【2024年6月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

マリーナベイサンズの展望台を無料で利用する方法!クーポンや割引チケットよりお得!

マリーナベイサンズの展望台はステータスマッチで無料に

マリーナベイサンズの展望台を無料で利用する方法!クーポンや割引チケットよりお得!

マリーナベイサンズの展望台を無料で利用する方法があります。それには会員プログラムである「サンズ・ライフスタイル」にステータスマッチすることです。日本からは楽天、JCB、三井住友カード、ANAマイレージクラブ(AMC)から可能と間口が広くなっているのが嬉しいポイントです。クーポンや割引チケットより断然お得になりますね。以下で詳しく解説していきます。

更新履歴(2024年6月16日):最新情報に更新しました。

目次

マリーナベイサンズの展望台を無料で利用する方法

楽天、JCB、三井住友カード、ANAマイレージクラブ(AMC)から「サンズ・ライフスタイル」にステータスマッチ

マリーナベイサンズの展望台を無料で利用するには「サンズ・ライフスタイル」にステータスマッチすることで可能になります。

まずは結論をということでステータスマッチ元と先を表でまとめると以下のようになります。

楽天、JCB、三井住友カード、ANAからサンズ・ライフスタイルの「プレステージ」もしくは「エリート」にそれぞれステータスマッチ可能になります。

(dポイントクラブからのステータスマッチは終了しています)。

サンズ・ライフスタイルの「プレステージ」で2枚、「エリート」6枚のマリーナベイサンズ展望台のチケットを獲得することができます。

<ステータスマッチの関係>

ステータスマッチ元 ステータスマッチ先 チケット枚数
楽天「プラチナ」 プレステージ 2枚
楽天「ダイヤモンド」 エリート 6枚
JCB「ゴールド・ザ・プレミアム、ゴールド」 プレステージ 2枚
JCB「ザ・クラス、プラチナ」 エリート 6枚
三井住友カード「ゴールド」 プレステージ 2枚
三井住友カード「プラチナ、プリファード」 エリート 6枚
ANAマイレージクラブ「プロンズ」 プレステージ 2枚
ANAマイレージクラブ「ダイヤモンド、プラチナ、スーパーフライヤーズ会員」 エリート 6枚
dポイント「1つ星から3つ星」 プレステージ 2枚
dポイント「4つ星から5つ星」 エリート 6枚

 

利用者が多いであろう「楽天」からステータスマッチができるのは嬉しいですね。以下で詳しくご紹介していきます。

 

サンズ・ライフスタイルとは

マリーナベイサンズの会員プログラムで誰でも無料で入会可能

「サンズ・ライフスタイル」はマリーナベイサンズの会員プログラムです。誰でも無料で入会することができます。

サンズ・ライフスタイルの会員カード

 

入会後のステータスは「ライフスタイル」で、ホテルやシッピングモールなどサンズ系列店での利用金額に応じてステータスがアップします。

ステータスの種類と獲得に必要な利用金額はそれぞれ以下になります。「バイザ」が最上位のステータスとなっています。

<ステータスの種類>

  ライフスタイル プレステージ エリート バイザ
利用金額(12ヶ月) 5,000SGD 50,000SGD 500,000SGD

 

マリーナベイサンズの展望台はサンズ・ライフスタイルの特典で無料に

プレステージ以上でスカイパーク展望デッキのチケットが無料

「サンズ・ライフスタイル」ではステータスがアップするに従って特典を受けることができます。

「ホテル」「レストラン」「ショッピング」「アトラクション&アーケード」「駐車」「パーソナル」という各カテゴリーで特典が用意されています。

今回の記事のテーマとしている「アトラクション&アーケード」での特典は以下のようになっています。

<アトラクション&アーケードの特典>

  ライフスタイル プレステージ エリート バイザ
アトラクションのチケット 30%オフ 無料 無料 無料
アートサイエンス・ミュージアムの展示チケット 30%オフ 1枚の購入で2枚目が無料 無料 無料
サンズ・シアターの一部ショーの割引 ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎

 

ここで注目なのは「アトラクションのチケット」の部分です。プレステージ以上になると対象アトラクションを無料で利用することができます。

対象アトラクションは以下になります。「スカイパーク展望デッキ」も対象になっているのが確認できますね。

<対象のアトラクション>

  • デジタルライト・キャンバス
  • スカイパーク展望デッキ
  • サンパンライド

 

