【2022年7月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

マリオットのベストレート保証を徹底解説!申請方法から成功率アップのコツ、注意点、実績まで!

マリオットのベストレート保証を徹底解説!申請方法から成功率アップのコツ、注意点、実績まで!

マリオットには「ベストレート保証」という制度があります。これを活用すれば、インターネット上の最安値からさらに25%の割引を受けらるため格安でマリオットのホテルに宿泊することができます。当記事では、申請方法から成功率アップのコツ、注意点、実績まで詳しく解説していきます。

更新履歴(2022年4月10日):最新情報に更新しました!

目次

マリオットのベストレート保証とは

公式サイトからの直予約が最もお得であることを保証する制度

マリオットのホテルでは公式サイトからの予約で「ベストレート保証」を提供しています。これは、公式サイトからの直予約が最もお得(=ベストなレート)であることを保証するものです。

公式サイトでは以下のように紹介されています。

人生に保証されているものはそう多くはありません。マリオットのベストレート保証は、その中でも最も確かな保証の一つです。マリオットで直接ご予約いただくと、いつでも最もお得な料金を保証いたします。

 

英語では、ベストレートギャランティー「BRG=Best Rate Guarantee」と言います。日本語では「最低価格保証」と呼んだりもします。

インターネット上にはホテル予約サイト(OTA)が多数存在しますが、それらを利用することなく「ホテルの公式サイトからの直予約を安心して利用してね」というホテル側の施策になっています。

 

ベストレート保証では選択式の2つの報酬を用意

マリオットのベストレート保証(BRG)では、公式サイトからの直予約よりも他ホテル予約サイトの方が宿泊料金が安かった場合、利用者に対して報酬を用意しています。

具体的には以下2つからの選択式になります。

<ベストレート保証の報酬>

  1. 安い方の宿泊料金から25%割引
  2. 5,000ポイントの提供

 

安い方の宿泊料金よりも25%割引

1つめの報酬は「安い方の宿泊料金よりも25%割引」です。

例えば、公式サイトから30,000円、他予約サイトが25,000円だった場合、安い方である25,000円からの25%割引である18,750円で宿泊できるという形になります。

当初予約から比べると大幅な割引を得ることができますね。

5,000ポイントの提供

2つ目の報酬は「5,000ポイントの提供」です。

こちらは、安い方の宿泊料金に調整した上で5,000ポイントも追加でもらえるというものです。先ほどの例で言えば、宿泊料金が25,000円に調整された上で5,000ポイントが貰えるという形になります。

25%の割引料金と5,000ポイントの価値を比べて、どちらかを選択しましょう。

マリオットのポイントの価値は「1ポイント=1円」ほどの価値になりますので、安い方の宿泊料金が20,000円以上の場合は割引を、20,000円未満の場合はポイントを選んだ方がお得になります。

 

ベストレート保証を利用するメリット

スポンサーリンク

大幅な割引を実現できるのが最大のメリット

ベストレート保証を利用する最大のメリットは大幅な割引を実現できることです。

インターネット上の安い方の価格、つまりその時点での最安値からさらに25%割引を受けられるというのは大きなメリットになります。

マリオットのプラチナチャレンジに参加している場合は、トータルコストを下げることにも繋がりますね。

 

エリート特典が利用でき宿泊実績も加算される

また、ベストレート保証では、公式サイトからの予約が前提になっていますので、当然ながらマリオットの会員制度である「マリオットボンヴォイ」のエリート特典も利用することができます。

宿泊実績も通常どおり貯めることができます。

ホテル予約サイト(OTA)を利用した場合、エリート特典の利用や宿泊実績の加算は対象外になることが多いため、これもメリットになります。

<ベストレート保証のメリット>

  1. 最安値からさらに25%の割引が受けられる
  2. エリート特典が利用でき宿泊実績も加算される

 

マリオットボンヴォイの会員プログラムとエリート特典についてはこちらの記事をご参照ください。

 

ベストレート保証を申請する流れ

マリオット公式サイトでの予約から24時間以内の申請が必要

マリオットのベストレート保証は、公式サイトから「ベストレート保証申請フォーム」を送ることで申請します。

この「ベストレート保証申請フォーム」は、マリオット公式サイトでのホテル予約から24時間以内に送る必要があります。時間が限られているため注意が必要です。

そして、このベストレート保証の申請が承認されることで、先ほどご紹介した「報酬」を受け取ることができます。

 

