【7月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会で最大1万円以上お得!

フォーシーズンズホテル東京大手町 宿泊記!皇居御苑ビューのデラックスルームをブログレポート!

フォーシーズンズホテル東京大手町 宿泊記!皇居御苑ビューのデラックスルームをブログレポート!

フォーシーズンズホテル東京大手町 宿泊記!皇居御苑ビューのデラックスルームをブログレポート!

「フォーシーズンズホテル東京大手町(Four Seasons Hotel Tokyo at Otemachi)」は、2020年9月1日にオープンしたばかりの新しいホテルです。「フォーシーズンズ」系列としては日本で3番目のホテルであり、モダンで高級感あふれる空間デザインでホテル好きの間で注目を集めています。今回念願叶っての宿泊となりましたが、予想を超える素晴らしい体験となりました。当記事では、ホテルの外観からロビー、客室(デラックスルーム、皇居御苑ビュー)の様子まで、詳しくご紹介していきたいと思います。

フォーシーズンズホテル東京大手町とは

2020年9月1日に東京大手町に新オープンした「フォーシーズンズ」系列のホテル

「フォーシーズンズホテル東京大手町(Four Seasons Hotel Tokyo at Otemachi)」は、2020年9月1日にオープンしたばかりの新しいホテルです。その名前のとおり、世界でラグジュグアリーホテルを展開する「フォーシーズンズ」系列のホテルとなります。

フォーシーズンズ(Four Seasons Hotels and Resorts)のロゴマーク

 

「フォーシーズンズ(Four Seasons Hotels and Resorts)」のホテルとしては「丸の内」「京都」に続いて、こちら「大手町」が3番目のオープンということになります。

モダンで高級感あふれる空間デザインでも注目を集めるホテル

ロビーエリアなど公共エリアと客室のデザインは、アマンなどのデザインで知られるデザイナー「ジャン=ミシェル・ギャシー」氏率いる「デニストン・インターナショナル・アーキテクト・アンド・プランナーズ」が担当しています。

「フォーシーズンズホテル東京大手町」は、モダンで高級感あふれる空間デザインでも注目を集めるホテルになっています。

 

フォーシーズンズホテル東京大手町:基本情報

施設概要

「フォーシーズンズホテル東京大手町」は、大手町一丁目に位置する「OTEMACHI ONE」という商業施設とオフィスビルからなる複合施設に入居しています。

「OTEMACHI ONE」のロゴマーク

 

「大手町ワンタワー」というビルの1階にエントランス、3階にバンケット、高層階となる34階から39階にロビーやレストラン、客室が配置されています。客室数は20のスイートを含む190となっています。

レストランや客室からは、その恵まれた立地により、皇居の緑や高層ビル群、東京湾、富士山からならる東京の大パノラマを楽しむことができます。

 

スポンサーリンク

場所とアクセス

「フォーシーズンズホテル東京大手町」が入居する「OTEMACHI ONE」は、東京メトロおよび都営地下鉄の「大手町駅」から地下通路で直結となっています。

また、ターミナルである「東京駅」からも徒歩圏内となっており、観光にもビジネスにも抜群のアクセスを誇っています。

<鉄道でのアクセス>

  • 東京メトロ丸ノ内線・東西線・千代田線・半蔵門線、都営地下鉄三田線「大手町駅」:C4,C5出口より地下通路で直結、徒歩5分から10分程度
  • JR各線「東京駅」:徒歩10分程度

 

「フォーシーズンズホテル東京大手町」の周辺地図は以下になります。皇居外苑からほど近い恵まれた立地となっていることがわかります。

 

チェックイン&チェックアウト時間

「フォーシーズンズホテル東京大手町」の標準的なチェックイン時間とチェックアウト時間は以下になります。

<チェックイン&チェックアウト時間>

  • チェックイン時間:15:00
  • チェックアウト時間:12:00

 

「フォーシーズンズホテル東京大手町」の公式サイトは以下になります。詳細はこちらからもご確認ください。

参考 Topページフォーシーズンズホテル東京大手町

 

フォーシーズンズホテル東京大手町 宿泊記:皇居御苑ビューのデラックスルームをブログレポート!