ただし、制限なく対象アトラクションが無料になっているわけではありません。会員ランクによってひと月あたりの上限枚数が設定されています。具体的には以下になります。

また、1つのアトラクションにつき1日2枚までという制限もあります。

<アトラクション無料チケットの上限>

会員ランク アトラクション無料チケット(月間の上限枚数)
プレステージ 2
エリート 6
パイザ 8

 

マリーナベイサンズの展望台イメージ

 

エリート以上で「アートサイエンス・ミュージアム」のチケットが無料

エリート以上になると「アートサイエンス・ミュージアム」の展示チケットも無料で獲得することができます。

こちらのチケットの種類と月間引き換え上限は以下になります。

エリートの場合は高価な「全展示アクセス」のチケットをひと月あたり2枚まで無料となっているのは嬉しいですね。

<アートサイエンス・ミュージアムのチケットの種類と上限>

会員ランク チケットの種類と月間引き換え上限
プレステージ 4枚まで購入できる大人の(通常)チケット
エリート 2枚まで引き換えできるザ・ミュージアムチケット(全展示アクセス)

 

「サンズ・ライフスタイル」の特典詳細についてはこちら公式サイトも併せてご確認ください。

会員特典「サンズ・ライフスタイル」

 

上級会員になることで無料になるチケット料金

それぞれのアトラクションの入場料金は以下になります(価格は2023年5月時点)。

<アトラクションの入場料金>

種類 料金(大人)
デジタルライト・キャンバス 12SGD
スカイパーク展望デッキ 32SGD
サンパンライド 15SGD

 

スカイパーク展望デッキのチケットをペアで利用すると合計で「64SGD」が必要となります。日本円では「7,360円」という計算ですね(1SGD=115円)。

仮に「エリート」で3種類全てのアトラクションをペアで利用すると合計で「118SGD(=13,750円)」にもなります。

アートサイエンス・ミュージアムの入場料金は以下になります(料金は展示内容に異なります。以下はある展示の例)。

<アトラクションの入場料金(例)>

種類 料金(大人)
シングル展示 17SGD
全展示アクセス 37SGD

 

「エリート」で全展示アクセスをペアで利用すると合計で「74SGD(8,510円)」が必要という計算になります。

いずれにしても、ステータスマッチでサンズ・ライフスタイルの上級会員になることで得られる価値はかなり高いと言えますね。

 

ステータスマッチでサンズ・ライフスタイルの上級会員になる方法

サンズ・ライフスタイルの上級会員にはステータスマッチが近道

「サンズ・ライフスタイル」の上級会員である「エリート」になるには年間「50,000SGD」の利用が必要になります。

日本円にすると「575万円(1SSG=115円)」ということで、正攻法で上級会員になるのは現実的ではないと言えます。

一方で、日本からはdポイントクラブ、楽天、JCBカード、三井住友カードから「サンズ・ライフスタイル」の上級会員にステータスマッチが可能となっています。

ステータスマッチであれば一足飛びで上級会員にランクアップすることができます。

ステータスマッチで獲得したステータスの有効期間は基本的には3ヶ月ですが、観光目的であれば十分ですね。

ステータスマッチ可能なプログラムとキャンペーンの有効期限は以下になります(2024年6月時点)。

<サンズ・ライフスタイルにステータスマッチ可能なプログラム>

  • 楽天:2025年4月30日まで
  • JCBカード:2025年6月30日まで
  • 三井住友カード:2025年7月31日まで
  • ANA:2025年3月31日まで
MEMO

dポイントクラブとANAマイレージクラブからのステータスマッチは終了しています。

 

楽天からのステータスマッチ条件

楽天の場合、プラチナから「プレステージ」に、ダイヤモンドから「エリート」にステータスマッチすることができます。

ステータスマッチの期限は2025年4月30日(水)までで、獲得したステータスの有効期限は3ヶ月間となっています。

<楽天からのステータスマッチ>

ステータスマッチ元「楽天」 ステータスマッチ先「サンズ・ライフスタイル」
プラチナ プレステージ
ダイヤモンド エリート

 

