【10月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

シェラトングランデ東京ベイ 宿泊記「和室スイート」をブログレポート!専用浴場付きで最大6人まで宿泊可能!

シェラトングランデ東京ベイの外観

シェラトングランデ東京ベイ(シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル、シェラトン舞浜)の「和室スイート」は、ホテルにいながら高級旅館の離れのような居心地を体験できる「ジャパニーズスイートルーム」です。専用大浴場を利用できるなど特典が多彩で最大6人まで宿泊することができます。今回運良くアップグレードで宿泊することができましたので、その様子を宿泊記としてブログレポートしていきたいと思います。

更新履歴(2021年5月4日):YouTubeにアップした動画リンクを追記しました。

目次

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイート」とは

和室スイートはホテルにいながら高級旅館の離れのような居心地を体験

シェラトングランデ東京ベイ(シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル、シェラトン舞浜)は、世界最大のホテルチェーンであるマリオット系列のホテルです。

その「和室スイート」は、ホテルの本館3階に位置しています。

ホテルにいながらまるで高級旅館の離れのような居心地を体験できる「ジャパニーズスイートルーム」で、最大で6人まで宿泊することができます。

客室内は、洋風のベッドルームとリビングルームに加えて、畳の座敷や日本式の檜風呂を備える和洋折衷の空間となっており、世代を問わず楽しむことができます。

 

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイート」宿泊特典

和室スイートは宿泊者限定の専用浴場(貸切風呂)を利用可能

こちらの「和室スイート」には、宿泊者限定の専用浴場である「ゆう裕」が用意されています。「和室スイート」の宿泊者は予約の上「無料」で利用することができます。

「ゆう裕」は貸切になっていますので、家族だけで水入らずでくつろいで利用できるのが特徴です。コロナ禍では特にありがたいサービスですね。

和室スイートはホテル内に9室あり、「ゆう裕」は2つの貸切浴場を備えています。予約可能なタイムスロットは2箇所全部で10ありますので、無理なく利用することができるようになっています。

<「ゆう裕」の利用時間>

  • 18:00 – 23:00まで(最終利用22:00時開始)
    • 18時、19時、20時、21時、22時の5スロット(x2箇所)
    • 1回45分(残りの15分は清掃)
    • 予約制(先着順)

 

和室スイートはクラブラウンジ利用や朝食サービスなど豊富な特典もあり

また、和室スイートの宿泊者には「クラブラウンジ(シェラトンクラブ)」へのアクセス権が付与されますので、朝食やオールデイスナック、イブニングカクテルなどのサービスを受けることができます。

加えて、フィットネスや大浴場、室内プールなどを備えたアスレチック施設である「オアシス」も無料で利用することができます(別途、有料のアクティビティーはあり)。

<「和室スイート」の宿泊特典>

  • 宿泊者限定の専用浴場「ゆう裕」の利用
  • クラブラウンジ(シェラトンクラブ)」へのアクセス
    • 朝食サービス
    • ドリンク・オールデイスナックサービス
    • イブニングカクテルサービス
    • コンシェルジュサービス
  • 「オアシス」へのアクセス
    • シェラトンフィットネス、舞湯、室内プール、トレジャー!アイランド
  • その他
    • 浦安市内への通話無料サービス
    • 無料靴磨きサービス
    • 宅配用段ボール進呈

 

充実の特典が利用可能となっており、まさに至れり尽くせりの滞在を過ごすことができますね。

 

シェラトングランデ東京ベイ 宿泊記「和室スイート」をブログレポート

さて、それではここからは「和室スイート」に実際に宿泊した様子を詳しくご紹介していきたいと思います。まずは「客室」の様子からご紹介していきます。私が利用したのは2021年2月下旬になります。

ホテルの外観

シェラトングランデ東京ベイの外観はこんな感じです。客室数が1,000を超える大型ホテルで、波をうつような流線型が特徴的な、12階建ての建物となっています。

シェラトングランデ東京ベイの外観

 