さて、前置きが長くなりましたが、ここからは「フォーシーズンズホテル東京大手町」に実際に宿泊してみた様子をご紹介したいと思います。利用したのは2020年11月下旬の週末になります。

外観&エントランス

「フォーシーズンズホテル東京大手町」が入居するビル(大手町ワンタワー)はこちらになります。ガラス張りのソリッドなデザインが特徴になっています。オープンしてからまもないということで、ピカピカと光輝いています。

フォーシーズンズ東京大手町「外観」:大手町ワンタワー

 

こちらのビルの1階には「フォーシーズンズホテル東京大手町」専用のエントランスが用意されています。

フォーシーズンズ東京大手町「外観」:ホテルエントランス1

フォーシーズンズ東京大手町「外観」:ホテルエントランス2

 

専用のエントランスから中に入るとエントランスロビーが用意されており、ポーターデスクが用意されている他、チェアなども用意されています。

フォーシーズンズ東京大手町「外観」:エントランスロビー

 

タクシーやハイヤーなども待機場所として利用できる他、現在は新型コロナウィルス対策として、検温や手の消毒なども実施されています。

エレベーターはロビー階(39階)およびバンケット(3階)への直通となっており、スムーズにホテル内の施設に移動することができるようになっています。

フォーシーズンズ東京大手町「外観」:エレベーター(エントランスからロビーへ)

 

ロビー

ロビー階である39階でエレベーターを降りるとこんな感じになっています。正面は、水が薄く貼られた「水盤」が用意されており、その上に生花やオブジェがディスプレイされています。また、その後ろには高層階からの東京の大パノラマが広がっています。高級感のあふれる演出でホテルへの期待が高まりますね。

フォーシーズンズ東京大手町「ロビー」:水盤&生花

 

正面を左に折れて進んでいくと、正面には右手の窓側にはカフェ&ラウンジである「The Lounge(ザ・ラウンジ)」が配置されています。

フォーシーズンズ東京大手町「ロビー」:アプローチ

 

こちらの「The Lounge(ザ・ラウンジ)」では終日、軽食やドリンクを楽しむことができます。また、午後からは和のエッセンスを取り入れたアフタヌーンティーが提供されており、こちらのラウンジの名物となっています。

フォーシーズンズ東京大手町「ロビー」:カフェ&ラウンジ「The Lounge」

 

また、同じロビーフロアには、イタリアレストランの「PIGNETO(ピニエート)」やフレンチレストランの「EST(エスト)」が配置されており、素晴らしい眺望を楽しみながら優雅にランチやディナーをいただけるようになっています。

フォーシーズンズ東京大手町「ロビー」:フレンチレストラン「EST」

 

レセプション&チェックイン

ロビー階の中央にはレセプションが用意されており、こちらでチェックインやチェックアウトなどを行うことができます。

フォーシーズンズ東京大手町「レセプション&チェックイン」:レセプション

 

レセプションはこんな感じの円形のスペースになっており、中央には生花が飾られています。天井が高く、周辺に施されたカーテンがエレガントな雰囲気です。

フォーシーズンズ東京大手町「レセプション&チェックイン」:フロントデスク

 

また、レセプションの周辺には座り心地の良いソファー席も配置されています。こちらのソファーを始め、ホテル内のインテリアはどれもおしゃれで高級感があります。

フォーシーズンズ東京大手町「レセプション&チェックイン」:ソファーセット

 

今回は「デラックスルーム(キング)」というカテゴリーの「皇居御苑ビュー」の客室を予約しており、予約内容どおりの客室のアサインとなりました。

「フォーシーズンズホテル東京大手町」の客室のグレードは以下のようになります。

<客室のグレード>

  • スーペリアルーム(シティービュー):49平米
  • スーペリアルーム(皇居御苑ビュー):49平米
  • デラックスルーム(シティービュー):50から54平米
  • デラックスルーム(皇居御苑ビュー):50から54平米<=今回利用
  • スタジオルーム:60平米