利用条件は以下になります。楽天「プラチナ」からアップグレードする場合は同日に1SGD以上の買い物をする必要がるため注意が必要です。

<利用条件>

  • 概要: プラチナおよびダイヤモンドランクの楽天会員を対象に、「マリーナベイ・サンズ」での買い物や宿泊、食事、アクティビティなどの特典を提供
  • 実施期間: 2025年4月30日(水)まで
  • ※アップグレード期間は3カ月で、期間中に施設内で「プレステージ」会員は1,500シンガポールドル、「エリート」会員は15,000シンガポールドルを利用すると9カ月延長されます。
  • ※アップグレードの利用および延長は、1人1回限りとなります。
  • ※プラチナランクの楽天会員が「プレステージ」会員にアップグレードするには、アップグレードと同日に施設内で1シンガポールドル以上利用する必要があります。
  • ※シンガポール在住または過去に楽天以外の会員プログラムを通じてアップグレードプロモーションが適用されたことがある会員は対象外です。

 

詳細は以下からご確認ください。

楽天「サンズ・ライフスタイルのアップグレード」

 

JCBカードからのステータスマッチ条件

JCBカードの場合は「オリジナルシリーズ」がステータスマッチの対象になっています。他のJCBカードおよび国際ブランドでJCBを採用している他社のカードは対象外です。

JCBカード「サンズライフスタイルへのステータスマッチ」

 

ステータスマッチで3ヶ月間のステータスを獲得できるは他社と同じですが、2023年12月31日までに申請すると、先行特典として有効期限を12か月間に延長されるのが特徴となっています。

それ以降の場合のステータス期間は3ヶ月となります。

JCBカードからのステータスマッチの対応表をまとめると以下のようになります。キャンペーン期間は「2025年6月30日」まで有効となっています。

<JCBカードからのステータスマッチ>

ステータスマッチ元「JCBカード」 申請期間:2023年7月 – 2023年12月 申請期間:2024年1月 – 2025年6月
ザ・クラス エリート(12ヶ月間有効) エリート(3ヶ月間有効)
プラチナ エリート(12ヶ月間有効) エリート(3ヶ月間有効)
ゴールド ザ・プレミア プレステージ(12ヶ月間有効) プレステージ(3ヶ月間有効)
ゴールド プレステージ(3ヶ月間有効) プレステージ(3ヶ月間有効)

 

その他詳細はこちらJCBカードの公式サイトをご参照ください。

JCBカード「JCBカード会員限定優待 マリーナベイサンズ」

 

三井住友カードからのステータスマッチ条件

三井住友カードの場合、ゴールドのグレードで「プレステージ」、プリファードとプラチナで「エリート」にステータスマッチすることができます。

キャンペーン期間は「2023年8月1日(火)~2025年7月31日(木)」までとなっています。

「サンズ・ライフスタイル」への入会時期が2024年1月31日までの場合、ステータス期間が12ヶ月と長くなるのが特徴です。それ以降の場合のステータス期間は3ヶ月となります。

三井住友カードからのステータスマッチの対応表をまとめると以下のようになります。

<三井住友カードからのステータスマッチ>

ステータスマッチ元「三井住友カード」 申請期間:2023年8月 – 2024年1月 申請期間:2024年2月 – 2025年7月
プラチナ エリート(12ヶ月間有効) エリート(3ヶ月間有効)
プリファード エリート(12ヶ月間有効) エリート(3ヶ月間有効)
ゴールド プレステージ(3ヶ月間有効) プレステージ(3ヶ月間有効)

 

対象カードは以下になります。JCBカードと異なり対象カードが豊富なのが嬉しいところです。

<対象カード>

  • 三井住友カード プラチナ
  • 三井住友カード プラチナプリファード
  • 三井住友カード ゴールド
  • 三井住友カード ゴールド(NL)
  • 三井住友カード プライムゴールド
  • 三井住友カード ゴールド(SMBC)
  • 三井住友カード プライムゴールド(SMBC)
  • Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファード
  • Oliveフレキシブルペイ ゴールド
  • ワンズカードゴールド
  • One’s ゴールド
  • SMBCカード ゴールド
  • SMBC CARD GOLD
  • SMBC CARD プライムゴールド
  • 三井住友カード ビジネスプラチナ
  • 三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナ
  • 三井住友カード ビジネスゴールド
  • 三井住友カード ビジネスオーナーズゴールド
  • 三井住友ビジネスカード for Ownersゴールド

 

その他詳細はこちら三井住友カードの公式サイトをご参照ください。

三井住友カード「マリーナベイサンズ アップグレードプロモーション」

 

ANAマイレージクラブからのステータスマッチ条件

ANAマイレージクラブ(AMC)の場合は、ダイヤモンド、プラチナ、スーパーフライヤーズ会員からサンズ・ライフスタイルの「エリート」に、ブロンズから「プレステージ」にステータスマッチすることができます。