ロビーとレセプション

シェラトングランデ東京ベイのロビーは1階にあります。大型ホテルというだけあり、ロビーも広く、フロントデスク(レセプション)もずらずらっと並んでいます。

シェラトングランデ東京ベイのロビー

 

シェラトングランデ東京ベイは、マリオット系列ということで、マリオットのホテルプログラムである「マリオットボンヴォイ」会員専用エリアも用意されています。

シェラトングランデ東京ベイのマリオットボンヴォイ専用デスク

 

一般用のフロントデスクでは、立ったままチェックインやチェックアウトを行う必要がありますが、会員専用エリアでは、ドリンクをいただきながら座ってこられらの手続きを行えるため快適ですね。

 

スポンサーリンク

客室(和室スイート)

宿泊エリア

「和室スイート」は、ホテル3階の一番奥のエリアに位置しています。エリアへの入り口には、こんな感じの「のれん」がかけられており、「和」な雰囲気を演出しています。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:宿泊エリア

 

和室スイートはホテル内に9室あり、うち5室がパークビュー、4室がオーシャンビューになっています。私が今回アサインされたのは、「織部」という名前のオーシャンビューの客室になります

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:玄関扉

 

部屋のひとつひとつに名前がつけられているのはスイートルームならではですね。気分が高まります。早速中に入ってみましょう。

 

玄関スペース

客室の扉を開けると玄関スペースがあります。こちらの玄関スペースにはクローゼットが設置されている他、トイレも用意されています。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:玄関スペース

 

トイレはバスルームにもありますので、客室内には2つ用意があるということになります。さすがスイートルームですね。

クローゼットはこんな感じです。最大6人での利用を想定しているということで、余裕のある広さとなっています。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:クローゼット

 

洋室(寝室&リビング)

こちらがメインとなる洋室です。ベッド2台の他、ソファーとローテーブルが配置されており、寝室兼リビングという位置付けになっています。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:洋室(全体像)

 

こちらのホテルのベッドは、「シェラトン シグネチャー スリープエクスペリエンス」という、シーリー社製のシェラトンブランド特注のものです。ふわふわとした寝心地が特徴で、とても気持ち良いです。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:洋室(ベッド)

 

<シェラトン シグネチャー スリープエクスペリエンス>

ご滞在のゲストのみなさまに快適な眠りをご体験いただけるこのベッドは、アメリカシェアNo,1のシーリー社が開発した、約30cmの幾層にもなる特製マットレス。
体型や体重を問わず、背骨を正しくサポートし、揺りかごのような包み込む快適さが特徴です。
ふんわりとしたデュヴェ(羽毛布団)とフェザーダウンの枕、パリッとしたコットンシーツの敷かれたベッドは、お客様を極上の眠りへとご案内いたします。

 

洋室からは和室へダイレクトにアクセスできるようになっています。また、「ふすま」を閉じることで別室として利用することもできます。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:洋室(ソファーセット)

 

ソファーセットの正面には、壁掛けTVが用意されています。サイズは42インチということで十分な大きさですね。また、TVの下のキャビネットには、ミニバーが用意されています。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:洋室(TV)

 

和室(座敷)

和室はこんな感じです。畳ばりの「座敷」になっています。意外と広いスペースになっていますね。机と座椅子が用意されており、パソコンや書き物などの作業はこちらで行うことができるようになっています。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:和室(全体像)

 

また、客室内にはベッドが用意されていますが、それで足りない場合はこちらに布団を敷いていただくことになります。もちろん、2人以下で利用する場合も、リクエストに応じて布団を用意していただくこともできます。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:和室(和机&座椅子)

 

眺望

こちらの客室にはバルコニーが用意されており、外に出られるようになっています。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:眺望(バルコニー)

 

バルコニーからの眺望はこんな感じです。ホテルの3階ということで、部分的なオーシャンビューという感じです。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:眺望(昼間)

 