ホテル予約は「キャンセル料金なし」がおすすめ

ベストレート保証は必ず承認されるわけではありませんので、マリオット公式サイトでのホテル予約は「キャンセル料金なし」のものを選択するのがおすすめです。

そして、ホテル予約から申請フォームの送付までは時間が限られているため、マリオットの公式サイトよりも安い価格を提供しているホテル予約サイト(OTA)を先に見つけておくことが重要になります。

ベストレート保証を申請する流れは以下になります。

<ベストレート保証の流れ>

  1. 日程と宿泊するホテルを決める
  2. 公式サイトでホテルの宿泊料金を確認する<=ここではまだ予約しない!
  3. ホテル予約サイト(OTA)で公式サイトよりも安い宿泊料金を見つける<=予約する必要はない!
  4. 公式サイトでホテル宿泊予約をする<=キャンセル料金なしがおすすめ!
  5. 公式サイトからベストレート保証を申請する

 

上記ステップ5でベストレート保証を申請すると、基本的には24時間以内にメールで申請の結果通知があります。

「承認」の場合は希望した報酬の内容に合わせて予約内容が修正されます。

ちなみに、「却下」された場合も、理由を確認して不服がある場合はメールに返信して交渉することができます。交渉後に認められるケースも多々あるためすぐにあきらめないようにしましょう。

 

ベストレート保証の成功率を上げるコツ

ここでは、ベストレート保証で成功率を高めるコツをいくつかご紹介したいと思います。

Googleマップのホテル検索を活用する

ベストレート保証を成功させるためには、マリオット公式サイトよりも安い宿泊料金を提供しているホテル予約サイトを見つける必要があります。

ここで活躍するのがGoogleマップのホテル検索です。

ご存じの方も多いと思いますが、Googleマップ上でホテル名を検索してホテルを選択すると、そのホテルでの宿泊料金比較が表示されます。

日程などの条件を変更してもすぐに情報が更新されるためとても便利です。

こちらは、「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」をGoogleマップ上で検索した結果です。

Googleマップでのホテル検索例「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」

Googleマップでのホテル検索例「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」

 

画面左のホテル名下の部分をスクロールしていくと宿泊料金の比較が表示されます。

この例ではマリオット公式サイトが「22,180円」、るるぶトラベルが「22,002円」となっており、るるぶトラベルの方が2千円以上安くなっていますね。

Googleマップでのホテル価格比較例「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」

Googleマップでのホテル価格比較例「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」

 

サイト名をクリックすると、詳細が表示されます(サイトにジャンプ)。

ベストレート保証で承認されるには、日程(チェックイン日およびチェックアウト日)や人数、部屋のグレード、キャンセル規定、朝食の有無などの条件が完全に一致している必要があります。

また、宿泊料金を比較する際は、税金とサービス料の条件(込みか別か)も合わせる必要があります。また、サイト独自のクーポンやポイント利用などは比較の対象外となるため注意しましましょう。

 

公式サイトよりも安い価格が見つからない場合は条件を変更する

公式サイトよりも安い価格が見つからない場合は、同一地域で別のホテル、日程、グレードなどの変更を検討しましょう。

上記Googleマップのホテル検索で表示されるのは最安値になるため基本的には一番下のグレードの客室の料金になっています。

最安値はホテル側もチェックしやすく十分に監視されていますが、グレードが上の客室まで手が回っていない可能性もあります。

ホテルや日程の変更が難しい場合はグレードを上げて確認してみましょう。

 

英語で申請する

「ベストレート保証申請フォーム」は日本語での申請がOKです。

ただし、日本語がわからない方が翻訳ソフトなどを使って見ている可能性が高いため、英語で入力した方が誤解が少なくなります。

そのため、英語で申請した方が返信スピードも向上し承認率アップにも繋がります。その際、コメント欄に英語でサマリーを書いてあげるとさらに効果的です。

記載例については次のセクションで申請方法と合わせてご説明します。

また、英語が苦手方は、翻訳ツールを活用するのも良いですね。最近は翻訳精度が向上しているため、そのままのコピペでも意味疎通には支障がありません。

<おすすめの翻訳ツール>

 