<AMCからのステータスマッチ>

ステータスマッチ元「AMC」 ステータスマッチ先「サンズ・ライフスタイル」
ダイヤモンド、プラチナ、スーパーフライヤーズ会員 エリート
ブロンズ プレステージ

 

スーパーフライヤーズ会員でも「エリート」にステータスマッチできるのは嬉しいところです。

エリートであれば、アトラクションの無料チケットをひと月あたり「6枚」獲得することができます。ペアで3種類のアトラクションを制覇することができますね。

キャンペーン期間は「2024年6月15日(土)~2025年3月31日(日)」となっています。

ANA「マリーナベイサンズ エリートステイタスご招待キャンペーン」

 

ステータスの有効期限は「3カ月間」で、その間に対象店舗で15,000SGDを利用するとエリートステイタス期間が9カ月間延長されます。

詳細はこちらANAの公式サイトをご参照ください。

ANA「マリーナベイサンズエリートステイタス招待キャンペーン」

 

【終了】dポイントクラブからのステータスマッチ条件

MEMO

こちらのキャンペーンは終了しています。履歴のため記載を残しています。

dポイントクラブの場合、1つ星から3つ星で「プレステージ」に、4つ星から5つ星で「エリート」にステータスマッチすることができます。

<dポイントクラブからのステータスマッチ>

ステータスマッチ元「dポイントクラブ」 ステータスマッチ先「サンズ・ライフスタイル」
1つ星から3つ星 プレステージ(3ヶ月間有効)
4つ星から5つ星 エリート(3ヶ月間有効)

 

dポイントクラブの「1つ星」というのは入会するだけで誰でも獲得できるステータスです。

つまりはdポイントクラブに入会すれば、誰でもサンズ・ライフスタイルの「プレステージ」を獲得できるということを意味しています。

dポイントクラブのランク条件

 

プレステージになれば、少なくともアトラクションの無料チケットをひと月あたり「2枚」獲得することができます。ペアで「スカイパーク展望デッキ」を利用することが可能になります。

お得過ぎますね。

dポイントクラブ会員限定:人気アトラクションのチケットが無料

 

利用条件は以下になります。

クーポンの有効期限は「2024年12月31日」までとなっています。

<利用条件>

  • 本特典は、満18歳以上の方が対象となります。
  • 「サンズ・ライフスタイルカウンター」にて、クーポン(画面下部の外国語部分)をご提示ください。
  • 現地でクーポンをご提示された時点でのdポイントクラブのランクが適用されます。
  • 1クーポンにつき、dポイントクラブ会員1名様のみ1回ご利用になれます。
  • ほかのクーポンやプロモーションとは併用してご利用になれません。
  • dポイントはご利用になれません。
  • 有効期限は、店舗スタッフ提示部分をご参照ください。

 

クーポンはこちらdポイントクラブの公式サイトから表示することができます。詳細は以下からご確認ください。

dポイントクラブ「マリーナベイサンズ クーポン」

 

ちなみに、ステータスマッチで獲得したステータスの有効期限は3ヶ月となっています。この3ヶ月間の間に正規のステータス獲得条件を満たすと特典利用期間が延長される形になります。

 

ステータスマッチでサンズ・ライフスタイルの上級会員になる手順

サンズ・ライフスタイルカウンターでステータス証明とパスポートの提示が必要

ステータスマッチの条件は各プログラムごとに異なりますが、ステータスマッチする手順は共通となっています。

マリーナベイサンズのホテルもしくはショッピングモールに設置された「サンズ・ライフスタイルカウンター」に出向き、必要なものを提示する形になります。

その際、パスポートが必要になりますので忘れないように注意しましょう。

<ステータスマッチに必要なもの>

  • ステータス証明(クーポンやステータス画面、クレジットカードなど)
  • パスポート

 

サンズ・ライフスタイルカウンターの場所と営業時間は以下なります。

<サンズ・ライフスタイルカウンターの場所・営業時間>

  • ホテルロビー、ホテルタワー1
    • 10:00-23:00
  • ザ・ショップス、ガレリア階、B1(サンパンライド上)
    • 日曜-木曜:10:00-23:00
    • 金曜、土曜、および祝祭日の前日:10:00-23:30
  • ザ・ショップス、カナル階、B2(デジタルライト・キャンバス付近)
    • 日曜-木曜:10:00-23:00
    • 金曜、土曜、および祝祭日の前日:10:00-23:30

