【3月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

マリオットの子連れ特典が充実!レストラン&バーやスパ特典も追加!

マリオットグループの新会員プログラムである「マリオット ボンヴォイ(Marriott Bonvoy)」のスタートに合わせて、新しい特典が利用可能になります。「子連れ特典(子供特典)」「レストラン&バー特典」「スパ特典」の3つです。特に「子連れ特典」は会員レベルに応じて、大人1名につき子供1名の朝食が無料、もしくは半額となるという、とても魅力的な内容になっています。また、「レストラン&バー特典」「スパ特典」についても、マリオットのホテルを頻繁に利用する方には、かなり有用な内容になっています。ますます、マリオットグループに囲い込みされそうですね(笑)。以下で詳しくご紹介していきます。

マリオット新プログラムの名称は「Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)」

これまで別々の会員プログラムであった、「マリオット・リワード」、「ザ・リッツ・カールトン・リワード」、「スターウッドプリファードゲスト (SPG) 」が、2018年8月に1つのプログラムに統合されました。

統合後の新プログラムの特徴は以下になります。

<新プログラムの特徴>

  • ポイントの獲得および交換が、29ブランド、6,500軒のホテルで可能になり、各地でご利用いただけるホテルが増加
  • エリート特典の内容が一層充実したのに加え、29ブランドのホテルでエリート会員特典が適用
  • プロフィール、ログイン、ポイント残高、エリートナイト残高がすべて1つのアカウントに統合されます。
  • ウェブサイトやアプリを使ったアクセス、会員サポートへの電話など、情報へのアクセスが一元化され、スムーズに処理​

 

統合後の新プログラムの名称は、しばらく未定のままとなっていましたが、「Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)」となることに決定しました。2019年2月13日から適用されていきます。

 

また、これに伴い、新カテゴリーである「カテゴリー8」の適用も2019年3月からであることや、ステータス名称の変更も合わせて発表になっています。

 

マリオット ボンヴォイ(Marriott Bonvoy):3つの新しい特典

この新しいマリオットの会員プログラムである「マリオット ボンヴォイ(Marriott Bonvoy)」のスタートに合わせて、3つの新しい特典が利用可能になります。具体的には以下になります。

<3つの新しい特典>

  1. 子連れ特典 <=New!
  2. レストラン&バー特典 <=Renewal
  3. スパ特典 <=New!

 

この3つのうち「1.子連れ特典」と「3.スパ特典」は新しく追加になったもの、「2.レストラン&バー特典」は、これまでの「マリオット・リワード」で提供されていたものがリニューアルされたものになります。

以下でそれぞれを詳しくご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

マリオット ボンヴォイ(Marriott Bonvoy):子連れ特典

マリオット ボンヴォイ(Marriott Bonvoy)の新しい特典の1つ目は「子連れ特典」です。

トラベルメディアの「トライシー(Traicy)」では以下のように報じられており、会員レベルに応じて、大人1名につき子供1名の朝食が無料、もしくは半額となります。また、12歳以下の全ての子供には、無料でアイスクリームが提供されます。

子供向け特典として、3月25日から、プラチナエリート会員以上では12歳以下の子供の朝食を無料、ゴールドエリート会員以下は大人1名につき6歳以下の子供の朝食を無料、7歳以上12歳以下の子供は半額で利用できるようにする。12歳以下のすべての子供に、一部のホテルを除いて、無料でアイスクリームを提供する。

出典:トライシー(Traicy)

 

この「子連れ特典」を表にまとめると以下のようになります。ゴールド会員以下、つまり、一般の会員でも同伴の子供が6歳以下であれば、お子様の分の朝食が無料になるというのは、なかなか魅力的な特典ですね。

<子連れ特典対象一覧(トライシーの情報から)>

6歳以下7歳以上12歳以下
プラチナエリート会員以上無料無料
ゴールド会員以下無料半額

 

一方、この「子連れ特典」については、マリオット ボンヴォイ(Marriott Bonvoy)の公式HPでは以下のように紹介されています。

<子連れ特典対象一覧(公式HPの情報から)>

 

こちらを見ると、無料のアイスクリームが提供されるのは「リゾート」のホテルだけのようです。また、ゴールド会員以下で「7歳以上12歳以下の子供は半額で利用」という文言を見つけることはできませんでした。

「トライシー(Traicy)」での発表内容と公式HPの情報は、現時点では若干のギャップがありますね・・。

 

こちらの特典の提供開始は3月25日からということで、まだ「利用規約」がアップされておらず特典内容の詳細は、現時点(2月28日)では確認することができません。

きっと、「利用規約」がアップされ次第、上記のようなギャップは明確になると思われます。3月25日以降に、この「子連れ特典」を利用予定の方は、以下公式HPの情報を再度ご確認いただければと思います。

 

スポンサーリンク

マリオット ボンヴォイ(Marriott Bonvoy):レストラン&バー特典

マリオット ボンヴォイ(Marriott Bonvoy)の新しい特典の2つ目は「レストラン&バー特典」です。

こちらは、まったく新しい特典というわけではなく、これまで「マリオット・リワード」で提供されていた「Members Dine More」という特典をリニューアルしたものになります。

