【2024年6月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

チャンギ空港「シルバークリスラウンジ」訪問記!シンガポール航空のビジネスクラスラウンジをレポート!

チャンギ空港「シルバークリスラウンジ」訪問記

チャンギ空港「シルバークリスラウンジ」訪問記!シンガポール航空のビジネスクラスラウンジをレポート!

シンガポール航空の「シルバークリスラウンジ(ビジネスクラス)」に行ってきました。チャンギ空港が本拠地というだけあって広さも十分、ドリンクもフードも豪華で充実した内容となっていました。当記事では利用条件から場所、営業時間、ビュッフェの品揃え、シャワーまで詳しくご紹介していきます。

シルバークリスラウンジ(SilverKris Lounge)とは

チャンギ空港が本拠地「シンガポール航空」の空港ラウンジ

「シルバークリスラウンジ」はシンガポール航空が運営する空港ラウンジです。

シンガポール航空はチャンギ空港が本拠地であり、その本拠地にある「シルバークリスラウンジ」は豪華さで定評があります。

チャンギ空港「シルバークリスラウンジ」の看板

 

チャンギ空港「シルバークリスラウンジ」の利用条件

シンガポール航空は4種類の空港ラウンジを運営

シンガポール航空は、チャンギ空港で以下4種類の空港ラウンジを運営しています。シンガポール航空の本拠地ということで充実した布陣になっています。

<シンガポール航空の空港ラウンジ(チャンギ空港)>

  • クリスフライヤーゴールドラウンジ
  • シルバークリスラウンジ(ビジネスクラス)
  • シルバークリスラウンジ(ファーストクラス)
  • ザ・プライベートルーム

 

チャンギ空港「シルバークリスラウンジ」の案内板

 

シルバークリスラウンジ(ビジネスクラス)はビジネスクラス搭乗者のみ利用可能

チャンギ空港の場合、シルバークリスラウンジは同じエリアで「ビジネスクラス用」と「ファーストクラス用」で分けられています。

そして、チャンギ空港の「シルバークリスラウンジ(ビジネスクラス)」は自社およびスターアライアンスのビジネスクラス搭乗者しか利用できないのが特徴になっています。

スターアライアンスゴールドなどステータス保有者には「クリスフライヤーゴールドラウンジ」が用意されていますので、こちらを利用する形になります。

チャンギ空港「クリスフラヤーゴールドラウンジ」の看板

 

また、ファーストクラス用のエリアの中に自社ファーストクラスおよびスイートクラス搭乗者のみが利用できる「ザ・プライベートルーム」が用意されています。

「ザ・プライベートルーム」は利用者がほんの一握りの人に制限された特別な場所となっています。

各ラウンジの利用条件の概要を表でまとめると以下のようになります。

<各ラウンジの利用条件の概要(チャンギ空港)>

  スターアライアンスゴールド ビジネスクラス搭乗(自社&提携) ファーストクラス搭乗(自社&提携) ファースト&スイートクラス搭乗(自社)
クリスフライヤーゴールドラウンジ ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎
シルバークリスラウンジ(ビジネスクラス)   ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎
シルバークリスラウンジ(ファーストクラス)     ⚪︎ ⚪︎
ザ・プライベートルーム       ⚪︎

 

今回私はシンガポール航空のビジネスクラス搭乗者として「シルバークリスラウンジ(ビジネスクラス)」を利用することができました。

利用条件の詳細についてはこちらシンガポール航空の公式サイトでご確認いただけます。

シンガポール航空「シルバークリスラウンジ」

 

チャンギ空港「シルバークリスラウンジ」の場所と営業時間

シルバークリスラウンジはターミナル2とターミナル3にあり

シンガポールのチャンギ空港にはターミナルは4つ(ターミナル1からターミナル4まで)あります。

シンガポール航空の空港ラウンジはターミナル2とターミナル3の出国審査後の制限エリアの中にあります。制限エリアにあるため、搭乗時間ギリギリまで楽しめるが特徴です。

今回は利用する羽田便はターミナル3からの出発になります。そのためターミナル3の「シルバークリスラウンジ(ビジネスクラス)」を利用することにしました。

 

ターミナル3のシルバークリスラウンジはゲートA近くの3階で24時間営業

ターミナル3のシルバークリスラウンジ(ビジネスクラス)は「ゲートA」の近くの3階にあります。24時間営業となっているのが心強いところです。

基本情報をまとめると以下のようになります。

<シルバークリスラウンジの基本情報>

場所 ターミナル3、3階(ゲートA近く)
営業時間 24時間
設備 温かい食事および軽食
バリスタ・バーテンダーサービス
休憩エリア
ミーティングルーム
プレイルーム
トイレ・シャワー
車椅子でご利用可能なトイレ・シャワー
授乳室
Wi-Fi
テレビ