 

ちなみに、「サンズ・ライフスタイル」にはその場で入会することができますが、事前にWebから登録することもできます。

あたらじめ登録しておいた方が当日の申請時間を短縮できるためオススメです。詳細はこちら公式サイトをご参照ください。

サンズ・ライフスタイル「メンバーシッププログラム」

 

マリーナベイサンズの展望台を無料で利用した体験レポート

ここからは、マリーナベイサンズの展望台をステータスマッチで無料にした様子を体験レポートとしてご紹介します。

ステータスマッチ元としてはANAマイレージクラブ(AMC)のスーパーフライヤーズ(SFC)会員を利用しました。

ステータスマッチのためマリーナベイサンズに移動

「サンズ・ライフスタイル」のスステータスマッチを行うため、まずはマリーナベイサンズの向かいます。

この日は「フラトンホテル(シンガポール)」に宿泊していましたのでタクシー配車アプリ「Grab(グラブ)」を使って移動しました。

マリーナベイサンズのロビーはこんな感じです。かなり上のフロアまで吹き抜けになっていてその規模の大きさに圧倒されます。

マリーナベイサンズ(ホテル)のロビー

 

ホテルのロビーの案内板を確認すると「SANDS LIFESTYLE COUNTER」という表示を確認することができます。

マリーナベイサンズ(ホテル)の案内板

 

MEMO

シンガポール旅行では「Grab(グラブ)」の活用が欠かせません。Grabの使い方からシンガポールでの料金とメリット、デメリットの詳細はこちらをご参照ください。

 

サンズ・ライフスタイルカウンターでステータスマッチを申請

案内板に従って少し進むと「SANDS LIFESTYLE COUNTER」のエントランスを確認することができます。かなり立派な面持ちです。

サンズライフスタイルの会員デスク(外観)

 

「SANDS LIFESTYLE COUNTER」の内観はこんな感じになっています。正面にはキラキラと輝くシャンデリアがかけられていて豪華な雰囲気です。

中央部分に有人カウンターがありますのでそちらに並びます。この時は前に3組ほど並んでいて自分の番が来るまで30分ほど待ちました。

混雑している場合は別のカウンターに移動するか、時間をずらすのがよいかもしれません。

サンズライフスタイルの会員デスク(内観)

 

自分の番が来たら必要なものを提示します。ANAマイレージクラブ(AMC)の場合は、AMCの「ステイタスカード」または「デジタルカード」とパスポートの提示が必要になります。

また、私の場合はすでに「サンズ・ライフスタイル」に入会していたためその会員カードも併せて提示しました。

すると、スタッフが端末をパチパチと操作しステータスマッチが完了しました。一番下の「ライフスタイル」から「エリート」にアップグレードしていただくことができました。

物理カードも「エリート」のものをいただくことができます。かっこいいですね。

サンズライフスタイルの会員カード(エリート)

 

Webサイトもしくはアプリにログインし無料チケットを発行

ステータスマッチが成功した後は無料チケットを発行します。無料チケットは「サンズ・ライフスタイル」の公式サイト、もしくは「アプリ」から行います。

事前にアプリをダウンロードしておくと便利です。

Sands Lifestyle

Sands Lifestyle
開発元:SCL
無料
posted withアプリーチ

ここではアプリを使った無料チケットの発行手順をご紹介したいと思います。

こちらは「サンズ・ライフスタイル」のアプリのTopページになります。画面上部のメニューから「More」を選択します。

アトラクションチケットの発券手順:アプリのTopページ

 

See&Doのカテゴリーから「Attractions Ticketing」を選択します。

アトラクションチケットの発券手順:Attractions Ticketingを選択

一番上にマリーナベイサンズの展望台である「SkyPark Observation Deck(スカイパーク展望デッキ)」が表示されます。

アトラクションチケットの発券手順:SkyPark Observation Deckのチケット

 

ログインしていない場合はログインします。その後、画面を下にスクロールさせ「Select Ticket」を選択します。

アトラクションチケットの発券手順:Select Ticketを選択

 

スカイパーク展望デッキの入場は完全予約制になっています。利用する日付と時間を選択します(当日券もスロットに空きがあれば購入可能です)。

アトラクションチケットの発券手順:日時を選択

 

購入するチケットの枚数を選択します。画面上部には無料チケットの残数が「6」であるのが確認できますね。

アトラクションチケットの発券手順:無料チケットの枚数を確認

 