ただ、晴れた日、とくに午前中には綺麗な「富士山」の眺望を楽しむことができます。反対側のパークビューの場合、この景色は味わえませんので、オーシャンビューならではの特徴と言えますね。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:眺望(富士山)

 

また、客室がちょうど西側に向いているため、夕方には地平線に沈む「夕日」を眺めることができます。こちらもダイナミックな眺望で素晴らしいですね。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:眺望(夕日)

 

加えて、夜になると「東京ゲートブリッジ」の姿も捉えることができます。ライトアップされていて、こちらもなかなか綺麗です(肉眼だともう少し大きく見えます)。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:眺望(夜景)

 

ミニバー

TV下のキャビネットにはミニバーが用意されています。ただ、ミニバーといっても用意されているのは水とコーヒーや紅茶などお茶のみになります。アルコールの用意はないため注意しましょう。

引き出しを開けるとこんな感じです。グラスとカップがそれぞれ6人分用意されています。なかなか壮観な眺めですね。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:ミニバー(全体像)

 

紅茶は「BOH TEA」の用意になります。また、コーヒーはどちらもドリップタイプで、通常のものに加えて、カフェインレスの用意もあるのは嬉しいポイントです。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:ミニバー(コーヒー、紅茶、日本茶)

 

キャビネットの下段には、冷蔵庫と金庫(セーフティーボックス)が用意されています。金庫はちょっと古めで時代を感じますね。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:ミニバー(冷蔵庫&金庫)

 

冷蔵庫の中はこんな感じで「空」になっています。必要なものは自ら持参する必要がありますね。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:ミニバー(冷蔵庫の中身)

 

ただ、各フロアのエレベーター付近には自動販売機が、本館2階にはコンビニエンストア(売店)が用意されていますので、必要なものはそちらで調達することができます。不自由することはありません。

MEMO

コロナ禍で本館2階にはコンビニエンストア(売店)は営業していない場合があります。また、アルコールは本館1階の「ガレリアカフェ」での販売になります。

 

バスルーム

続いては気になるバスルームを確認していきましょう。まず、洗面台は2ボウルでの用意になります。2人で同時に利用できて余裕があります。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:バスルーム(全体像)

 

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープといったバスアメニティのブランドは「le grand bain」になります。シェラトン系列よくお目にかかります。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:バスルーム(アメニティー)

 

そして、これに加えて、洗顔料とメイク落とし、化粧品、乳液のセットが用意されていました。女性には嬉しい気遣いですね。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:バスルーム(メイク落としセット)

 

その他、アメニティーについては引き出しの中に収納されています。ボディースポンジ、歯ブラシ、剃刀、ヘアブラシ、コットン&綿棒、などなどが用意されています。乳液(le grand bain)と洗口剤もありますね。十分な品揃えです。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:バスルーム(その他アメニティー)

 

ドライヤーはこちらの「KOIZUMI」製のものでした。ちょっと小型で風量は心許ない感じです。もうちょっと大きなものが用意されていると良いですね。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:バスルーム(ドライヤー)

 

洗面台の隣にはキャビネットがあり、さらに奥にはトイレがあります。トイレは一般的なウォシュレット式です。サンダルが置いてあるのがちょっと温泉旅館っぽいです。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:バスルーム(キャビネット&トイレ)

 

キャビネットの上には、バスタオルやバスローブなどが用意されています。タオル類はここ意外にも豊富に用意されていました。

そして、キャビネットの中には浴衣が用意されています。男女で1種類ずつの用意ですね。ちなみに、客室内にはパジャマの用意はなく、また、子供用意外は貸し出しもしていないということでした。

パジャマじゃないと寝れないという方は持参するように注意しましょう。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:バスルーム(バスローブ&浴衣)

 

そして、お待ちかねの浴槽はこんな感じになっています。全体的には石造りになっており、表面に「檜」があしらわれています。「和」の趣が温泉旅館のようで落ち着きますね。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:バスルーム(浴槽&洗い場)

 

