【4月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

ホテルニューオータニ宿泊記!エグゼクティブハウス禅(クラブレベル)の客室と特典をレポート!

ホテルニューオータニ宿泊記!エグゼクティブハウス禅(クラブレベル)の客室と特典をレポート!

「エグゼクティブハウス禅」は、日本のホテル御三家である「ホテルニューオータニ」が「ホテル・イン・ホテル」のコンセプトの下にサービス提供しているスーパーラグジュアリーホテルです。一般的にクラブレベルと呼ばれるものですが、エグゼクティブラウンジでの1日6回のフードプレゼンテーションや、レストランもしくはルームサービスで提供される朝食など、特徴的なサービスを提供しています。当記事では、「エグゼクティブハウス禅」の客室レポートを中心にご紹介していきたいと思います。

ホテルニューオータニとは

「ホテルニューオータニ(Hotel New Otani)」は、東京都千代田区紀尾井町にある大型ホテルです。1964年の東京オリンピックの開催に合わせて開業されました。

ホテルニューオータニは、帝国ホテル、ホテルオークラと共に、ホテル「御三家」として並び称される日本を代表する歴史ある高級ホテルとなっています。

 

エグゼクティブハウス禅とは

ホテルニューオータニは、3つの建物(棟)と広大な日本庭園で構成されています。

<3つの建物(棟)>

  • ザ・メイン(本館)
  • ガーデンタワー(新館)
  • ガーデンコート

 

「エグゼクティブハウス禅(Executive House ZEN)」は、本館である「ザ・メイン」の11と12階に位置する「ホテル・イン・ホテル」がコンセプトとなるスーパーラグジュアリーホテルです。87室で構成されており、他のホテルではクラブレベルと呼ばれているものです。

ホテルニューオータニの中でも「エグゼクティブハウス禅」は隔離された空間となっており、特別なサービスが提供されるのが特徴となっています。

 

ちなみに、「エグゼクティブハウス禅」のチェックイン&チェックアウト時間は以下になっています。どちらの時間も通常の客室よりも最初から1時間ほど余裕のある設定になっています。

<チェックイン&チェックアウト時間>

  • チェックイン:14:00
  • チェックアウト:12:00

 

エグゼクティブハウス禅の宿泊特典

「エグゼクティブハウス禅」には、宿泊者のみが利用できるクラブラウンジ(エグゼクティブラウンジ)が併設されています。こちらのクラブラウンジでは、1日6回のフードプレゼンテーションが提供されます。

東京都内の高級ホテルである「ザ・リッツ・カールトン東京」のクラブラウンジでもフードプレゼンテーションが提供されていますが、こちらは1日5回となっています。

 

「エグゼクティブハウス禅」の1日6回のフードプレゼンテーションは、他のホテルの1日5回という常識を超える都内最高レベルの充実した内容となっています。

また、「エグゼクティブハウス禅」の宿泊者は朝食もクラブラウンジの他、館内のレストランやルームサービスからも選択することができます。また、ジムやスパといったホテルの付帯施設も無料で利用することができます。

このように「エグゼクティブハウス禅」は、手厚い特典が用意された「ホテル・イン・ホテル」のコンセプトにふさわしい特別な空間となっています。

 

「エグゼクティブハウス禅」の詳細についてはこちら公式HPも合わせてご参照ください。

参考 エグゼクティブハウス禅ホテルニューオータニ

 

エグゼクティブハウス禅「スタンダードダブル」宿泊レポート

さて、前置きが少々長くなりましたが、ここからは「エグゼクティブハウス禅」の宿泊レポートをお送りしたいと思います。

今回宿泊したのは、「エグゼクティブハウス禅」の客室で一番スタンダードな(リーズナブルな)、「スタンダードダブル」という客室になります。

MEMO

クラブラウンジと朝食については別記事としてご紹介します。当記事ではホテル全体像と客室、日本庭園を中心にご紹介していきます。

スポンサーリンク

ホテルの外観

「ホテルニューオータニ」の外観はこんな感じです。正面に写っているのが今回おせわになる本館(ザ・メイン)です。最上部にある円形のレストラン部分が印象的です。

 

ロビー

本館(ザ・メイン)はクラシカルな歴史ある建物ですが、内部は2007年にリニューアルされています。全体的にはモダンな雰囲気に仕上がっています。

 

本館(ザ・メイン)のロビー階には当然ながらレセプションがあります。通常はこちらでチェックインを行うことになりますが、「エグゼクティブハウス禅」の宿泊者はクラブラウンジで全ての手続きを行うことができます。ですので、こちらのレセプションはスルーし、エレベーターの方に向かいます。