ここでは大人チケットを「2枚」選択していますが合計金額(Total)が0SGDとなっているのが確認できます。

後は「CHECK OUT」をクリックして購入を完了させます。

アトラクションチケットの発券手順:購入するチケットの枚数を選択

 

登録していたメールアドレス宛に領収書が届きます。画面上部に「Download E-ticket(s) Here」をクリックします。

アトラクションチケットの発券手順:チケットの領収から「Download E-ticket(s) Hrere」を選択

 

電子チケットの実物はこちらになります。すぐに提示できるように準備しておきましょう。

アトラクションチケットの発券手順:電子チケットの確認

 

マリーナベイサンズの展望台(スカイパーク展望デッキ)を無料チケットで満喫

無料チケットをゲットした後は「スカイパーク展望デッキ」に向かいます。ホテルのロビーからは案内版に従って移動します。

マリーナベイサンズの展望台へのアクセス

 

マリーナベイサンズのホテルのロビーの一番奥から外に出たところに「スカイパーク展望デッキ」エントランスがあります。

マリーナベイサンズの展望台のエントランス

 

地下に降りると入場待ちの列ができているはずです。そちらで先ほどゲットした電子チケットを提示することで入場します。

入場後は専用のエレベーターを使って「スカイパーク展望デッキ」のある58階まで一気に上がっていきます。

マリーナベイサンズの展望台のエレベーター

 

「スカイパーク展望デッキ」はこんな感じになっています。

円錐形のデッキになっていて周辺は強化ガラスで覆われています。ガラス越しにシンガポール全体を見渡す眺望を楽しむことができます。

マリーナベイサンズの展望台:スカイパーク展望デッキの全景(1)

 

人気のアトラクションのため昼間も夜も多くの人で賑わっています。

マリーナベイサンズの展望台:スカイパーク展望デッキの全景(2)

 

こちらはマリーナベイ側の眺望です。これぞシンガポールな絶景です。

マリーナベイサンズの展望台:スカイパーク展望デッキの眺望(1)

 

観覧車(シンガポール・フライヤー)も見えますね。

マリーナベイサンズの展望台:スカイパーク展望デッキの眺望(2)

 

こちらは「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」側の眺望です。

緑の中に「クラウドフォレスト」や「フラワードーム」といった近外的なドームの建物が紛れこんでいるのが未来的なイメージです。

遠くにコンテナ船がたくさん浮かんでいるのもの壮観でした。

マリーナベイサンズの展望台:スカイパーク展望デッキの眺望(3)

 

サンパンライドも無料チケットで満喫

スカイパーク展望デッキを楽しんだ後は「サンパンライド」の方にも向かってみました。チケットはスカイパーク展望デッキの時と同じ要領で無料で発行できます。

「サンパンライド」というは、マリーナベイサンズのショッピングモールの中に設けられた運河を「サンパンボート」で1周するというものです。

中央部分の天井には水が流れる人工の滝があり、こちらを通過する際に願いごとを唱えると縁起が良いそうです。

サンパンライド:運河と天井

 

「サンパンボート」はこんな感じです。定員は6人ほどだと思いますが実際は2人だけで貸切で利用できました。

サンパンライド:サンパンボートの船体

 

ボートに乗っている間は漕ぎ手による簡単なガイドがあります(英語なのでよく分かりませんが・・)。また、ところどころで写真撮影をしてくれます。

意外と親切で楽しむことができました。

サンパンライド:サンパンボートに乗車

 

まとめ

今回はマリーナベイサンズの展望台を無料で利用する方法をご紹介しました。

日本からは楽天、JCB、三井住友カード、ANAマイレージクラブ(AMC)から会員プログラムである「サンズ・ライフスタイル」にステータスマッチすることが可能になっています。

間口が広くハードルも低いため多くの方が「プレステージ」もしくは「エリート」のステータスを獲得できるのではないかと思います。

エリートであれば月2枚、プレステージであれば月6枚まで無料チケットを発行することができます。

マリーナベイサンズの展望台(スカイパーク展望デッキ)のチケットだけでも1枚32SGD(3,680円)しますので、ステータスマッチするお得度はかなり高いと言えますね。

エリートになって3種類のアトラクションとアートサイエンス・ミュージアムをペアで利用すると合計で192SGD(22,080円)にもなります。

シンガポール旅行の際にはぜひご活用いただければと思います。

 

==>次の記事

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

シンガポール旅行 関連記事