ベストレート保証の申請方法

ここでは、ベストレート保証の申請方法をご説明したいと思います。

スポンサーリンク

公式サイトから「ベストレート保証申請フォーム」を送信

マリオットのベストレート保証は、公式サイトから「ベストレート保証申請フォーム」を送信します。URLは以下になります。

マリオット公式サイト「ベストレート保証申請フォーム」

 

「ベストレート保証申請フォーム」は全体で4つのセクションで構成されています。必要情報を入力していくだけなのでとても簡単です。

<ベストレート保証申請フォームのステップ>

  1. お客様情報の入力
  2. ご予約情報の入力
  3. 比較料金情報の入力
  4. リワードの選択と送信

 

お客様情報の入力

まず最初に「お客様情報」を入力します。必要事項は以下になります。

<お客様情報の入力>

  • Eメールアドレス(連絡用)
  • 電話番号(連絡用)
  • 会員番号(オプション)

 

マリオットボンヴォイの会員の場合、ログインすることで姓名や連絡先などの入力を省略することができます。

マリオットのベストレート保証申請フォーム「お客様情報」

マリオットのベストレート保証申請フォーム「お客様情報」

 

ご予約情報の入力

次に、予約情報」を入力します。ここでは、マリオット公式サイトで予約した予約情報を入力します。

必要事項は以下になります。

<予約情報の入力>

  • ご予約確認番号
  • ホテル名
  • チェックイン日
  • チェックアウト日
  • ご予約のレート
  • 通過

 

マリオットのベストレート保証申請フォーム「ご予約情報」

マリオットのベストレート保証申請フォーム「ご予約情報」

 

予約確認メールなどを確認しながら入力すれば困るところはありませんね。メールが見つからない場合は会員サイトから予約履歴を確認しましょう。

 

比較料金情報の入力

続いては、「比較料金情報」を入力します。マリオット公式サイトよりも安い価格を提供していたホテル予約サイトの情報を入力するパートですね。

必要事項は以下になります。

<比較料金情報の入力>

  • 見つかったより低額の料金または予約された料金
  • 通貨
  • どちらでその低料金を見つけましたか?
  • これはウェブサイトですか?それともアプリですか?(ウェブサイト or アプリ)
  • コメント (オプション)

 

マリオットのベストレート保証申請フォーム「料金比較情報」

マリオットのベストレート保証申請フォーム「料金比較情報」

 

「どちらでその低料金を見つけましたか?」のところに、ホテル予約サイトで見つけた安いプランが表示されているページのURLをコピペして貼り付けましょう。

コメント欄への記入はオプションなので空欄でもOKですが、ここにサマリーを書いてあげると承認率がグッとアップします。

コメント欄への英語での記載例は以下になります。適宜ご活用ください。

<コメント欄の記載例(英語)>

  • Room Type; Standard
  • Number of Guests; 2
  • Marriott Rate; 30,000 JPY (tax and service charge include)
  • Competitive Rate; 25,000 JPY (tax and service charge include)

 

リワードの選択と送信

最後に「リワード(報酬)を選択」して規約に同意した後、送信します。

マリオットのベストレート保証申請フォーム「リワードを選択」

マリオットのベストレート保証申請フォーム「リワードを選択」

 

送信後は基本的には24時間以内にメールで結果が通知されます。吉報を待ちましょう!

 

ベストレート保証の注意点

ここでは、ベストレート保証の注意点をご紹介したいと思います。

ベストレート保証対象外のホテルやブランドあり

マリオットのベストレート保証は、基本的にはマリオットボンヴォイ参加の全ホテルで利用することができます。

マリオットボンヴォイに参加のホテルブランド

マリオットボンヴォイに参加のホテルブランド

 

ただし、一部対象外のホテルおよびブランドがあるため注意が必要です。具体的には以下になります。

<ベストレート保証対象外のブランド>

  • ザ・リッツ・カールトン・モントリオール
  • ザ・リッツ・ロンドン
  • ザ・リッツ・カールトン・レジデンス
  • ザ・リッツ・カールトン・クラブ
  • マリオット・バケーション・クラブ
  • マリオット・グランド・レジデンス・クラブ
  • マリオット・バケーションズ・ワールドワイド・コーポレーション
  • ホーム&ヴィラ・バイ・マリオットインターナショナル
  • シェラトン バケーションクラブ
  • ウェスティン バケーションクラブ
  • ヴィスタナシグネチャーエクペリエンス インコーポレーテッド
  • オールインクルーシブのホテル/リゾート
  • エレガントホテルズ ブランドのホテル