 

客室(デラックスルーム、皇居御苑ビュー)

チェックイン後はアサインされた客室に向かいます。今回アサインされたのは「35階」の客室でした。

客室へ向かう客室フロアの内廊下はこんな感じです。ほのぐらい空間に間接照明が適度に施されており、高級感を感じます。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:内廊下

 

全体像と雰囲気

客室の扉を開けるとこんな感じになっています。正面には窓が大きくとられており、明るく開放感のある空間になっています。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:ホワイエ

 

寝室はこんな感じです。中央にはキングサイズのベッドが優雅に配置されています。ベッドボードに施されたディスプレイとランプがデザイン性を高めていますね。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:寝室

 

ベッドはフカフカでマットレスはかなり「やわらかめ」なタイプです。横になるとぐっと沈み込むような感覚があります。雲の上に寝ているようで寝心地は抜群でした。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:ベッド

 

窓際にはデイベッドも用意されており、窓からの眺望を楽しみながらくつろげるようになっています。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:デイベッド

 

また、テーブルも窓から外を向くように配置されています。周辺には電話や電源も用意されており、ビジネス利用にも対応できるようになっています。おしゃれでありながら実用にも耐えられるように考えられているのは、さすがです。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:テーブル

 

客室の内装は「スタイリッシュ」なイメージですが、ところどころに「和」を感じさせるオブジェが配置されています。これにより、日本人にはどこか落ち着く雰囲気となっています。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:オブジェ

 

ベッドの正面には大型の壁掛けTVも用意されています。電気を消すとTVが浮かび上がるようなデザインになっており、映画館で映画を見ているような没入感がありました。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:TV1

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:TV2

 

窓側から入り口の方を見てみるとこんな感じになっています。正面奥にはミニバーとクローゼットが、右手奥にはバスルームが配置されています。客室の広さは「50から54平米」ということですが、インテリアの配置が良いのか、実際にはもっと余裕があるように感じます。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:全体像

 

スポンサーリンク

眺望

続いては、こちらの客室の特徴とも言える眺望を確認したいと思います。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:窓

 

窓からの景色はこんな感じです。左手方面には「皇居御苑」を一望する雄大なビューが広がっています。皇居のほぼ全てを見通すことができるほどで、広大な緑がとても綺麗です。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:眺望(皇居御苑)

 

以前、近くの「パレスホテル東京」に宿泊した際も「皇居ビュー」の客室を利用しましたが、あちらはどちらかというと皇居の外苑側でした。

 

こちらのホテルからの眺望の方が、皇居のより中心部まで見渡すことができるということで、ちょっと恐れ多い気もしますが、それだけ緑も奥深く、素晴らしいビューとなっていました。

 

また、この日は天気がとても良く、日中は遠くに「富士山」の姿もとらえることができました。文句がつけられないほどの絶景ですね。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:眺望(富士山)

 

ベッドに寝転ぶとこんな感じで、皇居御苑越しに高層ビルの景色を楽しむことができます。緑と高層ビルとの調和が、いかにも東京都心という感じの大パノラマですね。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:眺望(ベッドから)

 

窓から右手方面には、新宿方面の高層ビル群を眺めることができます。こちら方面は眼下に隣のビルが干渉してしまうため、皇居御苑側ほどの絶景とはいきません。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:眺望(新宿方面)

 

しかしながら、その分夜になると夜景は綺麗で、なかなか見応えがありました。朝、昼、晩とホテルに滞在している間、時間を見つけては窓からの景色を楽しむことができました。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:夜景

 

ウェルカムギフト

続いては、ウェルカムギフトについてご紹介したいと思います。まず、和菓子がテーブルの上にセッティングされており、チェックイン後しばらくしてフルーツが運ばれてきました。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:ウェルカムギフト(全体像)

 

和菓子はこちらにように、「しそ巻き」と「ざら玉」からなる2種類の「おせんべい」が用意されていました。銀座の老舗「松崎煎餅」のものです。良いものを置いていますね。流石です。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:ウェルカムギフト(和菓子)

 

フルーツはこんな感じの「みかん」でした。用意されるフルーツは季節によって変わるそうです。見た目も綺麗で、味もなかなか良かったです。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:ウェルカムギフト(フルーツ)

 

和菓子とフルーツの2種類が用意されているのは、手厚いもてなしに感じますね。

 

バスルーム

続いては、バスルームをご紹介したいと思います。バスルームはこんな感じでビューバスになっています。壁一面が窓になっており、開放感抜群ですね。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:バスルーム(全体像)

 

まず、手前側には洗面台が用意されています。2ボウルでの仕様になっており幅も広々でゆとりを感じます。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:洗面台

 

洗面台の脇には、乳液と石鹸が用意されていました。どちらもフランスの香水ブランド「FREDERIC MALLE(フレデリック・マル)」のものとなっています。やさしい使い心地でとても良い香りがします。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:乳液

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:石鹸

 

洗面台下のトレーの上には、その他アメニティーが用意されています。歯ブラシ、ひげそり、コームなど、必要なものは一通り用意されている印象です。「フォーシーズンズ東京大手町」特製のバスソルトも用意されています。こちらは「ひのき」の香りで癒されます。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:アメニティー

 

歯ブラシやコームはこんな感じで「木製」になっていました。ラグジュアリーホテルでは、最近は環境への配慮でエコな素材を利用するのが流行のようですね。また、こちらの歯ブラシには「歯間ブラシ」と「糸ようじ」もセットになっています。至れり尽くせりです。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:歯ブラシ、コーム

 

また、ドライヤーはこちらのように「CREATE ION(クレイツイオン)」のものでした。温度がデジタル表示されるためわかりやすく、使い心地もよかったです。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:ドライヤー

 

バスタブはこんな感じです。卵型でかわいいですね。窓からは皇居御苑越しに新宿方面の高層ビル群の眺望を楽しむことができるようになっています。絶景を鑑賞しながらのバスタイムということで、贅沢な時間を過ごすことができます。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:バスタブ

 

シャワーはハンドシャワーとレインシャワーの2種類の用意となっていました。シャワーはボタンで水流を変えられるタイプで、水圧もなかなかでした。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:シャワー

 

バスルームの中に用意されていたバスアメニティーも、当然ながら「FREDERIC MALLE(フレデリック・マル)」ものです。シャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュの3種類の用意となります。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:バスアメニティー

 

バスローブはこんな感じで壁にかけられています。厚手のしっかりとした作りのものですが、表面がワッフル状になっており、着心地は抜群でした。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:バスローブ

 

ミニバー

さて、続いてはミニバーです。ミニバーとクローゼットはホワイエ奥の一角に用意されています。手前がミニバー、奥がクローゼットといった感じです。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:ミニバー&クローゼット(全体像)

 

ミニバーはこんな感じになっています。オープンタイプのキャビネットとなっており、棚の中には無料のお水やコーヒーカップ、コーヒーメーカー、日本茶の茶器セットなどが用意されています。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:ミニバー

 

無料のお水については、こんな感じのアルミボトルでの用意になります。こちらも、自然環境への配慮から、リサイクル可能な素材が利用されているようです。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:水

 

無料のお水に関しては、最初は4本の用意でしたが、その後ターンダウンのタイミングで使用した分は追加になっていたため、滞在中に不足することはありませんでした。

また、プールやジムにも豊富に用意されていますし、必要に応じて客室係に追加でオーダーすることもできます。

 

コーヒーメーカーは定番の「NESPRESSO(ネスプレッソ)」となっていました。ポットもあらかじめ用意されています。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:コーヒーメーカー&ポット

 

日本茶の茶器セットはこんな感じです。重厚感のある急須が高級感を醸し出していますね。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:茶器セット

 

引き出しの中には、コーヒーのカプセルや日本茶のティーバッグが用意されていました。これらは、無料で利用することができます。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:コーヒー&紅茶(日本茶)

 

日本茶のティーバッグは、「フォーシーズンズ東京大手町」の特製で、「SABOE(さぼえ)」となっていました。「焙じ茶」「和紅茶」「香草茶」「玉緑茶」の4種類の用意となります。実際にいくつかいただいてみましたが、とても良い香りのする高級感あふれるものでした。ありふれた紅茶ではなく、あえて日本茶を用意しているところに、強いこだわりを感じますね。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:日本茶(SABOE、さぼえ)

 

冷蔵庫の中はこんな感じです。アルコールやソフトドリンクがぎっしりと詰まっています。これらの利用は有料となりますので注意が必要です。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:冷蔵庫

 

また、他の引き出しの中には、グラス類も豊富に用意されています。どれもピカピカに磨かれており、さすが高級ホテルといった感じです。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:グラス類

 

クローゼット

続いては、クローゼットです。クローゼットは和の「襖」のような仕切りの奥に用意されています。こちらの写真のように、オープン式のウォークインタイプになっています。かなりゆとりのあるスペースで収納力抜群です。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:クローゼット

 

金庫はこんな感じです。アイロンやアイロン台も用意されています。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:金庫

 

傘はこちらのように、男性用と女性用の2種類が用意されていました。女性用まで用意されているのは珍しいですね。素晴らしい気遣いです。どちらもハンドルが皮張りで高級感があります。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:傘

 

引き出しの中には、パジャマもあらかじめ用意されていました。厚手の生地を使用したセパレートタイプです。内側はワッフル状になっており、着心地は抜群でした。ちなみに、浴衣の用意はありません。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:パジャマ

 

スリッパはこんな感じです。甲の部分が立ち上がる履きやすいタイプです。写真だとわかりづらいですが、「フォーシーズンズ」のシンボルマークであるツリーの刺繍が入っており、高級感があります。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:スリッパ

 

トイレ

トイレは個室での用意になります。こちらのように、ウォシュレット付きの機能的なタイプです。シンプルで良いですね。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:トイレ

 

その他設備

最後に、こまごまとしたその他設備についてご紹介したいと思います。

まず、ルームキーはこちらの写真のような「木製」になっています。「フォーシーズンズ」のシンボルマークであるツリーと調和が取れていておしゃれですね。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:ルームキー

 

ベッドサイドには「パッド」が用意されており、ホテル案内を参照できる他、備品などのリクエストを送る、ルームサービスをオーダーする、スタッフとチャットをする、などの機能を備えています。水や氷の他、枕やアメニティーの追加もボタン一つでオーダーすることができ、とても便利でした。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:ベッドサイド

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:パッド

 

同じくベッドサイドには、コントロールボタンが用意されており、照明やエアコン、カーテンの開閉などを集中的に操作できるようになっていました。とても便利です。電源も通常のプラグとUSBの両方が用意されています。また、「BOSE(ボーズ)」のモバイルスピーカーも用意されていました。このあたりの設備はオープンしてから間もないホテルということで最新式となっていますね。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:コントロールボタン&モバイルスピーカー

 

また、客室内にはこちらの写真のような「カルガモ」が用意されています。かわいいですね。こちらはリネン交換のサインとして利用します(ベッドの上にカルガモを置いておくとリネンを交換して欲しいというサインになる)。アメニティーではなく持ち帰りできませんので要注意です。スパで販売もしていますので、欲しい場合は購入することができます(確か、ひとつ2,400円ぐらいでした)。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:カルガモ

 

スポンサーリンク

アニバーサリーギフト

実は、今回の宿泊は妻の誕生日祝いを兼ねていました。ホテル予約の際に通信欄に記入しておいたところ、ホテル側からいくつかアニバーサリーギフトをいただいたので、ここでご紹介したいと思います。

まず、チェックインの際には、花束(ブーケ)をいただいました。こちらの写真のようなボックスタイプで、ホテル内のフラワーショップである「zero two THREE(ゼロツースリー)」ものです。落ち着いた色調ですが、華やかさも感じることができて良いですね。日持ちがするタイプで家に持って帰ってからも数日楽しめるのも嬉しいポイントです。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:アニバーサリーギフト(花束)

 

また、夕方になるとルームサービスでケーキのプレゼントもありました。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:アニバーサリーギフト(ケーキ1)

 

中はこんな感じの立派なチョコレートケーキでした。写真だとわかりずらいですが、かなり大きく直径13センチぐらいあります。夫婦2人でいただきましたが、味もとても美味しく大満足の内容でした。

フォーシーズンズ東京大手町「客室」:アニバーサリーギフト(ケーキ2)

 

花束(ブーケ)、ケーキともに、提供いただけることが事前に知らされていなかったため、どちらも嬉しいサプライズになりました。

これまで、いくつかの東京都内のラグジュグアリーホテルに宿泊してきましたが、アニバーサリーギフトとしては最高レベルの内容ではないかと思います。

「フォーシーズンズホテル東京大手町」の宿泊費用は決して安くはありませんが、記念日ステイにはピッタリのホテルと言えそうです。

 

フォーシーズンズホテル東京大手町:予約した客室と費用(コスト)

フォーシーズンズホテル東京大手町の宿泊は「一休」経由がお得

今回、こちらの「フォーシーズンズホテル東京大手町」の宿泊には、予約サイトである「一休」を利用しました。

「【26時間ステイ】ポイント最大15倍!ルーフトップテラスを備えたダイニング朝食付」というプランで、客室のグレードとしては「デラックスルーム キング 皇居御苑ビュー」を選択しました。

元値は「87,285円」でしたが、ポイントの即時利用と「GoToTravel割引」で「45,007円」で利用することができました。

また、地域共通クーポンとして「11,000円」分も獲得できましたので、実質34,000円ほどで利用できたということになります。オープン間もない人気ラジュグアリーホテルへの宿泊を割安に実現することができ、感謝感謝です。

<宿泊コスト>

  • 宿泊料:87,825円
  • ポイント即時割引:-15,696円
  • GoToTravel割引:-26,582円
  • 差し引き:45,007円
  • 地域共通クーポン:+11,000円

 

一休では今回ご紹介した以外でも、いろいろな特典のついた豊富なプランが用意されています。「フォーシーズンズホテル東京大手町」の最新価格はこちらからご確認ください。

「フォーシーズンズホテル東京大手町」の最新価格はこちら!

 

フォーシーズンズホテル東京大手町の宿泊記はYouTubeでも公開中

「フォーシーズンズホテル東京大手町」の宿泊記は動画にまとめてYouTubeにも公開しております。ホテルの空気感は動画の方がわかりやすいと思いますので、こちらもぜひ合わせてご鑑賞ください。

 

まとめ

今回は、「フォーシーズンズホテル東京大手町」の宿泊記として、ホテルの外観からロビー、客室(デラックスルーム、皇居御苑ビュー)の様子まで、詳しくご紹介していきました。

ロビーやレストランといった共用エリアから客室内までデザイン性の高さには隙がなく、どこを写真でとっても絵になるおしゃれ空間でした。ホテル滞在中ずっと、非日常の高揚感を味わうことができます。

また、今回は「皇居御苑ビュー」の客室を選択していたこともあり、客室からの眺望は特筆すべき素晴らしいものでした。朝・昼・晩と、違った景色を見せる東京の大パノラマは見飽きることがなく、時間を忘れさせてくれます。

今回の宿泊ではレストランやスパ施設も利用させていただきましたが、どのスタッフのサービスもホスピタリティーあふれるもので、終始リラックスした気分で過ごすことができました。

中でも、豪華なアニバーサリーギフトは嬉しいサプライズとなり、思い出に深い滞在となりました。

宿泊料金は決して安くはありませんが、記念日ステイにぜひ利用したいホテルだと感じしました。我々夫婦もグッと心を掴まれてしまったので、記念日の折には、またぜひリピートさせていただきたいと思っています。

 

次の記事では、プールとジム、温浴施設についてご紹介したいと思います。こちらも素晴らしい眺望を楽しむことができる、満足度の高い施設となっていました。

==>次の記事

 

それでは、また!

 

東京近郊のラグジュアリーホテル関連記事