 

クラブラウンジ(エグゼクティブラウンジ)

エレベーターに乗り込むとこんな感じになっています。「エグゼクティブハウス禅」のクラブラウンジは11階、客室は11階と12階に配置されています。チェックインのために、まずは11階へ向かいます。

 

11階でエレベーターを降りると、こんな感じでクラブラウンジ(エグゼクティブラウンジ)の入り口があります。高級感抜群でちょっと緊張します。

 

中へ入ると、入り口に向かって左側のエリアへと案内されました。右側のエリアにはビュッフェカウンター&ダイニングテーブルが配置されており賑やかですが、左側のエリアはソファー席が多く落ち着いています。

 

こちらでソファーに座りながら、ゆったりとチェックインを行いました。ドリンクにはオリジナルの「飴湯」が提供され、冷えた体が暖まりました。やさしい心遣いですね。

 

エレベーターホールから客室

クラブラウンジでチェックインをした後は、客室に向かいます。この日アサインされたのは12階の客室でした。私は「ホテルニューオータニ」ではノンステータスなので、当然ながらアップグレードはありません。予約したとおりの「スタンダードダブル」の客室となりました。

12階でエレベーターを降りるとこんな感じになっています。エレベーターホールからして高級感があります。そして、こちらのエレベーターホールを出て客室に向かうにはキー認証が必要となっています。

「ホテル・イン・ホテル」のコンセプトのとおり、ホテルの中にさらにホテルがあるような造りになっています。

 

それでは、さっそくお部屋の中に入ってみましょう。

 

客室:全体像

お部屋の中はこんな感じです。「スタンダードダブル」の客室は36平米ということですが、数字よりも広さを感じます。一面がガラス張り(窓)になっており、開放感があるからだと思います。

 

ベッドはこんな感じです。「ダブル」と言いながら、サイズ的にはゆとりのあるキングサイズとなっています。

 

ベッドサイドのテーブルには、液晶のコントロールパッドも用意されています。今時の新しい設備ですね。

 

内装的には、和モダンな感じですが、海外の方でも快適に利用できるように、仕様としては「洋」に統一されています。とても落ち着く雰囲気です。

 

窓際にはテーブルとチェアが用意されており、ティーセットが用意されていました。

 

ティーセットには、お茶菓子として「ニューオータニ」特製のバウムクーヘンも用意されていました。後でいただきましたが、コクのある甘さが特徴のとても美味しいものでした。

 

スポンサーリンク

客室:眺望

客室からの眺望はこんな感じです。赤坂御用地や国立競技場、新宿の高層ビル群などを眺めることができます。正面には視界を遮るような高い建物がないため、なかなかの眺望となっていました。

 

初日は生憎の雨模様でしたが、翌日の朝は抜けるような快晴でした。

 

天気がよければ、こちらの写真のように、富士山も眺めることができます。素晴らしいですね。

 

客室:バスルームとアメニティー

続いては、気になる水回りを確認していきましょう。洗面台はシングルボウルで、トイレが併設されているような造りになっています。仕様に古さはなく、どれも最新式です。トイレは当然ながらウォシュレット完備です。

洗面台の下の棚には、タオル類の他、バスローブも用意されています。バスローブはかなり厚手のしっかりした作りのものでした。

 

バスタブはこんな感じで、ゆとりのあるフルバスサイズとなっています。足を伸ばしてゆったりと寛ぐことができます。

 

アメニティーとしては、大きく2種類が用意されていました。こちらはイタリアの高級ブランドである「フェラガモ」のアメニティーです。シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ボディローションがそれぞれ2本ずつ用意されていました。とても豪華ですね。また、ブランドは異なりますが、バスオイルも2種類用意されていました。

 

こちらは「ニューオータニ」オリジナルのアメニティーです。歯ブラシ、ヘアブラシ、コットン、髭剃り、シャワーキャップなど、定番のアメニティーが並べられています。

 

また、「コスメティックセット」というものが、メンズとレディースでそれぞれ用意されていました。中身を確認すると、カネボウの「LISSAGE(リサージ)」ブランドのアメニティーとなっていました。メンズは乳液とヘアクリーム、レディースはメイク落とし、洗顔、ローションという品揃え。十分すぎますね。

 

ドライヤーは安定のパナソニック製。ここだけは意外に普通でした(笑)。

 

客室:その他設備

最後に、細々としたその他設備を確認していきたいと思います。

まず、空気清浄機(兼加湿器)は、何もリクエストしなくても、最初から用意されていました。助かります。

 