 

比較対象として認められないホテル予約サイトや料金あり

比較対象としては、一般に公開されている情報である必要があります。

ログインしないと表示されないような会員特別料金などは対象外になります。また、予約が即時確約されないサイト(例:リクエスト中)のレートも対象外です。

比較対象として認められないホテル予約サイトは以下になります。中国系のサイトが多く日本人には馴染みがないものが多いですね。

これらサイトはベストレート保証では利用しないように注意しましょう。

<比較対象として認められないホテル予約サイト>

  • Qunar、eLong、Meituan Travel、Ctrip/Trip.com、Ctrip/Trip.com の系列サイト
  • Fliggyのウェブサイトでの、事前払い、事前購入、または返金不可のレート
  • WeChatで予約できる全てのレート

 

リクエストを提出できるのは予約1件につき1回まで

ベストレート保証の規約では、リクエストを提出できるのは予約1件につき1回までとなっています。

これを理由に2回目以降のリクエストが却下された場合は、予約を取り直してから再チャレンジしましょう。このためにも、マリオット公式サイトでの予約はキャンセル料金なしのものを選択しましょう。

ちなみに、ベストレート保証で「却下」されてもペナルティーなどは一切ありません。損をすることな何もありませんので、とにかくチャレンジしてみることが重要です。

 

ベストレート保証の実績

ここでは、ベストレート保証を成功させた私の実績をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

海外での実績

まずは海外での実績として「シドニー・ハーバー・マリオット・ホテル・アット・サーキュラー・キー」の例をご紹介したいと思います。

こちらは「Booking.com」での宿泊料金です。「キングスイートオペラハウスビュー」が529AUD(税込)となっています。

Booking.comでのホテル宿泊料金例「シドニー・ハーバー・マリオット・ホテル・アット・サーキュラー・キー」

Booking.comでのホテル宿泊料金例「シドニー・ハーバー・マリオット・ホテル・アット・サーキュラー・キー」

 

そしてこちらがマリオット公式サイトでの宿泊料金です。同じ条件で579AUD(税込)となっていました。「Booking.com」の方が50AUDほど安いですね。

マリオット公式サイトでのホテル宿泊料金例「シドニー・ハーバー・マリオット・ホテル・アット・サーキュラー・キー」

マリオット公式サイトでのホテル宿泊料金例「シドニー・ハーバー・マリオット・ホテル・アット・サーキュラー・キー」

 

そしてこちらが申請結果です。無事「承認」され、579AUDで予約していたものが「396.75AUD」に修正されました。安い方の価格(529AUD)から無事25%割引になったという形です。

ベストレート保証の申請結果例マリオット公式サイトでのホテル宿泊料金例「シドニー・ハーバー・マリオット・ホテル・アット・サーキュラー・キー」

ベストレート保証の申請結果例マリオット公式サイトでのホテル宿泊料金例「シドニー・ハーバー・マリオット・ホテル・アット・サーキュラー・キー」

 

この回でのベストレート申請の結果をまとめると以下のようになります(1AUD=90円として試算)。

オリジナルの予約からすると約31%もの大幅な割引となっています。日本円では約16,400円も節約できたということになります。

<ベストレート保証申請の結果(例)>

  • マリオット公式サイトの価格:579AUD(=52,110円)
  • Booking.comの価格:529AUD(=47,610円)
  • 割引適用後の価格:396.75AUD(=35,707円)

 

国内での実績

続いては、日本国内での実績をご紹介します。これは数が多いため表でご紹介します(これもほんの一例です)。

いずれも、オリジナルの予約から比べると30%から40%ほど、ものによっては60%を超える割引率を実現したものもありますね。

ベストレート保証の破壊力の高さを伺い知ることができますね。

<国内でのベストレート保証の実績>

ホテル名 オリジナルの料金 割引後の料金 割引率
コートヤード・マリオット銀座東武ホテル 14,210円 9,312円 34.5%
コートヤード・マリオット銀座東武ホテル 28,042円 10,500円 62.6%
コートヤード・マリオット銀座東武ホテル 19,600円 12,000円 38.8%
コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション 26,460円 14,700円 44.4%
コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション 26,600円 14,700円 44.7%
東京マリオットホテル 28,500円 15,000円 47.4%
ルネッサンス沖縄 38,771円 20,974円 45.9%
ザ・プリンスさくらタワー 44,175円 25,125円 43.1%