 

また、ターミナル3のマップ上の位置は以下になります。一番奥に広いスペースが確保されているのがわかりますね。

<シルバークリスラウンジの場所>

チャンギ空港「シルバークリスラウンジ」の場所(マップ)

 

チャンギ空港「シルバークリスラウンジ(ビジネスクラス)」をブログレポート

さて、それではここからは「シルバークリスラウンジ(ビジネスクラス)」を実際に利用してみた様子をご紹介したいと思います。

訪れたのは2023年8月になります。

場所とアクセス

今回利用するのはチャンギ空港のターミナル3にある「シルバークリスラウンジ」です。

チャンギ空港:ターミナル3の風景(一般エリア)

 

ターミナル3の場合、出国審査後に進んだエリアはL2(2階)となっています。正面には「ルイ・ヴィトン」の巨大な店舗があります。

この「ルイ・ヴィトン」に向かって左手方向にまずは進んでいきます。

チャンギ空港:ターミナル3の風景(制限エリア)

 

空港ラウンジや空港ホテルはL3(3階)に位置しいますので、ゲートA近くにあるエレベーターでL3(3階)へと上がっていきます。

エレベーターのすぐ横には「SilberKris Lounge」と大きく書かれたきらびやかな看板がありますので迷うことなくアクセスすることができます。

チャンギ空港:ターミナル3の風景(ラウンジエリアへのエスカレーター)

 

レセプションとチェックイン

エレベーターでL3(3階)へと上がっていくとちょっとしたホールがあり、スタッフが端末を手に待機しています。そのスタッフにチケットを提示することでラウンジへと入室することができます。

シルバークリスラウンジ:外観

 

ホールの右手がビジネスクラス用、左手がファーストクラスおよびスイートクラス用となっています。今回はビジネスクラス用のラウンジの方を利用させていただきました。

シルバークリスラウンジ:エントランス

 

フロア構成

シルバークリスラウンジ(ビジネスクラス)はとても巨大な敷地を誇っています。入り口から正面向かって右手方向にはバーエリア、左手方向にはダイニングエリアがあります。

どちらにもドリンクとフードのビュッフェコーナーはありますが、ダイニングエリアの方が麺料理のカウンターがあるなどフードが充実しています。

一方でバーエリアの方はドリンクが充実しています。

そのため、フード重視の方は左手(ソファーエリア)の方に、ドリンク重視の方は右手(バーエリア)の方に進むのがオススメになります。

シルバークリスラウンジ:内観(フロア構成)

 

バーエリア

まずこちらはバーエリアです。バーカンターが用意されており時間帯に応じてバリスタもしくはバーテンダーからサービスを受けることができます。

シルバークリスラウンジ:バーエリア(全景)

 

バリスタサービスは「朝6時から10時」まで、バーテンダーサービスは「夕方5時半から深夜1時まで」となっています。どちらも時間か限れれているため注意が必要です。

シルバークリスラウンジ:バーエリア(サービス案内)

 

私が訪れたタイミングではバーテンダーサービスを提供していました。バーカウンターにはカクテルメニューが提示されており、こちらから注文するシステムになっています。

「SilverKris Sling」というオリジナルカクテルをはじめ、「Singapore Sling」や「Bloody Mary」など全部で15種類が用意されています。本物のバー顔負けの品揃えですね。

シルバークリスラウンジ:バーエリア(アルコールメニュー)

 

バーエリアの奥にはハイテーブルによるカウンター席やテーブル席、そしてソファー席なども用意されています。

 

ダイニングエリア

続いてこちらが反対側のダイニングエリアです。エリアの壁一面がビュッフェコーナーとなっていて、ドリンクやフードが用意されています。

シルバークリスラウンジ:ダイニングエリア(全景)

 

そしてエリアの奥にはソファー席が用意されています。全体的にモダンでシックな内装で高級ホテルのロビーのような雰囲気になっています。

シルバークリスラウンジ:ダイニングエリア(ソファー席)

 

この日のシルバークリスラウンジ(ビジネスクラス)はとても混雑しており9割ほどの席が埋まっているような状態でした。空いている席を見つけるのが大変なレベルです。

ビジネスクラス以上でないと入室できないはずなのに驚きますね。コロナ禍後の航空需要の回復ぶりには目を見張るものがあります。

 