窓際のカウンターには、ネスプレッソ(コーヒーメーカー)と無料のお水が用意されていました。お水は2本ですが、使用するとターンダウンのタイミングで新しいものが追加されていました。

 

ネスプレッソは、デカフェの他、3種類のフレーバーが用意されていました。

 

こちらはティーセット。煎茶、ほうじ茶、梅こんぶ茶、アールグレイ(デカフェ )の4種類が用意されていました。

 

煎茶、ほうじ茶は、「一保堂茶舗」のもの。質の良いものが用意されているのにはこだわりを感じますね。

 

カウンターの下には冷蔵庫が設置されています。中身はこちらの写真のようにぎっしり詰まっています。これらは当然ながら有料です。

 

料金はこんな感じです。高級ホテルのミニバーとしては良心的な設定にも思いますが、利用する際には注意が必要ですね。

 

クローゼットの中はこんな感じです。セーフティーボックスの他、紙袋や傘などがあらかじめ用意されています。

 

使い捨てのスリッパも当然ながら用意されています。実物はこんな感じで、黒のタオル地に「The New Otani」のロゴ入りです。底のゴムも厚いしっかりとした作りで、なんだか使い捨てにするのがもったいないクオリティーです。

 

また、TV台の下の棚には、浴衣とパジャマが用意されていました。どちらかだけが用意されていることは多いですが、最初から両方用意されているのは嬉しいポイントですね。

 

客室:ターンダウン

こちら「エグゼクティブハウス禅」では、ターンダウンのサービスも提供されています。タオルの交換、ベッドのリメイクの他、浴衣とパジャマがベッドの上に配置しなおされていました。棚の中に入っていると見落としてしまう方も多いと思いますが、優しい心遣いですね。

 

また、ベッドサイドには、チョコレート(ブラウニー)も用意されていました。翌日にとても美味しくいただきました。

 

日本庭園

最後に、ホテルの敷地内に用意されている日本庭園をご紹介したいと思います。こちらの日本庭園は、東京のど真ん中である「紀尾井町」にあるとは思えないゆとりのある広さになっています。さすが「御三家」といった感じです。

 

池の中には「鯉」もたくさん泳いでいて、時折餌やりなどが行われています。朝の散歩などにぴったりです。

 

スポンサーリンク

エグゼクティブハウス禅の宿泊レポートは動画でも公開中

今回ご紹介した「エグゼクティブハウス禅」の宿泊レポートは動画にしてYouTubeでも公開しております。こちらもぜひ合わせてご鑑賞ください。

 

ホテル宿泊好きな方には「SPGアメックス」がオススメ

ホテル宿泊が好きな方には「SPGアメックス」というクレジットカードがオススメです。

「SPGアメックス」を保有していると、世界最大のホテルチェーンである「マリオット 」の上級会員である「ゴールドエリート」を自動的に獲得することができます。

年会費は「31,000円+税」と一見高額ですが、紹介プログラムを利用すると初年度に「39,000ポイント」、次年度以降は「無料宿泊券(50,000ポイントまで)」を獲得できるため、その負担を軽減することができます(実質的には年会費を上回る価値があります)。

SPGアメックス」の特典からメリット、デメリットの詳細はこちらの記事をぜひご参照ください。

 

また、SPGアメックスとマイルを活用して豪華はハワイ旅行を実現したレポートについてはこちらをご参照ください。

 

「ホテルニューオータニ宿泊記!エグゼクティブハウス禅(クラブレベル)の客室と特典をレポート!」のまとめ

今回は、「エグゼクティブハウス禅」の客室レポートを中心に、クラブレベルの特典の概要や日本庭園などをご紹介していきました。

「エグゼクティブハウス禅」は、日本のホテル御三家である「ホテルニューオータニ」が威信をかけて提供しているだけあり、客室の仕様や用意されているアメニティーのレベルも高く、十分な高級感を感じられるものでした。

クラブラウンジ(エグゼクティブラウンジ)やレストランやルームサービスで提供される朝食の内容にも期待が高まりますね。

次回は、「エグゼクティブハウス禅」の醍醐味とも言える、クラブラウンジ(エグゼクティブラウンジ)の様子を詳しくご紹介していきたいと思います。

 

次の記事==>

 

それでは、また!

 

ホテルニューオータニ エグゼクティブハウス禅の宿泊料金

ホテルニューオータニ「エグゼクティブハウス禅」の宿泊料金の最新情報は、以下のホテル予約サイトからご確認いただけます。

 

東京都内のホテル関連記事