 

マリオットの上級会員(ゴールド&プラチナ)に簡単になる方法

最後にマリオットの上級会員に簡単になる方法をご紹介したいと思います。上級会員になればマリオットでのホテル宿泊がより楽しく快適なものになります。

マリオットアメックス(プレミアム)保有でゴールド会員資格をもれなく獲得

マリオットの上級会員資格である「ゴールドエリート」を簡単に獲得する方法があります。それは「マリオットアメックス(プレミアム)」を保有することです。

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

 

マリオットアメックス(プレミアム)は、年会費は「49,500円(税込)」と高額ながらも、その費用を上回る豊富な特典によりホテル好き必携のクレジットカードになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)の主な特徴は以下になります。無料宿泊特典(5万円相当)だけでも年会費負担を相殺することができてしまいます。

また、ポイント還元率やマイル還元率の高さから陸マイラーからも絶大な人気を誇っています。

<マリオットアメックス(プレミアム)の主な特長>

  1. マリオット の「ゴールド会員資格」を自動的に獲得
  2. カード決済でポイント還元率3%&マイル還元率1.25%を実現
  3. マリオットのホテル利用でポイント還元率6%を実現
  4. ポイント有効期限は実質無期限
  5. 貯めたポイントはホテルの無料宿泊や世界40以上の航空マイルに交換可能
  6. 年15泊分の宿泊実績を獲得
  7. 年150万円以上の決済で無料宿泊特典を獲得(5万円相当)
  8. 年400万円以上の決済で「プラチナ会員資格」を獲得

 

マリオットアメックス(プレミアム)の特典からメリット、デメリットの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

プラチナチャレンジでプラチナ会員へのステップアップも容易

私の場合は、マリオットの「ゴールドエリート」となった後に「プラチナチャレンジ」を実施することで、マリオットの「プラチナエリート」も獲得しました。

 

また、年400万円以上の決済が可能な方であれば、マリオットアメックス(プレミアム)の特典で「プラチナエリート」を獲得できるのもメリットですね。

プラチナ会員になるとマリオットのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになります。

加えて、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まりレイチェックアウトも午後4時まで可能になるなど、マリオットのホテル宿泊をより満喫することができます。

ゴールドエリートとプラチナエリートの主なステータス特典は以下になります。

<ステータス特典(ゴールド&プラチナ)>

  ゴールド プラチナ
ポイントボーナス ◯(25%) ◯(50%)
レイトチェックアウト ◯(14時) ◯(16時)
レストラン割引 ◯(15%) ◯(20%)
ウェルカムギフト ◯(250 or 500ポイント) ◯(500 or 1,000ポイント、無料朝食、アメニティから選択)
客室のアップグレード ◯(スイート含む)
ラウンジへのアクセス  

 

入会キャンペーンで年会費負担も軽減可能

マリオットアメックス(プレミアム)では、最大45,000ポイント(=4.5万円相当)を獲得できる入会キャンペーンを実施中です。

初年度の年会費負担をほぼ相殺できるというお得さとなっています。

マリオットアメックス(プレミアム)に興味のある方にとっては大チャンスと言えますね。

入会キャンペーンの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ

今回は、マリオットのベストレート保証について、申請方法から成功率アップのコツ、注意点、実績まで詳しく解説していきました。

ベストレート保証で報酬を得るためには、自分で公式サイトよりも安い価格を提供しているホテル予約サイトを見つけて申請をするという手間をかける必要があります。

一方で、成功すればインターネット上の最安値からさらに25%の割引を受けることができ、非常にリーズナブルな価格でマリオットのホテルに宿泊することができます。

最初はハードルが高いように感じても、一度やってみれば後は機械的に実施することができます。また、プラチナチャレンジなどで必要コストを抑えるにも有効です。

やったことがなかった方も、ぜひ一度チャレンジしてみていただければと思います。

 

それでは、また!