ビュッフェ(ドリンク)

アルコール

さて、続いては気になるビュッフェの品揃えを確認していきたいと思います。ダイニングエリアのビュッフェコーナーをベースにご紹介していきます。

まずはドリンクからです。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのドリンク(全景)

 

スパークリングワインはシャンパンが用意されていました。銘柄は「PIPER HEIDSIECK(パイパー エドシック )」です。カンヌ国際映画祭やアカデミー賞で公式シャンパーニュとなっている名門です。

この上質なシャンパンを空港ラウンジでいただけるというのは幸せですね。気前の良さに驚いてしまいます。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのドリンク(シャンパン)

 

ワインはサーバーの提供となっていました。温度管理がされていてボタンひとつで好みの量をサーブしてくれるのは便利ですね。

赤ワインと白ワインでそれぞれ2種類ずつが用意されていました。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのドリンク(ワイン)

 

こちらは洋酒。ウィスキーやジン、ウォッカなどが並べられていました。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのドリンク(洋酒)

 

ビールサーバーも用意されており、なんと銘柄は「スーポードライi」になっていました。シンガポールで「アサヒ」の生ビールをいただけるのは嬉しいですね。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのドリンク(ビール)

 

冷蔵庫の中にはソフトドリンクとビールが並べられています。ビールは「ハイネケン」と「タイガービール」の2種類が用意されていました。

シンガポールに来たならばやっぱり「タイガービール」を飲みたくなりますよね。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのドリンク(冷蔵庫1)

 

ソフトドリンク

ソフトドリンクは、コカコーラやスプライト、ペリエの他、オレンジジュースとアップルジュース、トマトジュースなどが用意されています。

トマトジュースは「カゴメ」になっていていました。さきほどの「アサヒ」もそうですが、日系のブランドを海外で見かけるとなんだか嬉しくなりますね。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのドリンク(冷蔵庫2)

 

デトックスウォーターもありました。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのドリンク(デトックスウォーター)

 

そして圧巻だったのが紅茶の品揃えです。高級ブランドとして有名な「WTG」のティーバッグがこれでもかと大量に用意されていました。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのドリンク(紅茶)

 

箱で用意されていて全部で12種類もあります。正によりどりみどりですね。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのドリンク(TWG)

 

お湯のサーバーの隣にはジャムも用意されていて紅茶と合わせられるようになっています。至れり尽くせりです。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのドリンク(ジャム)

 

コーヒーはこちらマシンでの提供になります。ボタンひとつで好みのカフェメニューをいただくことができます。

豆から挽いてくれるタイプで、バリスタサービスの時間帯でも本格的で美味しいコーヒーを楽しむことができますね。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのドリンク(コーヒー)

 

ビュッフェ(フード)

コールドミール

続いてはお待ちかねのフードの品揃えを確認していきたいと思います。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(全景)

 

まずこちらはサラダのコーナーです。レタスを中心にトマトやにんじんなどが並べられています。ドレッシングも4種類ほど用意されていました。

上の棚にはパイナップルやオレンジ、ドラゴンフルーツといったフルーツも用意されていますね。別の場所にはスイカなんかも用意されていました。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(サラダ)

 

こちらはチーズなどなど。ドライフルーツやジャムもセットで用意されています。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(チーズ)

 

スイーツ

こちらはスイーツ。この日はマンゴーとココナッツ、そしてエクレアが用意されていました。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(スイーツ1)

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(スイーツ2)

 

別の場所(ホットミールのコーナー)にはドーナツやニョニャ料理のスイーツもありました。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(スイーツ3)

 

パン

こちらはパンのコーナー。ロールパンからデニッシュやパイまでホテルの朝食ビュッフェのような充実した品揃えになっていました。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(パン1)

 

食パンやマフィンなんかも用意されていました。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(パン2)

 

また、冷蔵庫の中にはサンドイッチも用意されていました。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(サンドイッチ)

 

シリアル

こちらはシリアル。4種類ほどが用意されていました。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(シリアル)

 

和食

こちらはそばとお寿司(巻き寿司)のコーナー。抹茶そばと意外と凝ったメニューになっていますね。ネギやわさびといった薬味もちゃんと用意されていて本格的です。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(和食)

 

ホットミール

続いてはホットミールのコーナーです。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(ホットミール)

 