こちらの浴槽は通常のホテルのバスタブよりもかなり深めになっています。肩まですっぽりと使ってゆったりと温まることができて最高です。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:バスルーム(檜風呂)

 

その他設備

最後に、細々としたその他設備についてご紹介したいと思います。

こちらはベッドのヘッドボードです。ホテルのベッドらしく、照明ボタンが集中していて便利です。

また、スマホの充電などに使えるUSB電源のハブも用意されています。今時の仕様にアップデートされていて便利ですね。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:洋室(ベッドボード)

 

こちらは、TV下の拡張ポートです。HDMIの端子が用意されていますので、「Fire TV Stick」を接続して大画面で動画を視聴することができます。

テレビ自体はアプリ対応していませんので、必要な肩は「Fire TV Stick」を持参すると良いですね。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:洋室(拡張ポート)

 

客室内には、洋室に「加湿空気清浄機」が用意されていた他、和室のほうにも単独で「加湿器」が用意されていました。

特にリクエストしなくても、あらかじめ用意されているのは嬉しいですね。乾燥対策バッチリです。

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイーツ」:和室(加湿器)

 

専用浴場「ゆう裕」

さて、続いては「和室スイート」の専用浴場である「ゆう裕」の様子をご紹介していきたいと思います。

「ゆう裕」は貸切浴場を2つ備えていますが、その名前が「ゆう」と「裕」になっています。2つ合わせて「ゆう裕」というわけですね。

ちなみに「ゆう」の方が大きく6人程度、「裕」の方は小さめで4人程度までという目安になっているそうです。

外観と雰囲気

「ゆう裕」の外観はこんな感じです。温泉旅館の大浴場への入り口のような趣になっています。

手前にレセプションがありますので、そちらで受付をするとともに、タオル類を受け取ります。今回私は2人での利用でしたので、小さい方の「裕」をアサインいただきました。

シェラトングランデ東京ベイ「ゆう裕」:エントランス

 

ちなみに、客室から「ゆう裕」へのアクセスに関しては、客室に用意のあった「浴衣」と「スリッパ」でOKとなっています。

洋服で伺うよりもリラックスした気分で利用できて良いですね。

 

脱衣所&洗面台

入り口から中に入ると小上がりになっており、まずは脱衣所が用意されています。脱衣所には籠が「4つ」用意されており、4人で同時に利用できるようになっています。

シェラトングランデ東京ベイ「ゆう裕」:ホワイエ

 

脱衣所の中には、天井に扇風機なんかも用意されています。雰囲気ありますね。

シェラトングランデ東京ベイ「ゆう裕」:脱衣場

 

また、脱衣所の奥には洗面台も3つ用意されています。洗面台には、あらかじめドライヤーがセットされている他、アメニティー類も完備しています。

シェラトングランデ東京ベイ「ゆう裕」:洗面台

 

こちらは、ハンドソープと化粧水、乳液、クレンジングオイルですね。ブランドは「コーセー」のものとなっています。

シェラトングランデ東京ベイ「ゆう裕」:アメニティー(1)

 

こちらは、その他アメニティー。物としては客室に置いてあったものと同じですね。十分な品揃えです。

シェラトングランデ東京ベイ「ゆう裕」:アメニティー(2)

 

ドライヤーもあります。こちらも客室に用意してあったものと同じになっていますね。

シェラトングランデ東京ベイ「ゆう裕」:ドライヤー

 

浴場の中には、シャンプーとコンディショナー、ボディーソープが用意されています。また、タオル類も豊富に用意されていますので、基本は手ぶらで訪れるで大丈夫となっています。

 

スポンサーリンク

浴場

浴場の中はこんな感じになってます。思ったよりも広いスペースになっており、お湯は「掛け流し」になっています。ちょっとした旅館の大浴場のようです。湯船も4人でもゆったりできそうな広さがあります。

シェラトングランデ東京ベイ「ゆう裕」:浴場

 