特典内容としては以下になります。会員レベルに応じて、レストラン&バーの飲食代金が割引になるというものです。また、宿泊を伴わないホテルのレストラン&バー利用でも1ドルごとに最大10ポイントを貯めることができます。

 

割引率は会員レベルによって変動し、プラチナ会員以上で最大の20%オフになります。ホテルのレストラン&バーというのは、高めの価格設定になっていることが多いので、20%オフというのは魅力的ですよね。

<レストラン&バー特典の内容>

  • 会員、シルバーエリート会員:10%オフ
  • ゴールドエリート会員:15%オフ
  • プラチナエリート会員以上:20%オフ
  • 宿泊を伴わない利用でも1ドルごとに最大10ポイント

 

ここでの注意点は、マリオットグループの全てのレストラン&バーが対象になるわけではないというところです。アジア太平洋地域の2,800軒以上のレストランやバーが参加しているため、多くが対象になっていますが、稀に参加していないレストラン&バーもあります。実際にご利用の際は、以下の公式HPもご確認ください。(参加しているレストラン&バーを地域で検索することができます)

 

ちなみに、「宿泊を伴わないホテルのレストラン&バー利用でも1ドルあたり最大10ポイント」というように、わざわざ「宿泊を伴わない」という形で「宿泊を伴う場合」と分けているのには意味があります。

というのも「宿泊を伴う場合」は利用料金を部屋付にすることで、別のボーナスポイントが加算されるからです。具体的には、会員特典一覧にある「ボーナスポイント」が該当します。

 

ボーナスポイントの内容は以下になります。シルバー会員以上でホテル宿泊を伴う場合は、部屋付にした方が「レストラン&バー特典」よりも多くのボーナスポイントを獲得できるため、よりお得となりますね。

<レストラン&バー特典の内容>

  • 会員:ボーナスなし
  • シルバーエリート会員:10%ボーナス
  • ゴールドエリート会員:25%ボーナス
  • プラチナエリート会員以上:50%ボーナス
  • チタンエリート会員以上:75%ボーナス

 

マリオット ボンヴォイ(Marriott Bonvoy)の会員レベル別の特典一覧については、以下公式HPもご確認ください。

 

MEMO

SPGアメックスをお持ちの場合は、支払いをSPGアメックスで行うことで、さらにボーナスポイントを獲得することができます。具体的には100円につき6ポイントを貯めることができます。こちらの特典は2018年までは期間限定のキャンペーンとなっていましたが、2019年1月からはSPGアメックスの特典化されました。詳細は以下もご参照ください。

 

マリオット ボンヴォイ(Marriott Bonvoy):スパ特典

マリオット ボンヴォイ(Marriott Bonvoy)の新しい特典の3つ目は「スパ特典」です。

こちらはマリオット ボンヴォイ(Marriott Bonvoy)になって新しく追加になった特典で、会員限定のエンハンスドトリートメントを受けることができる上に、宿泊を伴わないホテル内のスパ利用でも1ドルごとに最大10ポイントを貯めることができます。

 

規約を確認すると、「会員限定のエンハンスドトリートメント」を受けることができるのはゴールドエリート会員以上となっていますので注意が必要となります。「会員限定のエンハンスドトリートメント」の内容についうては、施設ごとに異なるということで詳細は明らかにされていませんが、楽しみな特典ですね。

<スパ特典の内容>

  • ゴールドエリート以上:会員限定のエンハンスドトリートメント
  • 宿泊を伴わない利用でも1ドルごとに最大10ポイント

 

ここでの注意点は「レストラン&バー特典」と同じく、マリオットグループの全てのスパが対象になるわけではないというところです。実際にご利用の際は、以下の公式HPもご確認ください。(参加しているスパを地域で検索することができます)

 

マリオット ボンヴォイ(Marriott Bonvoy):上級会員に簡単になる方法

マリオット ボンヴォイ(Marriott Bonvoy)の上級会員である「ゴールド会員資格」を簡単に獲得する方法があります。それは「SPGアメックス」を保有することです。

SPGアメックスは、もれなくマリオットのゴールド会員資格を獲得できることや、2年目以降の継続で無料宿泊特典が獲得できるなどの豊富な特典により、近年、急速に人気を高めています。

 

私の場合は、マリオットの「ゴールド会員」となった後に「プラチナチャレンジ」を実施することで、マリオットの「プラチナ会員」資格も獲得しました。

 

プラチナ会員になると、マリオットのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになり、また、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まるため、SPGでのホテル宿泊をより楽しむことができます。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「マリオット ボンヴォイ(Marriott Bonvoy)」のスタートに合わせて発表された、「子連れ特典(子供特典)」「レストラン&バー特典」「スパ特典」の3つをご紹介させていただきました。

特に「子連れ特典」は会員レベルに応じて、大人1名につき子供1名の朝食が無料、もしくは半額となるという、とても魅力的な内容になっていました。また、「レストラン&バー特典」「スパ特典」についても、マリオットのホテルを頻繁に利用する方には、かなり有用な内容になっています。

また、支払いをSPGアメックスにすることで、さらにボーナスポイントを獲得することもできます。利用できる特典はフルに活用して、お得なホテル滞在を満喫しましょう!

 

それでは、また!

 

マリオットのレストラン&バー関連記事

 

マリオットのスパ関連記事

 

error: