を受けることができました。シェラトンのような高級ホテルで、上級会員として手厚い待遇を受けられるのはとても素晴らしいことです。

 

SPGアメックスは、ますます手放せなくなりそうです。

 

SPGアメックスでは、現在、入会紹介キャンペーンを実施しています。私からの紹介でのご入会で17,000ポイントを獲得できます。SPGアメックスの公式HPからご入会するより、7,000ポイント分もお得です。SPGアメックスをお持ちでない方は、ぜひこちらの記事もご参照ください。

 

また、旅行好きの方はこちらの記事も注目です。陸マイラーとしてSPGアメックスとANAマイルを利用することで、低コストで豪華なハワイ旅行を実践しています。夫婦2人でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円(税金・サーチャージ等)だけの現金持ち出しだけで実現しています。しかも、部屋の超絶アップグレードも受けられたというおまけ付きです。ぜひ合わせてご参照ください。

 

関連記事