洗い場もこんな感じで、同時に4人で利用できるようになっています。もっと小ぢんまりとしたものを想像していたのですが、本格的な作りでビックリしました。

シェラトングランデ東京ベイ「ゆう裕」:洗い場

 

制限時間は45分ということで、最初に聞いた時は長すぎると感じたのですが、実際に利用してみるととても快適で、時間ギリギリになってしまいました。

シェラトングランデ東京ベイには「オアシス」の方に大浴場の「舞湯」もありますが、こちらの「ゆう裕」は貸切ですので、人の目を気にすることなくリラックスすることができます。

人との接触が気になるコロナ禍には、ありがたみが高まりますね。

 

ドリンク・オールデイスナックサービス(クラブラウンジ)

ドリンク・オールデイスナックサービスは、「クラブラウンジ(シェラトンクラブ)」で提供しています。

シェラトングランデ東京ベイ「クラブラウンジ」:外観

 

こちらのクラブラウンジ(シェラトンクラブ)では、コーヒー、紅茶やオレンジジュースといったソフトドリンクと、ちょっとしたお茶菓子を終日でいただくことができます。

シェラトングランデ東京ベイ「クラブラウンジ」:スナック(1)

シェラトングランデ東京ベイ「クラブラウンジ」:スナック(2)

 

クラブラウンジ(シェラトンクラブ)は海側とパーク側の両方が一面窓になっており、素晴らしい眺望を楽しむことができます。ちょっとした休憩や気分転換に最高の場所です。

シェラトングランデ東京ベイ「クラブラウンジ」:ドリンク

 

イブニングカクテルサービス(グランカフェ)

イブニングカクテルサービスは、通常であれば「クラブラウンジ(シェラトンクラブ)」で提供されます。ただし、私が訪れたタイミングでは、「グランカフェ」に振替になっていました。

シェラトングランデ東京ベイ「グランカフェ」:外観

シェラトングランデ東京ベイ「グランカフェ」:全体像

 

「グランカフェ」では夕方以降には「ディナービュッフェ」を提供しており、今回はこちらのディナビュッフェを利用することができました。

ディナービュッフェでは、和洋中を楽しめるインターナショナルビュッフェとなっており、品数が非常に豊富で内容も豪華です。

シェラトングランデ東京ベイ「グランカフェ」:ディナービュッフェ(1)

シェラトングランデ東京ベイ「グランカフェ」:ディナービュッフェ(2)

 

中でも目玉は、目の前で切り分けてくれる「ローストビーフ」です。お肉もやわらかくとても美味しくいただきました。

シェラトングランデ東京ベイ「グランカフェ」:ディナービュッフェ(3)

 

また、デザートも品数豊富で目移りしてしまうほどです。

シェラトングランデ東京ベイ「グランカフェ」:ディナービュッフェ(4)

 

加えて、クラブラウンジから振替の場合は、ビールやワイン、洋酒といったアルコールも飲み放題でいただくことができました。最高ですね。

シェラトングランデ東京ベイ「グランカフェ」:ディナービュッフェ(5)

 

通常、ディナービュッフェは大人1人5,500円(平日)が必要になります。さらに、アルコールの飲み放題をつけると追加で2,700円で、合計では8,200円です。

今回は2人で利用しましたので、これだけで合計16,400円ほどの価値があるということになります。お得すぎ!

MEMO

2021年4月下旬に再訪したタイミングでは、イブニングカクテルについても通常通りクラブラウンジでのサービス提供となっていました。クラブラウンジの詳細はこちらの記事でご紹介しています。合わせてご参照ください。

 

朝食サービス

今回、朝食サービスは、「グランカフェ」を利用することができました。

空いている朝早い時間を狙ったため、窓側の眺望の良い席を確保できました。

シェラトングランデ東京ベイ「グランカフェ」:窓側席

 

グランカフェでは「朝食ビュッフェ」を提供しており、種類豊富なフードの中から、サラダやフルーツ、卵料理、焼き立てパンなどをいただきました。

シェラトングランデ東京ベイ「グランカフェ」:朝食ビュッフェ(1)