まずこちらは点心。せいろでずらずらっと並べられています。どれも熱々で美味しそうですね。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(点心1)

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(点心2)

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(点心3)

 

おこわなんかもありました。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(おこわ)

 

こちらはおかゆやスープなどなど。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(おやゆ)

 

こちらは鶏肉の煮込みでしょうか。オリエンタルな雰囲気です。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(中華)

 

こちらはカレー。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(カレー)

 

ライスもサフランライスになっています。本格的ですね。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(ライス)

 

こちらはインド料理っぽいお惣菜などなど。カレーと相性が良さそうです。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(インド料理)

 

唐揚げや春巻き、ポテトといった揚げ物も所狭しと並べられています。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(揚げ物)

 

麺カウンター

そして、ホットミールコーナーの一角には麺料理のカウンターも用意されています。こちらではラクサとプラウンヌードルをオーダーすることができます。

その場で調理された出来立てをいただけるのは嬉しいですね。とても美味しそうで食欲が湧いてきます。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(麺料理1)

 

すぐ隣にはパスタのカウンターも用意されています。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(麺料理2)

 

麺をペンネとスパゲッティから選択できるようになっていました。ソースはホワイトワインクリームということですが、ディプレイもされていてこちらも美味しそうですね。

シルバークリスラウンジ:ビュッフェのフード(麺料理3)

 

実食(ドリンクとフード)

そんなこんなでこの日いただいたものをご紹介したいと思います。

こちらはバーカウンターでオーダーしていただいたカクテルです。左手が「SilverKris Sling」、左手が「Singapore Sling」です。

「Singapore Sling」は説明するまでもありませんがシンガポールの名物とも言えるカクテルで甘酸っぱい味わいが特徴です。

「SilverKris Sling」はシャンパンベースでスッキリとした華やかな味わいでした。

シルバークリスラウンジ:実食(ドリンク)

 

この後ビジネスクラスのフライトが控えているためフードはパスしようと思っていたのですが、誘惑にどうしても勝てずラクサをオーダーしてしまいました。

ラクサは2種類の麺が使われていて街中でいただくような本格的な仕上がりになっていました。ココナッツをベースにしたピリ辛のスープも絶品でペロリといただいてしまいました。

シルバークリスラウンジ:実食(フード)

 

シャワー

フードとドリンクを楽しんだ後はシャワーも利用しました。

シルバークリスラウンジ:シャワー(外観)

 

シャワーエリアの前にはスタッフが常駐しています。チケットを出して利用を申し出ることで受付してもらうことができます。

ラウンジ内は非常に混雑していましたがこの時は運良くそれほど待つことなく利用することができました。

シルバークリスラウンジ:シャワー(内観1)

 

シャワールームの中はこんな感じです。とても清潔で高級感のある個室タイプになっています。

シルバークリスラウンジ:シャワー(内観2)

 

中にはシャワーとトイレ、洗面台が併設されています。

シルバークリスラウンジ:シャワー(内観3)

 

シャワールームの中には、シャンプーとボディーソープの2種類が用意されています。

シルバークリスラウンジ:シャワー(内観4)

 

洗面台の上には、乳液とコロンも用意されています。こちらのブランドは「PENHALIGON’S(ペンハリガン)」となってるのが嬉しいところです。

歯ブラシやヘアブラシ、髭剃り、コットンといった必要なものはあらかじめ一通り用意されていました。至れり尽せりですね。

シルバークリスラウンジ:シャワー(内観5)

 

この時は夜便利用で昼間は観光で汗だくになっていました。フライト前にシャワーを利用できるのは本当に助かりますね。

おかげでリフレッシュして気持ち良くフライトを楽しむことができました。

 

まとめ

当記事では、シンガポール航空「シルバークリスラウンジ(ビジネスクラス)」の訪問記として、利用条件から場所、営業時間、ビュッフェの品揃え、シャワーまで詳しくご紹介していきました。

シンガポール航空はチャンギ空港が本拠地というだけあって広さも十分、ドリンクもフードも豪華で充実した内容となっていました。

特に麺料理は専用のカウンターを備えており出来立てをいただくことができます。今回はラクサをいただきましたが街中のお店と遜色のない美味しさでした。

また、今回は運良くバーテンダーサービスの時間に伺うことができため、美味しいカクテルもいただくことができました。

とても混雑している時間帯があるため注意が必要ですが、早めに伺ってシャワーも合わせてゆったりと寛ぎたいですね。

<==前の記事

 

それでは、また!

 

シンガポール旅行 関連記事