シェラトングランデ東京ベイ「グランカフェ」:朝食ビュッフェ(2)

 

通常、朝食ビュッフェは大人1人3,400円が必要になります。今回は2人で利用しましたので、合計で6,800円ほどの価値があったと言えますね。

 

「グランカフェ」での朝食ビュッフェの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

シェラトングランデ東京ベイ「和室スイート」の宿泊費用

セール価格&スタンダードルームからのアップグレードで和室スイートを利用

今回こちらの「シェラトングランデ東京ベイ」には、「マリオットボンヴォイ」の会員限定のセール価格を利用して宿泊しました。2泊利用したのですが、合計で「30,380円(税サ込)」となりました。

もともとは、パークウィングの「スタンダードルーム」の予約だったのですが、プラチナエリート特典で「和室スイート」へアップグレードしていただきました。

 

キャンペーン適用によるポイント獲得とバウチャー購入でさらにお得に

さらに、「シェラトングランデ東京ベイ」では20%割引となるバウチャーを期間限定で販売しおり、1枚10,000円分の利用券を8,000円で購入することができます。

 

今回は3枚購入して利用しましたので、実質的には「24,380円」で利用することができたということになります。

さらにマリオットでは、2021年2月16日から4月27日まで「ポイントとエリートナイト2倍キャンペーン」を実施しており、こちらも適用することができました。

 

結果、今回の滞在で「6,020ポイント」を獲得することができました。

マリオットのポイントはホテルへの無料宿泊で「1ポイント=1円」ほどの価値で利用することができます。

この獲得分のポイントまで加味すると、約18,000円ほどで素晴らしい和室スイートの客室に2泊できたということになります。

<宿泊費用と獲得ポイント>

  • 宿泊費用:30,380円(税サ込)
  • 実際の支払い金額:24,380円(10,000円のバウチャー3枚を24,000円で購入)
  • 獲得ポイント:6,020ポイント

 

朝食サービスやイブニングカクテルサービスの価値を考えると、宿泊費の負担がほとんどなかったようにも錯覚してしまいますね。

 

マリオットのホテルに宿泊するなら「マリオットボンヴォイ」への入会がオススメ

マリオットのホテルにセール価格で宿泊したり、宿泊でポイントを貯めるには、マリオットのホテルプログラムである「マリオットボンヴォイ」に入会する必要があります。

「マリオットボンヴォイ」には登録料・年会費など無料で利用することができます。まだ入会していない方はこちら公式サイトから新規登録しておきましょう。

「マリオット公式サイト」はこちら!

 

マリオットのホテルプログラムである「マリオットボンヴォイ」の入会方法やメリット、エリート特典の詳細などはこちらにまとめております。

 

また、「マリオットボンヴォイ」には、子供の朝食が無料になるという子連れでの利用に嬉しい特典も用意されています。合わせてご参照ください。

 

シェラトングランデ東京ベイのホテル宿泊をより楽しむ方法

エリート会員になればマリオットのホテルでVIP待遇を受けられる

私は今回、マリオット(Marriott Bonvoy)の「プラチナエリート」の特典によって、客室のアップグレードやクラブラウンジへのアクセス、無料朝食などの特典を楽しむことができました。

マリオット(Marriott Bonvoy)のホテルでエリート特典を活用することで、ホテル宿泊をより優雅で快適なものに変えることができます。

 

SPGアメックスの入会でゴールド会員資格や無料宿泊特典を獲得可能

マリオットの上級会員である「ゴールドエリート」を簡単に獲得する方法があります。それは「SPGアメックス」を保有することです。

SPGアメックスの券面

 

SPGアメックスは、もれなくマリオットのゴールド会員資格を獲得できることや、2年目以降の継続で無料宿泊特典が獲得できるなどの豊富な特典により、近年、急速に人気を高めています。

 

入会キャンペーンで初年度の年会費負担も軽減可能

SPGアメックスでは最大75,000ポイント(=75,000円相当)を獲得できる入会キャンペーンを実施中です。

初年度の年会費負担を相殺して特典をお試しする大チャンスです。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

スポンサーリンク

シェラトングランデ東京ベイの基本情報とアクセス

シェラトングランデ東京ベイは東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテル

シェラトングランデ東京ベイ(シェラトン・グランデ・トーキョーベイ、シェラトン舞浜)は、千葉県浦安市舞浜に位置するマリオット系列のホテルです。

その名前のとおり、ホテルブランドとしてはシェラトンになります。地下1階、地上12階建てで、客室数1,016室を誇る大型ホテルです。

こちらのシェラトングランデ東京ベイは、東京ディズニーリゾートに隣接しており、東京ディズニーリゾートへのアクセスは抜群です。

また、東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルにもなっていますので、オフィシャルホテルならではの特典を受けることもできます。

チェックイン&チェックアウト時間

シェラトングランデ東京ベイの標準的なチェックイン時間は「12時」、チェックアウト時間は「15時」となっています。

<チェックイン&チェックアウト時間>

  • チェックイン時間:12:00
  • チェックアウト時間:15:00

 

ホテルへのアクセス

シェラトングランデ東京ベイの、鉄道の最寄駅は「JR舞浜駅」となります。

ただし、舞浜駅からは結構な距離があるため、ここから「ディズニーリゾートライン」か「無料シャトルバス」「タクシー」のいづれかに乗り換えすることになります。

 

ディズニーリゾートラインを利用した場合、「ベイサイド・ステーション」にて下車後、徒歩1分ほどの距離になります。「ベイサイド・ステーション」からは無料シャトルバスも運行しています。

舞浜駅からも無料シャトルバスが運行しています。1時間に3本ほどの頻度で所要時間は10分ほどとなります。まとめると以下のようになります。

<ホテルへのアクセス>

  • JR舞浜駅から以下に乗り換え
    • ディズニーリゾートライン:
      • ベイサイド・ステーション下車徒歩1分
      • 所要時間約13分、260円/人
    • 無料シャトルバス:
      • 所用時間約10分、無料
    • タクシー:
      • 所用時間約10分、1,000円ほど/台

 

無料シャトルバスの時刻表はこちら公式HPをご参照ください。

参考 アクセスシェラトングランデ東京ベイ

 

周辺地図

シェラトングランデ東京ベイの周辺地図はこちらになります。地図を見ると、東京ディズニーリゾートに隣接しているのがよくわかりますね。

 

シェラトングランデ東京ベイの宿泊記は動画も公開中

「シェラトングランデ東京ベイ」の宿泊記は動画にまとめてYouTubeにアップしております。

こちらの動画では、ホテルの外観からロビー、客室(和室スイート)、専用浴場までまるっとご紹介しています。ホテルの空気感は動画の方が伝わりやすいと思いますので、こちらもぜひ合わせてご鑑賞ください。

 

まとめ

今回は、シェラトングランデ東京ベイの「和室スイート」に宿泊した様子を詳しくご紹介していきました。

和室スイートでは、宿泊者専用の貸切風呂を利用することができ、ホテルにいながら温泉旅館に宿泊しているかのような体験をすることができました。

客室にも座敷を備えた和室が用意されており、宿泊全体で「和」な雰囲気を体験できるのも良いですね。

また、クラブラウンジ利用や朝食サービスなど豊富な特典も用意されていますので、まさに至れり尽くせりの滞在を過ごすことができました。

最大で6人まで宿泊できますので、3世代でも利用できます。東京ディズニーリゾート近くのホテルということで、ファミリー層のニーズにピッタリの客室ですね。

MEMO

マリオットのホテル予約をお得にする方法はこちらの記事でまとめております。ぜひこちらも合わせてご参照ください。

 

それでは、また!

 

シェラトングランデ東京ベイ 関連記事

 

マリオットボンヴォイ関連記事